アメリカに留学するならホームステイをしよう!費用や留学成功のコツ | スマ留

アメリカに留学するならホームステイをしよう!費用や留学成功のコツ

アメリカに留学するならホームステイをしよう!費用や留学成功のコツ

アメリカはとても広い国でさまざまな地域に語学学校や観光地があります。そのため都市は違ってもアメリカという国に留学に行く方は多いでしょう。今回は、そんなアメリカ留学でホームステイをする際の注意点や費用について紹介します。

アメリカは人気な留学先ですが、そのぶんホームステイ先も人気のあるところからすぐ埋まってしまいますので、スピーディーかつ慎重に決めてよいホームステイ先を見つけたいものですね。

1.留学のホームステイ先は自分で決められる?

ホームステイ先は学校やエージェントに探してもらうこともできますが、その場合手数料をとられることも多いです。あまりお金を掛けたくない場合は、自分で探すことも検討してみましょう。自分で探す方法には以下のようなものがあります。

・ウェブサイトを利用する

留学生のために、ホームステイを受け入れている家庭をまとめているサイトがあります。こういったサイトではステイ先の情報や住所、外観、最寄り駅など事前に知っておきたい情報がたくさんのっていてとても有効です。

・友達、知り合いに紹介を受ける

ホストファミリーは、副業のように定期的に受け入れている家庭も多いです。アメリカの留学先でホームステイ経験のある友達や知り合いがいる場合は、その人に紹介してもらい受け入れてもらうことができるかもしれません。

ホームステイを経験した人のなかには、留学中にフェイスブックなどのSNSでホストファミリーとつながっている人もいます。友人や知り合いにそういった人がいる場合、連絡をとってもらうとスムーズにホームステイ先が決められるかもしれません。

留学のホームステイ先は自分で決められる?

2.アメリカ留学でホームステイするメリット・デメリット

アメリカ留学ではホームステイを選ばれるかたが多いですが、メリットとデメリットがそれぞれあります。いくつか紹介するので、参考にしてみてください。

【メリット】

・常にネイティブの英会話に触れることができる
ホームステイでは必然的に英語を話す機会は増えます。常に英語が飛び交う場所では、英語を話そう、学ぼうという姿勢を自然と身につけることができるでしょう。リスニング力の向上にもつながります。

・金銭的な負担が減る
ホームステイでは基本的に食事が出る場合が多いです。食費を大幅に浮かせられる上、何より現地の家庭料理が食べられることは貴重です。

また光熱費なども基本的には負担する必要がありません。全般的に生活費をおさえやすいことは魅力だといえます。

【デメリット】

・ホストファミリーやほかの留学生とうまくいかないことも
ホストファミリーはかならずしも親切とは限りません。ホームステイをビジネスとしてのみ考え、あまりよくしてくれない可能性もあります。具体的にはあまりコミュニケーションをとってくれない、食事を満足に作ってくれないなどです。

また何人かの留学生を同時に受け入れているホストファミリーもいます。この場合ほかの留学生と交流を持ったり、同じ部屋で生活することになったりする可能性もあるでしょう。その際にあまり親密になれなかったり、ライフスタイルが合わず自分のペースを崩されたりしてしまうようなことになってしまうと留学生活がつらいものになってしまいかねません。

またホストファミリーのなかには留学生のあいだにルールを設けている人たちもいます。ホームステイは集団生活なのである程度のルールは守る必要はあるでしょう。ただ自分の都合やライフスタイルと合わないものがあると負担になってしまったり、それが原因となってホストファミリーと関係が悪くなったりする可能性もあります。

人間関係はホームステイに限った問題ではないです。まずは仲良くなる姿勢を持ち積極的に話しかけてみましょう。お互いの都合を尊重し合いましょう。

またホームステイ先のルールも「楽しむこと」が重要です。基本的にホームステイや生活をよくするためにルールがある場合が多いので、積極的に楽しんでみて、負担ではなくなるように努力してみましょう。

3.アメリカ留学でのホームステイにかかる費用

ホームステイは費用がおさえやすいことは述べましたが、内訳はどの程度なのでしょうか?アメリカの場合、留学先が幅広いためそれぞれの地域を紹介します。

・ニューヨーク 約10~20万円
・ロサンゼルス 約5~20万円
・サンフランシスコ 約8~20万円
・ボストン 約2~20万円
・ハワイ 約6~15万円

内訳は 航空券代、学費、ホームステイ代、生活費です。アメリカだと大都市であるニューヨークがもっとも高くなる傾向にあります。

アメリカ留学の食事はホームステイにいるだけで費用をおさえやすくなりますし、航空券なども時期によってはかなり安くなる場合もあります。費用をおさえられるところはおさえていくことが大切です。

アメリカ留学でのホームステイにかかる費用

4.ホームステイにも種類があるって本当?

ひとことにアメリカ留学のホームステイといってもさまざまです。ホストファミリーの一覧がのっているホームページを見ても、それぞれのホストファミリーが違った条件を出していることがわかります。ホストファミリー選びにはその情報を比較して自分に合っていそうなところを選ぶことが重要です。

また食事の形態もさまざまです。食事を3食出してくれるところがあったり、昼食はなかったり、まったく出ないところもあるでしょう。食事は毎日とるものなのでどんな形態なのかは事前にしっかり確認する必要がありそうです。

5.アメリカ留学でのホームステイを成功させるためには

アメリカは日本と生活環境がまったく違います。アメリカ留学のホームステイ先でも戸惑うことがたくさんあるかもしれません。ただ、それも留学の醍醐味といえます。対策できるところは対策し、楽しめるところは楽しみましょう。

食文化や入浴文化は日本とは違い淡泊な部分もあり、家であまり料理を作らなかったり、バスタブに入浴したりしないこともあります。ホストファミリーは留学生を受け入れているわけですから、料理を作ってくれる場合も多いですが、希望通りにはいかないこともあります。

入浴もシャワーだけになる場合がほとんどです。ただ、バスタブを持っている家庭もあるのでお願いすればバスタブにお湯を張ってくれる可能性はあります。こちらは家のルールでホストファミリーだけ入浴できるなどのルールがある場合もあるので確認しましょう。

6.まとめ

アメリカ留学のホームステイ先は自分で選ぶこともできるので、自分にあった条件のところを探しましょう。またホームステイ自体にもメリットやデメリットがあるので、自分にホームステイがあっているかもよく確認しましょう。

アメリカのどこに留学するかによって費用は大幅に変わります。基本的には都会になればなるほど費用がかさむ可能性が高くなります。またホームステイにもさまざまな形態があり、どういった条件のホームステイ先を選ぶかでも費用が変わります。費用をおさえたい方はぜひ事前に確認してみましょう。

アメリカは日本と文化が違います。戸惑う部分もあるかもしれませんが、自国とは違う文化を楽しむことも留学の醍醐味です。楽しめるところは楽しんでアメリカ留学を充実したものにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0800-805-8388


お電話での受付時間は、11:00〜19:00

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら