高校留学の特徴とは?留学の種類から自分にあったスタイルを! | スマ留

高校留学の特徴とは?留学の種類から自分にあったスタイルを!

高校留学の特徴とは?留学の種類から自分にあったスタイルを!

高校生のうちに海外に留学体験をさせたいけれど、10代の多感な時期なだけに親は現地の治安や生活環境が気になります。また、離れて生活することが初めてであれば、不安はつきないのではないでしょうか。しかし、語学力を伸ばすためには10代のうちから海外を経験しておくことで、語学だけでなく、異なる環境に適応する能力が飛躍的に伸びることが期待できます。

さまざまな刺激を受けて多種多様な考え方を吸収すると精神的な成長も見込める可能性があります。今回は、高校留学ならではの特徴とメリットについてみていきましょう。

 

かけがえのない体験に!高校留学の特徴とメリット


高校生で留学をすることで、英語を不自由なく使えるレベルになるほど英語力を伸ばせる可能性が高いです。人によっては「日本で英語は勉強するもの」という考えが身についてしまい、英語に苦手意識をもってしまうことがあります。しかし、10代のうちに海外に出ていくと、学校では同世代の英語ネイティブとともに過ごすことになります。そのため、生活するには世代を問わず常にネイティブとコミュニケーションをしなければなりません。最初のうちは、さまざまな違いや言葉の問題で慣れずに苦労するでしょう。しかし、生活になじみ、同世代の友達が増えていくにつれていろいろな気づきが得られます。他の国から来ている留学生と出会う確率も高く、異文化交流ができることもメリットです。

これらの経験を通じて、英語も日本語と同じ生きた言葉であることを肌で感じることができるでしょう。

さらに、親から離れて生活するため、自分で判断したり行動したりしなければならない環境におかれます。その結果、自立心が芽生え、自分自身で考え行動する習慣が自然に身につくでしょう。グローバル化した世の中に対応できる強い精神力を育む土台となります。そのため、留学すると価値観や人生観に変化があらわれ、視野も広がるでしょう。高校卒業後の進路に海外の大学も視野に入れることができるようになり、将来にわたり大きな変化をもたらすことになります。高校生で留学に挑戦すると、語学を習得できるだけでなく、日本の教育制度とは異なる学習方法や環境におかれます。そのため、自分では気づかなかった個性や能力をさらに伸ばせる可能性があることも特徴といえるでしょう。

高校留学の種類1.体験留学


海外留学どころか、海外旅行も初めての場合、いきなり長期で留学することにためらいを感じるのはごく自然なことでしょう。しかし、英語が好きで、しっかり身につけたいと真剣に考えているのであれば、体験留学を検討してみてはいかがでしょうか。

体験留学できる期間は受け入れする学校によって異なりますが、目安としては1学期分、およそ3カ月ほどの期間がおすすめです。3カ月では語学力が大きく飛躍することはないものの、英語でコミュニケーションをとることに抵抗がなくなるので自信につながるでしょう。

体験留学は主に現地の高校生と一緒に勉強するプログラムがあります。
現地の高校で勉強することで、同じ年ごろの学生が「どのような考え方や生活をしているのか」を身近に感じることができるでしょう。また、ドラマに出てくるような現地の高校の雰囲気を楽しめるのもメリットです。

滞在先は寮であったり、ホームステイであったりとさまざまですが、どちらにしても生活に溶け込めるような環境でしょう。そのため、ある程度英語力に自信がある場合には、短期間でも英語漬けになることでさまざまな経験が積めます。将来海外の大学に編入を希望している人にとっては、貴重な足掛かりになるでしょう。

しかし、まだ英語力に自信がなかったり、引込み思案で人見知りをしてしまったりする人は体験留学のハードルは高いと感じるかもしれません。もし、心配であれば、英語補助が受けられる留学プログラムを選ぶことをおすすめします。高い語学力を求めない科目は数学、音楽、コンピューター関連なので、このような教科を重点的に受講するとよいでしょう。その結果、英語に多少不安があったとしても、安心して現地の高校生活を体験することができます。もし、将来現地の高校にそのまま編入したい希望があれば、まずは海外の生活を経験することが大切です。体験留学は英語に興味がある高校生であれば、挑戦する価値はあるのではないでしょうか。

高校留学の種類2.短期留学


高校留学には、体験留学のほかに短期留学があります。

短期留学は、高校の春休みや夏休みを利用した留学であることが特徴です。期間は1~4週間くらいの間で挑戦することができるでしょう。よく利用されているのは夏休みの間に実施されるサマースクールです。体験留学のように1学期分を留学するほどでもないが、気軽に国際交流をしたり、海外留学体験をしてみたい高校生にとってはおすすめの留学方法です。

サマースクールは、初めて海外を体験してみたいと考えている人から、将来の長期的な留学を見据えた準備期間として利用されています。そのため、幅広いニーズに応えてくれる高校留学の方法です。語学の勉強にとどまらず、国際感覚を身につけたり、自立心を養えたりとさまざまな留学効果が期待できるでしょう。留学体験をする高校生にとっても、忘れられない思い出になることがあります。

サマースクールでは、限られた期間であっても夏休みを利用してさまざまな国から高校生が参加しています。いままで知らなかった国の人と気軽に話すことができ、友達ができることもあるでしょう。最初は戸惑ってしまうこともありますが、サマースクールを体験することでやり遂げたという達成感を感じられ、今後の自信につながったり、度胸がついたりする可能性が高いです。親から離れて生活することで、自立心が養われ精神的にも成長するでしょう。

サマースクールを含む短期留学は、スポーツキャンプをしたり、現地の歴史を学ぶ機会があったりします。さらに、観光などがセットになっていることもあるでしょう。そのため、単に語学力の向上だけでなく、さまざまなアクティビティを通じて異文化交流ができたり、楽しい経験ができたりするので参加しているだけでも英語と自然に接することになります。その結果、英語にもっと興味をもつ可能性が高いでしょう。

高校留学の種類3.長期留学


高校留学には交換留学という方法もあります。期間は約1年間と比較的長期に留学することになるでしょう。

主に現在通学している高校や、国の機関が運営する留学の制度です。メリットとしては、授業料の負担をしなくてよいことがあげられます。「海外留学はお金がかかるので、子どもに体験させたいけど難しい」と悩んでいる親にとって費用面の負担がないので安心といえるでしょう。交換留学制度を利用したいと考えたときに、注意しておきたいのは滞在する地域や学校を自由に選ぶことができないことです。そのため、選択肢については、やや限られます。

また、ある程度語学力がなければ参加できない可能性があります。しかし、短期ではなく、長期的に英語環境に身をおいてみたい人にとっては魅力的な制度といえるでしょう。また、高校卒業後に海外の大学をすでに視野に入れている場合には利用したい制度です。交換留学期間が終了したら、「日本の高校に戻るか」「そのまま海外の高校に残るか」について選択できる場合があります。

高校留学の種類4.卒業留学


卒業留学は高校留学のなかでも、長期的な留学になるでしょう。留学期間の目安は2年ほどといわれているので、高校留学をしながら現地の学校を卒業することが目的です。そのため、「海外の教育システムで教育を受けさせたい」と考えている親や、「そのまま海外の大学に進学したい」と考えている人にとってはおすすめの留学方法です。長期間の留学になるため、じっくりと語学を学びたい人にとってもおすすめといえます。

英語をネイティブレベルまで高めたい目的があったり、将来国際的な舞台で活躍したいという希望が明確であったりするときは、高校生のうちに卒業留学を検討するとよいでしょう。10代で2年ほど海外で生活し勉強することで、さまざまな価値観の人や文化や習慣に溶け込むことができるようになります。さらに、2年以上海外に滞在し現地の高校を卒業すると、日本の大学に入学しようとしたときには帰国子女枠入試が可能になることもあるでしょう。

人生の大切な時間をどう過ごしたいかを考えよう


高校留学は海外生活を体験するのに適している時期です。10代のうちに新しい環境に身をおくことで自立心が養われ、柔軟に吸収できる能力が備わるでしょう。さらに、国際社会で活躍するために必要な語学力や感覚を身につけるきっかけになります

。限られた高校生活をどのように過ごすかで将来が変わる可能性があります。高校留学を検討するのであれば、どのような期間や内容にするかを家族でしっかり検討しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら