ファームステイで海外の農業を体験!自然を満喫しながら滞在しよう | スマ留

ファームステイで海外の農業を体験!自然を満喫しながら滞在しよう

ファームステイで海外の農業を体験!自然を満喫しながら滞在しよう

海外で滞在する方法には、ファームステイという方法があります。ファームステイでは、働きながら、住む場所を提供してもらうことも可能です。ファームステイは、種類や取得するビザが期間によって異なります。

この記事では、ファームステイの概要やステイ先の探し方などについてご紹介していきます。 また、ファームステイ先を探す方法についてもご説明していきます。まずは、ファームステイの概要からみていきましょう。

1.海外の農業と自然を体感できる「ファームステイ」の基本情報

ファームステイなら、ファームの仕事をしながら住む場所を提供してもらうこともできます。また、ファームステイには、3種類あります。

ファームステイとは

ファームステイとは、農家に滞在して、果物や野菜の収穫、あるいは動物の世話を手伝うという滞在方法です。農家でもファームステイの場合は、果物や野菜の収穫作業やジャムなどを作ります。酪農の場合は、動物のエサやりや毛刈りなどです。

ファームステイの種類

ファームステイには、エクスチェンジ型、ホリデー型、労働型があります。エクスチェンジ型は、ファームの手伝い以外に家の手伝いもするファームステイです。ホストファミリーの一員として滞在することができます。ホストファミリーによっては、働く時間や提供される食事の回数が異なる場合があります。

ホリデー型は、ファーム体験や観光を楽しむことができます。しかし、この滞在方法は、滞在費や食費がかかります。労働型では、給料がもらえます。働いた量によって給料が決められることが多いです。労働型では、農家に泊まるのではなく宿泊施設を利用することが多い傾向にあります。

ファームステイにかかる費用

ファームステイは、国や種類によって費用が異なります。ニュージーランドでは、1ヶ月約15万円~40万円、オーストラリアでは、約15万円~60万円、イギリスでは、約30万円~60万円が相場といわれています。エクスチェンジ型の場合は、滞在費と食費がかからないため、費用は渡航費やビザなどにしかかかりません。

海外の農業と自然を体感できる「ファームステイ」の基本情報

2.滞在期間によっても異なる!ファームステイに必要なビザ

現地でファームステイをする場合には、滞在期間によってビザの取得が必要です。ファームステイの際に必要なビザは、滞在期間によって異なります。ビザの取得が必要な期間は、滞在する国によって異なるため、ビザの取得条件を調べましょう。

たとえば、オーストラリアでは、ワーホリビザ、学生ビザを取得することによってファームステイをすることができます。ワーホリビザでは、1年間滞在することができ、学生ビザの場合は、学校のコースによって異なります。ビザは、インターネットから申請することができます。滞在期間が3ヶ月以内の人は、観光ETAの登録が必要です。ETAとは、オーストラリアへの渡航許可のことです。

ニュージーランドでは、3ヶ月以上滞在する人は、ワーホリビザ、観光ビザが必要です。3ヶ月以内の人は、ビザの取得が必要ありません。イギリスでは、6ヶ月以内の場合は、観光ビザ、6ヶ月以上滞在する人は、ワーホリビザを取得する必要があります。

ファームステイをする際に必要なビザは、滞在する国の大使館のホームページで情報を得ることができます。ぜひ、大使館のホームページをご覧ください。

3.インターネットを活用しよう!ファームステイ先の探し方

インターネットを使うことによって、ファームステイ先を見つけることができます。この章では、ファームステイ先を探す方法についてご紹介していきます。ファームステイ先を見つける方法は、サイトを利用する方法、WWOOFを利用する方法、留学エージェントを利用する方法などがあります。

サイトを利用する

インターネットには、ファームステイを募集している求人サイトがあります。求人サイトには、多くの求人が載っているため、見つけやすいでしょう。求人サイトには、日本語で書かれている求人サイトがあるため、英語が苦手な人でも探すことができます。

WWOOFを利用する

WWOOFとは、ホストファミリーを探すためのサービスです。WWOOFでは、ファームステイ先の人と連絡をとることができ、関係性を深めることができます。関係性が深まることによって、渡航前にファームステイ先の人柄を知ることができます。WWOOFは、給料が出ないエクスチェンジ型の募集が多いです。エクスチェンジ型でファームステイを考えている人におすすめです。

留学エージェントを利用する

留学エージェントもファームステイの情報を持っているため、おすすめです。おすすめの理由は、留学エージェントは、ファームステイ先の情報以外にも滞在する国の情報も持っています。また、ファームステイができる留学プランを選択することができます。

4.ささいな会話が大切!現地ファミリーと良好な関係を保つコツ

ファームステイでは、現地の家族と一緒に暮らすこともあります。一緒に暮らすなかで良好な関係を作りたいと思っている人もいらっしゃるでしょう。この章では、ファームステイ先で良好な関係を保つコツについてご紹介していきます。良好な関係を作るには、あいさつをする、ルールを確認する、友達より家族を優先することなどが大切です。

ファームステイ先の家族と良好な関係を作るには、積極的にコミュニケーションをとることが大切です。コミュニケーションをとるなかでは、あいさつが重要です。あいさつは、毎日することで、英語が苦手な方でも現地のあいさつを覚えることができます。また、日本のあいさつを教えることでコミュニケーションをとることが増えて、良好な関係を作ることができるかもしれません。

ファームステイ先では、家庭によって門限やお風呂の時間などのルールがあることがあります。ルールを守らないと関係が悪くなります。そのため、良好な関係を作るために、家庭のルールを確認しましょう。

また、海外では、友達より家族を大切にしている人が多いといわれています。家族との時間を大切にすることによって、ファームステイ先の人と家族として受け入れられることがあります。そのため、家族との時間を大切にして良好な関係を作ることができるでしょう。

5.まとめ

海外では、ファームステイという方法で滞在することができます。ファームステイでは、農家に滞在しながら、農業の仕事をします。ファームステイの種類は、エクスチェンジ型、ホリデー型、労働型の3つです。ファームステイに必要なビザは、国や滞在期間によって異なります。ビザは、滞在する国の大使館ホームページをご覧ください。

ファームステイ先を見つける方法は、サイトを使う方法やWWOOFを利用する方法、留学エージェントを利用する方法があります。自分にあった方法で探しましょう。ファームステイ先の人と良好な関係を作るには、コミュニケーションをとる、家族のルールを守る、家族の時間を大切にすることが大切です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら