海外留学・格安留学ならスマ留

オーストラリア留学の準備をしよう!なにが必要か詳しく解説します!

オーストラリア留学の準備をしよう!なにが必要か詳しく解説します!

日本人にはもちろん、世界中から留学先として人気が高いオーストラリア。日本から向かいやすく、治安もいいといわれるオーストラリアへ留学したいと考える人はたくさんいます。

しかし「忙しくて時間がない」「初めてだから長いこと海外にいるのは不安」という人も多いのではないでしょうか。

ですがオーストラリアへの留学期間は、なにも長期間のものだけではありません。そこで本コラムではオーストラリアへの留学を「短期」でおこなうことをおすすめしたいと思います。

留学ってなんだか大変そう、どうしよう、と悩んでいる方の助けになることができればうれしいです。

1.オーストラリア留学を短期するメリット

オーストラリアへの留学を短期で済ませることのメリットはなんでしょうか。長期留学とはまったく異なるその特徴をご説明したいと思います。

費用が少なくて済む

海外留学というと、「留学費用がばかにならない……」と不安になる人が多いかもしれません。そこで短期留学であれば、無理のない額の必要費用で済ませることができます。

特に初めて海外に行く、初めて海外留学に行くというような方には最初のステップとしてあえて短期で行くこともおすすめです。
また、のちのち長期留学をしたいかたや海外に進学したいということかたにも短期留学はおすすめです。短期留学は、できるだけ予算に余裕を持たせておきながら、留学経験を積むことができるのはとても大きなことではないでしょうか。

仕事をしていても留学できる

留学はなにも大学生に限られたものではありません。社会に出て働いている人であってももちろん可能です。

「仕事しながら留学なんて行く余裕はない」と思う方が多いかもしれません。しかし、長期休暇や祝日、有給などを組み合わせて1週間も休みが取れれば、オーストラリアへの短期留学には十分です。最短で1週間からのプログラムがあるのが短期留学の強みです。「短期間でも海外で学びたい!」という気持ちさえあれば、だれでも留学するチャンスがあるのです。

国や地域の下見として使える

「将来オーストラリアに住もうと考えている」「オーストラリアの大学に進学したい」という方は、まずは短期留学がおすすめです。

大学の雰囲気はその地域をよく表しており、住民や物価、交通の便などについても短期で十分知ることができます。さまざまな地域に少しずつ留学してみるというやり方もあります。

オーストラリアへ留学を1年もすれば長期留学になり、地域のことも国のこともよく理解できるでしょう。

2.目的によって留学コースが変わる

留学といえば、多くの人が思い浮かべるのはその国の言語を学びにいく「語学留学」ではないでしょうか。

しかし留学にはさまざまな種類のものがあり、個人個人の目的によってその留学コースもさまざまです。オーストラリアへの短期留学を考える際は、自分がなんのために留学したいのか明確にしておきましょう。

語学留学

もっとも短期留学で人気なのは皆さんがよく知る「語学留学」です。1週間からのプランがあり、短期間で本場の英語に触れて勉強します。

オーストラリアでの留学は、短期であってもライティング・リスニング・リーディング・スピーキングのそれぞれで一人一人の英語レベルにあわせたクラス分けがされます。
そのため、「留学はしたいけど英語が苦手だからかなり不安……」という方でも安心して勉強することができるでしょう。

ワーキングホリデー

その土地で仕事をし、収入を得ながら生活をするタイプの留学です。もちろん学校で授業を受けることもできるので、短期間で生活の中で実践的な英語を身につけるにはぴったりでしょう。

また、必要な単位や授業が定められている語学留学とは違い、学校で成績を残すことが必ずしも条件にされているわけではないのもワーキングホリデーの特徴です。そのため、非常に柔軟かつ自由な留学生活を送ることができるのではないでしょうか。

インターンシップ留学

海外企業での仕事を経験することができるインターンシップ留学は、とても貴重な機会です。語学を学ぶことができるだけでなく、その国のリアルなビジネスの現場を体感することができ、自分の英語がどれだけ通用するかを試すこともできます。

将来的に海外で就職しようと考えている人や、レベルの高い英語を実践的に学んで能力をどんどん上げていきたいという人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3.物価にも注意しよう

オーストラリアの物価は基本的に日本より少し高い程度の水準となっていますが、とても広い土地を持つ国なので地域によって大きく異なっています。

オーストラリア留学を短期で考えている方は、しっかりと予算の計画を立てていくことをおすすめします。

シドニー

オーストラリアの最大の都市、シドニーは日本と比べてもなかなかの物価の高さを誇る場所です。特に土地がとても高く、家賃の平均額は東京を超えます。例としては、ワンルームマンションが月平均1,500ドル、日本円にすると約18万円です。

また、飲食店での外食費が高いのも特徴で、シドニーではマクドナルドも10ドル、日本円にすると1,200円近い値段がします。

ケアンズ

シドニーの30分の1ほどの人口を持つ小さめな都市ですが、サーフィンやダイビングなどが盛んであり、観光客にとても人気がある街です。

物価は、オーストラリアの中ではかなり低いほうではありますが、観光業に力を入れているため、土産品やレストランの価格が高めになっているようです。

タクシーなどの交通費は日本より安いくらいですが、どちらかというと田舎の街なので電車や地下鉄がなく、交通機関が不便に感じるかもしれません。

メルボルン

シドニーに次ぐオーストラリア第二の大都市が、メルボルンです。物価はシドニーと同じくらいで、家賃の高さは東京の中心部に近いといわれています。

いっぽう、肉や野菜といったような食料品は安い傾向があるため、比較的暮らしやすいかもしれません。

4.まとめ

オーストラリアへの留学を短期でおこなうメリットは、費用を抑えながら経験を積めること、時間がない社会人でも可能なこと、オーストラリアの雰囲気や生活の仕方などを下見できることなどがあります。

短期留学といってもさまざまで、英語を学びたいなら語学留学、働きながら勉強もしたいならワーキングホリデー、というように、自分にあった留学の仕方を選ぶことが大切です。

また、オーストラリアは物価が高めなので、どんな生活がしたいかや今の予算などによって留学先の都市をしっかり見定めましょう。

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら