カナダは高校留学にピッタリの国!国の特徴から留学の流れまで解説 | スマ留

カナダは高校留学にピッタリの国!国の特徴から留学の流れまで解説

カナダは高校留学にピッタリの国!国の特徴から留学の流れまで解説

カナダの高校へ留学することによって、世界的にもトップレベルの教育を受けることができます。また、公用語が英語とフランス語なので、2ヶ国語に触れられる環境であることも大きなポイントといえます。

カナダの高校に留学することは、メリットが多いですが、「どのようなメリットがあるのか」「費用がどのくらいかかるのか」分からない方もいらっしゃるでしょう。この記事では、カナダの高校留学について詳しくご紹介していきます。留学を考えているか方ぜひ参考にしてみてください。

1.カナダは高校留学にオススメの国!

英語は若い人ほど覚えるのが早いといわれています。そのなかでカナダに高校留学することはメリットが多いです。カナダに高校留学するメリットをご紹介していきます。

レベルの高い教育が受けられる

カナダの学校は、教育水準が高くさまざまな分野で世界トップレベルです。なかでも学校のカリキュラムや設備が多い傾向にあります。そのため、勉強に集中できる環境に適しているといえます。

また、カナダ英語は、イギリス英語とアメリカ英語が合わさっており、アメリカ英語を学んでいる日本人にとってはなじみやすい言語です。カナダに高校留学することで若いうちに世界で通じる英語を学べるというメリットがあります。

1.カナダは高校留学にオススメの国!

公立高校も卒業できる

アメリカなどでは、公立の高校が留学生の卒業制度をとっていないことがあり、留学しても高校の卒業資格を得られない場合があります。しかし、カナダの公立高校では制度が整っているため、留学生であっても卒業することができます。公立高校は費用が安いので、費用を抑えながら高校の卒業資格を得ることが可能です。

このようにカナダの高校に留学することにはメリットがあります。教育レベルが高く語学を学ぶことができるのでおすすめです。

2.カナダの高校は日本とシステムが違う

カナダと日本の高校ではシステムや考え方が違います。この章では、カナダと日本の高校の違いに関してご説明していきます。

カナダでは日本と考え方が違う

カナダでは、どの学校を卒業したのかではなく、どの科目を学んだのかを重視する考え方を持っています。そのため、カナダの高校の授業は、大学のように必修科目と選択科目の単位制になっております。選択科目のなかに、英語補講クラスがある学校もあります。

留学生はこのクラスを取得して、英語の上達を目指している方が多いです。カナダの高校では、選択科目のバリエーションが広いのでたくさんの分野を学べることができるでしょう。

また、日本では受験がありますが、カナダでは高校受験も大学受験もありません。そのため、学校にいる生徒の学力にはいくらかの差があるのです。

長期の休みや身だしなみも違う

日本の公立高校では、制服を着て登校する高校が多いですが、カナダの公立高校では、基本的に私服で登校します。また、髪の毛の色やネイルなども日本のように厳しく規制されていません。日本とは違う感覚で学校生活を楽しめるでしょう。

また、カナダでは、日本と違い2学期制が多い傾向があります。そのため、前期が9月~1月末、後期が2月~6月末なので、長期の休みが7月と8月の2か月間です。このように、カナダと日本の高校ではスタイルが異なります。

カナダの高校に留学して日本とは違うスタイルで教育を受けることができます。カナダの高校の始業日や校則などの正確な情報を得るには、学校の公式ホームページを調べましょう。

3.カナダへの高校留学スタイル

カナダの高校留学には、「経験留学」と「進学留学」の2つのスタイルがあります。留学をする際の出願では、どちらかを選択しなければいけません。この章では、2つのスタイルにどのような違いがあるのか見ていきましょう。

経験留学

経験留学とは、留学する期間が決まっており、期間終了後に日本に帰国する留学です。経験留学は、体験留学ともいわれています。日本の高校によっては、帰国後留学先で取得した単位が認められない学校もあります。経験留学を選択する際には、事前に単位が認められるのかを確認しておくことをおすすめします。

進学留学

進学留学とは、留学した学校の単位を取得して、その学校を卒業する留学です。進学留学を選択した人のなかには、日本の高校を休学して留学する人や中学を卒業して留学する人などがいらっしゃいます。

カナダの高校に留学する際は、どちらの留学を選択するのか前もって決めておくことをおすすめします。では、ほかにカナダの高校に留学するために準備しておいた方が良いことは何なのでしょうか?
3.カナダへの高校留学スタイル

4.カナダの高校へ留学する準備

カナダの高校に留学するのに必要な書類や費用をこの章では、ご説明していきます。まず、留学に必要なものは8種類あります。それは、入学願書、パスポートのコピー、成績証明書、証明写真、予防接種履歴書、英文エッセイ、推薦状、出願費用です。書類などは基本的に英文で書かれているものを用意する必要があります。

次に、費用についてご紹介していきます。カナダの高校の留学に必要な費用は200万円~600万円程度かかるといわれています。私立の高校に留学する場合と公立の高校に留学する場合では金額に差が出てきます。私立の場合は250万円~600万円程度、公立の場合は200万円~400万円程度です。

留学費用を抑えるには、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN日本代表プロブラム」という奨学金制度を利用することができます。この制度では、14日間から1年間の留学に必要な費用を支援してもらうことができます。さらに、返済が不要という特徴があります。

留学費用や留学手続きは、留学エージェントを利用することでスムーズに進めることができます。カナダの高校に留学する際は、留学エージェントを利用することをおすすめします。

5.カナダへの高校留学で失敗しないための心得

カナダの高校留学について流れが分かったところで、失敗しないための注意点についてご紹介していきます。留学する際に、ぜひ参考にしてみてください。

留学で取得した成績の移行

日本の高校によっては留学で取得した成績を認めてもらえないケースがあり、1学年下がってしまうことがあります。そのような事態がおこらないように、事前に学校に確認しておくことをおすすめします。

物価が日本より高い

カナダで生活していくなかで、注意しておきたいことは、日本より物価が高いことです。さらに、ほとんどの州で消費税が10%を超えています。そのため、食費などの生活費がかかってしまうことがあります。自炊をするなどの工夫をして費用を抑えることをおすすめします。

6.まとめ

カナダの高校に留学することで、くせのない英語や幅広い分野を学ぶことができます。カナダの公用語は、英語とフランス語の2か国語です。そのため、英語だけでなくフランス語に触れることもできます。カナダの高校は日本の高校と違い、幅広く科目を選べることや世界トップクラスの教育を受けられるというメリットがあります。

留学には、「経験留学」と「進学留学」の2つの方法があります。経験留学をする場合は、日本の在学している高校に留学先での単位が認められるか確認しておきましょう。また、留学エージェントを利用することで手続きなど分からないことを解決してくれます。留学する際は、ぜひ利用してみてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら