おしえて!留学は就活に有利?不利? | スマ留

おしえて!留学は就活に有利?不利?

おしえて!留学は就活に有利?不利?

留学を検討しているという人の中には、留学経験が就職活動においてどのように影響するのか、といったことを知りたい人も多いでしょう。

留学することで得られる経験や実績は就職活動において有利になる面がある一方、逆に留学することで就職活動に不利になってしまうこともあります。留学が就職活動において不利にならないためには、あらかじめいくつかの注意するべきポイントがあるのです。

留学のメリットを少しでも多く活かし、デメリットは少しでも減らしたいものですよね。そこで今回は、留学する上で気をつけておきたいいくつかのポイントについて詳しく解説しましょう。

留学は就活に有利って本当?


留学することは、就職活動においてどのような影響を与えるのでしょうか。留学することによって得られる英語の能力や、海外での経験は面接などにおいて評価されることが多いでしょう。一方、実際のところ留学経験者はたくさんいるので、上手にアピールするためには差別化が必要です。

一口に留学といっても、さまざまなものがあります。数カ月の短期留学なのか、あるいは1年以上の長期留学なのかによっても違いますし、語学留学なのか、あるいは大学の制度を利用した交換留学なのかによってもメリットとデメリットは異なります。

たとえば、語学留学の場合には就職活動におけるメリットはあまりないといえるでしょう。というのは、長期休暇を利用して語学留学をする人の数は非常に多いためです。そういった場合には留学することでどんなことを学び、そうして学んだ経験が現在の自分にどう影響しているのかを明確にすることが大切です。とりわけ短期留学の場合、留学によって得られる劇的な変化というものはあまり多くはありません。企業側からも、留学ではなく遊学だと思われてしまう可能性があります。そうではない、ということをアピールできるようにしましょう。

一方、交換留学のように長期留学をした場合は、留学経験そのものが就職活動において大きなメリットとなるでしょう。多くの企業が留学生として求めているのもこのような人材です。ただし、交換留学生となるためにはアカデミックな内容を理解できるだけの英語力を有している必要があるため、TOEFLやIELTSで高い点数を取っている必要があります。狭い門だからこそ、得られるリターンも大きいといえるでしょう。

就活での留学経験の評価は?


場合によっては、留学が就活で不利になることもあるので、いくつか気をつけておくべきポイントがあります。

たとえば、企業によっては採用日程が決定していることがあります。エントリー期間中に留学していた場合、その企業の募集期間に間に合わなくなってしまうことがあるのです。とりわけ交換留学だった場合、ほとんどの学生が秋から春先までの留学となります。

すると、帰国したときには多くの企業の採用が終わっていたり、エントリーが締め切られていたりする可能性があります。そうすると、希望の企業に就職するためには翌年から就職活動をはじめなければならない、ということになってしまいます。日本の大学と海外の大学はスケジュールが異なるということをよく理解しておく必要があるでしょう。

また、就職する業界によっては留学経験があるという事実だけでは評価対象にならないこともあります。グローバルに事業を展開している企業に就職したいのであれば留学経験は大きな強みになりますが、海外進出に積極的でない企業においてはそうではありません。場合によっては就職活動に失敗したから留学したのではないか、といった懸念を抱かれてしまう恐れもあります。

そのことに加え、現在では留学経験者というのは決して珍しい存在ではありません。ただ留学したという事実や、語学力に自信があるということだけでは強みにはならないことが多いと思っておいた方が良いでしょう。それよりも、実際に留学したことで現地でどんな経験をしたのか、その経験を仕事にどう活かせるのかといったことをしっかりアピールできることが重要です。

留学によって得ることができる強み


一方、もちろん留学経験をすることは就職活動においてアピールできる強みを多く得られることも事実です。

たとえば、交換留学のように日本人が少ない環境で長期間過ごした場合には、現地でも通用するだけの語学力を身につけることができるでしょう。将来海外で働きたいと思っていて、それが可能な企業に勤めたいという人にとってそのような留学経験は大きなアピールポイントとなります。

また、語学力以外にも海外という環境で過ごすことで得られる強みもあります。人種や文化、価値観が違う人々の中で暮らしていくことは、高いコミュニケーション能力につながるからです。そうしたコミュニケーション能力は社内だけではなく、顧客やクライアントとの意思疎通にも必要な能力です。企業もグローバル化が進んでおり、上司が外国人になったり、外国人のクライアントと仕事をしたりする機会が増えています。留学することによってどんな場合でも動じずに対応できるようになった、ということをアピールすることが大切です。

コミュニケーション能力のひとつとして、ストレス耐性をアピールするのも良いでしょう。異文化や様々な国籍の人との間のコミュニケーションは難しいものです。そのような経験を多く積んできたということは、就職活動において大きく評価されます。

さらに、留学を経験することは国際的な感覚や多様性を身につけることにもつながります。そうした経験を積むことで、既存の価値観にとらわれない柔軟な発想ができるようになるでしょう。日本的な見方とはちょっと違ったポジションからものごとを見つめることができるということも、留学することで得られる大きな強みのひとつです。

留学経験者がきかれる面接時の質問


それでは、実際留学経験者は就職試験の面接においてどのような質問をされるのでしょうか。留学経験を上手にアピールするためにも、質問されそうな内容をあらかじめ知っておき、どう返答するかを考えておくことが大切です。

まず聞かれるのは、「なぜ留学をしたのか」ということです。留学というのは人生における大きなチャレンジです。だからこそ、なぜそういった決断を踏み切ることになったのか、ということが面接官の知りたい大きなポイントです。また、目的意識を持って行動できるかどうかということもチェックポイントとなります。

そのほか、なぜその国を選んだのか、なぜ日本国内で勉強するだけではだめだったのかといったことが質問されるでしょう。留学した理由について、漠然とではなく具体的に説明できるようにしておくことが重要です。

面接官の関心は留学生活で得た経験にあるのですから、留学先でどのような苦労をしたのか、その苦労を通してどのような気付きを得ることができたのか、ということも多く質問されます。自分の経験やそこから得た気付きについて、ひとつのエピソードとして伝えられるようにしておきましょう。このとき、どんな経験が今の自分に影響を与えたのかということに着目すると、過去から現在まで筋の通ったエピソードを語ることができます。

どのようにして英語を勉強したのか、ということもよく聞かれる質問です。その場合には、目標達成のために立てた計画や、いかにして計画を成し遂げたかということが面接官の関心事です。計画力と実行力があることを上手にアピールしましょう。

どのような質問であれ、重要なことは留学したという事実そのものが評価されることはないということです。そうではなく、留学したことによって得た経験が評価されるのであり、面接官はそのことを知りたがっているのだということをよく意識しておきましょう。

留学と卒業のタイミングはしっかりと見極めよう!


留学する場合に最も注意するべきポイントは、いつ帰国し、いつ卒業するのかといったタイミングをしっかり見極めておくことです。実際、いつ留学するかといったタイミングはその後の就職活動に大きな影響を及ぼすことになります。

たとえば、2年の秋から3年の春まで留学した場合には、帰国後3年夏のインターンに間に合うでしょう。その場合、余裕を持って就職活動に臨むことができます。一方、3年の秋から4年の春まで留学した場合には、希望する企業のインターンに間に合わない可能性があります。

また、場合によってはエントリーに間に合わないこともあるでしょう。企業によっては留学生の帰国前にエントリーを締め切ってしまうところも多いからです。留年せずに卒業したい場合には、留学生活中に希望する企業へエントリーをしておくことが大切です。ただし、企業によっては留学生の帰国に間に合うよう、特別な期限を設けていることもあります。そういった情報についても留学中からしっかりチェックしておきましょう。留年することを視野に入れる場合には、帰国後から夏のインターンに参加することができます。そうして翌年の3月から始まる本選考に間に合うようにしましょう。

4年の秋から留学する場合には、卒業は来年度になります。この場合、留学前にインターンに参加し、帰国後すぐに本選考に臨むという形になります。

また、出発や帰国のスケジュールを立てる際に注意するべきポイントは、就職活動の解禁時期は必ずしも毎年決まっているわけではないということです。解禁時期は年度によって早まったり遅くなったりするので、ある程度余裕を持ったスケジュールを立てておくことが大切です。

また、自分が就職活動を始めたい年の解禁時期がいつになるのかということは必ずチェックしておくようにしましょう。

帰国後のビジョンを明確にしておこう!


留学する際に大切なのは、あらかじめ帰国後のビジョンを明確にしておくことです。というのは、現在では海外に留学するということは特別珍しいことではないからです。就職活動において、留学したという事実だけでは評価にはつながりません。面接では留学したという事実よりも、その中でどのような経験をしたのかということの方が問われるのです。

留学前にあらかじめ何らかの将来に対するビジョンを持っており、達成のために海外へ出ることが必要だから留学した、という人はその行動力や計画力が評価されるでしょう。また、そういったビジョンのある人は、留学生活の中でどのような経験をし、それがどのように今の自分に影響を与えているかといったことも話しやすくなります。

しかし、将来に対するビジョンを持たずに留学した場合には、就職試験での質問に対する返答に四苦八苦してしまうかもしれません。そのことからも、留学する際にはしっかりと目的意識を持つことが大切だといえるでしょう。

また、面接官が重要視するもうひとつのポイントに、留学して得た経験を帰国後にどう活かしているのか、ということが挙げられます。そういった質問に上手く答えられるようにするためには、留学期間中にも帰国後のことをしっかり考えて生活することが大切です。

留学するかどうかを決める前には、まず「自分が将来やりたいことはなにか」を考えておくことが重要であり、「そのために自分に欠けているものはなにか」ということを理解しておく必要があります。留学はそういった夢を叶えるための方法の一つとして有効でしょう。そして、そのような目的意識を持った留学生活を送っていれば、留学生活で得た経験は就職試験の面接においても高く評価されます。海外に遊学していたのではなく、留学していたのだということを面接官に強くアピールすることが大切です。

将来につながる留学生活を送ろう!


就職活動で留学の経験を有利に活かすためには、留学したことでどのような体験をしたのか、そのことが自分にどう影響を与えたのかということをしっかりと説明できることが大切です。まずはしっかりとした目的意識を持って留学することが重要なポイントだといえるでしょう。留学そのものが就職活動に有利になるというわけではないということを忘れてはなりません。

また、留学する際のタイミングを見誤らないことも大切なポイントです。海外の大学と日本の大学はスケジュールが異なるので、留年することも視野に入れて留学するのか、あるいは4年で大学を卒業したいのかということも留学を決める前に計画しておく必要があるでしょう。

そのことからも、留学生活が将来につながるものになるかどうかは、事前にどれだけ帰国後のことを意識できるかによって変わってくるといえます。なぜ、なんのために留学するのかということをあらかじめしっかり考えておき、有意義な留学生活を遅れるようにしましょう。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら