海外短期留学のメリットは何?人気の留学先はどこ? | スマ留

海外短期留学のメリットは何?人気の留学先はどこ?

海外短期留学のメリットは何?人気の留学先はどこ?

海外短期留学は、一般的に1週間から3カ月の期間といわれています。短い期間で留学するメリットはどこにあるのか、気になるという人も多いことでしょう。

そこで今回は、海外短期留学を考えている人のために、海外短期留学のメリットを紹介していきます。さらに、日本人に人気のある留学先についても紹介していきますので、留学先をどこにしたらいいのか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。海外短期留学は短い期間だからこそ、長期留学では得られないメリットがたくさんあります。

海外短期留学のメリットと人気の留学先をそれぞれ見ていきましょう。

海外短期留学のメリット1.英語力を試せる


海外短期留学のメリットのひとつしてあげられるのが、英語力の向上です。ここで、勘違いしてはいけないのは海外短期留学が必ずしも英語力の上達には結びつかないということです。

一般的に、英語力が上達するのは3カ月以上の期間が必要だといわれています。そのため、まったく英語が話せない人が短期留学できちんとした英語力を身につけたいと思っても難しいといえます。海外短期留学ではある程度の英語力がないと授業についていくことは厳しいです。

けれど、英語力がある人はすでに基礎的な知識を持っているため、短期間であっても英語力の向上に期待が持てます。英語レベルが中級から上級の人であれば、海外短期留学でさらなるスキルアップを目指すことも可能でしょう。

海外短期留学は、自分の英語力がどれくらいなのか気になるという人にとっても魅力的です。海外短期留学をすることで、今の実力がどの程度あるのかを試すことができるからです。日本でずっと英語を勉強していてある程度実力に自信があったとしても、実際に海外で通用するかどうかは行ってみないことにはわかりません。

海外短期留学を利用してネイティブとコミュニケーションがはかれるか、授業についていけるかどうかで実力を試すことができるでしょう。本当の自分の実力が分かれば、今後どのように勉強していけばいいかの目標が立てられ、モチベーションがアップします。人によっては、それが長期留学を目指すきっかけにもなるでしょう。

海外短期留学は、基本的に語学力アップには期待できないといわれがちですが、ある程度英語力を持っている人であればレベルアップにつなげることは可能です。さらに、海外生活をしながら自分の英語力を試したいという人にもメリットが大きいといえます。

海外短期留学のメリット2.学生ビザが必要ない


学生ビザの条件は国によって変わりますが、多くの主要国において1週間から3カ月までは学生ビザなしで留学することが可能となっています。先進諸国間では、基本的に観光や商用を主目的とした入国であればビザ免除での入国を可とする協定が結ばれています。海外留学の渡航先として多く選ばれている国々ではこの協定を結んでいるところが多いため、一般的な観光ビザで短期留学をすることができるのです。

留学先として人気の高いカナダやイギリスなどは、6カ月以内の期間であれば学生ビザなしで学校へ通うことが許可されています。

カナダの場合は、以前までであれば観光目的の一時滞在なら観光ビザも必要なくノービザでの滞在が可能でした。しかし、2016年3月よりビザを必要としない人に対して、「eTA(電子渡航認証)」の取得が義務付けられています。申請はインターネットから行え、問題がなければ5分程度で発行されます。手間はほとんどかからないため心配はいりません。

イギリスは厳密にいえば、留学を目的とする場合は短期学生ビザが必要となります。短期学生ビザは入国審査においてビザの査定が行われ、日本での手続きが不要です。取得は観光ビザと同じくらい簡単で手間がかからないので、特にデメリットに感じる必要はありません。

ほかにも、オーストラリアやニュージーランドでも3カ月以内の短期留学であれば学生ビザは不要となっています。オーストラリアではカナダ同様電子ビザを取得することで留学できます。ニュージーランドは、観光ビザ手続きが不要ですので、往復の航空券や希望する学校の入学手続きをすれば語学学校に通うことが可能です。

海外短期留学の場合、短期間であればビザ免除や手続きが簡単な電子ビザで海外へ入国できることが大きなメリットです。3カ月以上の長期留学では学生ビザが必須であり、これを取得するためには英文での成績証明書や財政証明書などさまざまな書類が必要になってきます。長期留学では申請時の手間と費用が思った以上にかかってしまう場合もありますが、短期留学であれば面倒な手続きは不要で申請料の節約にもつながります。

短期留学先を決める際のチェックポイント


まずは、留学にかかる費用を確認しておく必要があります。留学費用は留学先の国や地域によって大きく異なるため、あらかじめどのくらいの費用がかかるのか知っておくことはとても大切です。留学にかかる費用とは、授業料、滞在費といった基本的な費用はもちろんのこと、食費、光熱費、通信費、交通費、レジャー費といったものも含まれます。

特に、ニューヨークなどの大都市では物価も高く生活費が高くなりがちです。その点、小規模都市や田舎町などは物価が安いのが一般的なので、生活費を安くおさえることができます。留学にかかる費用をしっかりと計算して、資金面での不安を解消しておくようにしましょう。

留学先を決めるときには、都会がいいのか田舎がいいのか環境の違いに目を向けておくことも大事です。都会の場合、交通の便が良く留学期間中にさまざまなエリアに行き観光を楽しめるのが特徴です。さらに、たくさんの語学学校があることで世界中から留学生が集まるため、さまざまな国の人と異文化交流が楽しめるのが醍醐味となっています。

一方、田舎はというと、野外でのアクティビティが豊富にあり、そこにしかない伝統的な暮らしや文化を体験できることが特徴です。たとえば、アメリカのテネシー州では、広大な土地に広がる大自然のなかで、ロッククライミングや釣り、サイクリングなどを思う存分楽しむことができます。

毎週末の夕方には、野外でカントリーミュージックのコンサートが開かれることもあります。田舎の場合は日本人留学生が少ないということもあり、ネイティブに囲まれた環境のなかで集中的に語学を学びたいという人にも人気です。

短期留学先を選ぶときは、滞在方法についてもあらかじめ決めておく必要があります。ホームステイで海外の家庭生活に触れたいのか、ルームシェアで現地の友達と留学生活を満喫するのかなど、滞在方法で生活環境が変わります。自分の目的に合った滞在方法を選ぶことが大切です。学生寮を利用する人もなかにはいます。学生寮を利用する場合、滞在費はより安く済みますし友人を作るチャンスも多くなります。
学校のカリキュラムについてもチェックしておきましょう。カリキュラムをチェックすることで、留学期間中に何を学びたいのか自分の目的をはっきりさせることができます。

学校のレベルによっては、開校されるコースの種類やクラスのレベルが細かく分かれているところもあります。その点にも注目してみてみると、より自分の目的やレベルに合った授業を受けることが可能です。

学校の規模や学生数などもあわせて確認しておくと良いでしょう。

人気の海外短期留学先1.オーストラリア


日本から距離が近く飛行機で約7時間で着くオーストラリアは、時差も1時間程度です。日本から行きやすい国ということもあり、日本人に人気が高い留学先となっています。

オーストラリアでは、留学、インターン、ワーキングホリデーなど受け入れの幅が広いのが特徴です。インターンシップは日系企業も多くあるため、語学に自信がない人などにもハードルが低くなっています。ワーキングホリデーは、条件を満たすことで1年間の期間を延長することができるため特に日本人に人気です。留学をはじめ、さまざまな制度を利用して入国できることは日本人にとって嬉しいポイントといえるでしょう。

オーストラリアでは、留学の種類が多いこともメリットのひとつです。語学留学や専門留学、リフレッシュ留学など留学タイプの種類も豊富なため、より自分に合った留学プランを選ぶことができます。語学留学の場合、もともとオーストラリアが移民の多い国ということもあり、カリキュラムが充実しているのが特徴です。専門留学では、会計学やビジネス、看護師、デザインなどさまざまなコースから選ぶことができます。リフレッシュ留学は、語学に加えてスポーツやヨガ、ネイルなど自分が希望するアクティビティを体験できるものです。

オーストラリアでは、語学中心で留学するのかさまざまなアクティビティを楽しみながら留学期間を過ごすのか、自分に合ったプランを選べるのがメリットです。また、治安の良さや教育水準の高さに加え、大都市のシドニーやメルボルンといった魅力的な都市があることも人気の理由です。オーストラリアに留学する場合、シドニーやメルボルンに加えて、リゾートエリアのケアンズ、観光地として人気のブリスベンやゴールドコースト、オーストラリアで最も美しい街と称されるパースなど選べる地域は豊富です。

人気の海外短期留学先2.セブ島


リゾート地として有名なセブ島がなぜ留学に人気なのかというと、圧倒的に留学費用が安いことがあげられます。学校によって差は出ますが、3カ月で30万円程度に学費を抑えることも可能です。

セブ島では、基本的に学費に寮費や食費もつくのが特徴です。

留学費用は、アメリカの相場の約3分の1から2分の1となっています。さらに、日本からフィリピン(セブ島)までは距離が近く渡航費用もその分安く済みますし、滞在費や物価も日本と比べると安いです。セブ島では生活費の負担を最小限に抑えることができるので、お金に余裕がないという人や、長期留学に行く前のお試しとして留学してみたいという人に向いています。

セブ島では、実践的な英語を身につけられるため、短期集中型の語学留学に向いていることもメリットです。あまり知られていませんが、フィリピンは世界第3位の英語大国であり、2013年には世界で最もビジネス英語の能力が高い国に選ばれたことがあります。さらに、フィリピン留学やセブ島留学ではスキルアップが見込めるマンツーマン授業が主流です。そのため、短期間でもしっかりとした英語力を身につけることに期待が持てるのです。

マリンスポーツなどのアクティビティも楽しめるため、勉学とアクティビティでより充実した留学にしたいという人にも人気が高い渡航先となっています。

人気の海外短期留学先3.マルタ島


マルタ島は留学先としてはあまり知られていないですが、気候は温暖で治安も良く住みやすいことで、近年日本人にも人気が出てきている島です。

マルタ島の公用語はマルタ語と英語の2つです。なかにはイタリア語を話せる人もいます。さまざまな人種の人と言語を話す人であふれているマルタ島は、そこでしか体験することができない文化に触れられることが魅力です。マルタ島はヨーロッパの学生に人気が高く、海外留学生が多いのが特徴です。その分、日本人留学生が少ないため、ネイティブに囲まれた環境で短期間の間にしっかりと語学を学べることができます。語学を中心に学びたい人にも向いている渡航先といえるでしょう。

マルタ島はリゾート地としても有名なので、観光気分を味わえるということでも人気となっています。歴史が古く、さまざまな観光地を満喫できることが大きな魅力です。首都のバレッタは街全体が世界遺産として登録されていて、ピラミッドよりも歴史が古いとされる神殿などさまざまな歴史探訪を楽しめます。留学期間中に余裕があれば、古い史跡が立ち並ぶセント・ジュリアンや海外沿いにある街スリーマなどに観光してみるのも良いでしょう。

マルタ島の海水浴シーズンは5~11月なので、マリンスポーツを楽しみたいという人はその時期にあわせて行くのがベストです。

ヨーロッパが好きな人やヨーロッパに留学したいという人は、マルタ島への短期留学を検討してみましょう。

海外短期留学は楽しいのが一番!


海外短期留学では語学中心のプログラムはもちろんのこと、その国ならではのスポーツやカルチャーを体験できるプログラムも選ぶことができます。

自分の好きな趣味や興味のあるアクティビティを楽しみながら生活できるため、長期留学ほど緊張せずに臨めるのが特徴です。海外短期留学は海外にとりあえず行ってみたいという人や、お試しで留学してみたいといった理由で気軽に申し込むことができます。

気になる人は、この機会に海外短期留学を考えてみましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0800-805-8388


お電話での受付時間は、11:00〜19:00

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら