ケンブリッジ大学でMBAを取得しよう!プログラムの内容と特徴 | スマ留

ケンブリッジ大学でMBAを取得しよう!プログラムの内容と特徴

ケンブリッジ大学でMBAを取得しよう!プログラムの内容と特徴

イギリス屈指の名門大学であるケンブリッジ大学には、世界最高峰のビジネススクールがあります。ケンブリッジ大学のビジネススクールで学ぶことができれば、さらなるスキルアップにつながることは確実です。また、ほかにも多くのビジネスにおいて重要なものを得ることができるでしょう。

このコラムでは、ケンブリッジ大学のMBAプログラムの概要や入学条件などを解説しています。今後、自分の仕事の幅を大きく広げたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ケンブリッジ大学MBAプログラムの概要

MBAとは、Master of Business Administrationの頭文字を取ったもので、日本語に直すと「経営学修士」という意味です。よく資格と勘違いされることもありますが、じつは学位のことで、「ビジネススクールを卒業した」という証明なのです。

ケンブリッジ大学のMBAは、ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクールで取得することができます。ビジネススクールでは経営や経済、財務、統計学など、今後のビジネスシーンで大いに役立つものを幅広く学ぶことができるでしょう。また、ベンチャー企業のコンサルティングを実際におこなうプログラムもあり、実践的な経営を本質的に学べるようになっています。

ケンブリッジ大学のMBA取得までの期間は1年ほどで、授業は1コマ3時間半です。授業時間が長いと思われるかもしれませんが、1時間半ごとに休憩が30分入り、集中力が途切れないよう工夫されています。

ケンブリッジ大学MBAプログラムの概要

2.MBAを取得するメリット

MBAを取得は「経営学について詳しい人」であるというお墨付きをもらうことでもあります。そのため、ビジネスにおけるさまざまな機会で有利になるケースが増えるでしょう。たとえば、転職活動などでもケンブリッジ大学のMBAを持っていれば、高く評価してもらうことが可能です。

また、ビジネススクールで人脈を築けることもメリットの1つです。MBAの取得を目指す人は、志の高い人が多いです。なかには、在籍する企業内ですでに地位を築いているような人もいたりします。そのため、今後の活躍が期待できる人たちとの人脈を作っておけるというのも、大きなメリットといえるのではないでしょうか。

ほかにも、ケンブリッジなどの海外の大学でMBAを取得できれば、英語力の大幅な向上も期待できるでしょう。英語力が向上すれば、世界中でコミュニケーションを取ることができるようになります。ビジネスにおいて、さらに多くの場所で活躍する機会に恵まれるのではないでしょうか。

3.MBAの出願方法とケンブリッジ大学の入学基準

ケンブリッジ大学のビジネススクールに出願するためには、いくつかの条件があります。まず、GMATとよばれる試験で、一定のスコアを取っておかなければなりません。

GMATとは、世界のさまざまな大学が受験者の総合的な学力を判断するために使っているテストです。ケンブリッジ大学に出願する際にも、GMATのスコアを提示する必要があります。さまざまな分野の科目が試され、ケンブリッジなどのハイレベルな大学を目指すとなれば、各分野で高いスコアを求められます。

また、英語が母国語ではない受験者は、IELTSあるいはTOEFLのスコアが求められます。TOEFLについては、それなりに有名なので知っている人もいるかもしれませんが、IELTSについては知らないという人もいるのではないでしょうか。

IELTSは、TOEFLと同じく、留学生の英語能力をはかるためのテストです。IELTSとTOEFLのどちらを判定基準として採用するかは、大学によってことなります。ケンブリッジ大学はIELTSとTOEFLの両方を判定基準にしているので、どちらのスコアでも問題ありません。

どの試験でも求められるスコアは非常に高いです。ケンブリッジ大学でMBAを取得するためには、これらの試験への対策をしっかりおこなっておくことが必要です

4.ケンブリッジ大学の特徴

ケンブリッジ大学では、カレッジ制とよばれるイギリス伝統のシステムで運営されています。これは、大学のなかに小さな大学がたくさんあり、それぞれが独立した1つの大学のような機能しているということです。ケンブリッジ大学には31のカレッジがあり、このカレッジのうちの1つが、ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクールなのです。

カレッジのなかでは、スーパービジョンとよばれる少人数制の授業がおこなわれています。1つのクラスは1人から4人で構成されており、1クラスに1人教員がつきます。この超少人数クラスによって、教員は1人1人の学生をもれなく指導できるのです。

また、各クラスでは、議論の力をつけるためのディベートなども活発におこなわれており、少人数ならではのメリットを存分に受けることができるでしょう。これが、ケンブリッジ大学を世界屈指の名門大学にしている理由ともいわれているほどです。

しかし、それだけにハードな生活も待ち受けています。ケンブリッジ大学でMBA取得を本気で目指すのであれば、それなりの覚悟が必要になるでしょう。

ケンブリッジ大学の特徴

5.まとめ

ケンブリッジ大学のMBAは、ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクールで取得することが可能です。ビジネススクールではビジネスにおいて重要なことを幅広く学べるだけでなく、コンサルティングなどの実践的な業務を経験することもできます。

MBAを取得すれば、仕事の幅は大きく広がるでしょう。就職や転職などにおいて高い評価を得ることが期待できます。また、ビジネススクールではいろいろな人との人脈を作っていくことも可能でしょう。

ケンブリッジ大学のビジネススクールに入るためには、GMATやIELTS、TOEFLなどで一定のスコアを取っておかなければなりません。どの試験でも非常に高いスコアが求められるので、しっかりと対策をしておく必要があります。

ケンブリッジ大学では、伝統的なカレッジ制が採用されており、超少人数のクラスで徹底的にビジネスを学べます。それだけにハードな生活も予想されるので、MBA取得を志すなら、覚悟を固めておいたほうがいいでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

英語発祥の地、独自の伝統と文化の最先端が絶妙なバランスを保つおしゃれな島国「イギリス」

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

イギリス留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら