英語を仕事にして働きたい!そのためにやるべきことと気を付けること | スマ留

英語を仕事にして働きたい!そのためにやるべきことと気を付けること

英語を仕事にして働きたい!そのためにやるべきことと気を付けること

英語を勉強している方もしていない方も、英語を使って仕事ができたらすてきだと考えたことはありませんか?英語は世界でもっともたくさんの人々に話されている言葉で、英語を扱うことができれば、よりたくさんの人々とコミュニケーションをとることができます。また、仕事の選択肢も増える可能性が高いです。

今回は英語を扱う仕事についての紹介や、英語を扱う仕事に就くためにはどんなことをしたらいいか、などについてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

1.英語のレベルによってできる仕事は違う

まずは、自分の英語力がどの程度なのかを、しっかりと把握することが重要です。自分のレベルに合った仕事を選ぶことが、英語を仕事にしていくための近道です。

まずは自分のレベルに合った仕事を選ぶことで、その仕事を通じて英語力が向上していき、どんどんレベルアップすることができるかもしれません。目標となるレベルを定め、キャリアアップすることもいいかもしれませんね。ご自身の英語力がどの程度なのかの判断は、次の章でだいたいおこなうことができます。ぜひ参考にしてみてください。

英語のレベルによってできる仕事は違う

2.英語で活躍できる仕事

英語を扱う仕事といっても、さまざまなものがあります。英語を扱う仕事をしたいけれど、英語力にそんなに自信がないという方も、自分のレベルに合った仕事を選ぶことができます。レベル別に仕事をいくつかご紹介しますので確認してみてください。

・初級レベル

このレベルは、英語を日常会話程度で話すことのできる方々に当てはまります。このレベルの方は外国人の方と簡単なコミュニケーションをとったり、質問に返答したりするなどの仕事は挑戦しやすいです。主には、外国人観光客の方がよく訪れる施設やお店のスタッフなどがあります。

・中級レベル

このレベルの方は、ネイティブの方とそつなく英語で意思疎通をとることができる方々に当てはまります。初級レベルのような日常会話程度ではなく、より複雑で長めの会話を理解できたり、それに的確で流ちょうな返事ができたりするレベルです。

このレベルの方は参考資料を用いて簡単な英文の書類の作成や事務作業、また外国人を相手にした営業などのビジネスアシスタントに挑戦しやすいです。このレベルの方は、はじめは簡単なレベルの仕事しか難しいかもしれませんが、英語力の向上次第では、ビジネスで滞りなく英語を扱うことのできるレベルまで上達する可能性もあります。

・上級レベル

このレベルの方はネイティブの方と違和感なくコミュニケーションをとったり、ネイティブの方と同等の英語力を持っていたりする方々に当てはまります。このレベルの方は英語を用いた上級レベルの書類の作成、外国人との英語でのミーティングや契約ができることが多いです。

また通訳や翻訳など、英語を対応する日本語に正確に訳したり、日本語を英語に訳したりする高度な職業にも挑戦しやすいです。

英語で活躍できる仕事

3.英語にかかわる仕事に就くために

英語を扱う仕事といっても、レベル別にさまざまな職種があることがわかりましたが、ではこういった仕事に就くためにはどういった努力をしていけばいいのでしょうか? 現在のみなさんの英語力がどの程度かで変わってきますが、まずは、何より基礎となる英語力を付けましょう。

この基礎となる英語力は、みなさんがどんな職種に就きたいかで変わってきます。英会話を主とする仕事に就きたい場合は英会話力を向上させなければなりませんし、英語を使ってなにかを書く仕事をしたい場合は書く力を向上させなければなりません。

基礎力が付いたら、仕事にチャレンジしましょう。英語力は実践で向上する部分もとても大きいです。このときのポイントとしては、先ほども触れたとおり自分のレベルを見極め、レベルに合った仕事をまず選び徐々にキャリアアップしていくことです。経験を積むことで目標に近づいていきやすくなります。

4.留学で英語力を高めよう

英語を扱う仕事をするためには、留学はとても有効な方法です。なぜなら、留学をすることにより「英語力」と「経験」の両方を得ることができるからです。日本にいるだけではなかなか英語力は向上しませんが、海外で英語漬けの日々を送れば英語力は上がりやすくなります。自分次第で英語力は確実に向上していけます。

また留学に行っていたという経験も重要です。留学は決して簡単に行けるものではありません。お金もかかりますし、日本での生活からいったん離れるという人生においてとても大きなものです。その経験は就職の際にも強みとしてアピールしていけることが多いです。留学経験を採用の際に評価してくれる企業もあります。

また、留学先でさまざまな経験をすることで新たな視点が生まれ、就きたい仕事に出会えるかもしれません。このように、留学には英語を仕事にする際のメリットになります。ぜひ留学を経験してみて、仕事にいかしていきましょう。

留学で英語力を高めよう

5.まとめ

ひとことに英語を扱う仕事といっても、さまざまなものがあります。また、ご自身の英語のレベルによっても就ける仕事や就けない仕事が変わってきます。それぞれのレベルにおいて挑戦しやすい仕事もさまざまです。英語を扱う仕事をされる場合は、まずご自身の英語力を自分でしっかり確認し、レベルに合ったものを選ぶことが重要です。

英語を扱う仕事に就くためには、なんといっても英語の基礎力が欠かせません。また、その基礎力はみなさんがそれぞれどういった仕事に就きたいかで変わってきます。会話をする仕事なら会話力の基礎、書く仕事なら書く力の基礎を付けていきましょう。

留学も大きなメリットです。留学することで英語力は上がりやすくなりますし、留学をしたという経験を評価してくれる企業もあるかもしれません。また留学中に得た経験が仕事への道しるべになるかもしれません。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら