英語の聞き流しはあまり意味がない!?どんな勉強方法がおすすめ? | スマ留

英語の聞き流しはあまり意味がない!?どんな勉強方法がおすすめ?

英語の聞き流しはあまり意味がない!?どんな勉強方法がおすすめ?

英語の学習方法で「聞き流す」というものがありますが、英語教材でも「聞き流すだけで」などの言葉をキャッチコピーにしているものもあります。では、聞き流すということは本当に英語の上達に効果があるのでしょうか?

今回は英語の「聞き流し」「精聴」をキーワードに、英語の上達方法、効果的な勉強方法について紹介いたします。英語学習を始める、もしくは英語が上達しなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

1.ただ聞き流しても英語は上達しない

実は、基本的に英語の「聞き流し」には上達への効果がほぼないといわれています。なぜなら、聞き流すことと英語の「リスニング(聞く)」「スピーキング(話す)」「リーディング(読む)」などの代表的な3技能はまったく別物だからです。英語の上達は基本的にこの3技能のレベルが上がることをいいますが、たとえ聞き流したからといってこの技能は上がりません。それぞれの技能においての注意点を紹介します。

・リスニングの場合

聞き流しも英語を「聞いている」のですから、リスニング力は上がるのではないかと思いがちですが、そうではありません。英語の文章を聞いたとき、何をいっているか分からなければ当然理解はできませんよね?知らない単語が多かったり、発音が聞き取れず理解できなかったりしてしまいます。

・スピーキングの場合

英語を話せるようになるということはもっとも分かりやすい英語力の向上だといえるでしょう。しかし、これも聞き流しでは上達しません。スピーキングをする際には「日本語を英語に変換」することが必要です。これは単語だけではなく、文法も瞬時に頭で変換することも必須です。

・リーディングの場合

リーディングは聞き流しから一番遠い技能です。リスニングやスピーキングに比べても、聞き流しだけではもっとも上達が見込めない技能といえるでしょう。

しかし聞き流しているだけでは「頭の中での切り替え」の作業の練習は一切できません。基本的には流れている文章を理解することに必死になって、頭で組み立てる作業にまで移行しづらいからです。

ただ聞き流しても英語は上達しない

2.まずは「発音」を学ぼう

英語の勉強において、まず「発音」を学ぶことが重要です。さきほども何をいっているか分からなければ意味がないとお伝えしましたが、これこそ発音を身につけるべき理由です。発音が分かると、リスニング時に英語を「音」として聞き取ることができます。

せっかく頭に単語が入っていても、それがどんな発音なのかを知らないと聞き取ることは困難です。そのため何度聞いても頭に入ってこなかったり、理解できなかったりします。また発音が分からないと当然自分で話すこともできないです。このように発音が分かるとリスニング・スピーキングの両方において効果があります。まずは発音を学び、しっかり語彙力をつけましょう。

発音の効率的な覚え方は、単語や熟語の意味を覚えるときときに一緒に覚えてしまうことです。英語を勉強する際に最初に始めるのはだいたいの場合単語の暗記です。そのときに単語を声に出すなどして発音も一緒に覚えてしまいましょう。声に出すことで聴覚も刺激され、暗記の効率が上がります。

3.リーディングの力もつけよう

リーディングも英語の上達には大切な技能です。これは英語の聞き流しからの上達がもっとも遠い技能でしょう。リーディングは文章を読み単語や熟語、文法の意味を判断するものです。英文を日本語に変換するときに、聞いたことを理解して、意味を頭に入れて読むことができるようにならなければなりません。そのため聞き流しはあまり役には立ちません。

先ほど発音は単語と一緒に学ぶことが大切だとお伝えしましたが、リーディングでは同時に文法の勉強をすることが大切です。単語をある程度知っていても、リーディングの分野では断片的な理解しかできず、何が書いてあるのか分かりません。

またリーディングで文法力をつければ、頭の中で文章を組み立てる力が付きます。このためスピーキングの力もアップすることにつながります。リーディングでは「単語力」をベースに「読む力」をつけ、「会話力につなげる」というプロセスを実現することを目標とすると、英語が上達していくことができるでしょう。

リーディングの力もつけよう

4.「聞き流し」ではなく「精聴」を

さて、英語の聞き流しが英語の上達においてあまり効果がないこと、それぞれの技能の上達方法のご紹介をしました。ただ、英語の文章を聞き流すこと自体はもちろん悪い学習方法ではありません。「ただ聞くだけ」という学習スタイルが良くないといえます。

英語学習で英語を聞く際は、「聞き流す」のではなく「精聴する」ことが大切です。精聴とは、英語を1つ1つ丁寧に何度も繰り返して聞くことをいいます。精聴では文の意味を理解するまで聞き、次に自分もその文を声に出して話せるようにします。

精聴は理解できるまでやることが重要となります。つまり、分からないことを少しずつなくしていくということです。確実に上達に近づけるためには必要な学習方法でしょう。まずは自分に合った音声教材を選び、少しずつレベルを高めていくなど「積みあげていくこと」がとにかく大切といえます。

5.生活の中に英語を取り入れる

英語学習においては、何より「英語に触れる時間を増やす」ことが大切です。言い換えれば「インプットを増やす」ということです。英語環境で育った子供の英語上達が早いのは、毎日英語を常に話す・聞く環境にあるからではないでしょうか。生活の中に英語を取り入れて、英語に触れる機会を増やしましょう。

取り入れやすいのは映画やドラマ、音楽などの娯楽です。洋画や海外ドラマを積極的に楽しんでみましょう。最初のうちは字幕をつけてもいいので、音声は英語にしてみてください。また洋楽も有効です。聞き取れるようになるまで大変かもしれませんが、洋楽には口語などよりネイティブの会話に近い表現も多く、「こんな表現があったんだ」と勉強になります。

また英語のラジオを聞き流したり、英語のニュースを聞き流したりすることも効果的です。日常生活においてはなかなか精聴をすることは難しいので、英語に触れる機会を増やすという意味でときには聞き流すことも効果的だといえるでしょう。

生活の中に英語を取り入れる

6.留学で英語環境に身を置く

いろいろな勉強法をご紹介してきましたが、やはり留学はもっとも効果的な英語学習の機会です。日本語の飛び交う環境を離れ、海外でネイティブの会話、発音を聞けば英語をただ聞き流しするより上達スピードは上がりますし、何よりモチベーションにつながるでしょう。

基本的に大人になってからネイティブレベルの英語力をつけるためには、5~10年は現地に滞在し勉強することが必要であるといわれています。しかし勉強の精度である程度のレベルまでは、それ以下の年数でも到達できます。まずは精読などの勉強方法で確実に実力をつけましょう。

7.まとめ

英語はただ聞き流しても上達しません。なぜなら英語の技能はそれぞれまったく別物で、理解もせず英語を聞いているだけでは意味がないからです。それぞれの技能に合った学習方法を学び、確実に力をつけることが重要でしょう。

リスニングや単語の勉強の際には発音、リーディングの際には同時に文法の勉強をすることが大切です。またリスニングの際には聞き流すのではなく1つ1つの文章を精聴し、分からない、聞き取れない文章をなくしていきましょう。

また日常生活に英語を取り入れたり、留学を経験して自分から英語漬けの生活に飛び込んだりしてしまうこともとても大切で効果的です。英語を身につけることは地道な努力が必要ですが、楽しく、かつ効率よく学ぶことが上達の近道なのです。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら