フィリピンの英語はどんなものなの?独特の訛りはあるの? | スマ留

フィリピンの英語はどんなものなの?独特の訛りはあるの?

フィリピンの英語はどんなものなの?独特の訛りはあるの?

フィリピンという国にどんなイメージを持っていますか?近年はセブ島などをはじめとして、留学先としても人気が高まってきています。またフィリピンではフィリピン語のほかに英語を公用語としており、英語を学ぶ目的で留学生が集まっています。

フィリピンの英語はアメリカやイギリス英語とはどういった違いがあるのかを、詳しく知っている方はそんなに多くないかもしれません。このコラムではフィリピンの英語について詳しく紹介しますので、留学先選びや留学前の事前学習にぜひ活用してみてくださいね。

1.英語はフィリピンの公用語のひとつ

フィリピンでは、どんな言葉が話されているのかご存知でしょうか?実はフィリピンではさまざまな言語が話されており、その数はフィリピンに数多くある島の数ほどとまでいわれているのです。そのなかでも、フィリピン語、英語が公用語となっています。英語が公用語となっているため、フィリピン国内では以下のようなことが見受けられます。

・フィリピンの教育はほとんど英語でおこなわれる

フィリピンの教育はほとんど英語でおこなわれます。具体的には私立の場合は幼稚園から、もしくは小学校から授業中の英語での会話を義務付け、英語を小さいころから身に付けられるようにしているのです。

・テレビや標識は英語のものも多い

フィリピンでは、街中でもフィリピン語表記ではなく、英語表記になっているものが多いです。例えばテレビは、英語で音声が流れているものも多くあります。また道路標識も英語のものがほとんどです。こういったことから、英語がフィリピンの公用語として定着していることがわかります。

英語はフィリピンの公用語のひとつ

2.フィリピンの英語はアメリカ寄り!?その歴史的背景とは

フィリピンの英語の歴史的背景にせまっていきたいと思います。フィリピンはアメリカの植民地だった時代がありました。その時代にアメリカがフィリピン人に英語教育をおこない、英語を話せる人口を増やしたといわれています。そのため、フィリピンの英語はアメリカ英語寄りのものになっています。

なぜフィリピン語ではないの?と疑問に思う方も多いかもしれません。フィリピンではアメリカにより英語が普及しました。その後フィリピンを代表する公用語を作ろうという動きが広がり、フィリピン語ができたのです。

その後の1974年に「二言語併用教育政策」が制定されました。これにより、フィリピン語と英語両方を使っての教育がおこなわれるようになりました。

3.あまりなまりはない!フィリピン英語の特徴について

フィリピン英語の特徴についての具体例を紹介しましょう。フィリピンの英語の特徴や、学校の講師がどんな英語を話すのかを事前に知っておくことで自分に合った留学先なのかを確認できるでしょう。

・なまりはほとんどない

フィリピンの英語には強いなまりはありません。しかし、まったくないとはいいきれないでしょう。フィリピン語、タガログ語などの影響を受けて、アメリカ英語やイギリス英語にはないイントネーションがあります。ただどうしても個人差があることは否定できません。幼少期からあまりフィリピン語の影響を受けず英語をメインで話してきた人々は、アメリカ人のネイティブスピーカーのようなきれいな英語を話します。

・会話のスピードが遅め

フィリピンは温暖な国だからか、国民性も陽気でゆったりとした人が多いといわれています。そのためか会話のスピードも遅めです。留学時はあまり早い英語で話されてしまうと授業についていきづらいこともあるので、留学の経験がない、少ないという方の留学先としては合っています。

・フィリピン人講師は日本人に合っている

フィリピン人の会話のスピードが遅いことが留学初心者には合っていることもそうですが、それだけではありません。フィリピン人は日本人と同じアジア人種なので声帯の形状が似ています。アメリカ人やイギリス人講師に比べれば英語の発音が聞き取りやすく、より理解しやすいでしょう。

こういった理由から、フィリピンの留学先としての需要は高まってきています。セブ島などを代表とする人気の留学先もたくさんあります。とくに留学の経験がない、少ないという方にはおすすめです。

あまりなまりはない!フィリピン英語の特徴について

4.費用が安い!フィリピンに語学留学するメリット

フィリピンの英語事情や、留学するにあったてのさまざまな情報を得ることができたのではないでしょうか?それでは留学先を選ぶにあたり、フィリピンに語学留学するメリットはどんなものなのかを紹介します。

・費用

まずフィリピンはアジア圏なので、アメリカやヨーロッパなどの諸国に比べれば留学費用が安く済む場合が多いです。費用を安くおさえたいという方にはおすすめの留学先です。またフィリピンの物価は日本の約5分の1程度といわれています。安く生活に必要なものを手に入れることができるため、暮らしていきやすいでしょう。

・レッスンがマンツーマン

先にもご紹介したように、フィリピン人講師は会話のスピードが遅く日本人にとって聞き取りやすいことはわかりましたね。それに加えて、フィリピンの語学学校の授業は教師と生徒がマンツーマンでおこなわれることが多いです。

集団で授業を受けるよりは講師にも質問しやすく、また自分のペースで進めてもらえるので語学力の向上には適した環境だといえます。もちろん何人かで授業を受けた方がいいという方は、集団のクラスも選択できます。自分に合った授業方法の選択肢が広がるということは、確実に留学生活を充実したものにしてくれるでしょう。

5.まとめ

フィリピンではさまざまな言語が話されていますが、公用語はフィリピン語と英語です。英語はフィリピンでは幼少期から学ぶもので、学校の授業もほとんど英語でおこなわれます。

フィリピンはアメリカの植民地だったことから、フィリピン人のほとんどがアメリカ英語寄りの英語を話します。アメリカ人による徹底された英語教育がフィリピンで英語を公用語にしたのです。

フィリピンの英語には強いなまりはないといっていいでしょう。会話のスピードも遅めで、発音も日本人にとって聞き取りやすいです。留学生、とくに留学の経験がない、もしくは少ない留学生にも理解しやすく合っているといえるでしょう。

フィリピンはアジア圏なため留学にかかる費用が安く、レッスンもマンツーマンなことが多いです。こういったことから留学先として人気が高いです。もしこういった環境が自分に合っていると判断した場合は、ぜひフィリピンに留学してみましょう。きっと充実した留学生活になるはずです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

大小7100以上の島々からなる東南アジアの島国フィリピンは、島ごとにも特徴が異なります。国全体に美しいビーチリゾートが散在しており、高級リゾートから自然の美しさを生かしたトロピカルな雰囲気漂うリゾートまで様々。フィリピンは熱帯性気候のため、1年を通して暖かく、マリンスポーツなどリゾート気分を味わえるのも魅力の一つ。日本からも4時間の距離にありながら世界第3位の英語使用国のため、比較的気軽にリーズナブルに語学留学を学ぶことができます。

フィリピン留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら