マレーシアの言語は何語?マレーシアで英語を勉強する人が多い理由 | スマ留

マレーシアの言語は何語?マレーシアで英語を勉強する人が多い理由

マレーシアの言語は何語?マレーシアで英語を勉強する人が多い理由

マレーシア文化のなかで、言語についても特徴があるのをご存知ですか?マレーシアは歴史的背景もあり、国内で英語が広く使用されています。マレーシアの英語は欧米で使用される英語とは異なる特徴があり、その特徴もマレーシアの文化と深く関係があるのです。

この記事では、マレーシアの言語について特徴をご紹介します。マレーシアに渡航する予定がある方や、留学などを考えている方はぜひご参考ください。

1.マレーシア語(マレー語)が公用語!マレーシアの言語事情

マレーシアは多民族社会で、なかでもマレー系、中国系、インド系の民族の人口が多いようです。家庭ではマレー語、中国語、タミル語など各民族の第一言語が話されていて、学校や会社など他の民族の人とコミュニケーションをとる場では、一般的に英語が話されています。

マレーシアの言語はさまざまですが、公用語はマレー語とされています。そのため、マレーシアの国語教育としてマレー語が教えられているそうですが、ほかの科目はマレー語ではなく英語で授業が行われることもあるのです。

マレーシアでは第一言語と英語の2か国語を話せる人が多く、さらに第三言語として英語以外の言語を勉強すれば、3か国語を使うトリリンガルを目指せるのです。語学力の高さと、他民族とのコミュニケーションの高さから、マレーシアには国際的な企業で活躍できる人材が多いと、ビジネス界での注目度も高まっています。

マレーシア語(マレー語)が公用語!マレーシアの言語事情

2.アジアでトップレベル!?マレーシアの英語について

マレーシア人の英語力は、アジアの国々のなかでもトップを争うレベルだといわれています。なぜマレーシアでそんなに英語が広まっているのでしょうか。その理由は、マレーシアの歴史と社会にあります。

英語が広まった背景

マレーシアは、かつてイギリスに統治されていた時期がありました。その間、マレーシアの言語は英語が使用されていたため、英語教育も広まったとされています。また、道路の標識やお店の看板など、生活のなかで英語が使われているため、英語を学ぶことに対して抵抗が少ないのかもしれません。

さらに、国語であるマレー語は、現代になってアルファベットで表記されるようになりました。そのため、マレー語の単語を覚えるのと同じような感覚で、英語の単語を覚えられるのかもしれません。

民族間で話されることが多い

マレーシアは多民族国家で、さまざまな民族がそれぞれの言語を話します。そのため、違う民族の人とのコミュニケ―ションには、共通語である英語が欠かせないのです。日本では生活のなかでほとんど日本語しか聞くことがありませんが、マレーシアに行くと、生活のなかで英語が積極的に話されているのを耳にするでしょう。英語を話さなくてはならない場面が多いことが、マレーシア人の英語の習得を後押ししているといえるでしょう。

アジアでトップレベル!?マレーシアの英語について

3.マレーシアの英語の特徴とは

多民族国家のマレーシア人は、各民族の第一言語を持つため、彼らの話す英語はその第一言語の影響をうけています。マレーシアの言語の数だけ英語の特徴もさまざまなのです。ここでは、マレーシア英語の特徴について、発音のなまりと、他の言語が混じった表現の例を紹介します。

少しなまりがある

マレーシアで特徴的な英語のなまりの一例として、単語のなかの母音を短く発音するという点があります。「girl」という単語だと、アメリカ英語では「ガール」と発音しますが、マレーシア英語では「ガル」と聞こえるそうです。

他の言語と混ざった表現も

英語と他の言語が混じった表現がみられるのも、マレーシア英語の特徴です。マレーシア英語で、語尾に「lah(ラ)」とつけるのが、よく聞く例です。「lah(ラ)」はマレー語からきていて、日本語でいう「だよ」というニュアンスがあります。他の例として、「Wei」という表現がありますが、これは中国語からきている表現で、「おーい」というニュアンスがあるようです。

4.なんといっても安い!マレーシアは留学先としてもおすすめ

近年、留学先としてマレーシアの人気が高まっているのをご存知でしょうか。アジアをはじめ、世界のいろいろな国々からマレーシアに留学する人が増えてきています。ここでは、マレーシアに留学するメリットを紹介します。マレーシアの多言語の影響を受けている英語にもかかわらず、マレーシアが語学留学の場所として選ばれている理由がきっとわかります。

英語教育のレベルが高い

マレーシアの教育機関は、アメリカやヨーロッパの教育とほぼ同じレベルの水準だといわれています。なぜなら、マレーシアはかつてイギリスに統治されていたため、欧米基準の教育が根付いているからです。また、欧米の教育機関による出資をうけた語学学校が多く、そのカリキュラム内容も欧米のものとほとんど変わりがありません。

物価が安い

留学で気になるのが費用の高さではないでしょうか。日本と比べてももちろんですが、主な留学先であるアメリカやイギリスと比べても、マレーシアの物価は安いといえます。授業料や家賃、食事などいろいろな面で物価の安さは魅力的です。マレーシアでの留学費用は、アメリカやイギリスへの留学費用の約半分程度で抑えることも可能だそうです。

生活しやすい

マレーシアは経済発展が進み交通機関やショッピングの場所が充実していて、日本人が生活に困ることはあまりないそうです。また、治安については日本と同じくらいいいといわれています。日本より安い物価で、日本と同じレベルの生活が保てるのです。

んといっても安い!マレーシアは留学先としてもおすすめ

5.まとめ

マレーシアは多民族国家で、民族ごとに第一言語が違います。そのため、マレーシアの共通言語として英語が広く使われています。マレーシアはイギリス領の時期があったことから、生活のなかで英語を見たり聞いたりする機会が多く、英語の教育環境も整っています。

マレーシアは物価も安く、留学におすすめの場所です。英語の語学留学をお考えの方は、留学先としてマレーシアを検討してみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 2.00 )
Loading...

抜群のステイ環境!安心リーズナブルに多国籍交流・英語留学ができる国「マレーシア」

ロングステイ人気No.1のマレーシア。主に3つの民族が混在する多民族国家ですが、互いに尊重する国民性、東南アジアの中でも経済的にも豊かであることから治安も穏やかです。多民族文化らしく、外食でも様々な国の料理をリーズナブルに味わうことができるのも魅力の一つ。東南アジアの中心に位置するため、多くの国からのアクセスが良好で、様々な国から留学生や移民が集まっています。そのような土地柄のため、共通言語としての英語の能力はトップレベルで語学留学にも最適な環境。リーズナブルかつ住みやすい環境で、国際的な感覚を養うことができます。

マレーシア留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら