GOINGTOHIGHSCHOOL

高校留学

Read MoreClose

高校の正規留学ってどんなもの?

高校生の正規留学とは、海外の高校に通いながら、現地の学生と同じような生活を送ることができる留学プランです。留学の期間は3ヶ月~卒業するまで様々自分の希望で選ぶことが可能です。
ホームステイや寮での滞在スタイルが多く、ホストファミリーや友人と日常生活を共にしたり、季節ごとに様々なイベントに参加したりすることで海外での生活を経験することができます。高校生の3年間は、将来の仕事や夢に影響する大事な時間ですので、その期間に異文化の地で様々な価値観に触れることができるのは、一生のうちでもとても貴重な経験となります。

高校留学とは?

高校留学をする際は大きく2種類方法があります。自由に高校や地域や期間を選択することができる「私費留学」と文化交流をメインの目的とする「交換留学」です。交換留学は、古くから続いている留学プログラムで、一部日本での単位として海外で取得した単位を充てることも認められています。私費留学は、近年人気になってきている留学スタイルで、期間の決まりや一定の条件を満たさなくてはいけない交換留学と違い、柔軟に留学プランを決めることができることが人気の理由です。


 

私費留学と交換留学PRIVATEorEXCHANGE

私費留学

Read MoreClose

私費留学は自由に地域や高校、さらに期間が選択できる制度です。期間につきましては1年間留学も、卒業留学も選ぶことができます。
サポートにつきましては現地サポートが整備されている点が特徴です。近隣にICCアドバイザーが在住しサポートします。受入高校の決定までも時間は掛かりません。通常かかる時間は申請後2週間から4週間です。留学審査も本人の意思と基礎学力が見られることとなり、比較的ゆるやかです。

交換留学

Read MoreClose

交換留学は文化交流が主な目的とされています。留学生を日本から海外へ、海外から日本へ交換するプログラムとなっています。
試験結果により合否が判定され、受入先が少ないため留学審査は厳しいです。それなりの英語力が求められることになります。留学先の地域や機関などに縛りがあり、私費留学と比べると自由度は低いですが、費用を低めに抑えることができます。人物交流のみでなく積極的な文化交流が行われることになり、異文化の中での相互理解を深めることにつながります。

高校留学の種類TYPEOFPLAN

高校留学の種類は3つ。卒業留学・スタディアブロード・交換留学です。目的によってどの方法を選ぶのか決める必要があります。準備が必要であるものや入学時期や留学する期間も様々ですので、余裕をもって準備しておく必要があります。

卒業留学

卒業留学

卒業留学は、日本の高校に在籍せずに、留学先の高校で入学から卒業までを過ごし、卒業できることを目的にした留学のことです。
そのため、留学期間は2~3年が一般的です。中学卒業と同時に入学するか、日本の高校で在学中に留学するようになります。
早いうちから長期間海外で過ごし、英語漬けの生活をするため、その後の進路として海外の大学への進学や、日本の大学でも推薦入試で合格する可能性も高まるなど幅が広がります。
一人で異国の地で生活するため、自分の意思を強く持てるようになることやトラブルなどに対応する問題解決能力がつくなど自身の成長も飛躍的にあることを実感できるでしょう。

可能な国

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、スイス

滞在方法

ホームステイ、学生寮

留学制度

私費

英語力

不要(あれば望ましい)

入学時期はいつ?

・北米(アメリカ・カナダ)の場合:9月、1月
(カナダの場合、4月から入学できる学校もある)
・オーストラリアの場合:1月、4月、7月、10月
・ニュージーランドの場合:2月、5月、7月
・イギリスの場合:9月、1月

スタディアブロード

スタディアブロード

スタディアブロードとは、日本で通っている高校に籍をおきながら海外の学校で過ごすことができる留学プログラムです。語学学校とは違い、実際の現地の学生と授業を受けることができるため、よりリアルな海外での学生生活を味わうことができます。
また、その国の良さや日本との違い、文化などを交流を通して理解を深めることができます。費用は、正規留学よりも短期間のため安く抑えられることが多いです。
限られた国で受け入れを実施しており、現在はオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・ニュージーランド・アメリカが対象の国です。

可能な国

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド

留学期間

1学期〜1年

滞在方法

ホームステイ、学生寮

留学制度

私費

英語力

不要(あれば望ましい)

入学時期はいつ?

・北米(アメリカ・カナダ)の場合:9月、1月
(カナダの場合、4月から入学できる学校もある)
・オーストラリアの場合:1月、4月、7月、10月
(12年生の4学期目の入学は不可)
・ニュージーランドの場合:2月、5月、7月、10月
(12年生の4学期目の入学は不可)
・イギリスの場合:9月、1月

交換留学

交換留学

異文化交流を第一の目的とするプログラムで、アメリカの公立校に通い、ボランティアのホームステイ先に滞在する交換留学。
アメリカの文化、ホストファミリーやコミュニティー(地域)を尊重し、学ぶ姿勢が大切になると同時に、日本代表の一人として日本文化の素晴らしさをアメリカの人々へ伝えるという役割も担います。いわば日本の大使として渡航することになります。
英語力が必要だったり、留学先が選べないなどのハードルもありますが、費用を抑えて真の実力がつく交換留学はホンモノの留学といえるでしょう。

可能な国

アメリカ

留学期間

10ヶ月

滞在方法

ホームステイ

留学制度

交換留学

英語力

必要

入学時期はいつ?

9月

各国の高校留学EACHCOUNTRY

アメリカの高校留学

アメリカの高校留学

アメリカは、多文化の中でグローバルな感覚を身につけられるので留学先としてとても人気のある国です。 アメリカには公立と私立高校の2種類があります。特徴を確認した上で、留学の目的に合う高校を選択しましょう。 世界各国からの留学生も多いので、世界中の方と交流ができます。アメリカには数多くの優れた教育機関があり、留学時のプログラムも各校によって特徴がありますので自分にあった教育機関を選択しましょう。

オーストラリアの高校留学

オーストラリアの高校留学

オーストラリアは世界の200ヶ国ほどの人種が集まった、世界に誇る多民族国家です。 オーストラリア人のみならず多国籍の人たちと出会うことができます。オーストラリアは教育の質が高いことが人気の理由です。そして留学生の受入体制も整っています。勉強だけでなく生活での悩みに親身に対応してくれる、留学生のためのコーディネーターが留学先の高校に常駐しています。オーストラリアは初めての留学という方にも優しい留学先です。

オーストラリアの高校留学の特徴

カナダの高校留学

カナダの高校留学

カナダは訛りの少ない英語が話されておりさまざまな側面から留学生にも人気です。 カナダは語学留学やワーキングホリデー先として人気です。大自然と都会がほどよく混在しています。都心から少し離れるとカナダの大自然を全身で感じることができます。また、カナダはフレンドリーな国民性です。それに加えて治安がいいので留学生にとって生活しやすい環境といえます。訛りの少ない英語と高い教育水準で語学を学ぶ場として非常に適しています。

カナダの高校留学の特徴


 

目的で選ぶ

属性などによっても留学に行く目的はそれぞれ違うかと思います。今興味のある目的、留学プランを選んでください。

年代で選ぶ

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら