海外留学・格安留学ならスマ留

オーストラリアの短期留学がオススメな理由

オーストラリアの短期留学がオススメな理由

英語を使いこなせるようになりたい、ある国についての知識を深めたいなど、留学をする理由や目的は人によってさまざまです。特定の地域の研究目的であれば留学先を決めるのは簡単ですが、まず「留学」という体験をしてみたい、英語をマスターしたいといった目的の場合は選択肢が多く迷ってしまうこともあるでしょう。

英語圏の留学先が数多くあるなか、短期留学ではオーストラリアがおすすめです。オーストラリアは世界中の留学先としても人気で、留学に関する法律が定められている珍しい国でもあります。留学生に対する手厚いケアが人気の秘密でもあるのですが、具体的にどのような仕組みなのか、みていきましょう。

短期留学ならオーストラリアがおすすめ!


オーストラリアは南半球に位置し、日本とは季節が真逆の国のひとつです。とはいえ経度は日本とほぼ同じなので時差がありません。そのため、観光でも非常に人気のある国です。そして、留学生の受け入れを国を挙げて積極的に行っており、制度が整っているという特徴があります。

オーストラリア政府はESOS(Education Services for Overseas Students)という法律で留学生の権利を保護しています。これがオーストラリア留学の人気の理由のひとつです。ESOS法では、留学生が質の高い教育を受けられるよう、留学生の受け入れ教育機関が正常に機能しているかどうかのチェックが常にされています。そのため、万が一その教育機関が教育サービスを提供できない事態に陥った場合には、学費の払い戻しや他校への転校といった留学生への手厚い保障が充実しており、留学生は安心して勉学に励むことができるのです。

また、入学や単位修得などに関する必要な手続き、学校への苦情などの伝達方法といった、受け入れ機関とのやりとりについてのサポートサービスも充実しており、留学生に対する質の高いホスピタリティも維持されています。

さらに、オーストラリアが留学先として人気があるのには、その気候も理由として挙げられるでしょう。南半球にあるため、季節は日本と逆にはなるものの、四季の移り変わりがあり、とても穏やかな気候は異国の地で勉学に励むにも適しています。過酷な気候の変化で体調を崩す心配もほぼないので、安心して留学期間を過ごすことができるのです。

また、オーストラリアは各国から留学生がたくさん集まっているという点でもメリットがあります。日本をはじめとして英語圏以外の国からの留学生も多いため、さまざまな国の人たちと交流をもつことができるのです。オーストラリア自体も多国籍国家であることから、英語が苦手でも比較的受け入れてくれやすい空気感があり、臆することなく留学期間を過ごすことができるでしょう。

そして、海外留学で最も気になることのひとつとして、渡航先の治安が挙げられます。その点、オーストラリアは銃規制も厳しく、治安は日本と同レベルで安定しているといっても過言ではありません。特に未成年の留学に関しては、前述のESOSによって安全が確保される仕組みになっています。このように、オーストラリア留学が人気なのは安全面でも保障されているからなのです。

短期留学のスタイル5つ!


留学にはさまざまな種類があり、まずは大きく短期と長期に分かれます。一般的には、短期留学は3カ月以内で学生ビザ不要のもの、長期留学は3カ月以上で学生ビザなどの何らかのビザを必要とするものと考えられています。

短期留学の場合、目的によって留学スタイルも変わってきます。

ひとつ目は語学留学です。これは純粋に留学先で使われている言語の習得を目指すものであり、語学学校に入学して集中的に会話を学ぶことになります。もちろん、学校内以外でも日常生活で現地の言葉をフル活用することになるので、短期間で語学力を向上させるにはぴったりの留学スタイルといえるでしょう。

2つ目は資格取得のための留学です。こちらも語学留学のように集中的に資格取得に向けて勉学に励むスタイルになります。看護師や調理師、美容師などの仕事を国内だけでなく海外でもしてみたいという人が外国での資格を得るために行う留学です。この留学の場合、言語を用いるうえで専門的な用語を覚えていくことにもつながります。後々海外で仕事をする場合でも、日本に戻って仕事を続ける場合でも専門的な内容を会話に用いることができるようになるという点で、スキルアップにつながるといえるでしょう。

これと似たスタイルの留学がインターンシップを利用した留学です。キャリアアップのために海外の企業などでインターンとして働きながら現地で語学やマナーを学びます。語学留学とセットになっていることもあります。こちらも、企業でのインターンシップであれば、本場のビジネス英語を身につけることができるでしょう。これから海外の各国と関わる仕事をしたいと考えている人におすすめの留学スタイルです。

サマーキャンプは小中学生や高校生向けの夏休みを利用した短期留学の一種になります。各国から集まり、留学先での語学だけでなく国際的な感覚を養えるのが特徴です。海外の大学への進学を考えている中高生にとっては、下見のような短期留学として良い経験となるでしょう。

ボランティア留学は、留学先でのボランティア活動がメインとなってきます。すでにある程度の語学力がある人やどういった活動をしたいのかがはっきりしている人向けのスタイルです。ボランティアの例としては、介護や日本語教師のアシスタントなどがあります。

ここがいい!短期留学のメリット


短期留学は最長でも3カ月と期間が短いので、初めて留学する人にはおすすめのスタイルです。もちろん、自分を試すためにもいきなり長期間の留学にチャレンジしたいという人もいるでしょう。しかし、まずはお試しとして短期留学をしてみるのも良い経験になります。

また、短期ということで留学先でできることも限られてくるため、集中的に学ぶことが可能です。勉強だけでは物足りないという人でも、滞在期間が短いがゆえに、予定をしっかりと立てて、行きたいところには必ず行くという有言実行型の活動的な日々を送ることもできるでしょう。つまり、短期留学は留学のゴールが明確で見えやすい分、初めてでも充実感を得られるうえに、安心感もあります。

さらに、長期留学と比べて費用を抑えることも可能です。たとえば、長期留学の場合、1年間で100万円以上はかかります。長期留学では学生ビザ発行の費用もかかるので、多くの時間を海外で過ごして勉強できるとはいえ、かなりの費用がかかるといえるでしょう。短期留学の場合、期間が1週間という超短期から3カ月まで幅が広いため、留学費用にも差が出てきます。最短の1週間で考えた場合、渡航先によっては10万円台から留学が可能です。そのため、これから留学資金を貯めるという人にも手の届きやすい金額で留学することができます。

もちろん、渡航先や為替レートの変動によってかかる費用も変わってはきます。しかし、短期集中で勉学に励むという目的がある分、余計な出費も少なくてすむのが短期留学のメリットでもあるのです。

最短一週間からの留学が可能!


一般的に最長3カ月とされる短期留学ですが、最短の場合はどれくらいから留学となるのでしょうか。オーストラリアの場合、最短で1週間から受け入れ可能な語学学校があります。

とりわけシドニーやケアンズ、メルボルンなどの主要都市には1週間から入学可能な語学学校が多数あります。もちろん、2週間以上と定めている語学学校もありますが、選択肢が少ないわけではありません。また、主要都市にそのような語学学校があるので、交通や生活の便に関して不安を感じる必要はありません。まずは行きたい都市を決めて、その都市に1週間から留学可能な語学学校があるかを調べてみましょう。選択肢が少なければ、より大きい都市に目を向けてみるのも良いかもしれません。その場合は、いくつかの候補を挙げておくと良いでしょう。

このように最短1週間の留学が可能ということは、現在学生で比較的時間に余裕がある人以外にも留学のチャンスが十分にあるということになります。仕事をもっていて何カ月も留学に費やすことはできないという社会人でも、1週間ほどならゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇を利用して海外で学ぶことも可能なのです。海外旅行という形で滞在するのもリフレッシュになりますが、留学での滞在なら自分磨きという充実した時間を過ごすことができます。しかも集中的に学ぶことで、仕事の上でもスキルアップを図ることができるでしょう。

短期留学ならビザの取得不要!


一般的に、留学の際は学生ビザなどの観光のときとは異なるビザを取得することが必要となります。しかし、オーストラリアへ短期留学する場合にはこういったビザは不要です。ただし、オーストラリアへ短期滞在する場合は観光であってもETASと呼ばれるビザが必要となります。

とはいえ、他国へ留学する場合には取得しなければならない留学のための各種ビザを取らずに、観光ビザで留学できる点がオーストラリア短期留学の最大のメリットといえるでしょう。

ETASは90日以内の観光・商用目的でのオーストラリア滞在に必要な観光ビザです。しかし、観光ビザとはいえ、学校に通うことへの制限はありません。そのため、3カ月以内の短期留学であればこのETASを取得することになります。

本来、ビザの取得には大使館で手続きをする必要がありますが、ETASはオンラインでの手続きが可能です。オンラインでのETAS取得にはいくつか方法があります。航空券などの手配と同時に旅行代理店経由での手続き、ETAS登録代行業者への委託、そして自分で取得するといった方法です。

ETAS取得には費用として約20ドルかかります。これは自分でオーストラリア移民局のサイトで手続きを行った場合で、旅行代理店経由の場合は別途手数料がかかるのが一般的です。ETAS登録代行業者へ依頼する場合は20ドル以下となることもあるようですが、パスポート情報などを業者に渡すことになるので、プライバシーポリシーなどがしっかりした信頼のおける業者を見極めるようにしましょう。

また、旅行代理店や業者に依頼する場合は手続き上発行に数日かかることもあります。そのため渡航まで日数に余裕をもっておかなくてはいけません。自分で手続きをする場合は即時発行なので、時間に余裕のない場合は自分で手続きができるようにしておきましょう。また、さまざまな準備でうっかりETAS取得手続きを忘れてしまっていたとしても、オンライン手続きならその場ですぐ発行されるので、オーストラリアへ留学を考えている人は一度オーストラリア移民局のサイトをチェックしておくと良いでしょう。

現地の下見としてまずは短期留学


とはいえ、留学を志した当初から長期留学を検討している人もいるかもしれません。そんな人にも短期留学はこれから長期で滞在する前の下見としてもおすすめです。

何度も観光で訪れたことのある人でも、旅行気分で滞在する場合と実際に生活を送る場合では都市の見え方が違う可能性があります。観光客だから許されていたマナーであったり、知らなくても差しさわりがなかった習慣であったり、現地で生活してみると改めて見えてくるものがあるでしょう。そのためにも、短期留学は最長3カ月滞在することになるので、旅行よりも現地の様子を存分に味わうことができます。

留学情報や現地の情勢はインターネットでもすぐ調べることが可能です。しかし、気候や空気、細かい交通情報などは実際に行ってみないと体感することができません。だからこそ、これから長期留学を考えている人にも、短期留学は下見として重要な意味をもつのです。

実際に滞在してみてイメージが違ったり、街の雰囲気が合わなかったりする可能性もあります。また、内部情報のように実は近々受け入れ機関で何らかの変更があるということを聞けるかもしれません。1年以上海外で勉学に励むために落ち着いた環境を確保するためにも、事前に短期留学の予定を組み込んでみましょう。

将来を見据えた短期留学を


このように、オーストラリアへの短期留学は事前準備として必要なビザ取得の段階でも手軽な手続きのみで、ハードルが低めとなっています。また、季節が日本と逆にはなるものの、気候が似ていて過ごしやすいため、勉学に励む環境としては適しているといえるでしょう。さらに、治安に関しても比較的良く、留学生に対する安全が保障されている点もオーストラリア留学のメリットです。

そして、今後長期留学を考えている人にとって、オーストラリアへの短期留学は自分自身の下見になるだけでなく、日本に残る家族にとっても良い体験期間となるでしょう。なぜなら、オーストラリアは日本と経度がほぼ同じで時差がないからです。家族間で何か連絡をとりたくなった場合も、大幅な時差をあまり考えることなく連絡を取り合うことができます。

このようなさまざまなメリットをもつオーストラリアへの短期留学で、将来役に立つスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら