マレーシアの留学ビザはどうやって取得する?条件や流れを解説! | スマ留

マレーシアの留学ビザはどうやって取得する?条件や流れを解説!

マレーシアの留学ビザはどうやって取得する?条件や流れを解説!

マレーシアは、東南アジアに位置しており日本人から人気の高い国です。代表的な理由として、物価が安いということが挙げられます。多国籍国家で、さまざまな人種・宗派の人々が暮らしており、たくさんの文化を1度に感じることができるでしょう。

マレーシアへの留学は時差も少なく、比較的近距離のため希望する留学生も多いでしょう。ただ、ビザについては複雑な部分も多いです。そのため、今回はマレーシア留学でのビザのことについて詳しく紹介します。マレーシア留学を考えている方は、ぜひビザについて学び留学準備に役立ててくださいね。

1.マレーシアのビザの種類

マレーシアには、全部で11種類ものビザがあります。ただ、マレーシア留学でのビザはこの中の一部です。ここですべてのビザを紹介することは難しいので、今回は留学にかかわるビザのみ紹介します。留学前にはぜひチェックしてみましょう。

・短期訪問ビザ

マレーシアでは90日以内の滞在で場合ビザの事前取得が不要です。ただ、現地の空港で短期留学ビザの申請が必要です。このビザは入国から90日有効なので、短期留学の方はこちらのビザを取得しましょう。このビザでは就労はできません。

・学生ビザ

留学期間が3ヶ月を超える場合は学生ビザの取得が必要です。この学生ビザは基本的に1年間の滞在が可能で、延長手続きをおこなえば最大で2年間滞在することができます。またこのビザには就労の許可も含まれており、週20時間以内であれば働くことができます。

・MM2Hビザ

こちらは「マレーシア・マイ・セカンドホーム」の頭文字を取ったもので、この中では最長期間のビザです。1度取得すれば、最長10年の滞在が可能です。留学生の中でも、長期留学やロングステイをしたい方におすすめといえます。また就労もパートタイマーであれば可能なため、ワーキングホリデーの際には取得しておくことがおすすめです。

マレーシアのビザの種類

2.マレーシアの留学ビザは条件があいまい

マレーシアの留学ビザは取得の条件があいまいです。これは、マレーシアの政府がビザの取得要件を高い頻度で変えていることが原因でしょう。ホームページに書いてある情報に矛盾があったり、前年と全く違っていたりと信用できる情報なのかからない場合が多いです。

他の国では政府の公式ホームページに最新のビザの情報が公開されている場合も多いですが、マレーシアはそれがありません。ホームページの情報だけで判断することは、あまりおすすめできないといえます。そのためビザの取得の際には、自分でやるより日本で通っている学校やエージェントを通して、マレーシア側に確認を取ってもらうことがもっとも確実です。

公式の発表がないのは、条件を状況に合わせてすぐ変えやすいようにするためかもしれません。留学の準備の際にははっきりしないため焦ってしまうかもしれませんが、うまく確実な情報を手に入れましょう。

マレーシアの留学ビザは条件があいまい

3.留学ビザ申請の基本的な流れ

それでは、マレーシア留学でのビザ申請の基本的な流れを見ていきましょう。まずはパスポートのページをすべてコピーしたものと、証明写真を現地で通う予定の学校に提出します。そのあと、学生ビザを管轄しているマレーシアの教育省からビザの承認レターが届くので、それを待ちましょう。

ビザの承認レターが届いたら、日本にあるマレーシア大使館でビザの申請をおこないましょう。その際に必要な書類は、ビザの承認レターの原本、パスポート原本とバスポートのコピー、証明写真、マレーシアへの航空券です。2、3日でビザが発行されます。

ただ、ビザが発行されても入国の際に審査官のチェックが入ります。これはマレーシアに限らずどこの国でも同じですが、このチェックに通って初めて入国できますので注意しましょう。

4.マレーシアの留学ビザ申請で気を付けること

マレーシア留学のビザ申請は、先ほども触れたとおり条件があいまいです。また種類がたくさんあるため、混乱してしまうおそれもあります。こういったビザの複雑さにより、申請すべきビザを間違えてしまわないようにすることが、もっとも気を付けるべきことです。

まず、学校から留学するか自分で留学するかで変わってきます。学校から留学する場合は自分でビザの申請をすることはなるべく避け、学校側にお願いしましょう。現地の語学学校やマレーシアの教育省とコンタクトを取ってもらうことができれば、間違いはなくなります。

また、留学エージェントに頼むことも1つの方法です。マレーシアは留学先としても人気が高まっているため、マレーシアを取りあつかう留学エージェントも増えてきました。マレーシアの複雑なビザ事情にも精通していることが多いので、きっとよいアドバイスや手助けをしてくれるでしょう。

マレーシアの留学ビザ申請で気を付けること

5.まとめ

マレーシアは留学先としても人気が高くなっています。ただビザの種類がたくさんあり、その条件もあいまいでとても混乱しやすいといえるでしょう。またマレーシア政府はビザに関する公式の発表をしておらず、さまざまなホームページを確認しても矛盾がある情報もあり、信用性にかけてしまいます。

マレーシア留学のビザ申請の基本的な流れは、必要書類を提出し、ビザ承認レターを受け取り、それを持って日本のマレーシア大使館に申請するというものです。それぞれの工程で必要書類は間違えないようにしましょう。またビザを取得しても、現地の審査官のチェックに通らないと入国できませんので入国時にも不備がないか注意しましょう。

マレーシア留学でのビザの申請の際には、申請方法や取得するビザを間違えてしまわないように注意することが大切です。学校から行く場合は学校に、自分で行く場合は留学エージェントに相談しましょう。アドバイスや手助けをしてもらうなど、信頼できる場所にお願いすることをおすすめします。

抜群のステイ環境!安心リーズナブルに多国籍交流・英語留学ができる国「マレーシア」

ロングステイ人気No.1のマレーシア。主に3つの民族が混在する多民族国家ですが、互いに尊重する国民性、東南アジアの中でも経済的にも豊かであることから治安も穏やかです。多民族文化らしく、外食でも様々な国の料理をリーズナブルに味わうことができるのも魅力の一つ。東南アジアの中心に位置するため、多くの国からのアクセスが良好で、様々な国から留学生や移民が集まっています。そのような土地柄のため、共通言語としての英語の能力はトップレベルで語学留学にも最適な環境。リーズナブルかつ住みやすい環境で、国際的な感覚を養うことができます。

マレーシア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら