フィリピン留学費用は格安?!どれくらいかかるのか解説します! | スマ留

フィリピン留学費用は格安?!どれくらいかかるのか解説します!

フィリピン留学費用は格安?!どれくらいかかるのか解説します!

フィリピンの留学費用は他の国よりも安いというイメージはありませんか。そんなフィリピンに留学してみたいけど、どれくらいお金がかかるのか気になりますよね。

フィリピンでの留学に必要な費用を運航費、生活費、保険料、それぞれについて詳しくお伝えします。また、フィリピンで留学するときに注意しなくてはいけないことについてもお伝えしていきます。

これを機に、フィリピンへの留学を検討してみませんか?

1.フィリピン留学の費用①渡航費

フィリピン留学費用には、渡航費がかかります。渡航費の内訳としては、航空券とパスポートとビザ申請費用の3つがあります。まずは、航空券からご説明します。

フィリピンへの航空券は、往復で約50,000~70,000円くらいかかります。格安の航空会社の場合は定期的にセールを行っており、約20,000~30,000円で往復航空券を購入することもできるそうです。ただし、春休みや夏休みなどの繁忙期は航空券の値段が高くなるので、留学する際には避けるようにしましょう。

パスポートやビザの申請の際にかかる費用は、2つ合わせて約20,000~40,000円かかります。

パスポートについてご説明します。パスポートの取得には、手数料がかかります。

・12歳以上の場合は、有効期限が5年間で11,000円
・20歳以上の場合は、有効期限が10年間で16,000円

このことから、留学を検討している場合は20歳を超えてからの方がお得にパスポートを取得することができます。

ビザ申請費用についてご説明します。ビザにはいくつか種類があります。1つずつ説明していきます。

・観光ビザ

31日以上の日数、フィリピンに滞在するときには必要になります。延長期間によって、手数料が変わります。基本的には、現地で延長することが多く、現地の語学学校が代わりに申請をしてくれることが多いそうです。

・学生ビザ

18歳以上かつ、「入国管理局に留学生受け入れの認可を受けている大学や専門学校」に入学したいときに必要になります。在日フィリピン大使館か総領事館、現地の入国管理局のどれかで申請ができます。

・SSP(Special Study Permit)

語学学校で学びたいときに必要となります。この申請には、約11,000円~15,000円程度かかります。これは、留学する際には必ず必要となるビザです。短期間の留学でも必須になります。ちなみに、有効期限は6カ月のため、それ以上滞在する場合は再取得する必要があります。また、転校をする場合にも再取得しなくてはいけません。

・ACR-I-CARD(Alien Certificate of Registration Identity Card)

60日以上、フィリピンに滞在するときに必要となります。この申請には、約7,000円かかります。観光ビザと同じく、現地の語学学校が代わりに申請をしてくれることが多いそうです。

・ECC(Emigration Clearance Certificate)

半年以上、フィリピンに滞在するときは必要になります。約1,000円~2,500円かかります。

フィリピンに留学するときに必要になるビザの種類は以上です。

ちなみに、フィリピンは入国から30日までの滞在期間であればビザは不要です。ただし、その場合はパスポートの有効期限が滞在期間を含めて半年以上かつ、有効な往復航空券か他国への航空券を持っている必要があります。また、フィリピンに留学する場合は期間に関わらずSSPを取得する必要がありますので、必ず用意しておくように注意しましょう。
フィリピン留学の費用①渡航費

2.フィリピン留学の費用②生活費

フィリピンの留学費用で忘れてはいけないものに、生活費があります。フィリピンでの生活では、だいたい1週間で約10,000円の食費がかかります。

もちろん生活の仕方によっても変わりますが、観光をしたり外食をしたりする場合には、1週間で約20,000円~30,000円くらいは用意しておいた方がいいかもしれません。

また、フィリピンで暮らす場所によっても必要な値段が変わってきます。寮の場合、大人数で暮らす部屋ほど、値段が安くなります。そして、寮で暮らす場合には、寮保証金を払わなくてはいけません。これは、約6,700円かかりますが、留学中に部屋の破損がなければ全額返還されます。

ただし、寮でも一人暮らしでも電気・ガス・水道代を払わなくてはいけません。学費にすべて含まれている場合もありますが、含まれていない場合には1ヵ月でだいたい2,000円くらいかかると思っていた方がいいでしょう。

他にも、電車やバス、タクシーの利用を考えている場合は交通費も払う必要があります。日本よりかなり安く、20円~200円くらいでどの交通機関も利用できますが、事前にどのくらい利用するのか確認してから留学するようにしましょう。

すべての生活費を合わせると、だいたい1ヵ月で40,000円くらいは必要になると考えられます。

3.フィリピン留学の費用③保険料

フィリピンの留学費用を確認した際によく見落としがちなものとして、保険料があります。保険料と聞いてもピンとこないかもしれませんが、じつはこの保険料はとても重要なもので、加入をしておいた方が安心して留学ができます。

海外旅行保険とは、フィリピンで病気、事故、事件に巻き込まれたときの備えです。留学する学校によっては、海外旅行保険への加入がないと入学できない場合があるそうです。

海外旅行保険には、クレジットカード付帯のものと、保険会社に申し込むものの2種類があります。

クレジットカード付帯の場合は、保険料は無料ですが、補償金額が低く、補償期間は最長で3カ月までです。一方で、保険会社へ申し込む場合は有料(1ヵ月で約4,500円~16,000円)ですが補償内容がしっかりしており、補償期間は最長で5年です。

安心して留学生活を送りたい場合は、保険会社に申し込んだ方がよいでしょう。また、フィリピン留学は安いとされていますが、保険に加入していないと高額な治療費を払わなくてはいけないこともあるため、海外旅行保険には加入しておくようにしておきましょう。

フィリピン留学の費用③保険料

4.フィリピン留学は安いけどデメリットもある!

フィリピンは留学費用も安く、日本からも近いためメリットも多いですが、デメリットももちろんあります。

じつはフィリピンは衛生環境が日本に比べあまりよくないため、留学にいって病気になったという話もときに聞きます。その場合、海外旅行保険に加入していないと高額な治療費を払うことになってしまい、思わぬ出費をしてしまう場合があります。

また治安が悪い場所もあるため、持ち物の管理には十分気を付けるようにしなくてはいけません。セブは比較的安全とされていますが、怪しい人に声をかけられたり誘拐されかけたりすることもあるため、常に身の回りを警戒することは忘れないようにしましょう。

フィリピン留学は格安とされていますが、思わぬ出費で嫌な思いをしないためにも、日頃から身の回りには気を付けるようにしておきたいですね。

5.まとめ

日本から近いフィリピンは、留学費用が他国と比べて安くすみます。

少しビザの仕組みはわかりづらいですが、フィリピンの語学学校が多くの場合、手続きをしてくれるので、安心してフィリピンへ留学にいけます。また、生活費なども他の国よりも安くすむので、留学で使う費用が少なくてすみ、観光や食事などにお金を使うことがフィリピンの場合はできるのです。

デメリットとしては、衛生環境や治安に気を付けなくてはいけないことですが、注意を怠らなければ充実した留学生活を送ることができるはずです。

これを機に、フィリピン留学を本格的に検討してみませんか?

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

大小7100以上の島々からなる東南アジアの島国フィリピンは、島ごとにも特徴が異なります。国全体に美しいビーチリゾートが散在しており、高級リゾートから自然の美しさを生かしたトロピカルな雰囲気漂うリゾートまで様々。フィリピンは熱帯性気候のため、1年を通して暖かく、マリンスポーツなどリゾート気分を味わえるのも魅力の一つ。日本からも4時間の距離にありながら世界第3位の英語使用国のため、比較的気軽にリーズナブルに語学留学を学ぶことができます。

フィリピン留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら