カナダ留学ではビザの事前申請が必要?目的と期間で種類を使い分け! | スマ留

カナダ留学ではビザの事前申請が必要?目的と期間で種類を使い分け!

カナダ留学ではビザの事前申請が必要?目的と期間で種類を使い分け!

みなさんは、カナダ留学でビザを申請する際に、「どうやったら申請できるんだろう?」や「ビザの種類にはどんなものがあるんだろう?」とわからないことが多いと思います。そもそも、留学するのにビザが必要ないこともあるのです。

そこで、今回はカナダにおける「ビザの種類」や「ビザの切り替え」について紹介していきます。

1.ビザは申請する必要はない?

世界のほとんどの国は「国民の管理」「労働力保護」「治安維持」などのため、国内に入国する際「本当にこの人を入れていいか」という審査を行います。審査の結果許可が出れば「ビザ(査証)」が発行され、晴れて入国できることに。

留学の際にも、ビザ発行なしでは学校へ行くことができません。ただし日本国籍を持っている人が入国する場合、条件に合えばビザを事前に申請せずその場で発行することも可能になっています。それが「観光ビザ」を利用する方法です。

カナダに入国しようとする際「6か月以内の滞在」「帰りの航空券の所持」が確認できればビザの事前申請なしで入国が可能となります。観光目的で利用されることが多いため、便宜上「観光ビザ」と呼ばれています。

ただビザの代わりにeTAの事前申請が必要です。eTAとは、「Electronic Travel Authorization」の略で、飛行機で入国する際に必要な電子証明書です。日本語訳では、「電子渡航認証」といいます。また目的が短期留学の場合は「入学許可証」「コース登録証明書」が入国時に必要になります。
純粋に「観光目的」ならeTAと日本のパスポートがあれば、ほかは必要ありません。しかし「就学目的」であれば「学校に入学する許可証」または「学校のコース登録証」がなければ「学校へ行く保証」ができないため、入国書類とまとめて用意しておきましょう。

最後に、注意点を紹介していきます。

・長期留学の場合だと観光ビザは使えない

「観光ビザ」で滞在する場合、高校・大学の中には、「交換留学」や「大学交換プログラム」があり、そのほとんどが半年以内なのでいいのですが、それ以外の留学の場合では、半年以上の就学期間が必要なケースが多く長期留学には向きません。

・インターンシップはできない

他にも高校・大学の留学では実際にカナダでの仕事を体験する「インターンシップ」がセットになっていることがあります。しかし「観光ビザ」では仕事に就くとは禁止されているため、「インターンシップ」には参加できません。そのため「カナダで仕事を体験してみたい」といった方で、なおかつ「観光ビザ」で滞在している方は、注意してください。

・アルバイトができない

「観光ビザ」は仕事に就くことを禁止されているため、当然ながら、アルバイトもできません。
そのため、お金は留学前に準備しておく必要があります。この点もおいてください。

ビザは申請する必要はない?

2.学校にかようなら学生ビザを

では次に、「学校に長期で通うために、カナダ留学でビザを取りたい!」といった方のための方法を紹介します。それは、「学生ビザ」で在学する方法です。「学生ビザ」は、「高校・短大・専門学校・大学」などに、半年以上滞在したい方向けのビザです。

このビザの特徴として「語学学習を必要としない人が」カナダの高校・大学でカナダの授業を受けていれば、アルバイトなどの就労が認められていることは挙げられます。ただし条件にある通り「語学学習を必要とする人」は、アルバイトができないので注意してください。

また学生ビザであればインターンシップも可能です。そのため「カナダで仕事を体験してみたい」という方も利用しやすいビザといえます。

ちなみに、アルバイトやインターンシップをする場合、「学生ビザ」のほかに「就労許可証」が必要になります。これがないとアルバイトやインターンシップはすることができないので忘れないようにしましょう。

さらに「学生ビザ」は「学生ビザの延長申請」が必要になった際もカナダ国内で手続きが出来ます。そのため、ビザの延長をするために、わざわざ国外へ行く必要はないんです。この点は「学生ビザ」の強みのひとつといえるでしょう。

3.学生ビザ以外にも

では「学校に長期で通うために、カナダ留学でビザを取りたい!」といった方ではなく、「仕事をするために、カナダ留学でビザを取りたい!」といった方はどのようなビザを選べばいいのでしょうか。

一般的な国では国民の雇用を守るため、一部の専門的な職種を除き外国人の雇用を禁じています。しかし例外があり、「ワーキングホリデービザ」もそのひとつです。これは、カナダで1年間の間、「ゆっくりと休暇を過ごすことが本来の目的」とした人が対象であり、「アルバイトや社員」としても働けます。

注意点としては、「ワーキングホリデービザ」の延長ができないことと、取得は一生に一度きりだということです。そのため「いつ取得して、どうするか」を慎重に考えないといけません。またワーキングホリデービザには年齢制限があり、18~30歳までに限られます。

学生ビザ以外にも

4.途中での変更も?

では最後に、「カナダ入国時には観光ビザで入国したけど、滞在している現在は他のビザに変更したい!」といった方のために、カナダ留学中にビザを変更する方法を紹介します。

・観光ビザから学生ビザ

ビザの切り替えはビザを持っていないと、できません。そのため、「観光ビザ」から「学生ビザ」に切り替えたい場合は、「観光ビザ」がもともと、ビザを持っていない状態なので、いったん国外へ出国して、「学生ビザ」を申請する必要があります。この場合出国先は日本でなくても、たとえば隣国アメリカ合衆国でも構いません。

・観光ビザからワーキングホリデービザ

「ワーキングホリデービザ」は申請する条件として、「現在日本に住んでいる人」でないといけないため、カナダ滞在中の人は、「観光ビザ」から「ワーキングホリデービザ」に切り替えることはできません。

そのため、いったん日本に戻り、日本滞在中に「ワーキングホリデービザ」を申請をすれば、また、カナダに再入国して、滞在することができます。

5.まとめ

カナダ留学でビザを申請するには、目的に合わせて申請する種類を確認する必要があります。事前申請がなくても入国できる6か月以内限定の「観光ビザ」。就学目的で入国が認められる「学生ビザ」。そして、アルバイトや社員を目的としても入国できる「ワーキングホリデービザ」。この3つの方法です。

また観光ビザから学生ビザに切り替える方法などもあり、留学の状況に合わせて対応を変えることも難しくありません。留学のプロと相談し、自分にとってもっとも適した方法を選んでいきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら