無料セミナー予約 資料請求 お問い合わせ
(11:00〜19:00 毎週水曜・年末年始除く)
0120-501-946
スマ留お申込み
Q&A

留学Q&A

英語が苦手なのですが、留学できるでしょうか?

スマ留の語学学校やミッションプログラムでは英語が苦手な方でも大丈夫です。語学学校ではクラスを初級レベルから設けており、アルファベットや挨拶程度の簡単な英語から教えています。ホームステイも同様で、ホストファミリーは英語ができない人でも受け入れてくれます。ともに、英語を話さざるをえない環境に身を置くことになるので、追い詰められないと勉強できない人にはおすすめです。

でも、ボランティア活動や仕事体験では周りの人と英語でコミュニケーションを取る必要があるので、日常会話に困らない程度の英語力はあった方が良いでしょう。留学するにあたってどの程度の英語力が必要かは、行って何をしたいのかをはっきりさせることでわかってきます。行けばなんとかなる、留学すれば誰でもすぐにペラペラになる、というのは間違いです。英語力を伸ばしたいなら、目的をしっかり持ち、気を引き締めて留学に臨みましょう。

留学の準備はどのくらい前から始めたらいいですか?

一般的な留学の準備には、①情報を収集したり、テストを受けたり(進学留学の場合のみ)、書類を集めたりする段階、②学校への入学手続きをする段階、③航空券やビザ申請など、海外渡航のための手続きをする段階と大きく分けて3つの段階があります。そのため、語学留学でしたら3~6ヶ月前、専門学校や進学留学でしたら6ヶ月~1年くらい前から始められるのが理想的です。

ただ、スマ留は最短で出発2週間前からの申し込みも可能ですので気軽に問い合わせしてください。

初めに何をしたらいいのでしょうか?

留学を思い立ったら、最初にすることは、まず情報を集めることです。学校の情報はインターネットや留学関連雑誌などで、日本でも比較的簡単に入手することができます。しかし、短期間で効率よく必要な情報を集めるには留学情報サービス機関の資料送付サービスや留学経験豊富な専門家(留学カウンセラー)のカウンセリングを受けることをお勧めします。

どんなものを準備したらいいですか?

海外に渡航するのに最低限必要なものはパスポート、お金、ビザ、航空券、保険です。最低限、上記が揃えば出発することは可能ですが、現地での生活で使用する生活用品(衣類など)も準備が必要です。必要なものはすべてリストにまとめてお渡しするのでご安心ください。
また、現地での生活で何よりも必要なのは、大きな夢と自ら進んで行動する積極性です。恥ずかしがらず、たくさんの人とコミュニケーションを取って、豊かな留学生活を送りましょう!

出発までの英語の勉強法を教えてください。

留学の目的や現在の英語力によっても英語の勉強法は違ってきますが、最近あまり英語にふれる機会がないなという人は、とりあえず英語を聞く時間と読む時間を増やすようにしましょう。映画、ビデオ、音楽、ニュースなど、自分にとって興味があるものを英語で聞いたり、英字の雑誌や新聞の記事から選んで1日1つずつ読んでいくようにするとよいでしょう。さらに、その中でも特に気に入った文章や映画の台詞などがあったら、自分で声に出して言ってみましょう。日本にいる時から、留学した時の状況に近い環境を作り出すことが大切です。
また留学すると、初対面の人に会う機会が増えるので、当然自己紹介の必要性も増えてきます。日本にいる間に自分をアピールする台詞を考えて、声に出して練習しておきましょう。
なお、一般的に日本人は文法には強いと言われていますが、自分は英語からかなり遠ざかっていたなと思っている人は、最低でも日本の中学校レベルの英文法は復習しておくようにしましょう。

留学エージェントは使った方がいいでしょうか?

お客様より「ビザの申請をしたが大使館から返事がない…」というお問い合わせをよくいただきます。このような失敗をしないためにも留学エージェントは利用した方がいいです。手続きに失敗して、留学に行けなくなってしまうのは人生にとってとても残念なことです。 地方では留学会社はなく情報収集も大変ですし、心配も多いです。もし料金が高いとか評判が気になるのであればご相談ください。多くの方に留学で「人生で最高の時間」を体験してもらうために、賢く留学エージェントを利用して出発に向けての準備をしましょう。

パスポートって何ですか?

パスポートは外国に渡航する人に対して、外務大臣がその渡航者の国籍を証明する、世界で通用する「身分証明書」です。20歳以上の方は、パスポートの有効期間を5年、または10年のどちらかで選択できます。20歳未満の方は、5年間有効のパスポートのみ発行されます。パスポートを持っている方で留学をされる場合は、パスポートの有効期間をしっかりとチェックしておきましょう。

パスポートはどこで、どのように申請するのですか?

パスポートは原則的に、住民票登録のある各都道府県の申請窓口で行います。詳しくは、管轄の「パスポート申請窓口」へお問い合わせください。

ビザって何ですか?

ビザは渡航先国の大使館・領事館が発行する入国許可のための証明印(査証)のことです。国によって、パスポートの査証のページにステッカーを張ったりスタンプを押したり、独立した書類として発行されます。ビザは入国目的によって、種類が分類され、留学生には学生ビザが適応されます。
ビザの詳細や申請方法については、下記をご確認ください。

ビザの申請について
荷物はスーツケースで持っていけばいいですか?

スーツケースで荷物を持っていく方が多いです。飛行機に預けられる重量が20キロですと(航空会社によって異なります)スーツケースが6キロもあると荷物が詰め込めるのが14キロになります。ソフトケースのスーツケースや最近の軽量のスーツケースですと3キロくらいのものもあります。一番大きいものに服を目いっぱい入れると20キロを超えます。バックパックで行く人も最近増えてきましたが、60~80リットルくらいが目安ではないでしょうか?ヨーロッパ人であれば女性でも大きなバックパックを背中とおなかに担いでいる人も見ますが日本ではスーツケースの方が主流です。

何を持っていけばいいですか?

海外留学保険の保険証はスーツケースに入れておきましょう。そして財布には簡易的な契約番号がわかるものを入れておくと安心です。そのほかにスーツケースに入れておくといいものとしては、電子辞書・日本語旅行ガイドブック・デジカメ・ノートパソコン、変圧器、耳かき、爪切り。衣料・下着は着まわすことができるので、1週間コースであれば、3~4日分程度。2か月コースであれば、1週間分程度が目安です。圧縮ブクロに服を詰めてスーツケースに入れるとコンパクトになりますが、20キロは超えるでしょう。

渡航前の公的手続きは何をどこですればいいですか?

2ヶ月以上、日本を離れる場合には年金、健康保険の保険料、住民税などの税金、転出届を提出する必要があります。自治体によって取り扱いが異なるため、所轄の自治体の窓口に確認してください。

留学にはどのくらいのお金がかかりますか?

留学費用はさまざまな要素によって金額が異なります。留学する期間、出発の時期、留学先の学校の授業料、滞在方法、滞在する地域の物価、為替レート、個人の生活スタイルの形体によって変わってきます。
費用の大部分を占めるのが、学校の授業料と滞在費です。その他、往復の航空運賃、海外保険、現地で使うお小遣いなどの費用が必要になります。一般的な留学の総費用は語学留学の場合、1ヶ月で50万円、6ヶ月で150万円、1年間で250万円前後になるでしょう。また、進学留学になりますと、州立大学で年間200~300万、私立大学では350万以上の費用がかかります。
スマ留の留学では、1週間コースで“基本料金98,000円”+航空運賃、1ヶ月コースで”基本料金228,000円“+航空運賃、2ヶ月コースで“基本料金378,000円”+航空運賃がかかります。ホームステイなどの、別途オプションをご希望のお客様にはオプション料金が発生いたします。

現地のお金はどのくらいもっていけばよいでしょうか?

飲食代、生活用品を揃えるためなどに現地通貨はすぐに必要ですから、最寄りの銀行や空港で両替しておきましょう。ただし、日本で両替できるのは紙幣のみで、コインは現地に着いてから両替することになります。金額は留学形体によっても異なりますが、日本円で5~10万円あれば、まずは安心でしょう。

クレジットカードは必ず用意しておいた方がいいですか?

多額の現金を持ち歩かない習慣である海外では財布代わりとなり、スーパーでの買い物から、授業料の支払いまで頻繁にクレジットカードが使用されます。また、ホテルや飛行機、レンタカーなどを予約ではクレジットカードを持っていないと予約を受付けてもらえない場合もあります。最低1枚は準備しておきましょう。

高校生ですが、クレジットカードをつくることはできますか?

原則的に高校生がクレジットカードをつくることはできません。しかし、カード会社によっては(三井住友カード)、留学を前提に「家族会員」として作成できるところもありますので、各クレジット会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

日本の銀行に預けてあるお金を海外で引き出すことは可能でしょうか?

日本の大手銀行が発行しているインターナショナル・キャッシュカードを利用すれば海外からの引き出しは可能です。これは日本の銀行が提携している海外のATMから現地通貨で現金を引き出せるというサービスを持ったカードで、引き出した金額は指定されたレートで日本円に換算され、手数料とともに日本の口座から引き落とされるという仕組みになっています。送金や、口座を開くといった手間が省略できるので便利です。しかし、カードを紛失したり、使えなくなった場合には、日本で再発行をしてもらわなくてはならず、その期間、お金が引き出せなくなってしまうリスクがあります。

留学中に暮らす場所はどうやって準備すればいいですか?

スマ留では基本料金に現地でご利用いただくシェアハウスの料金が含まれていますので、ご自身でのご準備は必要ありません。ホームステイをご希望の場合にはお申込みいただければ、別途ご料金は発生いたしますが、当社で手配をさせていただきます。

シェアハウスって何ですか?

シェアハウスとは一軒家やユニット(日本で言うマンション・アパート)を共同で借りて数人で住むスタイルです。例えば2LDKのユニットに4人で住み、2人1室、リビング、キッチン、バス、トイレ等、共有スペースをシェアします。日本人には馴染みがないシェアハウスですが、外国から日本へやって来た方々も実は日本で数人で住むシェアスタイルで生活をしている人が多くいます。シェアハウスはオーストラリアでは一般的な生活スタイルです。

語学学校ってどんなところですか?

日本人だけではなく世界中からの留学生やワーホリ生が語学を学ぶために学校に通っています。初級からネイティブレベルまでのクラスが用意されていて、それぞれのレベルにあった内容で英語を学ぶことができます。 日本で考える「勉強」ではなく、語学学校では言葉を使うことに重点を置いて上達させていきます。教室で聞いているだけでは言葉は伸びません。諸外国の生徒のように積極的に発言をして英語を身に着けていきましょう。しゃべって失敗するほど上手になっていきます。

パソコンは持っていったほうが良いですか?

検索したりブログを書いたりと現在日本にいても毎日パソコンを使う人には持って行くことをお勧めしています。また、パソコンがあるとSkypeの通話サービスで日本にいる家族や友人と無料で会話をすることも可能です。最近では、街中のコーヒーショップでコーヒーを買うとパスワードを教えてくれてネットが無料で使えたり、ホームステイやシェアハウスでも無線でインターネットが使える家も増えています。しかし、ネット環境は非常に悪いと感じるでしょう。日本ほどスピードはありませんし使い放題の国は日本だけと思った方がいい位です。課金制と言って使えば使うほどお金がかかるので注意しましょう。

現地で携帯電話を持った方がいいですか?

携帯電話は必ず必要です。日本同様、海外でも携帯電話なくして生活はできません。日本から海外対応携帯電話を持って行くと通話料が高く発信しても受信しても毎分100円以上かかるので(詳しくはお持ちの携帯電話キャリアにお聞きください)現地で購入し契約することをお勧めします。2年契約、プリペイド契約、レンタル契約などがあります。プリペイド方式は日本と同じように本体とプリペイドカードを買ってその都度チャージして利用することができますが、いざ必要と言う時にチャージがなくて電話が使えないという場合もあるため、レンタル携帯電話がお勧めです。

航空券はいくらくらいしますか?

国によっては片道航空券で入国できる国もあります。オーストラリアやニュージーランドなどは片道航空券で入国して帰国時にアジアのタイやカンボジアによって帰ってくるというワーキングホリデーの方もいます。そうすると最初から計画が立てられないので片道航空券で行きます。そしてLCCとして有名なジェットスターが一人3万円~航空券を販売しているので往復で買う必要もないという事情もあります。航空券は4~6ヶ月前に購入すると安い航空券が手に入りやすいです。

航空券の値段はいろいろあるけど、どう違うのですか?

航空券は、①航空券の種類、②出発する時期、③利用する航空会社、④航空券をどの旅行代理店で買うかによって金額が異なります。
例えば成田―ロサンゼルスが5万円のこともあれば、20万円以上することもあります。留学生の場合、長期留学なら、格安航空券の中のオープン・チケット(出発日だけ決めて、帰りの日程は有効期間内であればあとから予約できるチケット)を、短期留学ならフィックス・チケット(日本出発前に行きも帰りも日程を決める)を買うのが一般的です。

留学生保険には入った方がいいですか?

日本で病院にかかる時、保険証を提示しますが、その保険証は外国では使うことができません。留学中に病気にかかったり、不意の事故に遭遇した時、そこで役に立つのが「留学生保険」です。
通常、「留学生保険」では、障害、疾病、盗難、紛失などに対する保険がワンセットになっており、お金での保障があります。留学生にとって「保険」は必需品です。学校によっては、加入していないと入学を受け入れてくれなかったり、現地で強制的に加入させられることがあります。留学生保険は日本を出発してしまうと加入することはできませんので、出発前に必ず加入しておきましょう。

クレジットカードについている保険は留学生保険の代わりにはなりませんか?

クレジットカ―ドの種類によっては、発生率の高い傷害や疾病の治療費、携行品補償の保険金額が不充分であったり、付帯されていないケースがよくあります。また、全てのクレジットカード保険には、疾病死亡補償が付いていません。さらにクレジットカード保険は、適応期間に制限があり(2~3ヶ月程度)、長期留学の場合ですと留学期間の全てをカバーすることができませんので、クレジットカード保険とは別に、必ず留学生保険に加入しておきましょう。

現地で多いトラブルを教えてください。

到着後に多いトラブルはやはり盗難です。日本では考えられないものが盗まれたり、考えられない場所でなくしたりします。また、買い物をした際に、正しい金額のお釣りを返してもらえなかったり、タクシーを利用した際に、わざと遠回りをされて運賃を必要以上に高く支払わされたりなどが多いです。そのため、他人事と思わずに自分も巻き込まれると思って注意深く生活をしてください。

留学先の治安が心配です。どんなことに気をつければよいでしょう?

治安状態は国や地域によっても差がありますので、どこででも通じるルールをいくつか挙げておきます。
(1)夜は一人で出歩かない。昼間でも自分が歩き慣れていない場所へは、なるべく一人で行かない。
(2)貴重品は常に身につけておく。ファーストフードのお店などで席を取るために荷物を置くということが日本ではよくありますが、海外では盗難の原因になりやすいので要注意。
(3)自分が住む地域の治安状況については、現地到着後、すぐに情報を収集する。(近づかない方が良い場所について、学校のスタッフやホストファミリーによく聞いておく)。
(4)派手な服装はしない。相手にお金を持っていると思わせないことが重要です。

「海外は危険だ!」という先入観のある言葉をよく耳にしますが、実際に住んでみると、日本よりも安全な場所もたくさんありますので、あまり心配し過ぎる必要はありません。ただし、どこにいても自分の身を守るのは自分だという気持ちを忘れないで行動しましょう。また、現地の生活に慣れ、言葉の不自由がなくなる頃は、要注意です。行動範囲も広がっていますので、その分危険な目に合うことも多くなるでしょう。余計な犯罪などに巻き込まれて、留学を台無しにしないよう十分注意してください。

現地でパスポートを無くしてしまった場合、どうすればよいのでしょう?

盗難などでパスポートをなくした場合は、まず警察に届けて盗難証明書をもらうことです。それから現地にある日本大使館か領事館に行って、パスポートの再発行の手続きをします。その際にパスポート番号と発行年月日が控えてあると手続きがスムーズにできます。日本出発前にパスポートの写真のあるページのコピーを取って、普段の手荷物とは別に保管するようにしておきましょう。ちなみに、最近日本のパスポートは闇市場では高く売れるらしく、狙われやすいので必要なとき以外は他人に見せないように所持し、十分な注意を払いましょう。

現地で病気になったらどうしたらよいのですか?

病院へ行くか、薬局で相談して薬を処方してもらいましょう。ちょっとした腹痛や頭痛、風邪を引いた時のために、日本で飲みなれている常備薬を準備していくおくことも必要です。
また、病院にかかった時のために、留学生保険には必ず加入しておきましょう。保険会社と提携している病院でしたら、治療費は保険会社から直接病院へ支払われ、本人が病院で治療費を払う必要がありません。

現地での生活や習慣などで、注意すべきことはありますか?

欧米ではレディファーストの習慣が根強く残っています。女性運動などの影響でこの習慣を良しとしない人も中にはいますが、部屋に入るときやエレベーターの乗り降りに女性を先に通したり、重い荷物は男性が持ってあげたりということが、現地の人々の間では自然に行われているのです。この傾向は都市部より田舎の方が強いようです。留学する男性も、‘郷に入れば郷に従え’精神で、慣れるようにしておきましょう。また女性は席を譲ってもらったり、荷物を持ってくれたからといっても、あくまでも習慣としてで、ほとんどの場合、大きな意味はないので、自分に特別な好意があるのではなどと気をまわし過ぎないようにしましょう。

留学から戻ってきた後、就職ができるかどうか心配です。

留学を思い立ったきっかけが、「将来の就職に役立てたいから」という人は多いでしょう。留学を目指す人にとって就職は重要な問題です。採用する企業側の意見を聞きますと、「単に留学してきたとか、英語が多少話せるということでは、なんのメリットにもならない。」と言われます。要は留学で培った専門的な技術や知識を職場でどう活かせるかということや、その人が持つ国際感覚を重視しているようです。つまり、英語はあくまでも知識を得るための道具で、その道具を使って何を学んできたか、そしてそれを学ぶ過程で、海外の文化や習慣などをいかに身につけたかが重要なようです。

就職のために留学先で何をやっておくべきことはありますか?

この資格を取れば就職できる、といったものはないので、まずは確実に語学力をつけることが大切です。もちろん、英語力をアピールするためには、具体的にTOEICで証明する必要があります。2年間留学してTOEIC650点という人もいますが、これではかえって逆効果です。1年留学していたら、最低750点はところです。
英語の試験にはいろいろありますが、就職を考えた場合、人事に一番分かり易いのがTOEICです。ケンブリッジ英検は日本の人事にあまり知られていませんし、外資系で外国のスタッフが人事に関わっている場合、英検ではわかりませんので、帰国したら必ずTOEICを受けておきましょう。

企業が留学経験者にもとめているものは何かありますか?

既卒者の場合は、基本的に経験重視での採用になりますので、日本での実務経験と、ある程度の語学力が要求されます。理想的なのは能力の幅を広けるための留学です。留学で新しいキャリアにチャレンジしたいという人もいますが、現状で別の職種につくのはかなり厳しいものがあります。
新卒のケースでは、潜在能力の高さが評価されます。特に面接において、実行力、プレゼン能力をアピールできるかどうかです。「私はこういうプランを立てて留学し、こういう勉強と経験をしました。」といったことを面接の場でしっかりプレゼンすることです。また、企業は結果の出せる人間を求めているので、結果の出ていない留学経験はマイナスになります。留学するからには必ず結果を出す!くらいの意気込みと心構えで留学しましょう。

TWITTER
FACEBOOK
スマ留 ビジネス