アメリカ留学を安い費用で行くには!留学費用を抑えるコツをチェック | スマ留

アメリカ留学を安い費用で行くには!留学費用を抑えるコツをチェック

アメリカ留学を安い費用で行くには!留学費用を抑えるコツをチェック

アメリカ留学を安い金額にするには大きく2つあります。「学費」と「滞在費用」を抑えることです。「学費」や「滞在費用」のどちらも、1ヶ月で10万円以上かかります。そのため「学費」や「滞在費用」しだいで、アメリカ留学も格安で行くことができるんです。

そこで今回の記事では、アメリカ留学に安い値段で行くための方法を紹介していきます。

1.費用を抑えるには学校選びが大切

アメリカ留学に安い金額で行くためには学校選びが大切になります。まず学校ひとつとっても、学費が高い学校から安い学校まであります。学費の高い学校でも、授業の質が悪かったり、逆に安い学校でも授業の質がよくて高評価を受けている学校もあるのです。一概にはいえませんが、「学費は高ければいい」というわけではないのです。

安くて高品質な授業が受けられる学校は探せばいくらでもあります。しかし、授業内容以外のサービスがあまりよくないといったことも考えられます。授業はよくても、学校の施設が古いのは嫌だと感じる人もいるのではないでしょうか。

ほかには、実際に学校に通っている人の口コミも参考にしてみるのもいいかもしれません。実際に留学した経験者の生の声が分かると思います。

アメリカ留学を激安で行くのに重要なことは、優先順位をどこにするのかということです。留学にかかる費用をどこで抑えて、どこで使うかを見極めるのが、費用を抑えるポイントになります。学校選びをしっかりやれば、その分留学費用を抑えることにもつながりますよ。

費用を抑えるには学校選びが大切

2.お金がかかるのは滞在費用も

アメリカ留学でかかる費用は、学費だけではありません。滞在費用もそれなりにかかります。

実際の滞在先が思っていたのと違うと、予想との食い違いが生じるかもしれません。それに、数日の滞在ではなく、何か月、あるいは、半年ほど滞在するとなると滞在費用もばかになりません。長いと数年間留学することもあり得るので、滞在費用は少しでも抑えたいですよね。

つまり、滞在費用を少なくするのもアメリカ留学を安い金額に抑える1つの方法です。

みなさんはホームステイと寮を比べた場合、どっちのほうが安いと思いますか?おそらくですが、ほとんどの方が寮のほうが安いと考えるのではないでしょうか。じつは、寮よりもホームステイのほうが安いこともあるのです。

ホームステイを受け入れている家は都心から離れているケースが多く、寮は大学から徒歩何分といったところにあることが多いからです。通う大学自体が都会にあることが多いので、おのずと寮の家賃も高くなってしまいます。

しかし、寮の場合、部屋を「シングルルーム」か「シェアルーム」かで選択することができます。「シェアルーム」のほうが「シングルルーム」より安いので、部屋選びによっては、寮のほうが安くなることもあります。

そのため、「都会」ではなく「田舎」方面の滞在場所にして、「シングルルーム」ではなく「シェアルーム」にすると、寮でもうんと安く住むことができます。このようにすれば、アメリカ留学を格安にすることができるかもしれません。

ただし注意点として、「シェアルーム」にするとあまり自分だけの時間が持てないかもしれません。自分の部屋に戻っても、ルームシェアしている同居人と過ごす時間が増える可能性は高いでしょう。自分だけの時間がたくさんほしいという方には、「シェアルーム」はあまりおすすめしません。

3.留学先も確認を

留学において留学先をどこにするかはとても重要です。それはアメリカ留学でも例外ではありません。州によっては物価が変動しており、アメリカでの留学費用が高い地域もあるのです。

そこで、アメリカ留学を安い値段でいくために、アメリカの州を4つ紹介していきます。

・イリノイ州

イリノイ州はシカゴがある三大都市で、交通機関も整備されており、通勤面では困ることはないでしょう。生活費は1ヶ月で約11万円です。都会でありながら物価がニューヨークと比べて高くないのが特徴です。

・テキサス州

テキサス州では1ヶ月の生活費が約10万円となっており、物価も意外に安く済みます。IT企業が多く、将来はアメリカのIT企業で働きたいという方は情報を得ながら留学生活を送れるのではないでしょうか。

・カリフォルニア州

カリフォルニア州は西海岸辺りにあるので、心地よい風が吹いています。温暖な気候が留学にはちょうどいいかもしれません。1ヶ月の生活費は約10万円で、物価は大都市サンフランシスコと比べてもそれほど高くありません。

・コロラド州

コロラド州は外国人があまり来ないため、日本人も見かけることが少ないかもしれません。そのため、現地の人とコミュニケーションを自分からとっていきたいという方にはおすすめです。

1ヶ月の生活費は約8万円でと格安で済みます。しかし、日本語のサービスが他の州に比べて整っていないので、生活に慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。エージェントを利用して確認してみましょう。

4.費用を抑えるためにはほかにも

アメリカ留学に安い費用で行く方法はほかにもあります。アメリカ留学を早いうちに申し込んでおくと、割引があったり、サービスが少しばかりよくなっていたりといいことがあります。早期申込を上手に使って、アメリカ留学に格安で行ってみてはいかがでしょうか。

また、エージェントによってサービス内容が違ったり、費用が大きく違うことがあります。もし「自分で学校や滞在場所を選ぶのが面倒」だと思った場合、エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、エージェント独自のサービスがいつの間にか留学にかかる費用が増える原因になっているケースもあります。アメリカ留学で高い費用を余分に払うことになってしまうので、どんなサービスが留学プランに組み込まれているかエージェントに問い合わせて確認してみてください。

5.まとめ

この記事では、アメリカ留学が安い費用で行ける方法について紹介していきました。留学するときには学費や生活費、滞在費などが必要になります。アメリカでの留学費用を抑えるには、まず何にお金をかけるのか優先順位を決めましょう。

お金をかける優先順位を決めたら、実際の留学プランを立てていきます。自分に合った留学プランを作って、少しでも安くアメリカ留学を満喫してくださいね。

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0800-805-8388


お電話での受付時間は、11:00〜19:00

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら