オーストラリアのSIMカードを利用するには?購入方法や料金を解説 | スマ留

オーストラリアのSIMカードを利用するには?購入方法や料金を解説

オーストラリアのSIMカードを利用するには?購入方法や料金を解説

留学や出張などでオーストラリアに行く際に、どうしたら現地で携帯電話をできるか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。現地での滞在が数日間なら海外用Wi-Fiをレンタルする方法が一般的ですが、長期滞在では現地でSIMカードを購入する方が多いようです。

現地でSIMカードを購入するとなると、「現地でSIMカードを利用するために、どんな手続きが必要なの?」「オーストラリアのSIMの料金はどれくらいなの?」といった疑問がわいてくる方が多いでしょう。そんな疑問を解決するために、この記事ではオーストラリアの携帯事情についてまとめてみました。

1.SIMフリーの携帯電話ならオーストラリアで使える

普段何気なく使用している携帯電話ですが、通話やインターネットができるのは携帯電話にSIMカードが入っているからだということをご存じですか。ここで、「SIMカードがなくてもインターネットはできるのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

たしかに自宅や公共の場でWi-Fiを利用できる時にはSIMカードなしでもインターネットができます。しかし、Wi-Fiがない場所ではSIMカードなしにはインターネットができません。

オーストラリアのWi-Fiがない場所で通話やインターネットを利用するには、現地の通信会社が販売するSIMカードを購入する必要があります。そのために、現在使用している携帯電話に入っている、日本の通信会社のSIMを外す必要があるのです。

ここで問題なのが、日本の通信会社のなかにはSIMロックをかけているケースがあり、ロックがかかっていると他社のSIMカードを入れても使用できないのです。こうした理由があり、海外で携帯電話を利用する場合にはSIMロックを解除しなくてはなりません。

SIMロックの解除方法は会社によりますが、契約している携帯会社のショップやインターネットから手続きできます。SIMロックが解除できたら、その携帯電話は「SIMフリー」状態となっていて、オーストラリアのSIMカードを入れれば使用できるようになります。

2.SIMの購入、利用方法

オーストラリアでは、空港や街中の携帯ショップなどでSIMカードを購入できます。オーストラリアにはいくつかの通信会社がありますが、とくにオーストラリアの大手キャリアであるOptus(オプタス)やTelstra(テルストラ)は店舗が多く見つけやすいでしょう。

オーストラリアでSIMカードを購入する際には、SIMロックを解除した携帯電話とパスポートが必須となります。また、料金をクレジットカードで支払う方はクレジットカードも必要です。

店舗ではSIMカードを購入する際に、利用プランの説明を受けます。1か月でどれくらいの通信料(ギガ)が必要なのか、1か月の料金はどれくらいにおさえたいか、国際通話を利用するのか、などのポイントを考えながらプランを選択しましょう。

プランを選択してSIMカードを購入したら、店舗によっては店員が携帯電話にSIMカードを入れて設定までしてくれるケースがあります。そうでない場合には、自分でSIMカードの挿入と設定をおこなわなければなりません。

通信会社によって設定方法は異なりますが、基本的には購入したSIMカードを挿入できたら再起動をし、通信会社のホームページ上で設定をおこないます。その際にSIMカードのID番号や個人情報を入力し、手続きを終えると通信が利用できるようになります。詳しくはSIMカード購入時の設定手順書などを確認しましょう。

3.プリペイドSIMが便利で安心

オーストラリアのSIMには、翌月に口座引き落としなどで料金を支払うポストペイドと、あらかじめチャージした金額から料金が引かれるプリペイドの2種類があります。日本ではポストペイドが一般的ですが、オーストラリアではプリペイドがおすすめです。

プリペイドSIMをおすすめする最大の理由は、安心感です。オーストラリアで携帯を使用し始める際、使い勝手がまだよくわからない間にどれくらいの料金がかかるのか不安ではないでしょうか。

料金をきちんと把握しないまま使用してしまって、翌月の請求額が高額になってしまうケースもあります。しかし、プリペイドSIMなら、あらかじめチャージした料金分のインターネットや通話しか利用できないため、使いすぎや高額請求の心配が少ないのです。

プリペイドSIMのチャージに手間がかかるのではないかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカードがあればインターネット上で簡単にチャージできます。店舗やコンビニで通信料金をチャージできますが、携帯でいつでもどこでもチャージできるのがプリペイドSIMの特徴です。

また、プリペイドSIMは便利さでもおすすめのシステムです。海外でインターネットを利用するには、SIMカード以外にWi-Fiを利用したり、携帯電話をレンタルしたりする方法があります。しかし、Wi-Fi利用はネット環境を探さなくてはいけませんし、レンタル式の携帯電話は返却が必須です。

プリペイドSIMの携帯電話には、使いすぎることがないという金銭面の安心感と簡単にチャージできるという利便性があるのです。

4.オーストラリア大手3社の料金

オーストラリアでは、「オプタス(Optus)」「テルストラ(Telstra)」「ボーダフォン(Vodafone)」の3社が大手通信キャリアとなっています。オーストラリアにはSIM料金が格安な会社もありますが、店舗数の多さやサポート制度などの面で、大手キャリアを選択するとより安心感があるのではないでしょうか。ここからは、オーストラリアの大手3社のプリペイドプランをご紹介していきます。

オプタス

オプタスの5ギガプランは$30で、有効期限は28日間です。有効期限が同じで通信量が倍の10ギガプランは$40なので、インターネットをよく利用する方はギガ数が多いプランを選択するとお得になります。

テルストラ

テルストラの5ギガプランは$40で、有効期限は28日間です。10ギガプランは$60でオプタスに比べると割高ではありますが、大手キャリアのなかでもっとも通信状態が良く店舗数が多いのがポイントです。そのため、オーストラリアの田舎の地方に滞在する場合、通信の質を重視してテルストラを選択する方が多いようです。

ボーダフォン

ボーダフォンの9ギガプランは$40で、価格面ではオプタスとテルストラの間に位置しています。しかし、ボーダフォンの特色は、通信量の有効期限が35日間で、ほかの2社に比べて少し長い点です。インターネットを頻繁に利用しない方は、ボーダフォンを選択してみてはいかがでしょうか。ボーダフォンには、通信料をより長期間保持できて、チャージ頻度を少なくできるというメリットがあります。

5.まとめ

日本で使用している携帯電話をオーストラリアで使用するためには、SIMロックを解除する必要があります。そもそもSIMとは通話やインターネットを利用するのに必須な物で、ほかの会社のSIMを使用するにはまず、現在の会社のSIMをいったん解除しなくてはならないのです。

携帯のSIMロックが解除できたら、オーストラリアのSIMカードを購入します。空港や街中の携帯ショップでさまざまなプランが紹介されているので、自分の使い方にあったプランを選択しましょう。携帯ショップのなかには、SIMカードの挿入から設定までしてくれる店もあります。

SIMプランには翌月に料金を支払う「ポストペイド」と、あらかじめ利用料金をチャージしておく「プリペイド」があります。プリペイドSIMは、現地の携帯ショップやコンビニだけでなく、インターネット上でも通信料をチャージできます。オーストラリア滞在中は、高額利用料にならないよう「プリペイド」を選択すると安心でしょう。

オーストラリアには3大キャリアといわれる通信会社があり、料金プランや通信の質など、ぞれぞれの特徴があります。留学や旅行の際には、携帯電話の使用方法にあう会社を検討してみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら