親子留学のメリットとは?成功のポイントとプラン例 | スマ留

親子留学のメリットとは?成功のポイントとプラン例

親子留学のメリットとは?成功のポイントとプラン例

語学留学は、学生だけのものではありません。小さな子どもがいる人でも子どもと一緒に留学できる「親子留学」が注目されています。

親子留学は、子どもに早期から英語を学習させることができ、親も語学学校などに通ってしっかりと英語を学ぶことができます。しかも、語学を学ぶだけでなく他国の文化を知ることができ、観光も楽しみながら過ごすことができるでしょう。

今回は、親子留学を考えている保護者を対象に、親子留学の特徴やメリット、成功のポイントなどを詳しく紹介します。

親子留学とは?滞在先も留学先もいろいろ


親子留学は、その名の通り「親子で留学する」ことです。主に英語を学ぶのは子どもがメインとなりますが、その留学に付き添う親も、一緒に英語が学べるというメリットがあります。親子留学の目的はさまざまありますが、子どもに幼いころから英語を学ばせたり、海外の文化を経験させたりすることが可能です。

また、親にとっても、子どもがいるからといって語学留学を諦める必要はありません。親子で留学をすることにより、たとえ短い期間であってもネイティブな英語と触れることができ、親子にとって貴重な経験となるでしょう。基本的に、親子留学には年齢条件はありません。しかし、親子留学の多くが、子どもは現地の「幼稚園」や「小学校」に通い、その間に親は「語学学校」や「専門学校」などに通うパターンが多いでしょう。そのため、子どもの年齢は10歳以下が平均的のようです。

親子留学の期間は、1週間の短期留学から、1年程度の長期留学までさまざまです。特に、1週間~3カ月の短期親子留学は、春休みや夏休みといった長期休暇を利用できるため人気があります。休みを利用して海外旅行へ行くなら、語学を習得するために親子留学を検討しても良いでしょう。

親にも子どもにも良いこといろいろ!親子留学のメリット


親子留学のメリットは、主に次のようなことが挙げられます。まずは「子どもの英語教育や情操教育に役立つ」ということです。赤ちゃんが自然と言葉を覚えていくように、子どもの言語習得能力は非常に高いものがあります。海外生活を短期間過ごすだけでも、子どもは英語をしっかりと学ぶことができ、他国における生活を経験することは、子どもの情操教育に役立てることができるでしょう。

そして、「自然豊かな環境でのびのびと教育できること」も大きなメリットです。留学先によっては、ビーチリゾートといった自然豊かな場所もあります。大自然に囲まれて遊びながら英語を学べるのは、語学だけでなく、子どもの心身の成長にもつなげることができるでしょう。さらに、親子留学では「子どもの成長を留学先で見守ること」ができます。学生になってからの留学は親の目に届かないことも多く、何かと心配なこともあるでしょう。その点、親子留学では親子で一緒に生活ができるため、目の届く範囲に子どもがいることにより、親も安心できます。

最後に、親子留学では「海外で友だちができる。」「子どもの自主性を育てやすい」というメリットもあります。日本でずっと生活をしていると、外国の子どもと触れ合う機会が少なく、たとえ外国人に会ってもなかなか話しかけづらいということが多いでしょう。その点、小さなころから外国の子どもと接する機会があれば、そのときに海外の友だちができたり、帰国した後も外国人と積極的にコミュニケーションが取れたりするでしょう。また、恥ずかしがって発言することが少ない日本の教育現場と違い、海外では自主性を求められ、発言する機会も多い傾向です。小さなころに留学経験をすることで、子どもの自主性が育つことにもつながるでしょう。

親子留学で不安に思いがちなことと対策法


親子留学は、大人だけでなく子どもを連れていくため、留学において何かと不安を感じることがあるかもしれません。例えば、アジア圏の留学先は費用が安く済むことも多いですが、なかには子どもの誘拐が多い地域もあります。親子留学ではこのような場所を避け、まずは「治安の良い留学先」を考えて場所を選びましょう。

親子留学で治安が良く、安心して学べる国として人気なのは「オーストラリア」「ニュージーランド」「ハワイ」「カナダ」などがあります。これらの国は、留学先だけではなくリゾート地としても人気です。リゾート地として人気な場所は、日本人も多く、いざというときに日本語が通じるといったメリットがあります。また、観光地として栄えている場所ほど日本食も多いため、外国の食事が苦手な子どもでもなじむことができるでしょう。

そして、「子どもの英語が通じるのか」親としては不安になるかもしれません。特に、これまで英語をまったく学ばせていない子どもは、いきなり現地に行ってもとまどうことが多いです。つい親が先回りして手を出したくなりますが、それでは何のために留学したのかわかりません。

子どもは語学を習得する力が早いので、まずは見守りましょう。親がいないところで、一生懸命自分なりに会話をする子どもも多い傾向です。また、親は語学学校以外でも外国語を使う努力をし、日常生活でなるべく多くの英語を触れさせてあげましょう。

親子留学を成功させるためのポイント


親子留学は、まずは「子どもが行きたいかどうか」が重要です。親が英語を学びたかったり、子どもに早期英語教育をさせたかったりと、親子留学を決める際はどうしても「大人の考え」で物事が進んでしまうことがあります。しかし、子どもはまったく行く気がないのに無理やり連れてしまうと、留学先でトラブルになることも多いです。そもそも、英語を学ぶ気がまったくないのに現地に連れて行っても、語学力をつけることは難しいでしょう。まったく話そうともせず、日本に帰りたいと泣かれてしまっては、親子ともどもつらい留学経験になってしまいます。そうならないためにも、まずは子どもの意志を尊重することが大切です。

そして、留学前には「健康管理」に注意しましょう。体調を整えるのはもちろん、「虫歯治療」を終えておくことも大切です。留学先の多くが歯医者はありますが、日本とは治療方法が違ったり、保険が利かずに高額請求を受けたりと、1本の虫歯が大きなトラブルに発展することもあります。

また、英語はまったく話せないといった親子でも、必要最低限のあいさつやお礼の言葉は言えるようにしておきましょう。簡単な自己紹介もできるようにしておいた方が、留学先の勉強もスムーズに進めることができます。

過ごし方いろいろ!親子留学のプラン例


親子留学は、それぞれの親子に合った過ごし方を選ぶこともできます。一般的な過ごし方は、ホテルに滞在し、昼間は語学学校に通うといったスタイルですが、それだとあまり観光目的で来た人と変わりがないかもしれません。

例えば、親子留学では「教師の家にホームステイをする」といった過ごし方もできます。教師家族と一緒に生活をしながら語学を学ぶことは、語学だけではなく現地での生活も学ぶことができるでしょう。食事を取る際も、トイレを借りる際も、ホームステイを利用すれば生活に関わるすべてを英語で話す必要があります。このような過ごし方なら、短期間であっても英語をたくさん習得できるでしょう。

また、語学学校は子どもだけ通うことにし、大人は別のライフスタイルを送るプランもあります。例えば、子どもが英語を学んでいる間に、親は現地で行っているヨガやダンスなどのお稽古ごとを学ぶような過ごし方です。これでも現地の人たちを通じて英語を学ぶことはできますし、その国のスポーツや文化を経験できることにもなります。

親子で楽しく生活できるかが成功のカギ


親子留学は、親も子どもも海外で英語を学べる貴重な体験です。一般的な海外旅行と違い、過ごし方によっては生活の多くが英語を使って過ごすことになり、短期間でもしっかりと英語を習得できることになるでしょう。

また、英語だけでなく、現地の文化や、その土地ならではの生活習慣を体験することにもなります。その経験は親子にとってきっと忘れられないすてきな思い出になるでしょう。

また、親子留学の大きな目的は「子どもの成長」を促すことでもあります。そのためには、親があまり口や手を出さないことも大切であり、現地でいかに楽しく過ごせるかがポイントになります。親子留学では英語の習得も大切ですが、まずは親子で海外生活を楽しめるよう、留学先での生活を楽しめるように計画してみましょう。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら