【留学体験談vol.23】アメリカ留学の魅力とは?【長期留学】 | スマ留

【留学体験談vol.23】アメリカ留学の魅力とは?【長期留学】

【留学体験談vol.23】アメリカ留学の魅力とは?【長期留学】

PROFILE

  • 職種 留学プランナー
  • 今回ご紹介する国 アメリカ
  • 留学形式 長期留学
  • 滞在期間 6年間
  • 留学経験のある国 アメリカ
  • 旅行経験のある国 アメリカ、カナダ、韓国、オーストラリア、シンガポール

INTERVIEW

長期留学を決めた経緯・目的を教えてください。

小さい頃から母に「これからは国際的な人間が必要になるから」と言われていました。小さい頃はあまり勉強が出来ず、知らず知らずのうちに自分に劣等感を感じていたのですが、英語という新しい世界に出会い新たなスタートをきって、自分にも何かできるかもしれないと思ったため、留学を決意しました。最初の目的は英語を学ぶことでしたが、そのうちそれだけでは物足りなくなってしまい、英語でなにかをもっと学びだい!と感じてアメリカの大学進学を決意しました。

アメリカを選んだ理由を教えてください。

一番なじみのある国(学校の教科書もアメリカ英語)であったことと、知り合いにアメリカ人の方がいたので、必然的にアメリカの情報が豊富にありアメリカに決めました。またその頃ダンスを習っていたので、アメリカでダンスレッスンを受けててみたいと思ったことも決め手です。

長期留学の魅力は何ですか?

長い時間、英語だけの環境にいるので必然的に英語力は伸びます。特に最初はヒヤリングが伸び、その後にアウトプットのスピーキングです。また海外の生活環境で暮らすので、アメリカの生活様式、生活習慣、物の考え方を直接肌で感じて学ぶことができました。時には戸惑いもあると思いますが、それは新しくなにかを学ぶことができる瞬間かもしれません。

アメリカの魅力を教えてください。

とにかく広いです。どこまでいっても広い広い陸続きです。そして、個人主義の国なので、他人に干渉されることなく自分のやりたいことができる国です。自分がなにをやりたいのか目的をきちんともっていれば達成させることができます。気候は、カリフォルニアのように雨が少なくカラッとしていて、極寒猛暑になることもなくとても過ごしやすいです。また、ロッキー山脈のように良質の雪も降るので、スキーもできたり。東の方にいくと歴史の浅いアメリカと言われていますが、開拓の国でとても濃厚な歴史を垣間見ることができます。様々な人種の方が集まる国なので、色んなバックグランドを持つ人達と知り合うことができます!

アメリカで1番お気に入りの場所を教えてください。

ブライスキャニオンです。原住民(ネイティブアメリカン)の歴史を学ぶことができますし、馬にのって渓谷を奥深くまで下りていくことがきます。夕方になると赤土が空に反映して、空まで真っ赤にそまり本当に自然の雄大さを感じました。また、近くに恐竜博物館もあるので、楽しい時間を過ごすことができました。

どれくらいの期間で英語を話せるようになりましたか?

最初は言いたいことが伝えられず、悔しく大変でしたが、2~3か月で日常生活に支障なく生活を楽しむことができるようになりました。そして、言葉や文化の違いで、お互いに勘違いをしたりとハプニングもありましたが、それも今となっては良い思い出です。やはり、失敗を恐れず積極的に自分からコミュニケーションをとることで、英語を話せるようになると思います。あとは、日本でどれだけ英語学習準備を積み重ねてきたかも大きく左右されると感じました。

渡航前はどれくらいの英語力でしたか?

一人でホームステイしても必要最低限のコミュニケーションは取れるレベル(サバイバルイングリッシュ)でした。

アメリカの長期留学経験で、英語力はどれくらい変化ありましたか?

まず最初に耳がネイティブの英語に慣れてくるので、断然リスニングが伸びました。具体的にいうと、今までただの音にしか聞こえてなかったのものが、少しづつゆっくりと意味ある単語もしくはフレーズとして耳に入ってきます。つまり、hearing からlisteningへと移行していきました。その後、教科書では学ばないようなイディオムやスラングも文脈から推測して「こんな意味なんだろうな~」と解釈できるようになりました。次に伸びたのはスピーキング。これも、意味合いが伝わらなくてもどかしいところもありますが、そこでくじけずジェスチャーも取り入れてコミュニケーションを図ります。そうすると伝えたいことが自然と伝わるようになりました。個人差はあると思いますが、最終的には思考や思想についてディスカッションするレベルまで英語力は伸びると思います。

英語の習得に1番効果的だと思う方法を教えてください。

英語を話せるようになるには、とにかく積極的にどんどん話しかけていくことです。そして、よりナチュラルな英語を習得するには、テレビやYouTubeを通してたくさんの英語を聞くこと。また、思考回路も英語で物事を考えるようにすることです。例えば英語で日記をつけたり、SNSに投稿するのも一つの方法ですよね。日々是鍛錬ではないですが、楽しみながら、英語を習得できたらどんなことができるようになるかイメージトレーニングすることも長続きの一つかもしれません。

アメリカの長期留学経験で得られたことを教えてください。

沢山ありますが、大きく分けて3つあります。1つ目は、異文化同士が共存するためには、お互いの違いを認め合い、自分の存在も大切にして生活することができること。これは、人類学の教授から学び、それを知ったときにはまさに目から鱗でした。今後の私の人生の在り方に大きく影響を与えました。2つ目は、英語力と国際社会で求められる感覚を培うことができました。特にコミュニケーション能力は日本人に今求められているスキルかもしれません。3つ目は、どんなことにでもポジティブになれたことです。やはり、苦労はかってでもしろとは言われますが、留学は苦労がつきものです。でも、明るくやりこなすことができようになりました。留学は楽しいです!

アメリカでの1番の思い出や印象的なエピソードを教えてください。

エピソードはたくさんあります。一夫多妻の国の人から求婚されたり、レジで並んでいたら公の場所で人種差別している光景を見かけたり‥でも、ちゃんとレジの人が「それは差別ですよ。」と注意してくれてホッとしたこともありました。また、授業がわからなくてしょっちゅう教授の部屋に行って質問攻めしたりと今となってはどれも良い思い出ばかりです。でも、一番の思い出は、無事に卒業できて卒業式にでられたことですかね。その時もガウンのファスナーが引っかかって慌てたのを覚えています。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00-14:00/15:00-19:00
土日祝 11:00-14:00/15:00-17:00
【火・水曜定休】

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら