ニュージーランドでワーホリ!仕事の種類や探し方を紹介します | スマ留

ニュージーランドでワーホリ!仕事の種類や探し方を紹介します

ニュージーランドでワーホリ!仕事の種類や探し方を紹介します

ニュージーランドワーホリで仕事をするためには、どんな準備が必要なのでしょうか。この記事では、仕事の探した方や必要な準備について、説明していきます。

履歴書の書き方も解説していきますので、ニュージーランドのワーホリに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ニュージーランドの労働環境について

ニュージーランドのワーホリ制度で仕事をしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。ニュージーランドの最低賃金は約1,300円といわれています。給料の支払いは、企業によって週払いや月払いとさまざまです。契約をする際にしっかりと確認するようにしましょう。

日本に比べて税率が高いため、給料からひかれる金額は多いでしょう。ニュージーランドでは、1年間働くことで4週間の有給を取得することができます。プライベートを重視しているニュージーランドでは、自由に有給を取得している人が多いのです。

ニュージーランドでは、祝日に出勤すると時給1.5倍と1日分の有給が出ます。また、病気で休む際はシックリーブという制度により給料が支払われます。

給料の支払いは銀行口座振り込みがほとんどのため、事前に口座を開設しておくことが必要です。ニュージーランドでは、就労者は納税の義務があります。働く場合は「IRDナンバー」という納税者番号を取得しなければいけません。

このようにニュージーランドワーホリの仕事には、特有のシステムがあります。契約する際には、給料や振り込み日など確認することをおすすめします。

ニュージーランドでワーホリ!仕事の種類や探し方を紹介します

2.ワーホリで人気な仕事と必要な英語レベル

ニュージーランドワーホリの仕事には、どのようなものがあるのでしょう。この章では、ワーホリで人気の仕事についてご紹介していきます。また、仕事につく際に必要な英語力についてもご説明していきます。

農場

農場の仕事は、ニュージーランドワーホリの仕事で人気です。野菜や果物の収穫など、肉体労働になるので体力が必要ですが、高い英語力は必要ありません。英語が苦手な人でも働くことができます。また、農場のようなシーズナルブルジョブを3ヶ月することで、ビザの延長を申請することができます。

ツアーガイド

ニュージーランドは、1年を通して多くの観光客が訪れます。日本からも観光者が訪れるため、日本語を話せる日本人には有利な仕事です。日本人が経営している企業も多いので、契約内容など、わからないことも相談しやすいでしょう。

ドライバーやホテルの従業員とのコミュニケーションをとる必要があるため、日常会話レベルの英語力が必要です。

カフェ

カフェなどのお店では、ワーホリの人も多く働いています。ニュージーランドでは、バリスタ育成コースが備える学校が存在するほど、人気の仕事です。ニュージーランドのカフェの営業時間は、午前7時~午後4時のところが多いため、プライベートの時間を作ることができます。

このようにニュージーランドでのワーホリの仕事は、さまざまな業種があります。日本人が経営している企業も増えてきているため、英語が苦手な日本人でも働きやすいでしょう。

3.仕事の探し方と早く決めるコツ

ニュージーランドワーホリで仕事をしたい場合、どのように探せばよいのでしょうか。この章では、ニュージーランドで仕事を探す方法を3つご紹介します。

求人サイト

ニュージーランドの求人情報サイトには、日本人向けのサイトもあります。求人サイトを利用すれば、履歴書をサイトに登録しておくこともできます。現地の求人サイトは、英語で表記されていますが、情報量が多いメリットがあります。

友達の紹介

ニュージーランドでは、紹介による採用が多い傾向にあります。そのため、ニュージーランドに知り合いや友達がいる方は、この方法がおすすめです。

直接応募

お店によっては、求人の張り紙をしていることもあります。急きょ募集をかけているのであれば、採用されやすいはずです。気に入ったお店をみつけた場合は、この方法を利用してみましょう。

ニュージーランドワーホリでの仕事の探し方には、このような方法があります。ほかには、留学エージェントに紹介してもらえることもあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

4.ニュージーランドで働く準備と注意点

ニュージーランドでのワーホリの仕事をする際に、注意するべき点を紹介します。

税金

ニュージーランドでは、税率が15%と日本に比べて高いです。また、就労すると所得税がかかります。納税者は「IRDナンバー」という番号を取得しなければなりません。納税者番号は取得するまでに2週間程度かかります。就労する人は手続きを忘れずにしましょう。

銀行口座

ニュージーランドで働いた給料は、銀行に振り込まれます。そのため、働くまえに銀行口座を開設しておくことが必要です。ニュージーランドで銀行口座を解説すると、「EFTPOS」というカードが渡されます。このカード1枚で支払いやATMからの引き出しなどをすることが可能です。

携帯電話

ニュージーランドワーホリで仕事をするには、連絡先となる携帯電話が必要となります。ニュージーランドワーホリでは、プリペイド式の携帯電話を使うことが多いようです。

所持している携帯電話がSIMフリーの場合は、ニュージーランドでSIMカードを購入しましょう。SIMフリーの携帯電話ではない方は、端末を購入する必要があります。

ニュージーランドでワーホリ!仕事の種類や探し方を紹介します

5.採用される履歴書の作り方

ニュージーランドワーホリで仕事を探すためには、履歴書が必要です。しかし、日本とニュージーランドでは、履歴書の書き方が異なります。この章では、ニュージーランドワーホリで仕事をするための履歴書の作り方をご紹介します。

ニュージーランドの履歴書には、写真、国籍、性別などの記入が必要ありません。ニュージーランドでは、男女平等の観点から性別を書く必要がないそうです。

また、学歴よりも経験を重視しているため、職歴はしっかりと書きましょう。また、学歴や職歴は新しいものから順番に書きます。紙媒体ではなく、Wordを使って作成してください。

履歴書に書く内容は、名前、住所、電話番号、メールアドレス、ビザの種類です。名前は、覚えてもらうために太文字にするなど工夫をしましょう。学生ビザなど、ビザの種類によって就労時間が異なるため、記入漏れがないように確認してください。

つぎに、働く目的です。自分の長所など、アポールポイントを書くことも大切です。そのほかには、職務経歴や学歴、推薦人の情報について記入します。

面接後に推薦人に確認の連絡が入ることがあるので、連絡先はしっかりと記入しましょう。このように、日本とは履歴書の書き方が異なるため、記入する際は注意が必要です。

6.まとめ

ニュージーランドワーホリの仕事は、最低賃金が高いことや働ける場所が多い特徴があります。農場など、シーズナブルジョブで3ヶ月以上働くと、ワーホリ期間を延長させることができます。

農場以外には、カフェや観光ツアーのガイドなどは、英語力が低くても働くことができます。ニュージーランドでのワーホリの仕事を探す方法は、求人サイトを利用する、直接応募、紹介の3パターンがあります。紹介という方法を使うことで人脈を作ることができるので、ぜひ利用してみてください。

仕事につくまえには、銀行口座の開設や「EFTPOS」の取得、携帯電話の準備が必要です。ニュージーランドの履歴書は、日本とは書き方が異なります。そのため、記入に間違いがないように注意しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

ダイナミックな絶景とたくさんの動植物達との出会いに癒される国「ニュージーランド」

日本の7割ほどの国土に「地球の箱庭」とよばれるほどの壮大な大自然がぎゅぎゅっと詰まっているニュージーランドは世界中の人々を魅了しています。南半球に位置しますが、歴史的背景からイギリス文化が色濃く残る国でもあり、イギリスにいるかのような優雅な雰囲気も味わえます。物価も日本の3分の2程度、安全な国の一つでもあり治安も良好で、住みやすい国でもあります。

ニュージーランド留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら