留学するなら!ニュージーランドの語学学校がおすすめ | スマ留

留学するなら!ニュージーランドの語学学校がおすすめ

留学するなら!ニュージーランドの語学学校がおすすめ

速いスピードで高いレベルの語学を身につけたいと考えている人にとって、一定期間海外生活を送る語学留学は有効な手段です。

しかし、漠然とした考えで留学先を決め、留学する目的を明確にせずに生活してしまっては、これといった効果を得ることができないまま帰国することにもなりかねません。充実した留学生活を送りたいと考えているなら、語学を学ぶ環境が整ったニュージーランドがおすすめです。

語学学校が豊富にあり、その中から能力に合ったコースを選択することができるため、自分のペースで学ぶことができます。

ここでは、留学がおすすめの理由や、ニュージーランドへの留学のポイントなどを解説します。

教えて!ニュージーランドの語学学校

ニュージーランドの人口は2017年3月時点で約476万人であり、いくつかの民族がともに暮らしています。

欧州系が約74%、原住民であるマオリ系が約14.9%、太平洋島諸国系が約7.4%、アジア系が約1.9%、その他の民族が約1.7%という構成です。

マオリ系の人々はマオリ語を使用していますが、民族の大部分を占める欧州系の人々をはじめ、その他の民族の人々はほとんどが英語を使用しています。

多くの国民が高い英語力を持っており、現地の人と積極的にコミュニケーションを図ることで早い上達が望めるといえるでしょう。

ニュージーランドは、日本の約4分の3にあたる27万534平方キロメートルほどの面積を有しています。

その各地に語学学校が点在しており、通学に不便を感じるということはほとんどありません。語学学校には、平日の通常授業がある日のほか、休日に自主学習や課外活動に参加する場合にも通うことになる場合もあります。

留学中は家と学校の往復が中心となるため、アクセスの良さは非常に重要なポイントです。「家や学校が駅などから遠くないか」「公共交通機関を使用する場合には乗り換えが不便でないか」といった点に注意することが大切です。

ニュージーランドは主要な都市にいくつも語学学校があるため、どこからでもストレスを感じることなく通学することができます。「どんな場所に住みたいか」「学校のほかにどんなことを楽しみたいか」など、自分の希望する生活スタイルによって住む場所を選ぶことも可能です。

このように、ニュージーランドには留学先としての魅力がたくさんあることから、世界中から多くの留学生が訪れます。

そのため、語学学校には留学生一人ひとりのニーズに合わせたさまざまなコースがあることが特徴です。たとえば、一般的な英語コースのほか、課外活動コースや試験対策に特化したコースなどがあります。

英語コースでは、英語のレベルを向上させることを目的とした授業が行われます。受講する留学生の語学力も多種多様であり、簡単な単語が分かる程度の超初級からネイティブとの会話も不自由なくこなせる程度の上級まで、幅広いレベルに合わせたクラスが用意されています。

自分に合った環境で、語学の学習に集中して取り組みたいと考えている人に最適なコースです。海外活動コースでは、インターンシップやボランティアなどを通して語学を習得します。

講師と学生が教室内で学ぶスタイルの授業だけではなく、環境を変えて学ぶ機会を設けることで語学への理解を深めることが期待できるのです。試験対策コースでは、TOEICやTOEFL、IELTS、ケンブリッジ英検などの英語に関する試験で高得点を獲得するために必要な知識を学びます。

これらの試験は日本の企業でも取り入れているところがたくさんあり、中には一定以上の点数を獲得することが昇進の必須条件としている企業もあります。

また、グローバルに活躍したいと考えている人にとっては、就職活動や転職活動の絶好のアピール材料にもなるでしょう。
これらのコースは、短期留学でも長期留学でも受講することができます。短期留学は1年未満という比較的短い期間滞在するものです。

普段学校に通っている人や仕事をしている人など、あまり長期の休暇を取得することができない場合にも留学することができるというメリットがあります。

また、今までに留学経験がないという人や、本格的な留学をする前に短期留学を経験したいという人にも最適な方法です。

しかし、語学力の上達には限界があります。履修する授業を増やしたり、学校の外でも他の留学生や現地の住民とコミュニケーションを図る機会を設けたりするなど、なるべく短期で語学を習得できるような工夫が必要です

。一方、長期留学は1年以上滞在しながら腰を据えて学ぶことができ、高いレベルの語学を習得するとともに、貴重な経験を積むこともできます。

学校や仕事を長期間休む必要がありますが、それが可能であれば大きな成果を得ることができる方法です。自分のライフスタイルや目標とする語学レベルに合わせて選択しましょう。

留学費用が比較的安く抑えられる!

学びたい言語が常に身近にある環境の中で過ごすことにより、効率よく語学を学ぶことができる語学留学。

高い成果を得られると同時に、多くの資金を貯金しておく必要があるとのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、ニュージーランドなら留学費用を抑えることも可能であるため、なるべく安い費用で留学をしたいと考えている方におすすめです。

まずは、留学にはどのような費用が必要になるのかを説明します。渡航前に必要な費用は、海外旅行保険やパスポート申請、ビザ申請にかかる費用、そして往復の航空券の代金です。

また、到着してからは食費や交通費といった現地での滞在費のほか、語学学校の学費がかかります。さらに、観光やアクティビティといった余暇を過ごす際にかかる費用を準備しておくことも忘れてはいけません。

これらの費用はどこの国へ留学したとしても同様にかかるものですが、ニュージーランドは滞在費と学費を安く抑えることができます。

ニュージーランドで最も利用者が多いバスをはじめ、フェリー、タクシーなどの公共交通機関の運賃は比較的安く設定されています。日本と違ってニュージーランドでは鉄道路線はそれほど多くありません。

大都市内で短い区間を運航しているほか、一部の郊外都市を結ぶ路線が存在するのみとなっています。本数も少なく、運賃も日本と比較してもそれほど安いとはいえません。

それに対してバスは、1日に運航する本数が大変多く、多数の路線が国中を網羅しています。

しかし、駅よりもバス停は数が多く、路線も複雑であるため、初めてニュージーランドで生活する留学生にとっては注意が必要です。コンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入できる路線図や時刻表を入手しておくなどの対策を取る人もいます。利用方法は日本のバスとそれほど大きな違いはなく、慣れてしまえば移動手段の中心となるでしょう。

通学やちょっとした外出、さらには長距離の移動まで、安く便利に利用することができます。

また、留学中は語学学校の寮やアパートに住んだり、ホームステイをしたりすることが一般的ですが、ニュージーランドはその際にかかる費用も安いことが特徴です。

滞在期間が長くなればなるほど必要になる滞在費を抑えることができれば、経済的な不安なく、集中して語学学習に専念することができます。

知りたい!ニュージーランドの都市4つ

語学の習得に適した環境であることから、留学先として人気を誇るニュージーランド。その中でも特に以下の4つの都市がおすすめです。
・オークランド
・ウェリントン
・クライストチャーチ
・クイーンズタウン
島国であるニュージーランドは、都市によってまったく異なる景観を有していることが大きな特徴です。

沿岸部には美しいビーチや港を望むことができる都市が多く、島の内陸部にはニュージーランド固有の動物や植物が生息する山や森に囲まれた都市があります。また、いくつか火山も存在するニュージーランドには、温泉地があることも有名です。

それぞれの都市について、以下の段落で概要や魅力について詳しく解説していきます。

ニュージーランド最大の都市!オークランド


ニュージーランドは北島・南島と呼ばれる主要な島と、その他の小さな島から構成されています。その北島の北部にある都市がオークランドです。

市内の人口は約160万人であり、オセアニア屈指の大都市であると同時に豊かな自然を味わうことができるでしょう。かつてはニュージーランドの首都として、経済的にも政治的にも重要な役割を持っていました。

人口の半数近くを海外からの移住者が占め、多民族が暮らす街としても有名です。
日本からの直行便はすべてオークランドに到着し、そこから国内の主要な都市へアクセスすることができます。

日本では見ることのできない珍しい生物も多い水族館、ケリー・タートルン・アンダーウォーター・ワールドや、オークランド動物園といったエンターテインメント施設も有名です。

一方で、市内の美しいビーチや、フェリーで数時間以内に行くことができる離島などでは海を満喫することができます。「火山の街」ともいわれるように、市内にはマウント・イーデンなどの多数の死火山もあり、その付近では溶岩石やクレーターなどを観察することも可能です。

ポリネシア最大の人口を有する国でありながら、海や山で自然に触れることもできることが魅力であるといえます。

ニュージーランドの首都!ウェリントン


北島の最南端に位置するウェリントンは、現在のニュージーランドの首都として政治の中心地です。

かつての首都はオークランドでしたが、地理的に国の中心であるという理由からウェリントンが首都に選ばれたという歴史があります。オークランドに比べ人口もそれほど多くなく、街の大きさもこぢんまりとした印象です。

世界で最も多くの人に読まれているガイドブックのひとつ、ロンリープラネットによって「世界一魅力的な首都」にも選出されました。美しい湾岸と緑豊かな丘陵地帯に挟まれた都市で、その景観を求めて多くの観光客が訪れるのもうなずけます。

海の近くにはたくさんの船やヨットが浮かぶ港を望むことができ、少し海から離れると豊かな森が広がっています。海や山でアクティビティを体験したり、ウォーターフロントと山道を散歩したりするには最適な都市です。

また、ウェリントンは歴史的にも貴重な見どころが豊富にあります。ヴィクトリア時代の風景が再現された街並みや、豪華なアール・デコ調の建築物は街のいたるところで目にすることができるでしょう。

かつて使われていた醸造所や身分の高い人の邸宅なども観光名所となっています。また、意外と知られていないことですが、ウェリントンはフラットホワイトという種類のコーヒーの発祥の地であるといわれています。昔ながらのカフェで、濃い深みのあるフラットホワイトと飲み慣れたカプチーノを飲み比べることも可能です。

歴史好きにはたまらない場所となるウェリントンは、市内にある博物館や美術館の多くが無料であることもうれしいポイントです。

人類が住み始めてから、原住民のマオリ族が独自の文化を発展させて、現在のニュージーランドが建国されるまでの長い歴史を感じることができます。無料とは思えない規模の館内に数多くの展示物が並ぶ博物館や美術館は、留学生がニュージーランドの歴史を学ぶのに最適です。

これほどまでに魅力にあふれる都市でありながら、アジア人の留学生は、まだそれほど多くありません。

そのため、いわば留学の穴場スポットともいえます。特に日本人留学生が周りにいないことは、英語を学ぶ際には良い環境であるといえます。せっかく海外に留学しているのに、会話をするのがほとんど日本人留学生ばかりではあまり上達は望めません。

人種も考え方も異なる人とコミュニケーションは、時には、ちょっとした言い争いや意見の食い違いに発展することも十分にありえます。

こうしたことを経験しながら試行錯誤を重ねていくことで、語学力が身につくだけでなく、国際交流や異文化交流を深めることにもつながるのです。

南島最大の都市!クライストチャーチ


美しい庭園が市内に点在しており、別名「ガーデンシティー」と呼ばれることもあるのがクライストチャーチです。

庭園の中にたたずむヴィクトリア様式の建築物「モナベール」や、食用植物を観察するツアーもあるクライストチャーチ植物園など、観光名所も多数あります。また、600を超える数の公園は、市民同士の交流を生む貴重な憩いの場です。

ニュージーランドも日本と同様に四季があります。さらに、ニュージーランドは1日の中でも四季があるといわれており、数時間ごとに天気が変わる日や、朝晩の気温差が激しい日も珍しくありません。

庭園や公園では、季節ごとにさまざまな花が植えられ、まったく異なる風景を見ることができます。1日の中でめまぐるしく姿を変える自然を眺めることもできるのです。

勉強に観光に、留学中は忙しい日々を送ることになります。時には日常を忘れてゆっくりと過ごすことも必要かもしれません。

癒しの空間が多いクライストチャーチですが、アクティビティが盛んな都市でもあります。冬には山間部でスキーやスノーボードを楽しむことができるスキー場や、豊かな緑を活かしたゴルフ場も有名です。

また、崖から真っ逆さまに落ちるスリルを味わえるバンジージャンプを体験できます。クライストチャーチの市民は親日家が多いことが特徴です。

語学学校の外でも積極的に住民と会話をしてみたい人にとっては、コミュニケーションを図るチャンスとなるでしょう。

山と湖に囲まれた街!クイーンズタウン


南島の内陸部にあるクイーンズタウンは、ワカティブ湖と山々が織りなす景観が美しい都市です。

透明度の高い海と白い砂浜のコントラストが美しいビーチとはまた違った、神秘的な雰囲気を醸し出す湖は、クイーンズタウンの代名詞ともいえます。クイーンズタウンは、数百年前にショットオーバー川で金脈が発見されてから、人口が大幅に増加し、ゴールドラッシュ期を迎えました。

しかし、金が枯渇し採掘されなくなると急激に人口は衰え、現在では採掘場や工場はすべて閉鎖されています。

クイーンズタウンから数十分ほどで行くことができるアロータウンは、ゴールドラッシュの時期に栄えた地として歴史的建造物がたくさん残されています。
現在のクイーンズタウンは、毎年多くの観光客が訪れる世界的にも有名な観光地です。

豊かな自然と独特の風景を活かしたさまざまなアクティビティを楽しむことができます。内陸部に位置するこの都市は、1年間の気温差が大きい四季のはっきりした気候です。

真夏は30度を超える日も多く、冬は氷点下に達する日も珍しくありません。山間部の大きなスキー場では、スキーやスノーボードなどの冬ならではのスポーツも盛んに行われています。また、季節を問わず1年中楽しめるアクティビティも豊富です。

クライストチャーチでも体験することができるバンジージャンプは、この地で発祥したともいわれています。

また、スカイダイビングに挑戦する観光客も後を絶ちません。スカイダイビングは、ヘリコプターや航空機で高度数千メートルまで上昇し、そこから飛び降りた後パラシュートを開いて地上までゆっくりと降りていきます。

山と湖に挟まれた街を空から観察する、貴重な体験となるでしょう。ワイヤーを足に固定し、崖の上に設置されたジャンプ台から飛び降りるキャニオンスイングも、ここでしか味わえないスリルを体験できるとして人気のアクティビティです。命綱がゴムであるバンジージャンプと違い、落下した後は体が振り子のように前後左右に大きく揺れます。

これらのアクティビティを通して英語を学べる、留学生を対象としたコースがあるのもクイーンズタウンの特徴です。

夏には青々と茂る森が、秋には温かみのある紅葉に変わり、冬は雪ですべて真っ白に覆われる様子を肌で感じながら英語を身につけることができます。語学レベルの向上が期待できるとともに、豊かな感受性も養うことができるといわれています。

自然にあふれたクイーンズタウンは、全体的にゆったりと時間が流れる、ほのぼのとした雰囲気の街です。落ち着いた環境で学びたい人にとって最適な都市でしょう。

【短期留学】英語に耳を慣らすことに集中しよう


短期留学では、短い期間でできるだけ語学の上達を目指す必要があります。そのためには、英語に慣れることに重点を置きましょう。

語学留学では、語学学校の授業中だけでなく普段の生活の中でも常に英語を耳にすることができます。日本で暮らしているときよりも、格段に英語に触れている時間が多いため、英語に耳を慣らすための絶好のチャンスです。

英語力を身につけるには、学校に通ってしっかり授業を受け、そこで習ったことを忘れずにいることが大切です。

しかし、それだけでは自分の身になったとはいえません。学校で習うことは単語や文法などの知識、コミュニケーションの取り方などのノウハウをインプットすることが中心となります。インプットした知識やノウハウを実際に使えるようにするためには、アウトプットの作業が重要です。

他の留学生や現地の友だちと積極的に触れ合う機会を設け、コミュニケーションを通して実践力を磨くことでアウトプットができるようになります。

ニュージーランドの各都市でアクティビティを楽しんだり、少し足を延ばして旅行をしたり、ネイティブの人たちとともに海外生活を満喫することがおすすめです。さらに、留学後もより多くの英語を聴くことを意識し、英語耳を養うことが大切になります。

日本に住んでいても、映画や英字新聞、テレビ番組などで英語に触れることは十分に可能です。せっかく留学中に英語学習をしても、しばらく触れない期間があると次第に耳は英語を忘れていきます。そうならないためには継続して英語に触れる環境に身を置くことが重要です。

英語を耳に鳴らすことができたかの確認は、「自然と聞こえてくる英語が理解できるか」を目安にすると判断しやすくなります。

生まれてからずっと使用している日本語であれば、周囲の人の会話やテレビの音声などを知らず知らずのうちに理解している人がほとんどではないでしょうか。

日本語と同様に、耳に入ってくる英語の内容が意識せずとも理解できるようになれば、耳が英語に慣れたといえます。

【長期留学】英語をバランスよく身につけよう

長期留学の場合は、何よりも英語をバランスよく身につけることが大切です。

英語を話すために求められる能力は、リーディングやライティング、リスニング、スピーキングなどがあります。この中でどれかひとつでも欠けていると、いくら他に突出した能力を持っていても意味がありません。日本の英語教育では、リーディングとライティング、リスニングに重点が置かれているといわれています。

中学校や高等学校での英語の授業で、教科書を読んだり英作文の書き方を学んだりした記憶がある人も多いかもしれません。また、学校によってはCDなどの教材を使用してリスニングの授業が行われることもあります。

入学試験では、長文読解や和文英訳、リスニングなどの問題が出題されることがほとんどです。こういったことから分かるように、日本でしか英語教育を受けた経験がない人の多くは、スピーキングの能力が身につけられていません。

総合的な英語力を学ぶことができる語学学校では、スピーキングを養うための授業を受けることができます。必要な能力をバランスよく身につけることが上達のカギとなることを意識しましょう。
長期留学の場合、モチベーションを維持することも大切です。初めのうちだけ意欲的に活動に取り組んでいたものの、長く滞在しているうちに当初の熱意を失ってしまう人も多くいます。

渡航前から明確な目標を定め、それを定期的に思い出すような工夫が必要です。また、忙しい生活に追われて疲れがたまったり、体調を崩したりすることでモチベーションを維持できなくなる可能性もあります。

留学中に目標を見失わず、充実した生活を送るためにも定期的にリフレッシュを図り、精神的にも良好な状態を保つことが大切です。

ニュージーランドで語学を学ぼう!

ニュージーランドは、語学を学ぶのに最適な環境が整っているため、留学生の目的や希望に合った留学をすることができます。

こういった場所での留学は、語学力の向上を目指す人にとって大変貴重な経験となるでしょう。

語学留学で大きな成果を得るためにも、ニュージーランドの語学学校に入学することを検討してみてはいかがでしょうか。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

ダイナミックな絶景とたくさんの動植物達との出会いに癒される国「ニュージーランド」

日本の7割ほどの国土に「地球の箱庭」とよばれるほどの壮大な大自然がぎゅぎゅっと詰まっているニュージーランドは世界中の人々を魅了しています。南半球に位置しますが、歴史的背景からイギリス文化が色濃く残る国でもあり、イギリスにいるかのような優雅な雰囲気も味わえます。物価も日本の3分の2程度、安全な国の一つでもあり治安も良好で、住みやすい国でもあります。

ニュージーランド留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0800-805-8388


お電話での受付時間は、11:00〜19:00

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら