留学するなら最適な街!シドニー | スマ留

留学するなら最適な街!シドニー

留学するなら最適な街!シドニー

海外留学先を決める際にどの国を選んだらよいか迷う人は少なくないでしょう。もし、語学学校が多く学びたい語学が英語の場合なら、シドニーは最適の街といえます。南半球オーストラリアは日本との時差も少なく比較的治安も良いため、初めて海外留学する人も安心して学べます。

シドニーは多国籍な街ともいわれているため、国際色豊かな環境で勉強したい人にも向いているでしょう。また、通年を通して温暖な国なので、勉強以外にもアウトドアやスポーツなどさまざまなアクティビティも楽しめます。

今回は、シドニーの魅力や語学学校について詳しくご紹介していきます。

流行の先端を行く!シドニー


シドニーはニューサウスウェールズ州の州都でもあり、オーストラリア最大の都市でもあります。そのため、多くの高層ビルが建ち並ぶ都会的な雰囲気を楽しめるでしょう。また、シドニーは高層ビルの現代的な建物と歴史的建造物が混在しているおしゃれな街です。2007年に世界遺産に登録された「シドニー・オペラハウス」や、ゴシック・リヴァイヴァル建築で有名な「セントメアリー大聖堂」はシドニーを代表する建造物といわれています。

休みの日には学校の友人とシドニーのカルチャーをゆっくり楽しむのも良いかもしれません。そして、シドニーから少し足をのばせば、美しい大自然を満喫できる多くの観光スポットもあります。

たとえば、世界遺産の「ブルーマウンテンズ」は絶景が楽しめる人気スポットの1つですので、滞在中にぜひ1度は訪れてみてはいかがでしょうか。

オーストラリアでは先住民であるアボリジニが5万年以上前から暮らしていた歴史的背景があります。現在でも多くの移民が暮らしており、海外生まれの移民は人口の約3割以上ともいわれています。シドニー国際空港もあり世界中の留学生や旅行者などさまざまな国の人が集まる異国籍な都市ともいえるでしょう。

シドニーでは日系企業なども進出しているため、生活上不自由することが少ないことも利点です。いろいろな国の学生と一緒に学びたい方や、初めて海外留学をする方にも適した留学先でしょう。

そして、シドニーは各種教育機関も充実しているため学校数が他都市と比べて多い傾向があります。このため、幅広い学校選択ができることも魅力でしょう。具体的には、「語学学校」をはじめ、「大学」「専門学校」も数多くあり、目的に合ったさまざまな留学コースを自由に選択することが可能です。

さらに、マリンスポーツなどの趣味を兼ねた留学など、いろいろな留学スタイルを選べるのもシドニーならではといえるでしょう。

こんな人はシドニー留学!


次に、どのようなタイプの人がシドニー留学に適しているか具体的に考えてみましょう。

もともとオーストラリアには「ESOS法」という留学生の権利を保護する法律があり、世界的に高い水準の教育を推進している国として知られています。オーストラリアの中でもシドニーは語学学校の数が多いため、整った教育環境で目的に合った学校を選びたい人には最適でしょう。

どの学校を選択してもある程度のレベルの高い環境で勉強できることは、留学生にとって大きな安心材料となるはずです。

前述の通り、シドニーはオーストラリアの中でも人口の多い都市なので、生活しやすいことも大きな利点です。多国籍な都市でもあるためアジアをルーツに持つ人も多く、チャイナタウンやコリアンタウンなどさまざまアジアンタウンがあります。日本食をはじめアジアの味が恋しくなったときには、アジアンタウンに食べに行くのも良いかもしれません。

いずれにしても、オーストラリアにいながらアジアの雰囲気を感じたい人にもシドニーは良いでしょう。そして、オーストラリアはカード社会といわれるほど、多くの場所でカードで買い物することができます。海外での支払いはカードで済ませたい、というアーバンな生活スタイルが好みの人にも適しているでしょう。

さらに、留学先での休日も楽しみたい人にもシドニーはピッタリです。たとえば、シドニーの中心部にある「シドニー・タワー・アイ」は、360度見渡せる展望台が人気です。特に、夕暮れ時からの時間帯はオレンジ色に染まる美しいシドニーの風景を一望できるでしょう。

展望台の外を歩くことができる「スカイウォーク」も外せないスポットとして有名です。そして、世界的に有名な蝋人形館である「マダム・タッソー・シドニー」も滞在中に1度は訪れたい場所です。ハリウッドスターのニコール・キッドマンやスーパーモデルのミランダ・カーなど、本物そっくりな蝋人形を楽しめるでしょう。

交通機関も発達している!


留学生にとって気になる項目の1つが留学先の交通機関ではないでしょうか。シドニーはオーストラリアの他都市と比べて交通機関が発達しているため、通学時に不便を感じることは少ないでしょう。

シドニーでは「シティーレール(CityRail)」と呼ばれる電車が郊外全域にわたって運行しています。到着駅によっても異なりますが午前6時前から深夜まで約10~15分間隔で運行していますので、休日に遠出するときなどにも便利でしょう。シドニーの交通機関を利用する際に役立つのが日本のSUICAのようなICカードのOpalCard(オパールカード)です。このカードは有効期限も特になく電車料金が割安になる利点があります。

また、電車だけでなく、シドニーのバスやフェリーの乗車時にも利用できることも魅力でしょう。駅のキヨスクや新聞や雑誌の販売店のニュースエージェントで販売していますので、街の中心地に学校がある人にとっては必ず持っておきたいカードといえます。

電車以外では「シドニー・バス(Sydney Buses)」も市内の広範囲をカバーしています。北はパーム・ビーチより南はミランダまで利用可能ですので、ぜひ滞在中に利用してはいかがでしょうか。乗車するときには、まず運転手に行き先を伝えてオパールカードなどで料金を支払います。ただし、降車時には日本のようなアナウンスがないため、ブザーを押して自分が降りることを運転手に意思表示するようにしましょう。

その他には、シドニーでは「ナイトライド(NightRide)」と呼ばれる深夜バスも走っています。チケットはバス乗車時に運転手から購入することができ、往復の「MyTrain」と「MyMulti」チケットの2種類があります。

もう1つシドニーの交通機関の特徴として、防犯対策に力を入れていることも大きなポイントです。駅には安全監視カメラが設置されており、交通警察スタッフがいる車両もあります。さらに、オーストラリアの一部を除く公共交通機関では昼間の飲食やアルコール摂取は法律により禁止されていますので安心して電車を利用することができるでしょう。

さまざまな留学のタイプに適している!


シドニーは勉強をはじめ、遊び、観光などすべてが出来る街といわれています。それは、温暖な気候や、豊かな自然、多くの観光スポットがシドニーに集中していることも理由といえるでしょう。

「観光・遊びが楽しめる=お小遣いがかかる」というデメリットもありますが、勉強だけでなく、友人とシドニーの文化などを楽しむことはきっと良い思い出になるはずです。少し足を伸ばせば美しいビーチもありますので、時を忘れて子供のように遊ぶのも良いでしょう。

シドニーはオーストラリアの中でも最も大きい都市なので、多くの語学学校から好みの学校を選べます。比較的大きい学校も多い傾向にあり、国籍ミックスの学校も少なくありません。南米系の生徒が多い学校や、ヨーロッパ人の留学生が多い学校など、シドニーならではの多国籍な学校選びが可能です。また、シドニーは比較的安い学費で質の高い教育が受けられることでも有名です。なぜならシドニーは学校数が多いため、その分留学生獲得のための競争率が激しいからです。

前述の通り、「ESOS法」というオーストラリアの留学生のための法律によって高水準の教育も保証されています。このため、留学生にとっては安心して勉強できる街といえるでしょう。学校を選ぶ際には過去にその学校が受け取った賞の実績なども参考にするのも目安となります。

留学期間は短期から長期まで選択でき、目的に合わせたコースを自由に選ぶことも可能です。一般的に、長期留学の方が短期留学に比べて語学力が身に付くと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、短期留学でも自分で予習復習をしっかり行い学ぶことで、語学力をブラッシュアップすることはできます。長期留学はじっくり学べる利点もありますが途中で中だるみすることもあるため、短期留学の方がより集中して勉強に時間を費やせるともいえるでしょう。

その他にも、大都市のシドニーでは求人数も多いため「ワーキングホリデー」としても人気があります。

知りたい!シドニーでのアルバイト


英語にある程度自信がある人はシドニーでアルバイトとして働くのも良い経験となるでしょう。シドニーはオーストラリアの都市で最もワーキングホリデー向けのアルバイトがあるといわれています。

特に、春~夏の時期や、9月~1月頃の観光シーズンには求人数が増えるので狙い目です。高い語学力がないと海外で働くのは難しい、と思っている人も多いかもしれません。語学力に自信がない人は比較的日本客が多いお店を選ぶのがポイントです。たとえば、「日本食レストラン」や「お土産屋」、「日本語のツアーガイド」などの仕事は、それほど高い語学力が求められることは少ないため働きやすい職場環境といえるでしょう。

ただし、働くお店によってはお客がほとんどオーストラリア人という可能性もありますので、事前にしっかりリサーチしておくことが大切です。

シドニーのレストランやカフェでウェイター、ウェイトレスとして働いた場合、アルバイトの平均時給は13ドル程度です。しかし、現地のレストランよりも日本食レストランのほうが時給は低い傾向が見られます。その代わりに、レストランやカフェでの職場は、まかない(食事)が出るケースもありますので食費を節約できるという利点もあるでしょう。土日になると時給が1.5倍や2倍になりますので、しっかり稼ぎたい人は土日を選んで働くと良いかもしれません。

アルバイトの求人は、「インターネットの掲示板」や「シドニーの新聞」、「日本語情報誌」などに掲載されています。日本にいながら仕事を探すのは難しいのでシドニーに到着してから探したほうが効率的でしょう。特に、インターネットサイトの「チアーズ」や「ジャムズTV」は、日本人向けの求人が多く掲載されているのでぜひ活用してみてください。

最高!シドニーは休日も楽しい


留学先での休日の過ごし方について考えている人も多いのではないでしょうか。シドニーでは、文化、スポーツなどいろいろなアクティビティを楽しめます。オーストラリア人はお祭りやイベントを好む人が多く、年間を通してさまざまなイベントが開催されています。たとえば、年越しの盛大な花火大会である「ニューイヤーズイブ花火大会」や、国内最大クラスのお祭りである「シドニー・ロイヤル・イースター・ショー」は有名なので足を運んでみると良いでしょう。

その他にも、サーキュラ・キーやダーリング・ハーバーでは多くのイベントが開かれています。

シドニーではさまざまな場所でフリーマーケットも開催されています。のんびり散策しながら洋服やアクセサリー、工芸品など掘り出し物を発見するのもシドニーならではの休日の過ごし方でしょう。特に有名なのは、ロックス地区で開催される「ザ・ロックスマーケット」や、チャイナタウンで開かれる「パディーズマーケット」です。

シドニーは海岸沿いに面しているため休日にマリンスポーツを楽しむにも最適でしょう。マンリー・ビーチやボンダイ・ビーチではサーフィンをはじめ、ボディボード、ダブル・ベイではスキューバ・ダイビングなどが人気です。また、穏やかな気候のシドニーの人々は、バーベキューやピクニックやハイキングが大好きです。バーベキューコンロが公園やビーチに設置されているところも多いので、友人と肉や野菜、ポテトなどを持ち寄ってパーティを楽しむのも良いかもしれません。

魅力あふれるシドニーに留学しよう!


今回ご紹介したシドニーは高水準の教育を推進しているためレベルの高い学校が多い傾向があります。また、温暖な気候や海に面したロケーションなので、休日も存分に楽しむことができる街といえるでしょう。

整った環境で勉強しながら海外生活を楽しみたい人は、ぜひシドニーへの留学を検討してみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら