どう留学する?何を学ぶ?目的別留学ガイド | スマ留

どう留学する?何を学ぶ?目的別留学ガイド

どう留学する?何を学ぶ?目的別留学ガイド

「グローバル化が進む現代、将来のために留学を経験したい」「留学して、自分の価値観を広げたい」と考えて、海外留学を検討されている方も多いのではないでしょうか。

文部科学省の調査によると、高校生、大学生ともに海外留学する学生は年々増加しています。特に大学生の海外留学は、2009年は4万人弱であったのが2014年には約8万人と5年間で二倍近くに増えています。しかし、一口に留学といってもその種類や目的は様々です。

この記事では、多様化する留学のスタイルについて詳しく解説していきます。この記事を参考に自分にベストな形の留学を見つけて、海外に飛び出しましょう。

1.はじめての留学は短期からがおすすめな理由

留学となると、避けることができないのが日本とのギャップです。そのギャップが楽しいものであればよいですが、中には不都合に感じるものもあるでしょう。

そのため、まずは短期留学で海外に慣れることをおすすめします。短期ならば文化になじめない場合でも過ごす期間が短いですし、留学が思い描いていたものでなくても、リスクが少なくて済むのです。

また、長期留学よりも費用や時間的に手軽におこなえることも理由のひとつです。学生であれば、夏休みや冬休みなどの長期休暇中に短期留学できる場合もあるので、まずは短期から検討してみるのがよいでしょう。

2.短期語学留学:まずは海外での生活体験を!

短期語学留学では、その国の語学を学校で学びながら生活するのが基本です。期間があまり長くなくても海外生活を経験しつつ、現地の言葉を聞く日々の中で語学の基礎を勉強できることが期待できます。

留学する期間はとして、1週間~3ヶ月ほどであることが多いです。短期留学でも学べることは多いですが、言語をより実践で学びたい方や上達を目指す方は、次に紹介する長期留学のほうがよいかもしれません。

3.長期語学留学:学んだ外国語を自分の戦力にする!

長期語学留学であれば、より外国語と接する機会が増えます。また、短期留学よりも勉強する時間がありますので、語学を学ぶ以外にもボランティアをおこなったり、週末は観光を楽しんだりとおこないやすくなるでしょう。

そして、外国語を自分のものにできる可能性があるのも魅了のひとつです。個人差はありますが、外国での生活を問題なく過ごせるぐらい話すことができるようになるには、1年近くかかるそうです。そのため、1年以上の留学を経験することもできる長期留学なら、外国語を実力として身に付けることが期待できるのではないでしょうか。

留学の種類4.高校生留学

語学からさらに発展した知識を学びたい方は、大学留学がおすすめです。ある程度の語学力が必要になってきますが、その分より学べることも増やせるでしょう。

海外で学ぶ意義とは?

海外で学ぶことで、語学力を日常生活や勉学に応用する機会が増えます。また、大学で勉強することで、その国が現在注目している分野についても知ることができるでしょう。日本の大学では学ぶのが難しい分野についても取り組んでいることがありますので、専門の勉学においても大学留学は有用なのです。

在学する大学の単位認定制度もチェック!

すでに日本の大学に在籍している人は、留学先で単位を取得できる場合があります。この認定制度を利用すれば、留学先の大学で足りない分の単位を取得することができるのです。単位は大学を卒業できるかどうかに大きく影響するので、留学前に確認しておくとよいでしょう。

5.インターンシップ留学・ワーキングホリデー:海外での働き方を知る!

インターンシップ留学やワーキングホリデーでは、海外での働き方について知ることができます。外国語を使って仕事ができる証明にもなりますので、実際に働くときの力になるでしょう。

インターンシップ留学では、日本の企業と同じように海外の企業で仕事を体験するものとなっています。海外の企業を知る、よいきっかけとなるでしょう。もちろんですが、実際に仕事として成り立っている企業で働くことになりますので、一定の英語力が必要となり、条件付きの応募がほとんどです。

もう少し気軽に参加したい場合は、ワーキングホリデーがよいかもしれません。こちらは異文化交流を目的とした、留学アルバイトのようなものです。インターンシップ留学では賃金が出ないことが多いですが、ワーキングホリデーでは収入を得ながら生活できますので、留学費用にも余裕を作りやすくなります。

いずれも基本的には、現地の方と交流しながら仕事を進めていくことになるため、海外・外資系の企業を応募するときにアピールしやすくなるでしょう。

6.専門留学:海外でしか学べない知識がある!

ほかの留学よりも専門的なことを学びたい方は、専門留学に挑戦してみることをおすすめします。勉強する分野によっては、特別な資格が取れることも特徴です。

専門留学ではワインビジネスや革製品作りなど、一般的な学校では教わることのない分野を学ぶ機会があります。そのため、企業の仕事にかかわりのある分野を学べば、ほかの就活生にはない強みとなるでしょう。また、何をやりたいかが決まっていない方は、新しい進路を見つけるきっかけにもなるかもしれません。

さらに、留学先の分野を気に入れば、海外で就職するという可能性もあります。今回紹介した留学方法それぞれにメリットがありますので、一度留学を検討してみてはいかがでしょうか。

7.まとめ

留学方法は複数ありますが、はじめての方は費用や時間面から気軽に語学を学べる短期留学がおすすめです。その国の生活環境に慣れながら、語学を勉強できます。

短期で物足りない方は、より言語をものにできる長期語学留学を経験するとよいでしょう。また、大学留学なら学んだ言語を生かして様々な分野を学ぶことができます。そして、海外での働き方を学びたいときは、インターンシップ留学やワーキングホリデーという方法もあります。

さらに専門的な分野を学びたい方は、専門留学を検討するのがよいかもしれません。いずれの留学方法にも魅力がありますので、より自分にあった留学方法を検討の際は留学エージェントに相談することをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00-14:00/15:00-19:00
土日祝 11:00-14:00/15:00-17:00
【水曜定休】

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら