ハワイ渡航時両替はどこですればいいの?現金以外で支払いをする手も | スマ留

ハワイ渡航時両替はどこですればいいの?現金以外で支払いをする手も

ハワイ渡航時両替はどこですればいいの?現金以外で支払いをする手も

初めてハワイに留学する人は、現地で使うお金をどのように準備すればいいのか迷いますよね。アメリカの通貨ドルは、日本国内でもハワイでも至るところで両替が可能です。

ハワイを訪れる日本人の場合、現地で両替する人より、日本の銀行や空港で両替をしてから出発する人が多いそうです。理由の多くが、あらかじめ用意しておくことの安心感と、現地で両替がスムーズにできるかどうか不安にあります。このコラムでは、日本やハワイでの両替方法などお金にまつわる情報を紹介します。

1.ハワイで通貨は「ドル」どんな種類がある?

ハワイは、アメリカ合衆国の50州のなかで一番最後に加盟した州です。ここでは、アメリカドルの紙幣と硬貨の種類を紹介します。どんな通貨があるので、ハワイで両替する前に見てきましょう。

紙幣

紙幣はドル(dollar)という単位を使い、1、5、10、20、50、100ドルの6種類あります。そのなかでも、使う機会が多いのが1ドル紙幣です。

理由はチップにあります。ホテルや飲食店など、行く先々でチップとして1ドル札を手渡すことが多いためです。常に1ドル札を10枚くらい持っておくと便利です。

硬貨

硬貨(コイン)は「セント」という単位で1セント(ペニー)5セント(ニッケル)10セント(ダイム)25セント(クォーター)の4種類あります。1ドル=100セントです。

ハワイの自販機、公衆電話は25セント(クォーター)以外の硬貨が使えない場合があります。クォーターはいざという時にとても便利な硬貨で、ハワイに行った際には持ち歩いておくのがおすすめです。

.ハワイで通貨は「ドル」どんな種類がある?

2.円をドルに両替する方法その①:日本国内での両替

ハワイで使うお金の両替は、日本の銀行でおこなう人の方が多いです。ハワイで両替せず事前に準備しておくことで、安心することができるでしょう。ここでは、両替可能な場所や方法などを紹介します。

銀行

お金を扱う銀行ですから、もちろん外貨の両替も銀行でおこないます。1つだけ気を付けなければならないのは、どこの銀行でもその場で替えられるわけではありません。

都市部の銀行では円からドルに替えてもらえますが、地方銀行でドルを扱っているところでも、米ドルの用意が少ない場合があります。最寄りの銀行で両替をするなら事前に電話で問い合わせましょう。

外貨両替宅配サービス

近所に銀行や両替所がない場合や、営業時間内に行けない人にとって、とても便利なサービスです。事前に申し込んだ両替分のドルを指定の場所に届けてくれます。

空港

出発ギリギリまで銀行や両替所に行くことができなかった場合は、空港内の両替所でドルに替えましょう。注意したいのが、そのときの混雑状況です。場合によっては、両替希望の人が多くしばらく待たなくてはいけないことがあるかもしれません。

両替店や金券ショップ

近頃は地方のショッピングセンターで外貨の両替ができる店を見かけます。金券ショップ内に両替店のカウンターが併設されている場合もあります。都市の主要駅周辺には必ず国内・外資ともに両替店が点在しています。

円をドルに両替する方法その①:日本国内での両替

3.円をドルに両替する方法その②:ハワイでの両替

出発前にアメリカドルを準備できなかった人もどうかご安心ください。到着した空港にもワイキキ市内にもあちこちで円をドルに両替する場所があります。

空港

ホノルル国際空港に到着し、入国審査場を出ると両替カウンターがあります。2017年4月ダニエル・ケー・イノウエ国際空港に名称が変わりました。

銀行

街中の銀行で両替が可能です。日本人スタッフがいる銀行もあるので、安心でしょう。

ホテルフロント

フロント横に両替カウンターを設けるホテルがあります。ハワイのホテルの多くは日本人スタッフがいますので、チェックイン前後にご相談ください。ハワイの銀行やホテルでの両替は手数料が比較的高い場合があるので、事前に確認が必要です。

両替店

町のあちこちに両替店があります。日本からの観光客が多いハワイは、日本語の説明書や日本人スタッフがいることも多いです。

ワイキキの中心にある大型免税店内にあります。ここは常に大勢の買い物客でにぎわうことが多い施設なので、両替希望者も多く、ある程度の行列を予測しておいてください。

民間両替所

民間両替所とはその名からも想像できるように、ハワイ州公認の両替所です。町のあちこちにある両替所も、店構えだけでその店が優良店かどうかわかりません。州公認の両替所だと海外旅行客にとって安心です。

円をドルに両替する方法その②:ハワイでの両替

4.現金を持ち込む以外のハワイで支払いをする方法

キャッシュレス社会は、ハワイでもどんどん進んでいます。コンビニや小さな売店を含めクレジットカードが使える店は年々増えているそうです。

クレジットカード

クレジットカードは身分証明書として使用する場合もあり、ホテルやレンタカー会社によってはクレジットカード無しの予約を受けない場合もあるので、クレジットカードは持っておくと非常に安心です。

国際キャッシュカード

日本でも普及しつつあるデビットカードは、種類によって海外で利用可能なものもあります。利用分は自動的にご自身の日本の銀行口座から引き落とされるので便利です。これだとハワイで両替する必要がなくなります。

5.まとめ

ハワイに留学するのであれば、ある程度まとまったお金を持っておく必要があります。国内の銀行で両替する場合と、ハワイの両替所で両替する場合の手続きにそれほど差はなく、決して難しくありません。

ただ両替は、両替する店によって手数料が変わります。先述のようにハワイのホテルや銀行で両替する場合は、比較的手数料が高いといわれています。両替額が大きければ手数料も大きく変わりますから、事前確認が必要です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら