就活で留学は役に立つ?アピールポイントを知れば立派な武器に! | スマ留

就活で留学は役に立つ?アピールポイントを知れば立派な武器に!

就活で留学は役に立つ?アピールポイントを知れば立派な武器に!

留学経験が就活で有利になることはとても多いです。しかし、就活時に留学で得たことをアピールできなければ、留学期間がブランクになるおそれがあります。そうなると留学経験が不利に働くかもしれません。

そこで、この記事では「本当に留学が就活に役立つのか?」という基本的な説明から、実際に就活で留学経験を有利にする方法などをご紹介していきたいと思います。

1.そもそも就活に留学は役に立つ?

留学にはさまざまなメリットがあり、就活時に留学で身につけたスキルをアピールすれば高評価を得ることも可能です。しかし留学は、その内容がよくないと就活時にデメリットにもなってしまうおそれがあります。

そのため、どういった内容が就活で役立つのかを考える必要があります。ここからは就活における留学がどのように有利・不利に働くのか、メリット・デメリットに分けてご紹介します。

そもそも就活に留学は役に立つ?

メリット

英語力を証明できる
留学に行くことで英語力を証明することができます。大前提として英語力を必要とする職業を選ぶ必要がありますが、そういった企業ではこのスキルはメリットになるでしょう。

コミュニケーション能力があがる
海外では日本とは違い日本語が使用できません。そのため自発的に会話をする必要があるためコミュニケーション能力が向上します。面接で堂々と話すことで面接官の心象もよくなるでしょう。

資格に繋がるスキルが手に入る
これは英語を学習することでTOEICや英検などの資格を獲得することができます。もちろんこれらに向けた対策はしなければなりませんが、英語を学習していない方よりも速いペースで学習ができるでしょう。面接時にこういった資格を獲得したことや学習へのプロセスは評価に繋がります。

デメリット

新卒で入社ができないことがある
海外留学をすることで就職する時期は日本の就活生よりも遅れる傾向にあります。そのため新卒で同じように入社することができない場合があるため、日本で就職する際は少し遅れた状態となります。

スキルを取得する必要がある
留学に行ったはいいが、就活で何もアピールできないとなると企業からの印象は良くありません。そのためメリットで説明したようなスキルを取得する必要があります。

以上が就活時にメリット・デメリットになる要因です。もし就活か留学か迷っている場合は、まず何のために海外へ留学するのかを考えるほうがいいでしょう。何の目標もなく留学をしてしまうと時間もお金も無駄になってしまうかもしれません。

今現在なんのスキルがなくても、上記で述べたようなスキルを身につけたいという方は留学にチャレンジしてみる価値はあるでしょう。就活の成功は目標を掲げ留学することといえます。

2.留学生のための就活スケジュールを立て方

就活を留学生がおこなうには事前に予定をしっかりと立てる必要があります。留学先で卒業する場合、国や教育機関によって卒業時期は違います。そのため、一般的な4月の新卒入社ではなく、時期を外したエントリーも考慮して就活に挑まなければなりません。

留学をして、帰国してから卒業する場合は、卒業年が他の同級生と比べて遅れてしまうこともあります。自分がいつ卒業できるかを逆算し、卒業する1年前から就活の対策を始めるといいでしょう。そうすることで自身がどういったことをアピールできるか考えることが可能です。帰国後就職したい企業がすでにいくつかある場合は自己分析とあわせ企業研究もすすめていきましょう。

もしすでに入社したいと思っている企業があるなら、しっかりと自己アピール文の作成やエントリーシートの作成などを進めましょう。そうでない方はどういった業界に入りたいか、どのような仕事をしたいかなど研究することをおすすめします。

留学をしている場合説明会などの参加が難しいかもしれませんが、夏休みや冬休みにいったん帰国し就活をするという手もあります。また企業によっては電話やSkypeなどで面接もあるため留学中に帰国することが困難という方はこういった方法を取ることも可能です。

国によっては就活フェアなどが開催されており、海外で日本企業の情報を入手することができたり、選考を受けることができます。こういったイベントがある国に留学している場合はぜひ活用してみましょう。

3.就活で留学を有効にアピールするには

就活で留学をアピールする方法としては留学で身につけたスキルを披露する必要があります。例えば、以下のスキルを提示することで評価につながるかもしれません。

TOEICのハイスコアを取得する

TOEICでは最低700点以上のスコアを取得しておくのが賢明です。履歴書に書くことができる点数が600点以上のため、ハイスコアを証明するのであれば最低でも700点以上のスコアが必要になります。また900点以上の高いスコアを所持している場合は更にいい評価を得られるでしょう。

留学で何をしてきたかを企業に詳細に伝える

海外留学に行ったところで何もアピールできないとなると、面接での印象はよくありません。そうならないようにするには、「留学した目的」、「留学で得た成果やスキル」をアピールする必要があります。またその取得したスキルを、志望した企業でどのように活かせるか説明できるようにしておくとよいでしょう。

近年、就活時において留学をしたという経歴は珍しくありません。そのため留学に行っただけでは他の就活生との差別化を図ることが難しいといえます。

自身が海外留学で身につけたスキルや経験を効果的にアピールするにはどのようなプロセスで何を取得し、帰国したかというアピール文を考える必要があります。せっかくいい経験をしていても面接でアピールできなければ海外で遊んできただけなどのように思われる可能性もあります。そのためしっかりとした自己アピールを構成することが重要になります。

4.就活で留学生がよく聞かれる質問

留学経験者が就活でよく聞かれる質問がいくつか存在します。これらを事前に知っておくことで就活時の面接で自信をもって回答することができるでしょう。その質問は「なぜ留学をしようと思ったのか」「なぜその国を選んだのか」「留学することで何が身についたか」「どのような体験を留学先でしたか」、などがあげられます。

このような質問をあらかじめされることが分かっている場合、面接対策をすることが比較的楽になります。結果的に「何を目的として、なぜ留学をしたのか?」ということがはっきりと答えられれば面接官からの評価はよいものとなるでしょう。

面接では臨機応変に対応することが非常に重要です。どんな質問でも受け答え、自分をアピールできるように、自身の友達や家族と一緒に練習しておきましょう。

5.まとめ

留学経験が就活に役立つ人の特徴として英語力・コミュニケーション能力・提示できるスキルなどを所有、または取得を目指している人があげられます。こういった目標もなく留学に行こうと考えることは危険といえるでしょう。就活では留学生が計画的に予定を立てることが重要です。

目安として留学している教育機関の卒業年の1年前から始めるといいでしょう。留学経験を有効にアピールするには企業が何を求めているのかを把握し、自身がどういった経験をしてきたか、またはスキルを取得したかをまとめ、効果的に話すことが重要となります。

留学生が聞かれる質問には留学を決めた理由やなぜその国を選んだのか、留学では何が身についたのかなどがあげられます。事前に何を聞かれるかわかっていると対策がしやすいため、聞かれた時に備えどのような答えを出すか考えておきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら