世界一住みやすい!?オーストラリアのメルボルンについてご紹介 | スマ留

世界一住みやすい!?オーストラリアのメルボルンについてご紹介

世界一住みやすい!?オーストラリアのメルボルンについてご紹介

オーストラリアのメルボルンといえば、「世界で最も住みやすい都市」といわれており、オーストラリアの中でもアートやカフェで有名な都市です。そして、日本からも行きやすい都市といわれています。

今回のコラムでは、メルボルンについての基本的な情報から気候、治安、観光スポットまでメルボルンの特徴についてお伝えします。この機会に、メルボルンについて詳しく知ってみませんか。

1.自然と調和した人気の都市「メルボルン」の基礎情報

オーストラリアのメルボルンといえば「世界で最も住みやすい都市」に選ばれ続けている都市として有名です。オーストラリアの第2の都市でもあり、19世紀にヨーロッパから来た移民によってつくられました。現在では金融やファッション、スポーツが栄えているほか、ヨーロッパ風の建造物も残っているのが特徴です。そんなメルボルンの基本的な情報について1つずつお伝えしていきます。

・位置

メルボルンはオーストラリアの南東のビクトリア州にあります。オーストラリアの中でも南に位置するため、シドニーなどの他の都市と比べると日本からは最も離れているといえるでしょう。

・人口

オーストラリアの人口は現在約2490万人です。オーストラリア内でもメルボルンは人口が約482万人と、オーストラリア全体の約20%を占めます。そして、メルボルンはオーストラリアの中でもシドニーに並ぶ人口の多さを誇ります。そして、メルボルンは現在、人口が増加傾向にあるため、今後もさらに人口が増えていくと考えられているのです。

・交通

メルボルンの主な公共交通機関は電車、バス、路面電車の3つです。これらの公共交通機関を利用するときに便利なのが「Myki cards(マイキカード)」です。こちらは、メルボルン近郊のすべての公共交通機関で使えるカードで、空港やコンビニ、Mykiのウェブサイト、駅の券売機で購入することができます。

「Myki cards」には、「Myki pass」と「Myki money」の2種類があります。「Myki pass」は、通学・通勤など1週間で5日以上利用する場合に向いた定期券のようなものです。「Myki money」はたまに使う場合に向いていて、交通機関を利用するたびに利用した金額が引かれます。「Myki cards」を1枚所持していれば、メルボルンでの移動手段に困ることはないはずです。

ちなみに、路面電車は、メルボルン内であれば、無料で乗車できる区間があります。メルボルンを観光するときにはうってつけの公共交通機関なのではないでしょうか。

・日本との時差

メルボルンの日本との時差は1時間です。しかし、サマータイム中は時差が2時間になります。サマータイムとは、夏の日が長い時期は時間を1時間早めるというもので、オーストラリアでは10月~3月の間、実施しています。

オーストラリアのなかでもサマータイムを実施している地域としていない地域があるので、オーストラリアへ行くときは日本との時差を事前に確認しておくようにしましょう。

自然と調和した人気の都市「メルボルン」の基礎情報

2.日本と同じく四季がある!メルボルンの気候について

オーストラリアは南半球に位置するため、日本とは季節が真逆です。つまり、オーストラリアでは夏が12月~3月、冬が6~9月になります。そして、オーストラリアには日本と同じように四季があるのです。そして、メルボルンはオーストラリアの中でも温帯性気候にあるため、1年を通して四季折々の風景を楽しむことができます。

夏は暖かく、気温も25度前後のため、過ごしやすい気候をしています。そして、日照時間も長く、20時くらいまで日が出ているときもあります。一方、冬でも最高気温が14度前後で、最低気温は6度前後のため、日本で過ごすよりも暖かい冬を送ることができます。雪が積もることはほとんどありません。

しかし、オーストラリアのメルボルンは1年を通して日差しが強いため、行くときには紫外線対策を冬でもしておくようにしましょう。

3.喧嘩に巻き込まれないように注意を。メルボルンの治安について

オーストラリアのメルボルンの中でも北西に位置する「Footscray(フッツクレイ)」、「Sunshine(サンシャイン)」、「St Albans(セント アルバンズ)」は治安が悪いといわれています。この地域はアフリカ系やベトナム人が多く、頻繁に犯罪が起こっているところです。

メルボルンの犯罪で多いといわれているのは、スリや置き引きですが、治安の悪い地域では、殺人や窃盗などの巻き込まれると大変な目に合うかもしれない犯罪も起こっています。また、酔っ払いや街中で喧嘩をしている人がいることもあります。

メルボルンで犯罪に巻き込まれないためには、夜の外出や人通りの少ない場所や危険地帯への立ち入り、貴重品の管理は自分でしっかりとしておく必要があります。また、知らない人に話しかけられたときは、ついていかないように心がけておきましょう。

喧嘩に巻き込まれないように注意を。メルボルンの治安について

4.メルボルンと言えばアートとカフェ!メルボルンの見どころ

オーストラリア内でもメルボルンには、アーケードやストリートアートなどさまざまなアートが街中にあります。ストリートアートとは、スプレーで描かれた絵や、グラフィティ(落書き)のことを指します。ストリートアートにはクオリティの高い作品からラクガキのような作品、巨大な作品まで個性的なアートがメルボルンのあちこちにあり、見て回るだけでも楽しむことができるのです。

また、メインストリートだけでなく、レーンウェイと呼ばれる小道では19世紀のヨーロッパの趣を感じることができる場所があれば、壁にかかれたストリートアートを楽しむこともできる場所もあります。

そして、メルボルンはアートだけでなく、カフェでも有名な都市です。メルボルンはオーストラリアの中でもカフェの発祥の地であり、本場パリよりもカフェの数が多いといわれるほど、カフェがたくさんあります。メルボルンのカフェは、おいしいコーヒーにスイーツがあるだけでなく、インテリアにもこだわったオシャレなカフェがたくさんあるのです。

カフェの中には、本格的なコーヒーにこだわったコーヒー専門店や、人気のチョコレートショップのカフェから巨大ハンバーガーが食べられる店など多種多様なカフェがあります。そのため、カフェ巡りをするだけでも十分楽しむことができるはずです。

5.まとめ

オーストラリアのメルボルンとはどのような都市なのかということをお伝えいたしました。メルボルンは、人口が多く、アートやカフェなどの観光に適した都市です。また、日本と同じように四季があるため、四季折々の風景を楽しむことができるのもメルボルンの魅力のひとつです。

しかし、メルボルンには楽しめる場所だけでなく、危険な場所もあります。そのため、人通りの少ない場所には行かないように気をつけましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料請求

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら