マレーシア留学で準備すべきこと!ビザやおすすめの場所も紹介します | スマ留

マレーシア留学で準備すべきこと!ビザやおすすめの場所も紹介します

マレーシア留学で準備すべきこと!ビザやおすすめの場所も紹介します

マレーシアは東南アジアに位置する国で、日本からは約9時間の距離にあります。様々な民族が暮らす多民族国家で、宗教も様々です。世界遺産など歴史的な建造物も多くありながら、新しい建物も多くあり様々な側面を併せ持った国だといえます。

このような魅力を持つマレーシアを留学先として検討している方もたくさんいるでしょう。ただマレーシアのどこに留学するか、マレーシア留学で何を準備したらよいかなどについて、よくわからない方もいるかもしれません。このコラムではそんな戸惑いを解消するためマレーシアの魅力や留学にあたり準備すべきものなどを紹介します。

1.留学目的や留学先を決めよう

マレーシアへの留学をするにあたり、なぜマレーシアなのか、マレーシアのどこに滞在するかなどの目的を決めておく必要があるでしょう。マレーシアの代表的な留学先である3つの街をご紹介しますので、留学先を決める際に参考にしてみてください。

・クアラルンプール

クアラルンプールはマレーシアの首都です。マレーシアのシンボルとも言えるツインタワーなどの近代的な建物が多くあります。ショッピングセンターなど都会らしい施設もたくさんあり、人口も多いです。

ただクアラルンプールの魅力は、こういった近代的な建物だけではなく歴史的な建築物も多数あるというところです。最も有名なのは「オールドタウン」というエリアで、マレーシアの歴史を物語る「ムーア建築」と呼ばれる建築様式の建物が数多くあります。

またマレーシアは多民族国家で、人口の多いクアラルンプールにも様々な人種・宗教の人々が一緒に生活しています。オールドタウンには、それぞれの宗教に関連する寺院やモスクなどの建造物が混在しており、異なった国の異なった宗教を持った人々の生活を、1度に感じることができるでしょう。

・コタキナバル

コタキナバルはマレーシアのサバ州で最も大きい都市で、東アジアでは最大の都市だといわれています。コタキナバルは海沿いの都市で、海はもちろん山や大きな自然公園、島もたくさんもあり自然に恵まれた都市だと言えます。

自然を利用し、ダイビングや登山、ハイキングなどのアウトドアなアクティビティを豊富に体験することができるのも特徴の1つだと言えるでしょう。そのためリゾート地としても利用する観光客が多いです。

・ペナン

ペナンはマレー半島にある島で、コタキナバルと同様リゾート地として有名です。別名「東洋の真珠」とも呼ばれており、美しいビーチが多いです。またビーチなどの自然だけではなく、ジョージタウンという歴史的な街並みも魅力です。

ジョージタウンはクアラルンプールのように寺院やモスクが立ち並び、歴史的建造物がたくさんあります。2008年には歴史的価値が高いと世界遺産にも登録されました。ペナンの見逃せない場所の1つだといえるでしょう。

ペナンは東南アジアの中心あたりに位置していることから、ほかのアジア諸国とのアクセスもいいです。ペナンに滞在しながら、ほかの国に旅行に行くこともいいかもしれません。

マレーシアは各都市や島で特徴が色濃く出ています。マレーシアの留学準備や留学先、目的を決める際にはそれぞれの街の特色をおさえておきましょう。

留学目的や留学先を決めよう

2.留学エージェントに依頼するのもよい

マレーシアの大学では、欧米の大学と提携しているところも多いです。そのため将来的に欧米の大学にも留学を希望している留学生などに人気が高いです。現在欧米に行く予算がなくても、アジア圏なら手が届きやすいためこういった制度は注目されています。

上記のような理由からマレーシア留学を準備期間として希望する留学生も増加傾向にあり、マレーシア留学にも対応している留学エージェントも増えてきました。留学の際にはこういったエージェントにサポートを依頼することもよいでしょう。有料のエージェント、無料のエージェントなど様々なものがあります。

エージェントはマレーシアに関する知識が豊富です。また、マレーシア留学に特化したセミナーやカウンセリングなど、留学生の手助けになるようなことを積極的におこなってくれる場合も多いです。

3.学生ビザ申請も忘れずに!その他事前準備について

マレーシアは、留学期間が3ヶ月未満の場合は留学期間以上の有効期限のあるパスポートと往復航空券があれば原則学生ビザは不要です。留学期間が3ヶ月以上の場合には学生ビザの発行が必要です。また基本的には18~35歳までと年齢制限があります。

学生ビザの申請以外にも、マレーシアの留学では準備すべきものとして、海外留学生向けの保険への加入やクレジットカードなどがあります。保険は学校から留学する場合、学校が申請しておいてくれることがほとんどです。また、エージェントに頼む場合なども必須項目として付いている場合が多いです。

クレジットカードは海外ではあった方がいいでしょう。お金を使う機会も多いですが、あまりたくさん現金を持ち歩いていると防犯上あまりよくありません。またクレジットカードは保証に対応していることも多く、万が一窃盗にあっても現金の窃盗よりはリスクが少なくて済みます。

学生ビザ申請も忘れずに!その他事前準備について

4.留学に必要な持ち物

マレーシア留学の準備の際には何を持って行ったらいいのかわからないという方も多いでしょう。何を準備したらいいか、代表的なものを紹介いたしますのでぜひ参考にしてみてください。

・スマートフォン

日本にいるときよりなにかと調べものが多い海外なので、スマートフォンは必ず持って行きましょう。マレーシアは日本よりもたくさんの無料Wi-Fiが用意されており、電話の契約をしなくても調べものをすることができます。翻訳のアプリなどを入れておくと、現地の言葉がわからないときも安心です。

・変換プラグ

マレーシアのコンセントは日本とは異なる形状をしています。そのため変換プラグは必ず用意しましょう。
マレーシアだけではなく、アジア諸国で共通して使える国が多いです。

・日焼け止め、汗拭きシート、サングラス、水筒

マレーシアは1年を通して温暖です。また、日本に比べれば日差しも強く気温が高いです。そのため日焼け止めや汗拭きシートなどのケア用品、サングラス、水分をいつでも取れるように水筒を持って行くことをおすすめします。

5.まとめ

ひとことにマレーシアといっても、様々な地域や島があります。代表的な首都クアラルンプールなど、どれも魅力的な場所ばかりです。自分がどういった場所に留学したいかを考え、あらかじめ目的を決めて留学先を選んでみましょう。

マレーシアは留学希望者が増加傾向にある人気な国です。マレーシア留学の準備などに関して不安がある場合などは、ぜひ留学エージェントに相談してみましょう。きっとサポートしてくれるでしょう。

また、マレーシアは3ヶ月以上の留学の場合は学生ビザの取得が必要です。該当する方は必ず申請しておきましょう。事前準備としては保険やクレジットカードの準備もおすすめします。

抜群のステイ環境!安心リーズナブルに多国籍交流・英語留学ができる国「マレーシア」

ロングステイ人気No.1のマレーシア。主に3つの民族が混在する多民族国家ですが、互いに尊重する国民性、東南アジアの中でも経済的にも豊かであることから治安も穏やかです。多民族文化らしく、外食でも様々な国の料理をリーズナブルに味わうことができるのも魅力の一つ。東南アジアの中心に位置するため、多くの国からのアクセスが良好で、様々な国から留学生や移民が集まっています。そのような土地柄のため、共通言語としての英語の能力はトップレベルで語学留学にも最適な環境。リーズナブルかつ住みやすい環境で、国際的な感覚を養うことができます。

マレーシア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら