海外留学・格安留学ならスマ留

看護留学の特徴とメリット!留学しやすい国はどこ?

看護留学の特徴とメリット!留学しやすい国はどこ?

日本でも外国人看護師を受け入れる流れが徐々にできつつあります。国内人口の減少とグローバル化の波には医療界といえども無縁ではいられません。そんななかで、看護留学によるキャリアアップを考えている人は時代の流れに敏感といえるでしょう。国内の医療現場で母国語が異なる人たちが一緒に働くといったケースが増えてきたときに、あなたが英語を話せて海外医療にも精通しているならば、貴重な戦力として求められる人材となります。

この記事では、看護留学を考えている人を対象に、留学のメリット、短期プランと長期プランの特徴、大学への入学と編入の違い、留学しやすい国などを紹介します。留学後は海外の新しい環境で仕事をスタートするのも魅力的ですし、日本に帰国してキャリアアップを目指すのもいいでしょう。看護留学は価値のある大きな挑戦といえます。

看護留学とは?留学の目的


そもそも看護留学とは、どういったものなのかを最初に確認しておきましょう。看護留学は目的別に大きく3つに分けることができます。

まず1つ目は、日本で看護師の資格を取得している人が、海外で働くために留学をするケースです。国ごとに看護師資格の内容が異なり、日本やアメリカのように試験を受けて合格した人が資格を得られる国もあれば、イギリスやオーストラリアのように国が定めた規定のプログラムを修了することで認定される国もあります。そのため、留学をする国ごとにどういった準備が必要なのかしっかりと調べなければなりません。

日本の看護師資格を持っている場合、オーストラリアでは英語力を判断する試験で規定以上の成績を残し、その後、日本の教育システムとの違いを補完するための「看護師登録ブリッジングプログラム」を修了すると、現地の看護師資格の基準が満たされます。ただ、オーストラリアは大学を卒業した人が得られる学士号を重視しており、日本の看護師資格を持っている人でも専門学校や短期大学で看護を学んだ場合には、現地の大学へ編入しなければならないので注意が必要です。

留学をする2つ目の目的は、海外で初めて看護師資格を取得するための留学です。これは日本で看護師の資格を取得せずに、直接海外の大学に入学し勉強を始めるものですが、ハードルはかなり高いといわざるを得ません。現地での語学力に相当自信があるならば別ですが、看護の勉強以前に語学力の面で苦労することになります。日本で看護師資格を取得してから海外留学を考えたほうが資格取得の期間は短縮できるかもしれません。

最後に3つ目の目的ですが、日本で看護師と働いている人が医療英語を学ぶために留学するケースです。これは海外で働きたいというよりは、日本国内で働くために医療英語の知識を身につけておきたいということでしょう。集中的に勉強するならば医療英語コースが整備されている語学学校がおすすめです。医療現場で使用される言葉には特殊なものが多いため、専門コースでしっかりと学んだ方が効率的といえます。その他には、ワーキングホリデーを上手に使って経験を積む方法もあります。医療現場で働いて報酬をもらいながら、英語の勉強もできるというのはお得です。

海外で看護を学ぶ意味は何?


看護留学は自分の目的に合った留学コースを選ぶべきですが、海外で看護を学ぶ意味はどのあたりにあるのでしょうか。それは、留学を終えてからそのまま現地で看護師として働き始めるのか、それともいったん帰国して日本国内で働き始めるのかによって変わってきます。

海外で働きたいと希望する人の多くは、日本と比べて労働環境や待遇がいい国を選択するために留学を活かそうとしています。日本の病院は看護師不足を抱えているところが少なくありません。そのため、1人の看護師の業務は相対的に多くなり、病院によってはサービス残業を余儀なくされることもあるでしょう。日本での勤務経験がなくても、先輩看護師の話やメディアの特集などで医療現場の実情にふれて、海外のよりいい環境で働きたいと考えるのも選択肢の1つです。また、海外では医師と看護師が対等に接しており、看護師も自分の意見をはっきりと伝えようとする傾向が強いです。こういった情報も、日本の看護師が海外の病院に目を向けるきっかけとなっているのかもしれません。

その一方で、留学で学んだことを日本の職場で活かしたいと考える人もいます。それは、外国人看護師と一緒に働くことだけが目的ではないでしょう。海外から日本の高度な医療サービスを求めてやってくる医療ツーリズムも盛んになっていますし、外資系の医療メーカーなどでクリニカルスペシャリストと呼ばれる技術営業職として働くといった選択肢もあります。海外の医療現場で働いた経験と語学力はキャリアアップに不可欠な要素になります。

その他にも、海外留学を通して自分の視野を広げたいと考える人もいるでしょう。看護師の資格と実務経験を持っていれば、他の仕事と比べて帰国した後でも再就職先を見つけやすいという傾向があります。人生のターニングポイントを自分で定め、海外留学を決断するというのも説得力のある理由です。

看護留学において不安に思いがちなこと


看護留学への関心が高くても、やはり留学は誰もが行うものではないので、心配や不安があるかもしれません。そこで、看護留学生が不安に思うようなことと、どのような備えをしておけばいいのかをまとめていきます。

まず、語学に自信がないと考えている人は多いです。大学受験で詰め込んだ英語力も試験が終われば抜け落ちてしまいます。日本で生活している限りは外国人とまともに話をすることもほとんどないのですから、留学先で現地の人たちとコミュニケーションが取れるのか、はたして講義についていけるのかというのは大問題でしょう。この語学力の上達が、看護留学においても最も重要な柱の1つとなるのは間違いありません。留学前に準備できることといえば、短期の語学留学で集中的に英語を勉強したり、自己学習でレベルを底上げてしておいたりと、できるだけ早く英語の勉強を始めることでしょう。

また、語学学校を選ぶときには過去の実績についてしっかりと質問し、医療英語のコースがある学校にするなど事前のリサーチを徹底してください。語学の勉強というのは始めてすぐに伸びるわけではありません。上達に過度な期待はせず、十分な期間と費用を見積もって語学学校やその後のプランを組み立てることをおすすめします。

他の心配事としては、海外で看護師として働くまでにどのくらいの期間が必要となるのかわからない、ということもあるでしょう。留学先がどこの国でも、ある一定の語学力がなければ話になりません。現在の自分の語学力を試験などできちんと把握することが大事です。その後は、自分の目的に合わせた留学プランを専門のエージェントに相談してみましょう。あれこれ悩んでいるよりも、明らかになるところからどんどん片付けていく姿勢が大事です。

また、留学中に仕事のブランクが空くことや、海外で看護師としての働き口があるのかどうかについても心配です。しかし、こういったことを心配しすぎると、数年先の景気や社会状況まで考えなければならなくなります。留学とその後の就職のプランをしっかりと組み立てることは大事ですが、心配や不安はある程度のところで区切りをつけて実際的な準備を進めていきましょう。

日本の看護師がアメリカで看護資格を取るには?


海外で看護師として働きたい人にとってアメリカは選択肢の1つとなります。日本の看護師がアメリカで働くための資格を取得するには、2種類の試験に合格しなければなりません。

まず1つ目はCGFNS(外国看護学校卒業生審議会)の試験です。これは外国で教育を受けた看護師は全員受けなければならず、アメリカで必要とされる知識や臨床経験を持っているのかどうかについてチェックされます。あわせて英語の試験もあるので、語学力も規定の水準を満たさなければなりません。

2つ目にクリアしなければならないのは、NCSBN(アメリカ看護師委員会)が作成するNCLEX-RNです。これは日本の看護師国家試験に相当します。まずは規定の英語スキルを習得していることを証明してATT(Authorization to Test)を取得しなければ、NCLEX-RNの受験資格が得られません。CGFNS、NCLEX-RNともに、高いレベルの英語力が求められることは同じです。このNCLEX-RNは州によって受験条件が多少異なるので注意しましょう。どの州で試験を受けるのかによって、各州のBoard of Nursing(看護協会)でしっかりと確認する必要があります。

アメリカは2010年以降の不景気に伴い、移民受け入れに対して消極的になっていた時期もありました。看護師の資格を取得してもグリーンカードが出ないこともあり、それどころかカリフォルニア州においてはATT取得に必要なソーシャル・セキュリティー・ナンバーの取得すら難しくなったため、看護留学生はNCLEX-RNの受験が困難となりました。このような厳しい状況は改善されていますが、カリフォルニアでNCLEX-RNを受験するためにはソーシャル・セキュリティー・ナンバーの取得が必須なので、同じような状況が再び訪れないとも限りません。アメリカでは、国家試験の受験資格さえも経済動向や移民問題が絡んでくる可能性があると覚えておきましょう。

看護留学におすすめなのはオーストラリア


オーストラリアは看護師不足ということもあって、外国籍の看護師でも優秀な人材を積極的に受け入れる姿勢をとっています。留学生はいくつかの選択肢の中から目的に応じた留学プランを選べますし、留学の過程が終了した後においてもインターンへの参加が容易で、仕事も見つけやすいなど日本人の看護留学におすすめの国といえます。

オーストラリアへの看護留学は大きく分けて2種類が考えられます。その1つ目は、ワーキングホリデーを上手に使って、医療の職場でインターンシップを行うことです。代表的な例としては、看護助手として働くことのできる「アシスタントナース有給インターンシップ」というものがあります。本格的な看護留学を考えている人も、実際の医療現場がどういったものなのかを短期間体験するにはいいでしょう。なによりも労働に対する給料がもらえて、現地の生活が体験できるのは大きなメリットです。

2つ目の目的としては、オーストラリアの看護師資格を取得することです。日本で看護師資格を保持していない人の場合は、オーストラリアの大学に入学することになります。また、日本の専門学校や短期大学を卒業して看護師資格を持っている人は、現地の大学へ編入して足りていない単位を取ることになるでしょう。卒業後10年以上が経過している場合には、編入審査の際に日本で取得した単位が認められず、編入ではなく1年次からやり直さなければならないことも考えられるので注意が必要です。

日本で4年制の大学を卒業して看護師資格を保持している人は、現地の大学に入り直す必要はありません。英語試験の結果によって規定の語学力があると証明し、日本とオーストラリアの看護教育におけるギャップなどを補う「看護師登録ブリッジングプログラム」を修了すれば、看護師として働き始めることが可能になります。ただ、求められる英語力は相当にレベルが高く、語学学校で集中的に学ばない限り合格は難しいかもしれません。

オーストラリアの看護師就労事情


留学におすすめの国であるオーストラリアですが、看護師として働き始めた場合に賃金や待遇などはどうなのでしょうか。現地の就労事情について解説します。

オーストラリアでは看護師の初任給が50万円ほどと、日本よりも給与が高いことが知られています。最低賃金が高く設定されているのは現地のあらゆる職業にいえることなので、看護師の高い給与についても一時的なものではありません。ただ、日本よりも物価が高く生活費もそれなりにかかることから、高収入なのは間違いないですが額面ほどの生活はできないかもしれません。

仕事の中身についてですが、オーストラリアでは基本的に残業がありません。そのため、仕事を続けながら子育てや家事を行うといったライフワークバランスがとりやすい環境にあるといえます。日本では残業が多く、仕事と生活のバランスを整えるどころか過労になるケースも少なくありませんが、オーストラリアでは分業制を採用しているため本来の業務に集中することができるのです。

ちなみに、オーストラリアの分業制とはどういったものかというと、看護師資格がなくても行える雑務については看護助手が行うといったワークシェアリングが徹底されています。仕事量を分けているため、看護師1人が行わなければならない業務が単純に減るのです。さらには、看護師の間でも採血や検査など専門性の比較的高い業務については担当が決まっています。これは日本の感覚で分担が決まっているというものではなく、担当の人しかその業務にはふれられないといった厳格な分業制が行われています。このように分業制を徹底することで、看護師は薬剤投与や採血、記録などの責任ある業務に集中できるのです。

看護留学で立ちはだかるのが英語力


看護留学生の多くが最も苦労するのが英語です。留学を決意するくらいですから、外国の看護について学ぶことや、これまでとは違う環境に身を置くことは覚悟のうえでしょう。しかし、求められる英語力が高いために、なかなか語学学校を卒業できないという人は少なくありません。

海外で看護師資格を取得するためにも、あるいはインターンシップを利用して働き始めるにも、基礎的な英語力がないとコミュニケーションすら取れないことになります。多少会話ができる程度の英語力があったとしても、医療現場に意思の疎通がしっかりできない人を雇い入れて医療ミスにでもなれば病院の責任になるのです。いずれにしても高い英語力が求められることは確実となります。

海外の大学や医療関連の審査会・委員会で求められるのは、世界的に通用する英語力判断テストの結果です。テストにはいくつか種類があるためしっかりと確認しておきましょう。

留学や移住のために必要となる代表的な英語力テストは「IELTS(アイエルツ)」です。アメリカやオーストラリアでも一般的に使用されており、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの総合的な英語力が試されます。外国で医療の仕事に就きたい人を対象にしたテストとしては「OET(The Occupational English Test)」があります。OETは、医師や看護師だけでなく歯科医や獣医師、栄養士など医療関連の12職種に対応しているテストです。また、海外の大学に通うのであれば、日本でも一般的となったTOEFLの成績も必要になります。目安となる英語力は、IELTSが7.0以上、OETがB以上、TOEFLが600点以上ほしいところです。日本国内で一般的なTOEICの場合は875点以上必要となるでしょう。

日本人はリーディングやライティングの英語力は比較的高く、リスニングとスピーキングは苦手分野といわれています。留学あるいは看護師資格の取得には、これらすべての能力で高いレベルが必要です。英語の勉強に関してはできるだけ早く始めておくことをおすすめします。

英語力に自信がない人は語学の勉強から始めよう


留学やその後の看護師資格取得、そして海外で働き始めるためにも、高いレベルの英語力は必要となります。ただ、語学というのは勉強を始めてすぐに成果が出るものではありません。まずは自分の語学力をテストなどでしっかりと把握し、日本にいるときから本格的に勉強をしておくことをおすすめします。

語学学校へすぐに通い始めるというのも1つの方法です。費用面での心配があるならば、まずは短期の語学留学をしてみるのもいいかもしれません。学校に通いながら海外生活を体験してみることで、自分の英語力や現地での適応力などを知ることができます。

短期の語学留学では「スマ留(スマートな留学)」が人気となっており、語学学校の空き時間や空きスペースを活用することで費用を半額程度にまで抑えています。長期休みなどを利用して短期の留学体験をするのにとてもメリットがあるサービスです。料金体系がとてもシンプルでわかりやすいこと、オンラインで手軽に申し込みを済ませることができることなども人気の理由でしょう。⇒不自然なので消してしまって大丈夫です。

日本国内で個人学習を中心に語学力を高めるのもいいです。必要に応じて英会話学校やオンライン英会話などを利用して、英語を使う機会を増やすことも可能です。ただ、海外生活を体験することはできませんし、英語を使う場所も自分で作り出さなければなりません。費用、期間、そして効果を秤にかけながら最適な方法を選びましょう。

留学において看護の勉強と語学の勉強を両立するのは想像以上に難易度が高いものです。そのうえ、簡単なコミュニケーションも取れないとなればストレスに耐えきれないかもしれません。自分の語学力に自信をなくしてしまったら、積極的に会話をしようとは思わないでしょう。そうなればますます語学の習得も遅れてしまいます。こういった悪循環を防ぐためにも、語学の勉強はできるだけ早く始めておきましょう。

ある程度語学力がついてきたと実感したならば、海外のボランティアプログラムに参加してみるといいかもしれません。老人ホームや障害者施設などを中心にボランティアをしながら、現地の語学学校に通うという方法もあるでしょう。ボランティアならばインターンシップほどの語学力は求められませんし、なによりも海外での生活に慣れることのメリットは大きいです。現地で友人や知人ができたならば海外生活の不安も軽減されるでしょう。

ワーキングホリデーで英語を学んでから看護助手として働く


日本で看護師資格を持っているならば、ワーキングホリデーで看護助手として働きながら英語の勉強をするといった方法があります。専門の留学エージェントに相談するといくつかの留学プランを提供してくれるでしょう。この場合、それほど高い英語力は求められないので、ゆくゆくは海外で看護師資格を取りたいと考えている人にもおすすめです。

これらのワーキングホリデーにはオーストラリアでのインターンシップ・プログラムが多く含まれます。それだけ同国が看護の人材を欲しているということです。「アシスタントナース有給インターンシップ」というものが代表例で、現地の病院や介護施設で実際に働くことができます。平均月収は30万円から40万円と十分に給料で生活を送ることができます。ただ、就学可能期間は4カ月以内と制限されており、その4カ月の間に看護の現場で通用する英語を習得しなければなりません。

たった4カ月間で英語を高いレベルに引き上げることは難しいので、このプログラムに参加するまでにどれだけの語学力を身につけられるかが勝負になってくるでしょう。自主学習や語学学校での集中的なトレーニングなどを重ねて、自分の英語力が実際の職場でどの程度通用するのかを試してみてください。留学エージェントでは、このインターンシップ期間にも通うことのできる語学学校の手配なども行ってくれるので、必要に応じて積極的に活用しましょう。

看護師の資格がない人は海外の大学へ進学


日本で看護師資格を持っていない人が看護留学をする場合、海外の大学へ進学することになります。看護学部で海外の医療・看護について学ぶことになるわけですから、その分野での知識は必要ありません。しかし、大学に入学するためには高校時代の成績や規定の語学力は必須となります。

たとえば、オーストラリアの場合、IELTSが6.5以下の人は、まず語学学校に通いながら規定のレベルに達するまで英語学習に集中しなければなりません。もともとの英語力にもよりますが、半年から1年半ほど語学学校に通う人が多いです。IELTS6.5以上の成績を取れたならば、今度は「ファウンデーションコース」と呼ばれる大学準備コースに1年間通います。ここでは大学で必要とされるアカデミック英語や数学などを学び、スムーズに大学の講義に入っていけるようなトレーニングを受けるのです。

これでやっと大学に進学することが可能となります。オーストラリアで正看護師として看護師資格を得るためには、看護学の学士号が必要です。大学で学士号を取るための学士課程は3年間。ファウンデーションコースと合計すれば丸4年間かけて学士号を取得し、卒業することになります。オーストラリアの看護協会に登録を行えば、晴れて看護師としての第1歩を踏み出すことができるわけですが、新卒者は実務経験がないため、「New Graduate Program」という新卒者プログラムに1年間参加することにより就職先を選べるようになるといわれています。いずれにしろ、とても長い道のりです。

ただし、これだけ長い期間、看護留学のために費やしてきた人にはいいこともあります。オーストラリアでは2年以上高等教育を受けると、就労ビザや永住権を取得していなくても働くことができるのです。そのため、大学在学中から賃金が高い同国でアルバイトを始められ、学費や生活の足しにすることができます。さらに、新卒者プログラムの参加も就職に有利に働くことが知られており、卒業後に卒業ビザを取って働き始めることで永住権の取得も見えてきます。

看護師資格がある人は海外の大学に編入できる


日本の看護師資格を取得している人は、IELTS7.0以上の英語力があることを証明し、「看護師登録ブリッジングプログラム」を修了すれば、オーストラリアでの看護師資格が認められます。ただ、気をつけなければならないのは、オーストラリアの看護師資格には大学の学士号が不可欠という点です。つまり、日本の専門学校や短期大学で勉強して看護師資格を取得した人にはこの学士号がないため、オーストラリアで大学に入学あるいは編入する必要が出てきます。

大抵の場合には大学への編入ができます。ただ、日本の専門学校や短期大学を卒業して10年以上が経っているときには、日本の単位が古いためにオーストラリアで認められず、編入審査をパスできないといった事例もあるので注意しましょう。大学への編入は入学して1年次から勉強を始めるのに比べれば大きなショートカットですが、すでに日本で看護師として働いていたのにもう一度大学に通わなければならないのかと考えれば重い負担といえます。

大学への編入が認められれば1年から2年で卒業となりますが、この後で卒業ビザの問題が起きることがあります。オーストラリアには卒業ビザといって、卒業後に18カ月間の滞在が認められる制度があります。その期間は学校に通うこともできますし、フルタイムで働くことも可能です。しかし、この卒業ビザの取得には、職業に関連する2年以上の高等教育を修了していなければならないという条件があります。オーストラリアの大学の看護学部は3年間で卒業なので、1年次から勉強を始めて卒業すればこの条件は満たされますが、編入生の場合だと期間が足りなくなる人が出てくるのです。大学卒業後に卒業ビザが取得できないと就職に有利な新卒者プログラムへの参加も難しくなりますし、就職活動を行うための十分な期間も得られません。大学在学期間を2年間とする編入コースもあるので、卒業後の目的などに応じた留学プランを選びましょう。

看護留学を成功させるためにはエージェント選びが大切


看護留学は目的別にしっかりとプランを練る必要があります。そのためには専門のエージェントの存在が欠かせません。エージェントは各国に支部を設けて、語学学校や大学、病院や介護施設、学生の面倒を見てくれるホストファミリーなどとも関係を保ちながら、留学全般にわたってサポートしてくれます。エージェント選びを失敗してしまうと、日本で聞いていた話と違ったり、後になってずいぶん費用が高かったと気づいたりといった被害を受ける可能性があるので注意しましょう。

そもそも、留学は国や州によって制度や難易度が変わります。アメリカやイギリスでの外国籍の看護師受け入れが厳しくなっているといった情報なども、専門のエージェントでなければ入手することは困難でしょう。留学エージェントの善し悪しをしっかりと見極めるためにも、看護留学の実績があるエージェントを選ぶのがポイントになります。

看護留学に力を入れているエージェントは、ホームページに看護留学専用のページを設けていることも多いです。カウンセリングの予約をして、実際に話を聞きにいくと良いかと思います。ホームページに掲載している留学プランや体験談なども参考になります。国別に豊富な留学プログラムが提供されているか、他のエージェントと比べて費用が適切か、体験談は本当に本人が書いたような説得力があるのかなど、ホームページの情報だけでもある程度評価を決められます。

せっかくの海外留学を無駄にしないためにも、疑問や不明な点があればどんどん質問していきましょう。それぞれの質問にしっかりと答えてくれるかどうかも、エージェントを判断するいい材料になります。また、留学中や留学後のサポート体制は信頼できるかというのも大事です。支部がどこにあって、常時何人くらいの人が自分のサポートを行ってくれていて、困ったことがあった場合にはどのように連絡を取ればいいのかなど明確にしておきましょう。

国際社会で活躍したい看護師は留学を検討してみよう


これまで見てきたように、看護留学は簡単な道のりではありません。オーストラリアでは語学の習得のために半年から1年半、大学進学準備のために1年間、新入生からスタートして卒業まで3年間、大学編入が可能ならば卒業に1年間から2年間、それでやっと看護師資格が取得できます。ここまでの期間を費やすだけの価値があるのかどうかをしっかりと考える必要があるでしょう。

外国で看護師になると、給与が高いことや労働環境に恵まれているといったメリットが確かにあります。また、日本を飛び出して国際社会で活躍したいと考えている人にとっては、日本で看護師として働いていた経験は大きなアドバンテージとなるでしょう。留学によって海外の看護師資格も取得すれば人生の選択肢が大幅に広がります。

留学体験談を読むと、看護留学は決して簡単ではないが努力次第で道は開けるということがわかってくるでしょう。成功者となるためには、大きな挑戦へと足を踏み出す勇気が求められます。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら