どの年代でもおすすめ!アイルランド留学についてご紹介します | スマ留

どの年代でもおすすめ!アイルランド留学についてご紹介します

どの年代でもおすすめ!アイルランド留学についてご紹介します

アイルランドはヨーロッパの北にある自然豊かな国です。「あまりアイルランドへの留学は聞いたことがないけど、本当にいけるの?」と疑問に思うかたもいらっしゃるかもしれませんね。アイルランドは英語圏なので、英語の語学留学に最適です。イギリス英語と比べるとなまりは多少あるかもしれませんが、ネイティブ英語に慣れるための語学留学に大きく影響するようなことはないようです。

さらに、アイルランド留学は高校生からシニアまで参加できるものもあるので、年齢に関係なく留学にいくことができます。今回のコラムでは、アイルランドのよさから語学学校の選び方までアイルランド留学の魅力についてお伝えします。

1.自然あふれるアイルランドで語学を学ぼう!

アイルランドは自然豊かな国です。広大な自然に囲まれており、日本の都市部では見ることができない風景もあります。また1年を通して気候が比較的穏やかといわれているので、服装も季節にあわせたものを用意するだけでよさそうです。

アイルランドのなかでも留学で人気があるのは、首都のダブリンです。都会でありながらも自然を感じつつ過ごすことができます。さらに語学学校も多く治安もいいといわれているため、学生でも安心です。

アイルランドはケルト文化と呼ばれる伝統的な文化が数多く残っています。ケルト文化は2,500年以上前の古い文化です。当時の人々は文字を持っていませんでしたが、独特なかたちをした造形などは今も残っています。

その一方で、外資系の企業が会社の拠点としていることも多いため、歴史と現代の技術の両方を感じることができます。さらに広大な自然も感じることができ、観光からショッピングまでさまざまなことを楽しむことができます。

そんな魅力あるアイルランド留学は大学生や高校生だけでなく、社会人やシニアにも人気があります。次の章ではその理由についてご紹介します。

自然あふれるアイルランドで語学を学ぼう!

2.アイルランド留学が社会人やシニアにもおすすめの理由

アイルランド留学はシニアでもいくことができます。シニアでいく場合は50歳以上を対象としていることが多く、短期間(約1~2週間)のコースを利用していくことが多いようです。アイルランドが世代を問わず留学先として人気である理由は以下の通りです。

【理由1】短期留学でもいくことができる

アイルランド留学は短期でもいくことができるということが魅力のひとつです。最短で1週間からいくことが可能なので、アイルランド留学は社会人にもおすすめできます。時間の確保が難しい社会人にとっても、短期留学をすることができるのは魅力的ではないでしょうか。

【理由2】日本人留学生が少ない

アイルランド留学は日本人が少ないです。そのため日本人に会う可能性が低く、日本語を話す機会が減ります。つまり英語だけで生活をしなくてはいけない場面が多いため、英語が上達するスピードが速いです。さらに、クラスによってはアイルランド留学を大学生数も少ないので、社会人でも気兼ねなく留学にいくことができます。

日本人留学生よりもヨーロッパからの留学生が多く、国際色が豊かです。そのため、いろいろな文化や人種と触れ合えるよい機会になります。

【理由3】治安が良い

ヨーロッパのなかでも、アイルランドは治安がよいといわれています。そのため、アイルランド留学は高校生からシニアまで幅広い年代の人が安心していける国です。

ただし、人通りの少ない道や裏通りのような場所は安心とは言い切れません。比較的人通りの多いところを通るようにしましょう。また、夜遅くに出歩くことは控えたほうがよいでしょう。危機管理さえしっかりとしておけば、思わぬ事件に巻き込まれることなく、楽しい留学生活を送ることができるはずです。

【理由4】外資系企業が多い

近年では、アイルランドに拠点をおく外資系企業が増えています。企業によってはワーキングホリデーやインターンを利用することもできるので、外資系企業で貴重な経験を積むことが可能でしょう。

【理由5】アイルランド人はフレンドリー

アイルランドはフレンドリーな人が多く、親しみやすい国です。ホスピタリティ精神にあふれており、向こうから話しかけてくれる人が多いので、初めての留学でも不安になる必要はありません。また仲良くなることができれば、語学学校でもホームステイ先でも楽しく過ごせるはずです。

アイルランド留学が社会人やシニアにもおすすめの理由

3.アイルランド留学は高校生もできる

アイルランドの高校は新学期が9月に始まり、6月に終わります。そして、日本と同じで3学期制となっているところが多いです。

アイルランドの教育制度は、ファーストレベル(日本でいう小学校)、セカンドレベル(中学~高校)、サードレベル(大学)の3つに分かれます。なかでも、高校留学の場合は「セカンドレベル」のなかの「Year4~Year6」にあたります。

「Year4」は高校1年生にあたり、アイルランドでは「Transition Year」と呼ばれる特別な時期になります。この期間は人間形成や将来を見据えて何をしたいか考える期間です。そのため、英語などの必須科目だけでなく、音楽や家庭科などさまざまなことを体験したり、自由研究をしたりして、社会勉強をする期間となります。その後の2年間で、将来必要な専門的な勉強をします。

高校に留学するときには英語に自信がない場合でも、ESL(English as Second Language)と呼ばれる英語を第2言語とするクラスもあるので、安心して留学できます。ただし事前にある程度英語を勉強していないと授業の内容についていけない可能性もあります。新学期が始まる9月までに事前学習をしておきましょう。

日本人留学生は、基本的に公立高校への留学は認められておらず、私立高校への留学が一般的です。しかし、どうしても公立高校への留学をしたいと考えている場合には、1年間の交換留学をするときのみ公立高校へ留学が可能です。2年以上留学をしたいと考えている場合には、公立高校へは留学ができないので、私立高校に留学することになります。

またアイルランドは私立高校の場合、学校の規模が比較的小さいところが多いです。全校生徒数が400~500人ほどで、1クラスが20人前後で授業を受けることが多くなっています。そのため、個別でサポートをしてくれることもあります。

アイルランド留学は高校生でもできます。私立高校は教育水準が高く、ヨーロッパのなかでも評価が高いので充実した留学経験を送ることができるはずです。

4.アイルランド留学で語学学校を選ぶポイント

アイルランド留学に大学生でいこうと考えている場合、語学学校にするか大学のコースにするか迷いませんか?語学学校と大学の違いをさまざまな点から説明します。

・語学学校

20人ほどの少人数で学ぶことができ、自分のレベルに合ったクラスに配属されます。授業時間が自由で、
学校によって半日だけだったり9時~15時までだったりします。さらにアクティビティーと呼ばれる課外活動の時間があり、さまざまな体験をすることができます。

・大学コース

基本的に授業は参加する形式で、教授に意見を求められたり質問をされたりするかたちです。またグループ活動もあり、グループでプレゼンをしたり意見交換をしたりすることがあります。課題が多く、レポートやエッセイなどを提出することが多いようです。

アイルランド留学で語学学校を選ぶポイント

5.まとめ

アイルランドは自然豊かな国で、フレンドリーな国民が多く穏やかな気候の国です。さらに治安もよく、ヨーロッパのなかでも留学しやすい国となっています。アイルランドでは勉強だけでなく観光や古い文化にも触れることができるため、有意義な留学生活が送れるはずです。

アイルランド留学は高校生からシニアまで幅広い世代の人ができるので、世代を問わず留学先としておすすめできます。留学先で迷っている場合は、アイルランドを検討してみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

40種類の緑と独特な魅力をもつエネルギッシュな国「アイルランド」

緑豊かな大自然があるアイルランドは、ケルト文化が色濃く残る国です。アイルランドの大学は世界最高レベルで、教育水準は非常に高いです。人口の40%が25歳未満の若者と、とてもフレッシュでエキサイティングな国でもあります。日本人が少ないので現地の方やヨーロッパの人とたくさん関われます。ヨーロッパに位置しながらも英語圏で、物価は他ヨーロッパ国に比べて安く、近隣ヨーロッパ旅行ができるところも魅力。

アイルランド留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら