通訳・翻訳留学で生きた英語を手に入れよう!コース内容などを紹介 | スマ留

通訳・翻訳留学で生きた英語を手に入れよう!コース内容などを紹介

通訳・翻訳留学で生きた英語を手に入れよう!コース内容などを紹介

テレビなどで、外国の人のインタビューやコメントを通訳・翻訳している方を見る機会があります。このような人たちを目指して、通訳や翻訳の仕事を調べている方も多いのではないでしょうか。ただし、通訳・翻訳には、高い英語力が必要です。そこで、通訳・翻訳留学をしようと考えている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、通訳・翻訳留学についてご紹介していきます。通訳・翻訳留学を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.通訳・翻訳留学で実践英語を手に入れよう

通訳・翻訳は、日本語から英語、英語から日本語になおします。しかし、訳すことができるレベルの語学力だけでは通訳・翻訳家にはなれません。通訳・翻訳家を目指す人たちが集う通訳・翻訳留学では、どのようなことを学ぶのでしょうか。

留学先では主にでは、通訳・翻訳の実践練習、言語の知識、専門分野の基礎について学びます。選べるコースのなかには、通訳学、通訳と専門用語、会議通訳、公共サービス通訳、警察通訳、ビジネス通訳などがあります。

通訳・翻訳には、内容を理解する能力、言語の活用能力、専門知識が必要です。そのため、英語力だけでなく、文化や風習などの知識が必要になってきます。通訳や翻訳には、専門的な知識も必要になります。専門知識には医療知識や法律、企業などの知識が含まれます。そのため、英語を学んだだけでは通訳・翻訳家になれないのです。

通訳・翻訳留学で生きた英語を手に入れよう!コース内容などを紹介

2.通訳・翻訳留学のためにはどれくらいの英語力が必要?

通訳・翻訳は、高い英語力が必要です。では、通訳・翻訳を学ぶ留学プログラムに臨むにはどのくらいの英語力が必要になってくるのでしょうか。留学する学校によって異なりますが、平均的にはTOEIC750点以上の語学力が目安といわれています。

英検でいえば、準1級レベルの英語力を持っている証明になります。英語力を高めるには、「インプット」と「アウトプット」が重要です。インプットは知識を覚えることを意味しており、アウトプットは覚えた知識を実践することを指します。

通訳家・翻訳家になるためには、最低限英検1級、TOEIC900点以上の英語力が必要といわれています。ただし、自身が受け持つ業務の種類や難しさによって、必要となる英語力の目安は異なるようです。

このように通訳・翻訳留学や仕事を目指すのには高い英語力が必要になってきます。英語力を高めるためにも「インプット」と「アウトプット」を心がけて勉強することが重要になります。通訳・翻訳の仕事をするときにも大事になる力です。

3.通訳・翻訳留学にかかる費用

通訳・翻訳留学をする場合は、どのくらいの費用がかかるのか知りたい方もいらっしゃるでしょう。そこで、この章では通訳・翻訳留学に必要な費用についてご紹介していきます。

まず、通訳・翻訳留学にかかる費用の相場は、約150万円~400万円のようです。ただし、選択するコースによって、かかる学費などが大きく異なる場合もあります。通訳・翻訳を学ぶコースは半年のものから、1年にわたるプログラムまでさまざまで、およそ50万~250万の学費がかかります。

そのほかに、滞在費、往復航空券、食費、現地での交通費などがかかってきます。これらの費用は、授業料や留学先、時期、生活スタイルによって異なるようです。物価が高い国では、普段の生活費がほかの留学先の倍になることもあり、留学先の選択には注意が必要になるでしょう。

留学費用を抑えたい方は、留学エージェントを利用しましょう。留学エージェントを利用することによって、授業料の安い学校や留学費用の抑え方について教えてもらうことができます。

4.通訳・翻訳留学でオススメの国

通訳・翻訳は英語力が必要なので、通訳・翻訳留学にはアメリカやイギリスなどの英語圏の国が人気と思っている方も多いでしょう。この章では、通訳・翻訳留学におすすめの国についてご紹介していきます。留学先を決める際にぜひ参考にしてみてください。

・オーストラリア

オーストラリアでは、通訳・翻訳家は需要の高い職種です。国の特徴として多くの民族の人が滞在しているため、通訳・翻訳の分野の教育が進んでいます。また、教育のレベルが高く、通訳・翻訳について学べるコースが多くあります。オーストラリアの通訳・翻訳留学では、NAATIという通訳・翻訳の国家資格を取得することができます。こうした国家資格を取得しておくと、実際に通訳・翻訳の仕事を探すときなどで自分の語学力を証明できます。

・イギリス

イギリスでは、大学院で通訳・翻訳の分野があります。大学院では、履修期間が1年間です。1年間という短い期間のため内容が引き締められており、覚えることの多い期間になることが予測できます。また、通訳・翻訳の分野は入学条件が厳しいといわれています。

イギリスには世界中から留学生が集まってきます。多くの人とコミュニケーションをとることで通訳・翻訳のスキルをあげられるでしょう。

・アメリカ

アメリカでは世界中から多くの企業が集まっているため、現地の学校ではビジネス向けの翻訳業務を学べる講義があります。通訳・翻訳の重要性が高いアメリカでは、本格的に学ぶことができるといえるでしょう。

アメリカのモントレー国際大学院は、アメリカで唯一通訳・翻訳修士号を取得することができます。通訳・翻訳留学にアメリカを選んでみてはいかがでしょう。

通訳・翻訳留学で生きた英語を手に入れよう!コース内容などを紹介

5.まとめ

通訳・翻訳の仕事は日本語を英語変更することや英語を日本語にします。この仕事をするには、英語能力が高くないといけません。英語力だけでなく、専門知識も必要になります。通訳・翻訳留学には、英検準1級、TOEIC750点以上の英語力を持っておくことが目安といわれています。

通訳・翻訳留学には、アメリカやイギリス、オーストラリアがおすすめです。さまざまな国から企業が集まる地域では通訳・翻訳の業務が重要視されているため、充実した講義プログラムを受けられるようです。通訳・翻訳留学の留学先を決める際は、留学エージェントを利用することで留学の費用などわからないことを解決してくれるでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら