フィリピン留学での食事は学校で3食とるのが便利!その理由とは? | スマ留

フィリピン留学での食事は学校で3食とるのが便利!その理由とは?

フィリピン留学での食事は学校で3食とるのが便利!その理由とは?

フィリピンの留学は、他国の留学とは違う大きな特徴があります。基本的に学校の寮に滞在し、3食の食事も含まれている場合が多数ということです!

この留学中の3食食事付きは大変便利なのですが、「いやいや、せっかく海外に行ったら自分で食事を選びたい」と考える場合もあるでしょう。そんなときは、食事をはずすことができる場合もあるので注目です。

フィリピンに留学をする場合、果たして食事をつけた方がよいのでしょうか?また、フィリピン留学でホームステイを選んだ場合の食事事情も確認していきます。

1.フィリピン留学は学校で食事がおすすめ

海外へ行く場合は、食事面の不安や期待は大きいものでしょう。もし旅行であれば、食事というのは旅のメインイベントの一つといっても過言ではありません。

では留学のときはどうでしょう?確かに美味しいものを食べることができれば、それに越したことはありません。しかし、自炊をする時間や外食の店を探す時間が、肝心の勉強時間を削ってしまったということになりかねないのも事実です。治安も日本と同じではありませんので、お店を探すエリアにも注意が必要となってきます。

衛生面でも日本と同じではありません。慣れない食事で体調をくずす可能性もでてきますので、冒険心より安心・安全が第一と考えるべきでしょう。

ではフィリピン留学の食事はどうすべきか?第一目的である英語の勉強という点を考えた場合、治安面でも安心でき、栄養面も考えられた学校での食事をおすすめします。

フィリピン留学は学校で食事がおすすめ

2.3食付きの学校がおすすめな理由

フィリビン留学の食事は学校で3食とることをおすすめする理由は、いくつかあります。以下にまとめて紹介します。

・食事を作ったり、お店を探す時間がかからない
・学校の敷地内にある寮は移動に時間がかからず、時間の節約になる
・学校の食事は栄養面も考えられていることがある
・外食と比べて費用がおさえられる

結果、第一目的である勉強に打ち込みやすくなりそうですね。

気になる学校の食事内容については、学校によってフィリピンのローカルフードや日本食、韓国料理など提供される学校もあります。留学する学校を決めるときには事前に確認してみるとよいでしょう。

また寮では部屋のタイプが選べたり、掃除や洗濯を無料で行ってもらえる場合もあります。留学先でもプライバシーを重視したい、仲間と近い距離でコミュケーションをとりたいなど、ニーズに合わせた環境を作れることは嬉しいですね。こういったことからも学校の寮は勉強に打ち込みやすい環境であるといえます。

ではホームステイを選択した場合はどうでしょうか?
基本的には朝と夕食は提供されますが、お昼ごはんは自分で食べなくてはなりません。外食をすると滞在の費用はどうしても割高になり、学校の敷地にある寮と比べると、交通費の発生や移動に時間も使ってしまいます。

3.ホームステイは伝えることが重要

せっかく海外に行くなら、現地の家で現地の生活を体験したい。そんな気持ちになるのも頷けます。もしあなたが、英語の勉強に重点をしぼらずに現地の生活体験も重要だと考え、ホームステイを選ぶ場合はどのような点に注意をすればいいのでしょうか?

実際、せっかくホームステイを開始しても、どうしても馴染めずに苦い思い出となってしまう場合があります。日本とフィリピンでは生活習慣や文化が全く違うのですから、合わせていくことはどちらにとっても大変なことです。

言わなくても察してもらえる、相手から確認をしてもらえるなどと期待しないことが重要です。まずは、「どうしてもらいたいのか」「なにが嫌なのか」をきちんと伝える必要があります。
例えば、食事面についても、アレルギーやどうしても苦手な食材、調味料などについても伝えることが必要です。

「これを食べたらアレルギーがでるかも……」などと不安を感じたり、苦手な食事が出てきたとき、ホームステイ先の食事は残しづらいと感じるかもしれません。しかしそんなときも、伝える勇気が必要となってきます。

フィリピンの留学でホームステイする際の食事は、そういったホストファミリーに対しての気遣いが必要となりますが、ホストファミリーも「快適に過ごしてほしい」と考えているはずです。ストレスをため込み過ぎないことが重要です。

ホームステイは伝えることが重要

4.食事だけじゃない!ホームステイを楽しむためには

ここまでの内容で、「生活習慣や文化の違いはわかったけど、フィリピンの人たちってどんな人なの?日本人に対してどんな印象をもっているんだろう?」と思われたかもしれません。

フィリピンの人たちは、他国の人たちの考え方を柔軟に受け入れる文化のため、日本人に対しても親切な人たちが多いといわれています。またフィリピンの人たちは、思ったことは口に出す、ストレートで感情豊かな国民性です。日本人の「多くは語らず察し合う」という特徴とは大きく異なります。まずはこういった特徴を理解しておくと、いざというときに焦らずに済むでしょう。

先ほど、食事の面で「しっかり伝える」という点を述べましたが、ホームステイ先ではもちろん、フィリピンの文化や生活習慣を尊重するということも必要です。

例えば水が豊富な日本と比べて、フィリピンでは水がとても貴重です。日本にいるときの感覚でシャワーや手洗い、食器洗いなどで水をだしっぱなしにするようなことはないよう、注意しましょう。また水道水は飲めませんので気をつけてくださいね。

日本では普通のことでも、フィリピンでは非常識という場合もあります。そういう場合は教えてほしいと伝えることも必要でしょう。尊重しあうことが、フィリピン留学でホームステイを楽しむポイントなのかもしれません。

5.まとめ

フィリピンの留学の食事は学校で3食とることをおすすめします。

・食事を作ったり、お店を探す時間がかからない
・学校の敷地内にある寮は移動に時間がかからず、時間の節約になる
・学校の食事は栄養面も考えられていることがある
・外食と比べて費用がおさえられる

これらのことから、フィリピン留学の第一目的である勉強に打ち込みやすくなります。
食事内容は学校によってフィリピンのローカルフードや、日本料理、韓国料理がメインの学校もあります。留学する学校を決めるときに一度チェックしてみましょう。

それでもフィリピン留学はホームステイがいい、フィリピンの一般家庭を体験したいという場合は、苦手なものなどしっかり伝える、文化を尊重することが重要です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

大小7100以上の島々からなる東南アジアの島国フィリピンは、島ごとにも特徴が異なります。国全体に美しいビーチリゾートが散在しており、高級リゾートから自然の美しさを生かしたトロピカルな雰囲気漂うリゾートまで様々。フィリピンは熱帯性気候のため、1年を通して暖かく、マリンスポーツなどリゾート気分を味わえるのも魅力の一つ。日本からも4時間の距離にありながら世界第3位の英語使用国のため、比較的気軽にリーズナブルに語学留学を学ぶことができます。

フィリピン留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料請求

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら