カナダ留学の持ち物ガイド!あると便利な意外なものまで紹介します | スマ留

カナダ留学の持ち物ガイド!あると便利な意外なものまで紹介します

カナダ留学の持ち物ガイド!あると便利な意外なものまで紹介します

カナダ留学の持ち物についてどのようなものが必要なのかわからない人もいらっしゃるでしょう。カナダ留学の持ち物は、パスポートや海外健康保険証、お金などの貴重品、筆記用具やせっけんなどの日用品です。貴重品や日用品を忘れると滞在中の生活で困ることがあります。忘れ物がないようにしましょう。

この記事では、カナダ留学の持ち物についてご紹介していきます。 また、持っていくと便利なものについてもご紹介していきます。

1.カナダ留学の持ち物:書類や貴重品

この章では、カナダに留学する際に持っていく書類や貴重品についてご紹介していきます。

カナダ留学に持っていく書類や貴重品は、パスポート、ビザ、航空券、入学許可証、海外健康保険証明書、お金です。パスポートとビザは、カナダに入るときに必要です。パスポートは、期限が過ぎているものは使えません。期限が過ぎていないか確認しておきましょう。

海外健康保険証明書は、医療機関などを利用した場合に必要になることがあります。海外健康保険証明書がないと保険が効かないということがあります。忘れないように気を付けておきましょう。

お金は、日本とカナダの両方を持っておきましょう。カナダでは、現地で両替した方が安くなるため、日本のお金も持っていきましょう。また、空港からの移動や生活用品などを買う際に、お金が必要です。

書類や貴重品は、カナダに入る際や生活するなかで必要になるものです。そのため、書類や貴重品は、忘れないように気を付けましょう。

カナダワーホリの年齢制限は何歳?オーバーしても働く方法はあるの?

2.カナダ留学の持ち物:日用品

カナダ留学の持ち物で、日用品はどのようなものが必要なのでしょう。カナダ留学に必要な日用品についてご紹介していきます。カナダ留学に必要な日用品は、筆記用具やせっけん、ポケットティッシュ、雨具などが必要です。

筆記用具は、学校で使うことがあります。筆記用具はよく使いますが、現地で買うこともできるため、少量ものでも困ることはないでしょう。また、メモ帳やノートも持っていきましょう。せっけんは、毎日使うため、もっていきましょう。せっけんもカナダで買うことも可能なため、少量のものでも対応することができます。しかし、日本とは質が違うので注意が必要です。

ポケットティッシュは、外出している際に役立つことがあります。カナダでは、ポケットティッシュが高価なため、日本から持っていきましょう。カナダでは、夏に雨が降ることが多いため、雨具も持っていきましょう。外出している際には、折りたたみ傘が役立ちます。

日用品は、カナダで買うことも可能です。しかし、留学費用が多くかかってしまうため持っていくようにしましょう。また、品質が良くない場合があります。日本から日用品を持っていくことで、過ごしやすくなるでしょう。

3.現地では入手しにくいものも!あると役立つアイテム

留学をする人のなかには、カナダ留学の持ち物で役立つアイテムを持っていきたい方もいらっしゃるでしょう。この章では、カナダ留学に役立つアイテムについてご紹介していきます。カナダで役立つアイテムは、ガイドブックや運転免許証、電子辞書、証明写真などです。

ガイドブックがあることでカナダに滞在している際に、観光の計画が立てやすくなるでしょう。また、カナダでの生活や観光する際に、車を使いたい方は、運転免許証を持っていきましょう。運転免許証は、カナダで国際運転免許証に書き換えることができます。

カナダの生活や学校に通うなかで、単語の意味などを調べることがでてきます。その際に、電子辞書があると調べやすいです。カナダでは、あまり売られていないため持参することをおすすめします。

証明写真を持っていて役立つときは、パスポートをなくしたときです。パスポートをなくした際は、再発行する必要があります。再発行する際に、証明写真が必要になるため持っていきましょう。

カナダ留学の持ち物ガイド!あると便利な意外なものまで紹介します

4.留学時期によって違う?冬と夏はこれもあるといいかも

カナダ留学の持ち物には、季節によってあると便利なものがあります。この章では、季節に合わせたカナダ留学の持ち物についてご紹介していきます。

冬にカナダ留学する際に、持っていくと便利なものは、防寒具、ブーツ、カイロなどです。カナダの冬は、気温が低く寒いため、某幹部があるとよいでしょう。防寒具とは、厚手のコート、マフラー、ニット帽子、手袋、ブーツなどです。カナダでは、雪が降ることがあるため、雪に対応しているブーツがおすすめです。また、耐寒性のあるシャツなどもあるとよいでしょう。

服装以外には、カイロがあると便利です。暖かい服装をしていても寒さを防げない場合があるため、カイロなどを持っておくと寒さを和らげることができるでしょう。

夏に持っておくと便利なものは、日焼け止め、水着、上着などです。夏では、海などで休日を過ごすことができます。その際に、水着を持っておくとカナダの海を満喫することができます。また、夏には日焼けをすることがあります。日焼け止めも持っていき、日焼け防止をすることがおすすめです。

夏に上着があると便利な理由は、朝と夜に気温が低くなり寒くなるからです。気温の変化に対応できるように、体温調節のできる上着があると過ごしやすくなるでしょう。

5.まとめ

カナダ留学の持ち物は、パスポートや海外健康保険証などの書類や貴重品、筆記用具やせっけんなどの日用品です。パスポートやビザなどの書類がないと入国することができない場合があります。また、空港から移動する際や生活するなかでお金を使います。書類や貴重品を忘れないように気を付けましょう。

日用品は、カナダで買うことができますが、品質が良くないことや費用がかかってしまいます。そのため、ある程度のものは持っていくようにしましょう。カナダ留学の持ち物であると便利なものがあります。カナダにいく際には、書類などを忘れてしまうと入国できないことがあります。忘れ物がないように気を付けましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら