グローバルな人材に!インターンシップ留学 | スマ留

グローバルな人材に!インターンシップ留学

グローバルな人材に!インターンシップ留学

インターンシップとは、ある企業にて一時的に所属して就業体験をすることで、社会人になる前に仕事や社会参加への理解を深めることができる制度です。

インターンシップの経験をすることによって、仕事の大変さを学ぶことができ、就職活動においても有利なポイントとなります。インターンシップのなかでも特に就活に有利になるのが、海外でインターンシップを経験するインターンシップ留学です。

インターンシップ留学は、就活に有利になるだけでなく日本を離れての生活になるため、人生経験においてもプラスになる制度として、学生に人気を集めています。今回はインターンシップ留学についての基礎知識、必要な英語力について詳しく説明します。

基礎知識!海外のインターンシップ


海外でインターンシップの経験をする際のメリットは、語学力を磨くことができるという点です。英語力をアップすればそれだけ自身の持っている能力に幅が広がり、仕事をするうえでもより多くのチャンスを得ることができます。そして、自身の英語力がどれだけ職場という舞台で役に立つか実際に把握することもできるのが、海外インターンシップの強みです。

日本でも通常の生活とビジネスの場で使用する言葉使いを変えるように、海外でも私生活とビジネスの場では英語に違いがあります。海外でのインターンシップでは、普通の留学では体験することができないビジネス用の語学力を身につけることができるのです。

また、国際的なビジネス感覚を体験して知ることもできるのが、海外でのインターンシップのメリットです。世界には様々な国があり、国によってそれぞれの気質やルールに違いがあります。その違いは実際に経験をしてみなければ身につくものではありません。実際に海外の仕事を経験し、日本人と違う価値観の人々に囲まれて仕事をすることで見えてくるものがあります。自分は海外でも順応できるか、あるいは、やはり日本で日本人相手に仕事をしたほうがいいのかという、自身の適正能力を把握することができるのです。

そして、実際に仕事を経験すると就活にも大いに役に立ちます。実際に仕事を体験しているので、就活で内定がもらえ企業に所属したとき、どのように自身が働くことができるのかという、具体的なイメージを持つことができます。よりはっきりとしたビジョンを持って就活をおこなうことが可能になるのも、海外インターンシップのメリットです。

海外でのインターンシップは、ほとんどが無給でおこなわれています。海外の場合、特にアメリカの企業は未経験者を採用することはほとんどなく、経験者を優遇して採用することがほとんどです。そのため、アメリカではインターンを体験することが就職の必須条件といわれており、その場合、経験を積んで学んでもらうという行程であるインターンは無給扱いとなっています。日本と違い、海外のインターンシップは、無給でありながら通常の従業員とほぼ同じ業務をまかせられるのも特徴です。

インターンシップに必要な英語力ってどのくらい?


インターンシップ留学を経験するためには、インターンシップをおこなう職場にいる現地の社員たちと、その国の言語を駆使してコミュニケーションをとることが必須です。通常の生活をする際に使用する英語力ではなく、ビジネスの世界での英語力が問われるので、日本の学校や英会話教室で学んできたものとは違う英語力が必要とされます。英語をビジネスの現場で使用するという経験を積めば、今後の就活において魅力的な人材であるという自身の長所を増やすことが可能です。

インターン留学の間は、職場の上司や先輩から受けた指示を正確に把握して、自らの業務をこなさなくてはいけません。また同じ職場の人間だけでなく、職場にかかってくる外部の取引先からの電話にも対応する必要があります。自分の意思を日本と異なる言語で話すだけでなく、相手からの口頭での指示などもしっかりと聞いて理解する能力も、インターンシップ留学では大事な要素です。現地でのビジネス言語を理解し、話す力(スピーキング能力)と聞く力(リスニング能力)を円滑に発揮できることが、インターンシップ留学では求められます。

また、スピーキング・リスニング能力だけでなく、状況に応じた適切な言葉を選択する力である「フレーズ力」も、インターンシップ留学では重要になります。聞く・話す・言葉の選択という3つを駆使して、コミュニケーションを円滑にこなし業務をまっとうすることこそが、インターンシップ留学では大切なことです。

このように、現地ではネイティブな人間が多いために、あらかじめ、ある程度の英語能力を持っていないとインターンシップ留学を経験することは難しいとされています。英語力を判定する基準として有名なのが、TOEICテストです。インターンシップ留学を経験するために必要なTOEICテストの点数は700〜730点が最低基準といわれています。

しかし、そのように思われている一方で、TOEICテストはあくまで英語の基礎能力が反映された点数で、英語力の一つの基準であるという意見もあります。

英語力の基礎能力がそなわっていても、現地でネイティブを相手に話したり聞いたりするビジネス用の英語能力は、基礎で学んだことと違うという意見も一部であります。インターンシップ留学では、貪欲に英語力を向上させたい、現地のビジネスシーンで順応できるように努力したいという向上心を持つことも大事です。英語力がなくても、前向きな気持ちがあればなんとか現地でもやっていけたという例もあります。

能力向上!海外のインターンシップで身につくこと


インターンシップ留学を経験して身につくことは、英語力です。現地では基本的に英語でのコミュニケーションとなり、職場でのビジネス用の英語は日常生活の英語力に比べてさらに難易度が上がります。日本で英語を勉強する場合、独学での勉強、あるいは、英会話教室に通うのが英語習得のための方法になります。

しかし、インターンシップ留学で常に現地の人間とコミュニケーションを図ることにより、日本での語学勉強より数段早く英語が上達することが可能です。そして、ビジネス用の英語をある程度マスターすれば、それだけ仕事に関する選択肢は拡大します。

また、コミュニケーション能力を大いに伸ばせることも、インターンシップ留学の特徴です。海外では、言語だけでなく価値観も違う人間に囲まれた生活となります。そのため、すべて自分で積極的に行動しないと生活をすることができません。よって、人とコミュニケーションを図ることが必須となり、受け身ではなく自ら能動的に行動をする習慣がつくようになります。日本では引っ込み思案だった人も、海外で生活することで自然とコミュニケーション能力がつくようになるのです。

そして、日本とは価値観の違う環境で生活をしなければいけないという状況にいるため、適応能力も養われます。

国際的なビジネス感覚が身につくことも、インターンシップ留学のメリットに挙げられます。グローバルという言葉は日本の企業でよく使われる言葉ですが、実際に海外で仕事を経験することによって、日本にいるだけでは身につかないグローバルな視野を経験することができます。海外のビジネスに必要なマナー、交渉、営業や商談の活動を通じて新しい視野を入手できることが、インターンシップ留学の特徴なのです。

教えて!どんな会社で働くことができるか


インターンシップ留学先で用意される職場は多岐にわたり、そのうちのひとつが現地の旅行会社です。旅行会社には子どもを連れたファミリーから年配の人までさまざまなお客が訪れるので、たくさんの人と交流をすることになります。仕事内容は、ツアー手配などのアシスタント業務で、旅行会社での業務全般を体験できるのが特徴です。要求される能力はお客のニーズに対応できるコミュニケーション能力と語学力です。また、お客が何を求めているかをすぐに理解できる判断力、柔軟性も要求されます。

ホテル業務もインターンシップ留学の代表的な職場です。フロントやホテル内のレストラン、バーなど総合的な業務を経験することができます。他には飲食業、サービス業、IT企業などの職場が、インターンシップ留学で用意される職場です。飲食業、サービス業もお客とコミュニケーションをとることによって成立する仕事なので、コミュニケーション能力、ビジネス用の語学力が鍛えられます。また、お客様の要望やトラブルに対応できる柔軟な思考と決断力が必要であり、それらが大いに養われる環境です。

IT企業での業務は、語学力だけでなくプログラミングやプロジェクトマネジメント、品質管理、ソフトウェアテストのスキルなど、専門的な知識やスキルも必要とされます。中には最長半年ほどの長期のインターンシップ留学を受け付けている職場もあります。テレビ局での仕事も、インターンシップでは用意されています。テレビに関するあらゆる業務のアシスタント、カメラマンなどを募集しています。ほとんどのテレビ局では、日本での職務経験がないと採用してくれません。

有給のインターンシップについて知りたい!


インターンシップ留学は基本的に無給扱いですが、なかには有給のインターンシップもあります。そもそもアメリカには日本のような入社してから新人を教育する研修制度というものがありません。そのため、企業にとっては入社前に職場の業務内容や雰囲気を体験してもらうインターンシップという制度を取り入れています。日本でいう研修制度がインターンシップにあてはまるのです。よって、インターンシップは、企業の業務内容などを学習する制度であり、報酬は発生しないことが前提になっています。

海外では、インターンシップを体験することが就職のために必須条件として定着しました。学生たちは積極的にインターンシップへ参加するようになり、企業側もそのような積極的な学生に対応する姿勢を見せるようになりました。企業側は優秀な人材を確保するために、インターンシップに参加する学生をより多く募集するようになり、そのための対策がインターンシップでの業務に報酬を出す有給制度だったのです。

企業は、即戦力になる優秀な人材を求めているため、有給のインターンシップではより高度なスキル、豊富な職歴、レベルの高い語学力などが求められています。無給のインターンシップに比べて、有給のインターンシップは高度な能力を要求されるのが一般的です。

語学学校に通いながらインターンシップ


インターンシップ留学をするには、語学学校に通いながらインターンシップをするとメリットがあります。語学学校のなかには、インターンシップを受ける人のためのプログラムが用意されている学校もあり、インターンシップ業務をこなすうえで、色々なサポートをしてくれます。

語学学校が提供するインターンシップのプログラムに参加するには、一定の通学、そして、学校である程度のレベルの英語力を身につけることが条件とされています。それらの条件を満たすことによって、学校側が責任を持ってインターンシップの準備をしてくれるというプログラムです。

語学学校のプログラムに参加すれば、面倒なインターンシップの手配を語学学校がおこなってくれること、通学によりある程度のレベルの英語力を身につけられるなどのメリットがあります。インターンシップの海外での生活は、自発的に自分でスケジュールを立てて能動的に行動をしなくてはいけません。

しかし、語学学校に通うことによって、語学勉強とインターンシップの手配のスケジュールは学校側がプランを立ててくれるので、自分でスケジュールを組み立てる必要がなく、語学の勉強とインターンシップでの業務に集中することができます。インターンシップの手配をしてくれる語学学校は多数ありますが、主にオーストラリアやニュージーランドに多く見られます。これらの国は旅行者、ホームステイ体験者、語学留学など日本人が多く訪れるので、日本人向けのインターンシップの手配を請け負っている語学学校も数多く存在します。

インターンシップ留学をするには、語学学校に通いながらインターンシップをするとメリットがあります。語学学校のなかには、インターンシップを受ける人のためのプログラムが用意されている学校もあり、インターンシップ業務をこなすうえで、色々なサポートをしてくれます。

語学学校が提供するインターンシップのプログラムに参加するには、一定の通学、そして、学校である程度のレベルの英語力を身につけることが条件とされています。それらの条件を満たすことによって、学校側が責任を持ってインターンシップの準備をしてくれるというプログラムです。語学学校のプログラムに参加すれば、面倒なインターンシップの手配を語学学校がおこなってくれること、通学によりある程度のレベルの英語力を身につけられるなどのメリットがあります。インターンシップの海外での生活は、自発的に自分でスケジュールを立てて能動的に行動をしなくてはいけません。

しかし、語学学校に通うことによって、語学勉強とインターンシップの手配のスケジュールは学校側がプランを立ててくれるので、自分でスケジュールを組み立てる必要がなく、語学の勉強とインターンシップでの業務に集中することができます。インターンシップの手配をしてくれる語学学校は多数ありますが、主にオーストラリアやニュージーランドに多く見られます。これらの国は旅行者、ホームステイ体験者、語学留学など日本人が多く訪れるので、日本人向けのインターンシップの手配を請け負っている語学学校も数多く存在します。

グローバルな人材になろう!


海外では就活をするうえで必須条件となっているインターンシップ体験は、日本でも就活の一環として浸透しつつあります。特に海外でおこなうインターンシップ留学は、通常の海外旅行、語学留学、ホームステイと異なる新たな海外での体験として注目を集めています。

日本の多くの企業が提唱しているグローバル化は、インターネットの普及とともに急速に進行しています。日本の企業が次々と海外へ市場を広げ、日本国内でも企業の従業員に外交人がいることが珍しくなくなった現在において、企業が求めているのは外国人に負けないグローバルな人材です。

グローバルな人材とは、日本語以外の語学能力があり、日本人の価値観だけにとらわれない広い視野を持った人材のことです。国内にいるだけでは身につかないグローバルな思考を学習するために、インターンシップ留学はおすすめの制度といえるでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら