代表的なカナダの名所を州ごとにご紹介!大自然や都市を楽しもう | スマ留

代表的なカナダの名所を州ごとにご紹介!大自然や都市を楽しもう

代表的なカナダの名所を州ごとにご紹介!大自然や都市を楽しもう

旅行先や留学先として、カナダを選ばれる方は多くいらっしゃいます。また、ワーホリビザを発行しているので、ワーホリ先としてもカナダは人気の高い国の1つです。そんなカナダには数多くの名所が各地に存在します。

豊かな自然と現代文化が共存する不思議な国、カナダ。この記事では、そんな魅力あふれるカナダの名所を地域ごとにいくつかご紹介します。カナダにいかれるご予定のある方は、ぜひとも参考にしてみてください

1.比較的温暖な地域「ブリティッシュコロンビア州」の名所

ブリティッシュコロンビア州はカナダの西に位置する、山あり海ありの自然豊かな地域です。自然を活かしたアクティビティと個性豊かな観光地が特徴で、カナダにある名所のなかでも特にカナダ観光を楽しみたいという方におすすめです。

ブッチャートガーデン

ブッチャートガーデンは、美しい花々が四季を通じて楽しめる、東京ドーム約5個分もの大きさがある庭園です。今からおよそ100年まえにブッチャート夫人がつくった庭園がその始まりといわれています。

季節を問わずたくさんの種類の花々とアフタヌーンティーを堪能でき、冬であれば雪と輝くイルミネーションのコントラストや、温室で咲く花を楽しむことができます。アフタヌーンティーは、時間が決まっているため事前に予約しておくといいかもしれません。

庭園内には本格的な日本庭園もあり、紅葉の時期には美しいモミジやイチョウが庭を秋色に染め上げます。

グランビルアイランド

日本人観光客からの人気が高い、バンクーバーにある大型複合施設です。海に近いこの施設内には、食料品や日用品などのショップのみならず、アートギャラリーや宿泊施設までもが軒を連ねています。品揃えはとても豊富で、カナダのお土産をここで買う人も多いそうです。

ウィスラー

広大な自然と雄大な山々を望むことのできるウィスラーは、カナダ有数のスノーアクティビティの聖地です。

冬から春の初めにかけては白く輝く雪の上でスキーやスノーボード、夏や秋は豊かな緑のなかでゴルフやハイキング、透き通る川や湖でウォータースポーツも楽しめます。

キャピラノ

キャピラノは、バンクーバーの北側に位置する背の高い針葉樹の森が特徴的な地域です。キャピラノといえば、「キャピラノ吊り橋」が有名です。この橋は、ただの吊り橋ではありません。なんと高さ70メートル長さ140メートルもある巨大な吊り橋なのです。

キャピラノは吊り橋だけでなく、高い木々を活かしたアトラクションや、無料のガイドツアーもあります。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。また、冬にはイルミネーションが吊り橋や木々を彩ります。

代表的なカナダの名所を州ごとにご紹介!大自然や都市を楽しもう

2.カナディアンロッキーのふもと「アルバータ州」の名所

アルバータ州は、雪をかぶった山々と高層ビル群が不思議なコントラストで共存する地方です。数あるカナダの名所のなかでも自然に癒されたい!という方におすすめです。

バンフ国立公園

バンフ国立公園はカナダで最初に設立された国立公園で、世界遺産にも登録されています。「カナディアンロッキーの宝石」と名高いルイーズ湖や2つの氷河から流れ出た雪解け水が美しいボウ湖、息をのむほどの鮮烈な青が視界ではじけるモレーン湖やミネワンカ湖は必見です。

ジャスパー国立公園

バンフ国立公園の北に位置するジャスパー国立公園は、輝く湖と夜には満天の星々を望むことのできる自然豊かな場所です。広大な自然のなかでハイキングやボートクルーズ、冬季にはスノーアクティビティを楽しむことができます。

カルガリー動物園

カルガリー動物園は合計1200種類以上の生物を展示している、見どころ満載の大きな動物園です。アフリカから南極まで、幅広い生息域の動物たちに出会うことができます。園内では絶滅危惧種のアムールトラやユキヒョウなども飼育・展示しておりその姿を一度は見ておきたいところです。

3.カナダの中心「オンタリオ州」の名所

オンタリオ州はカナダのなかほどに位置する地域で、国境をまたぐナイアガラの滝が有名です。

ほかには1976年に設立され、現在世界で3番目に高い電波塔であるCNタワーや、世界遺産のリドー運河など、カナダの名所のなかでも歴史的な価値のある名所が多いところでもあります。ここではそんなオンタリオ州の名所をご紹介します。

CNタワー

カナダを紹介する映像などで見かけることも多いのではないでしょうか。このCNタワーの高さはなんと東京タワーよりも高い、553.33メートルもの高さがあります!これは、世界にある電波塔のなかでも3番目の高さです。

そんなCNタワー、上に登れるだけではありません。342m地点のガラス張りの床や屋外展望台もスリリングで楽しくはありますが、そんな屋外展望台のひとつ上の階には回転展望レストランの「360レストラン」があります。

代表的なカナダの名所を州ごとにご紹介!大自然や都市を楽しもう

レストラン自体が時間をかけてゆっくりと回転し、地上350mほどの高所からの絶景を眺めつつ食事を楽しめます。レストランから見える夜景はとてもロマンティックで、カップルや夫婦で一度はいってみたい場所です。

ナイアガラの滝

ナイアガラの滝は、濃霧のようにたちのぼる水しぶきや、それによってできる虹が美しい世界最大規模の滝です。

ナイアガラの滝はアメリカとカナダ、2つの国の国境にかかる滝で、少し下流にあるレインボーブリッジからは歩いて国境を越えることができます。越境する際に簡単ではありますが、入国審査があるのでパスポートや身分証をお忘れなく!

遠くから見るだけではもの足りない、という方はぜひ「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」にご参加ください。ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズは、その名の通り、ナイアガラの滝を裏側から見ることができます。大量の水が間近で流れ落ちる様子は、圧巻の一言です。

リドー運河

リドー運河は1832年に開通した、長い歴史をもつ運河です。その長い歴史から世界遺産に登録されていますが、未だに運河としても利用されています。

ピクニックに最適なのんびりした景観が特徴で、40か所以上に存在する水門や、運河の開通当時から残るスミスフォールズの巨大な跳ね橋が特徴です。

また運河沿いのパースの街に立ち並ぶ、愛らしいレンガ造りの建物は一見の価値ありです。冬は運河全体が凍るため、スケートリンクとして無料で開放されています。

4.フランス文化を感じる「ケベック州」の名所

ケベック州はカナダのなかでありながらフランス文化の強い地域で、フランス語を話す人口も他地域に比べて多いそうです。ここではそんなフランス文化を感じられるカナダの名所、ケベック州についてご紹介します。

ノートルダム大聖堂

「ノートルダム大聖堂って、フランスの建物じゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、カナダにもノートルダム大聖堂はあるのです!モントリオール・ノートルダム大聖堂は、1642年にケベックシティに建てられた聖堂です。

一度足を踏みいれればその繊細な装飾と、神秘的な色あいが訪れた人の心をつかみます。入場料も安価で、大人から子供まで気軽に入りやすいです。

シャトー・フロンテナック

シャトー・フロンテナックは、おとぎ話のような街並みが美しいケベックシティのなかにある伝統あるホテルです。

その外観もまるで中世のお城のようで、街のなかから望むシャトー・フロンテナックはさながら絵本の挿絵を見ているようです。内装や客室も、まるで自分がおとぎ話の登場人物になったかのように思わせてくれる豪奢なつくりになっています。

メープル街道

メープル街道は、その名の通りカナダの国旗にも使用されているメープルの木々が立ち並ぶ紅葉の名地です。シーズンは9~10月であり、色鮮やかな紅葉がとても魅力的です。その全長はなんと800kmもあり、その広大さから場所によって若干見ごろが異なります。

5.オーロラを見ることもできる!?その他カナダの名所

ここまでで地域ごとのカナダの名所についてくわしくなってきましたが、名所はまだまだあります。ここではそんな、カナダの隠れた名所の一部をご紹介します。

オーロラを見れるイエローナイフとホワイトホース

イエローナイフとホワイトホースは、カナダ有数のオーロラの名所です。高い確率でオーロラを見ることができると多くの人々が、オーロラ目当てに訪れます。オーロラがでていない日中には、大自然のなかでフィッシングやハイキング、ウィンタースポーツなども楽しむことができます。

代表的なカナダの名所を州ごとにご紹介!大自然や都市を楽しもう

赤毛のアンの舞台になったシャーロットタウン

「赤毛のアン」は、ルーシー・モード・モンゴメリが著した全11巻の長編小説です。日本で出版されてから約半世紀たった今でも、多くの人々に読まれている作品です。

そんな赤毛のアンの舞台とされているのがシャーロットタウン。コンフェデレーション・センター・オブ・ジ・アートでは、夏に赤毛のアンのミュージカルを上演していたり、ビクトリア・ロウには赤毛のアンのショップがあったりします。作品のファンであれば、一度はいってみたい町です。

6.まとめ

カナダの名所には、たくさんの自然と歴史的建造物、美術的・伝統的文化があり、訪れた人々を豊富なアクティビティや豊かな自然で楽しませてくれます。

スノーアクティビティを楽しめるウィスラー、フランスの文化が色濃く残るケベックシティ、迫力のある大自然を肌で感じられるナイアガラの滝などと多岐に渡ります。

このようにさまざまな名所があるため、カナダは留学や観光先としてとても人気が高いです。また、ワーホリ制度があるため長期滞在も可能です。カナダの名所を余すことなく満喫したいという方は、ワーホリで来てみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら