アメリカ留学の準備をしよう!必要な荷物はなにか知ろう! | スマ留

アメリカ留学の準備をしよう!必要な荷物はなにか知ろう!

アメリカ留学の準備をしよう!必要な荷物はなにか知ろう!

アメリカに留学したいと思ったことはありませんか?留学の手続きなどを済ませて、アメリカ留学への準備をしよう!と思っても、すぐに必要なものを思い浮かべることは難しいですよね。海外ですから、パスポートやビザが必要であることはわかります。

海外へいってしまうので、もし忘れ物をした場合には、留学先に届くまでに時間やお金もかかってしまいます。また、飛行機での移動が多いため、持っていく荷物の重さや大きさにも限界があります。留学へいくときには、コンパクトにまとめてスーツケース1つでスムーズにいきたいですね。

アメリカ留学の準備をしっかりおこない、アメリカで国際交流を満喫しましょう。今回は留学へいくときに必要なもの、役に立つようなものをまとめました。ぜひ参考にしてください。

1.アメリカ留学の必需品

アメリカへ留学をする際に、持っていく必需品はいくつか種類があります。とくに重要なのは、パスポートです。海外では、パスポートがあなたの身分証明書となります。パスポートの取得はアメリカ留学への準備として、最初の段階です。紛失や盗難などの万一にそなえてコピーを準備するとよいでしょう。また、パスポートには期限があります。留学期間中に期限が切れてしまわないように注意しましょう。

アメリカ留学の場合にはビザも必要となります。ビザは期間や目的によって異なるため、それぞれにあったものを手に入れましょう。紛失や盗難などにそなえて、パスポートと同じようにコピーして持つことをおすすめします。

ほかにも、留学先の学校から送られてきた書類の中で、入学許可証は必需品となります。合格通知とともに送られてくるものであり、この書類がない場合には学生としてアメリカに入国できません。もし、事前に届いていない場合には、すぐに大学に連絡する必要があります。海外からの郵送ですので、時間がかかってしまいます。後回しにせず、届いていない場合は早めに発行の依頼をしましょう。

航空券も、もちろん必要となります。Eチケットの場合でも予約完了の画面を印刷して持っておきましょう。便名などもメモしておくとアナウンスがわかりやすくなります。

また、自身が持っているクレジットカードが、アメリカで使用できるかをきちんと確認をしておきましょう。カードを持っていない場合は、現金として日本円とアメリカドルを多めにきちんと確保しておきましょう。

アメリカへ留学する際は、どの大学でも海外留学保険証への加入が義務づけられています。しかし、アメリカの医療費は高額で、手続きも複雑で時間もかかります。まだ海外になれていない初めの頃は、英語の手続きで焦ってしまうこともあると思います。そのため、初めの期間だけでも日本の海外留学保険にも加入しておくことで、日本語でのスムーズな対応をうけることができて、とても便利ですよ。

アメリカ留学の必需品

2.使いなれたものは日本から

常備薬や化粧品など、直接肌に触れるものや体質にかかわるものや、使いなれたものは日本から持っていくことをおすすめします。アメリカで似たようなものを買うのもできますが、敏感な方は留学期間中に切れないように約1年分は準備し、少なくなったりしたら送ってもらいましょう。

直接肌に触れるものでも、多くの衣服を持っていくことはあまりおすすめできません。なぜならば、飛行機に乗る際に、重量や容量オーバーになってしまうことがあるからです。一週間程度の衣服を準備して、残りは現地で買うか、後で送ってもらうことをおすすめします。現地で買うことを考えた方が、アメリカ留学の準備に悩んでしまうよりも、新しい小さな楽しみとなり、留学への気持ちが高まるでしょう。

大学や語学学校へ留学される方は、ノートパソコンを使っての講義が多いため、使いなれているものがあれば持っていくことをおすすめします。また、携帯電話は日本から持っていくのがよいでしょう。その際、海外用のさまざまなプランがあるため、事前によく比較しておくといいですね。アメリカで契約するにはさまざまな条件があるため、日本から持ち込んだ方が早く、手になじんだものを使うことができます。

使いなれたものは日本から

3.意外と役に立つかもしれない

必需品以外にも、留学をする際にいがいと役に立つかもしれないものがいくつかあります。アメリカでは当然、英語での授業となり、教科書も会話も英語となります。ついていけなくなってしまったときのために、日本語で書かれた参考書を持っていくと役に立つかもしれません。

家電製品などはアメリカと日本では違うことが多くあります。とくにアメリカの洗濯機は、大きくて一度に洗う量が多くなり、服が傷むのが早くなってしまいます。今まで洗濯ネットを使用している方は持っていきましょう。

日本食は世界的なものになりましたが、日常的なわけではありません。マイ箸などを持っていくのも役に立つでしょう。また、爪切りはアメリカと日本では大きく違います。アメリカの爪切りは切れ味が悪く、切った爪を飛び散るカバーがなくて片付けが大変です。爪切りも日本から持っていくと便利ですね。

ほかにも、日本に海外の人が来たら、その国のことを聞きたくなるでしょう、それはアメリカの方も同じです。日本で書かれた日本のガイドブックを持っていくと、いろいろな話ができて役に立つでしょう。アメリカ留学への準備としては必須ではないものばかりですが、意外と役に立つことがあるかもしれません。もし、荷物に余裕があるようであれば、持っていってみてはいかがでしょうか。

4.荷物にも注意が必要

アメリカへ向かう際に航空会社によっては、預ける荷物の個数、重さや大きさに制限が定められています。許容量をオーバーした場合には、超過料金を支払うことになります。少しの量なら、機内に持ち込むこともできるようです。

荷物の個数制限があるとわかっていて、必要な荷物だけをまとめてみると、スーツケースに大きな隙間ができてしまい、これでいいのかと不安になるかもしれません。アメリカ留学の荷物は必要なものだけだと、いつも使っているバックだけで準備できることもあります。

足りなくなったものは、現地で買ってしまうこともできます。スーツケースは5~7泊程度の大きさで、十分に荷物をまとめることができますよ。大きくかさばる衣服に注意して準備することで、スムーズに荷物の用意ができるでしょう。

荷物にも注意が必要

5.まとめ

アメリカ留学の準備は、なにを準備したらいいのか、わからなくなってしまうこともあると思います。チェックリストなどを利用して、重要な書類を忘れてしまうことや、記入忘れがないように確認することが大切です。ほかにも、留学先から持参を依頼されたものがある場合は、忘れないように準備しておきましょう。

洋服などは、現地で調達することもできます。しかし、常備薬などの場合は現地で購入できないこともあるため、自分で用意しておくことが必要です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら