海外の大学に進学するメリットをご紹介!グローバルな人材になろう | スマ留

海外の大学に進学するメリットをご紹介!グローバルな人材になろう

海外の大学に進学するメリットをご紹介!グローバルな人材になろう

今では、日本の大学ではなく海外の大学に進学したいという方も増えてきています。「グローバル」という言葉をよく聞くようになった昨今、日本を出て海外に身を置き、クローバルな人材になりたいと思う方も多いはずです。

今回は「海外の大学に進学することのメリット」を紹介します。海外の大学に進学することで、得られるものがたくさんあります。海外の大学進学を考えている方はぜひ読んでみてください。

1.海外の大学に進学するのは敷居が高い?

海外の大学に進学したいという方が日々増えてきています。海外の大学に進学することで、グローバル社会の中でもさらに視野を広げることができるためです。日本では経験することができないようなことを、海外の大学に進学することで経験することができます。

海外の大学に進学することを考える際に真っ先に考えることは「費用」ではないでしょうか。海外の大学は学費が高いというイメージがある方も多いでしょう。実際はどうなのでしょうか。

海外の大学の学費は日本と同様に、私立や公立もしくは国立によって違います。また、大学のレベルが高ければ高いほど学費も高くなる傾向があります。国によっても変わってくるため、学費には差があります。

海外の大学の学費は、日本の私立大学と同じくらいに抑えることもできます。また、返済不要の奨学金などが充実している大学もあるため、国や大学によっては日本で大学に進学するのと同じ費用で、進学することもできます。

進学するにあたって英語力を証明しなければならない大学もあれば、英語力に自信がない方でも入学することができる大学もあります。入学してから苦労することもあると思いますが、英語しか使わない環境に身を置くことで英語力が上達するはずです。

英語力に自信がない場合は、語学学校やコミュニティカレッジに入学して大学に編入するという方法もあります。コミュニティガレッジは、日本でいう専門学校のような場所です。

編入したほうが学費を抑えることができるかもしれませんが、希望する大学に編入することができるとは限りません。

海外の大学に進学するのは敷居が高い?

2.海外の大学に進学するメリットとは

海外の大学に進学するメリットを紹介します。海外の大学に進学すると、さまざまなことが身につくでしょう。

・グローバルな人材になれる

海外の大学に進学して英語力を上げることで、日常会話以上のレベルの内容を英語で話すことができるようになります。大学在学中は英語でコミュニケーションをとる必要があります。

大学となれば専門的な内容も英語で議論します。その過程で英語力は格段に上達します。そのため、将来は英語を使った仕事をすることができるでしょう。「いつか外資系企業で働いてみたい」という方にもおすすめです。

また、海外の大学には、さまざまな国の留学生が集まっています。ほかの国の留学生の価値観に触れることで視野が広がるでしょう。

・タフな人材になれる

海外の大学は卒業するまでが大変です。課題が多い大学がたくさんあります。日本のように留年する人は少なく、多くの大学が落第もしくは退学という形になる場合が多いため、卒業するまでは一筋縄ではいかないでしょう。

海外の大学を卒業するにはタフな精神が必要になります。また、異国で慣れない土地で生活することになるため、海外の大学を卒業したときは大きな自信になるはずです。

・海外の大学卒の資格を得ることができる

海外の大学を卒業することで日本の大学を卒業した人と差別化することができます。昔は海外の大卒者は日本の就職活動の時期と合わなかったため、不利になることがありました。しかし、現在はグローバル展開を視野に入れている企業は採用に積極的になっています。

海外の大学を卒業したという経験は、日本で就職活動をする際に有利になります。海外の大学で経験したことを積極的にアピールしましょう。

3.だけど治安には注意!

海外の大学を卒業するメリットを紹介しましたが、注意しなければならないことがあります。それは「治安」です。

日本が比較的安全な国ということもあり、海外は治安があまりよくないというイメージがあります。もちろん国や地域によっても異なりますが、留学先を選ぶ際は治安にも注意しなければなりません。

海外では危険な地域があることが多いです。貧困層が多く住んでいて窃盗といった軽犯罪が多発している場所もあります。そのため、そのような地域には近づかないことが大切です。不要な外出は避け、夜に一人で行動しないように気をつけましょう。

しかし、治安がよいといわれている国に行っても、窃盗や置き引きといった犯罪の被害にあうことは考えられます。貴重品は肌身離さず持ち歩きましょう。

だけど治安には注意!

4.安全な国を選ぶことが大切です

海外で治安のよい国を紹介します。海外の大学選びの際に参考にしてみてください。

・アイスランド

北ヨーロッパに位置する国で、世界で最も平和である国といわれています。公用語がアイスランド語なので英語を学ぶ環境は整っていないかもしれません。

・デンマーク

北ヨーロッパに位置する国で、国民の幸福度が高い国です。公用語はデンマーク語ですが、英語が通じることが多いようです。

・ニュージーランド

国内の犯罪率が低く、自然が多く治安が良い国です。英語が公用語なので、英語を勉強したいという方にはよい環境でしょう。

5.まとめ

今回は海外の大学に進学するメリットを紹介しました。海外の大学に進学する費用は日本の私立大学と同じくらいの大学もあります。大学のレベルや種類によっても違ってきます。

海外の大学に進学することで、海外生活を経験し、英語力が上達することでグローバルな人材になることが期待できるでしょう。これからの将来を見据えたときに海外の大学を卒業することは大きなメリットでしょう。

海外の大学を選ぶ際は治安も考えてください。海外は治安がよくないところもあるので、治安がよい国に行って、安心して勉強することができる環境を選びましょう。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら