【留学体験談vol.6】フランス留学の魅力とは?【長期留学】 | スマ留

【留学体験談vol.6】フランス留学の魅力とは?【長期留学】

【留学体験談vol.6】フランス留学の魅力とは?【長期留学】

 PROFILE

  • 職種 留学カウンセラー
  • 今回ご紹介する国 フランス
  • 留学形式 長期留学
  • 滞在期間 1年間
  • 留学経験のある国 フランス、アメリカ、カナダ
  • 旅行経験のある国 フランス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、ベトナム

INTERVIEW

長期留学を決めた経緯・目的を教えてください。

大学の生活にも慣れて毎日同じような生活をしていた時に、このままではダメだと感じ、何か新しい事に挑戦しようと思いました。フランス語を学ぶにつれ、フランス人の先生と話す機会が増え、フランス人・フランス文化にすごく興味を持ち、フランスに行ってみたい、直接肌で触れてみたいと思うようになりました。そのためにはどうすればいいかを考えた時に出た答えが、「留学」でした。

フランスを選んだ理由を教えてください。

ただ単純にフランスが好きだったからです。フランス語圏のモントリオールなども考えましたが、「生きたフランス文化」を知る為には、フランス以外当てはまらないと思い、フランスに決めました。

長期留学の魅力は何ですか?

自分次第で何でも挑戦できることです。自分の語学力次第で、さまざまな活動が出来るようになります。積極的に行動をしなければ、学校と滞在先の往復をするだけの毎日になってしまうので、必然的に行動力が身に付いてきます。多くの人と関わることで価値観や自分の強みを知ることができました。

フランスの魅力を教えてください。

「美」「食」「愛」、この3つの言葉がフランスの魅力を示す最も適切な言葉だと私は思います。
「美」は、観光地、世界遺産など有名な場所が数多くあり、どこを見渡しても街並みが本当に素敵です。カフェのテラスでコーヒーを飲む人、フランスパンをリュックに刺して歩く人…、異国にいることを常に感じさせてくれます。
「食」は、何を食べてもおいしいのですが、フランス人は食事にすごく気を遣います。家の食事でも、すべての料理が机の上に並ぶことはなく、コース料理のように一皿ずつ出てきます。私のステイ先はサラダ→メイン→チーズ→デザートという順番で、毎回デザートも手作りでした!メイン料理に合うよう、ワインも毎日異なるものでした。
最後に「愛」ですが、フランス人は凄く家族を大切にします。家族でいる時間を必ず作り、街を歩いていても老夫婦が手をつないで歩いているのをよく見かけますし、日曜日はお店が閉まっていることが多いので、家族でのんびり過ごすことが多いんです。とても素敵な文化だなぁと感じました!

フランスで1番お気に入りの場所を教えてください。

フランス第2の観光都市南仏コートダジュールの代表都市「ニース」のCastel Hillです。そこからニースの旧市街と海岸線を一望することが出来ます。ニース独特の瓦屋根が立ち並ぶ旧市街、「天使の湾」と呼ばれる真っ青の美しい海はフランスに1年間滞在していた中で1番感動しました。

どれくらいの期間で外国語を話せるようになりましたか?

片言ではあるものの、何とかコミュニケーションが取れるようになったのは語学学校に通い始めて2か月頃でした。最初の1か月は本当に生活が大変で‥。何をするにも言葉を調べても発音が悪くなかなか伝わらず、心が折れそうに何度もなりましたが、そんな時に救ってくれたのが学校の先生でした。毎日声を掛けてくれて、すごく心配してくれて。ノートの切れ端にメッセージを書いてくれた事を今でも覚えています。「ゆっくりで大丈夫だよ」と言ってくれたからこそ、自分のペースでストレス無く勉強をすることが出来ました。

渡航前はどれくらいの英語力でしたか?

日常会話もほぼ出来ず、挨拶くらいしか出来ませんでした。コミュニケーションを取ることももちろん難しかったです。。

フランスの長期留学経験で、語学力はどれくらい変化ありましたか?

最終的には、現地のラジオを聞き取り、それを用いて討論が出来るくらいになっていました。この留学で1番苦労し、悩み、壁にぶち当たったのはリスニングでした。幸いなことに私はホームステイをしていたので、フランス語に触れる時間はたくさんありました。またファミリーが本当に親切で、私が理解するまで会話に毎日付き合ってくれたおかげで、徐々にではありますが、リスニングに対する抵抗感はなくなっていきました。

語学の習得に1番効果的だと思う方法を教えてください。

人と話すこと。これに尽きると私は強く思います。留学当初は図書館に入り浸り勉強をしていましたが、正直自分でわかるほど語学力は上がりませんでした。このままではダメだと勉強方法を変えようと思い、フランスでしかできない事を考えた時にすぐに浮かんだのは「フランス人と話すこと」でした。学校にいるときはもちろん、授業後も出来るだけ日本人以外の人と常にいるよう心掛け、フランス語に触れる時間を多くとるようにしました。最初は本当に大変でしたが、すぐに自分でもわかるほど語学力は伸びました。私は筆記は出来ていたので、アウトプットに時間を使ったのは結果としてすごくいい判断となりました!

フランスの長期留学経験で得られたことを教えてください。

人との出会いが、自分を一回りも二回りも大きく成長をさせてくれるのが留学の魅力です。沢山の人と触れ合うことで、今までの「当たり前」が実はそうではない事に何度も気づかされます。「”正解”は自分でつくる」、まさにこれでした。自分で考えた事、選んだ道、それは全て正しく、誰かにとやかく言われても変える必要はないんだと強く感じることが出来ました。他人と比べるのではなく、「自分」は「自分」なので、自分がどうしたいかが大切であると学びました

フランスでの1番の思い出や印象的なエピソードを教えてください。

日本でも行われていますが、Beaujolais nouveau(ボジョレー・ヌーヴォー)のパーティーの日が1番思い出に残っています。11月の第3木曜日にボジョレー地区でその年に収穫されたブドウを使った新酒が解禁になり、ほとんどの店でボジョレーを飲むことが出来ます。私はホームステイ先でこのパーティーをしました。ご近所さんが大勢集まり、種類の違うボジョレーを持って家に集まるんです。この日をきっかけに人脈が広がり、素晴らしい経験が出来ました。10名ほど家に集まりましたが、もちろん私以外は全員フランス人で。フランス語も流暢に話せない私なのに、「ここにいるならあなたも家族よ」と言ってくれたり、その日から週末に一緒にスポーツをしたり、お勧めの観光地へ連れて行れたり、凄く良い経験をさせてもらいました。マザーが常に凄く私の事を気にかけてくれて、「あなたはいつも頑張っているから、私もあなたが素敵な経験が出来るよう手伝うわ」と言ってくれたことは忘れません。留学からもう5年以上が経ちますが、今でもファミリーとは連絡を取り合っています。このような関係が作れたことは私にとって財産となりました。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00-14:00/15:00-19:00
土日祝 11:00-14:00/15:00-17:00
【火・水曜定休】

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら