ブライトン留学で費用を抑えてイギリスへ!町の特徴などを紹介 | スマ留

ブライトン留学で費用を抑えてイギリスへ!町の特徴などを紹介

ブライトン留学で費用を抑えてイギリスへ!町の特徴などを紹介

ブライトンという街は温暖な気候であり、リゾート地として知られています。また、ロンドンから近いです。ブライトンに留学することで日本とは違う文化や、日本で学んでいるアメリカ英語とは違うイギリス英語を学ぶことができます。ブライトンの語学学校では、設備が充実しており、ネイティブ講師から指導を受けることができます。

この記事では、ブライトンの留学に役立つ街の魅力から語学学校、留学費用についてご紹介していきます。ブライトンに留学を考えているかたは、ぜひ参考にしてみてください。

1.イギリス有数のリゾート!ブライトンに留学しよう

ブライトンという街は、イギリス・イングランドの南東部イースト・サセックス州の西端に位置しています。ロンドンから電車で約1時間程度とアクセスしやすく、リゾート地として有名です。この街のなかには、カラフルな建物が集まっている地域があり、ヨーロッパの建物とはまた違う雰囲気を楽しむことができます。ここで、ブライトンの有名な観光地をご紹介します。

・ロイヤル・パヴィリオン

この建物は、宮殿で唯一売りに出された建物です。過去には、公共施設として使われた歴史があります。

・ブライトン・ピア

ブライトン・ピアは、海の上にある遊園地です。敷地内には、ゲームセンターやクレープ屋台などがあります。

・ブライトンビーチ

このビーチは、イギリス国内を含めヨーロッパ人にとても人気のあるビーチです。ビーチには、レストランやバーなどが立ち並んでいます。

また、ブライトンはヨーロッパで1番大きなゲイの街といわれています。毎年「ブライトン・プライド」というイベントが開催されます。このブライトン・プライドは、多くの同性愛者の人たちが街で踊ったりするにぎやかなイベントです。ブライトンに留学することで、日本とは違う文化に触れることができます。

ブライトン留学で費用を抑えてイギリスへ!町の特徴などを紹介

2.ブライトンで英語を極めよう!語学学校紹介

ブライトンの語学学校では、世界に通じるイギリス英語をネイティブ講師から教えてもらうことができます。また、語学学校は街の中心部に集まっている傾向があります。そのため、学校に通いやすいといえます。ブライトンで英語を学ぶにはどの語学学校がおすすめなのでしょう。ご紹介していきます。

・ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ブライトン校

このランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ブライトン校では、雰囲気が非常によくフレンドリーな学校です。また、ビーチやレジャー施設が近いため、授業が終わってから遊びにいくこともできます。英語のレベルが5段階にわかれており、初心者でも安心して通うことができるといえます。

・キングスエデュケーション

キングスエデュケーションでは、一般コースから進学コースまであります。現地の生徒も通っている学校です。また、施設が充実しており、教材費がかからないというメリットがあります。コースには、コンパクトコース、インテンシブコース、イングリッシュプラスビジネス&デジタルメディアなどがあります。

・ブリティッシュ・スタディー・センター ・ ブライトン校

ブリティッシュ・スタディー・センター ・ ブライトン校には、初級から上級の英語レベルまで、10コースほどあります。また、コースに料理なども学べるコースがあるのが特徴です。英語が苦手なかたでも、通いやすい学校であるでしょう。

ブライトンにある語学学校では、ネイティブ講師から英語を学ぶことができます。上記で紹介した語学学校以外にも学校があります。ブライトンに留学する際は、さまざまな語学学校を調べることをおすすめします。

3.ブライトンの物価は安い!留学にかかる費用

ブライトンに留学する際に、物価や費用が気になるかたもいるでしょう。この章では、ブライトンの留学にかかる費用や物価についてご紹介していきます。ブライトンの語学学校に3か月通う場合授業料が40万円~90万円程度かかります。授業料は、選択するコースや学校によって金額が異なります。

留学費用に大きな差がでてくるものは、生活スタイルです。ホームステイの場合は25万円~240万円程度かかります。金額に差がでてきてしまう理由としては、シャンプーやせっけんなどの日用品などやホームステイ先の立地などがあげられます。学生寮の場合は50万円~380万円程度かかってきます。学生寮で金額に差がでてくる理由は、食事を作ってくれる人や身の回りのお世話をしてくれる人がいることがあげられます。

ブライトンまでの往復航空券は5万円~20万円程度です。留学する時期や航空会社によって金額に差がでてきます。また、留学する際は、海外健康保険に加入する必要があります。保険は5万円~10万円程度かかります。学校によっては保険会社が決まっていることがあります。そのほかの生活費は、10万円~30万円程度かかってきます。生活費は、人によって行動範囲が違うので金額に差がでてきます。

また、イギリスには税金がかからないものがあります。野菜やパンなどの食材や美術館などの入館料、本、ファーストフード店のテイクアウトメニューには税金がかかりません。そのため、自炊することで費用を抑えることができます。お菓子やお酒などは20%の税金がかかってきますので注意しましょう。

4.ブライトンはわりと寒い?準備すべきもの

ブライトンのいう街は、イギリス国内では暖流と偏西風の影響で温暖な気候ですが、日本と比較すると気温が低いです。そのため、夏場は日本より過ごしやすいですが、冬場では、寒さが厳しいです。そのため、ブライトンに留学する際は、服装に気をつけましょう。

・春の服装

春は、少しずつ暖かくなる季節です。3月には、雪が降ることもあるため、防寒対策ができる服装がおすすめです。コートやダウンジャケットがあるといいでしょう。

・夏

日本より平均気温が低いので過ごしやすい季節です。平均気温が20℃前後のため、パーカーや薄いジャンバーなどの温度調節ができる服装がおすすめです。

・秋

この季節は、朝と晩に冷え込む傾向にあります。そのため、厚手の服がおすすめです。また、雨が降ることが多いので、雨対策をしっかりしておくことがおすすめです。

・冬

日本より気温が低いですが、雪が降ることはあまりないそうです。ですが、気温が低い分雨に濡れてしまうと体が冷えてしまいますので、インナーなどを着て防寒対策をしっかりしましょう。また、靴やブーツに雨が染み込まないように防水素材の物や防水スプレーを使いましょう。

Brighton

5.まとめ

ブライトンという街は、カラフルな建物やリゾート地がある街です。ブライトンの語学学校では、ネイティブ講師による世界に通じるイギリス英語を学ぶことができます。語学学校では、施設が充実しており、英語のレベルがわかれている学校がありますので、初心者でも安心して通うことができます。

ブライトンの留学には費用が高いと思っているかたもいらっしゃるでしょう。しかし、生活スタイルや自炊をすることによって費用を抑えることができます。また、留学する際は、日本との気温差がありますので、服装に注意しましょう。ブライトンの留学費用や語学学校についてわからないことがある際は、留学エージェントを利用しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

英語発祥の地、独自の伝統と文化の最先端が絶妙なバランスを保つおしゃれな島国「イギリス」

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

イギリス留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら