アメリカの大学に留学したい!利用できる奨学金は? | スマ留

アメリカの大学に留学したい!利用できる奨学金は?

アメリカの大学に留学したい!利用できる奨学金は?

アメリカに留学したいと思っていても、お金がなくて諦めている人も多いことでしょう。学資不足で留学が困難な場合には、奨学金を利用するのがひとつの方法です。

アメリカ留学で利用できる奨学金はいくつかあり、条件もさまざまあります。奨学金によっては成績優秀者以外でも使えるケースがあるため、制度について詳しく知っておくことが大切です。

今回は、アメリカの大学に留学したいがお金がないという人のために、アメリカの大学に留学するために利用できる奨学金について解説していきます。アメリカ留学ではどのような奨学金が利用できるのか詳しく見ていきましょう。

留学生が使えるのは返済不要の奨学金


アメリカの大学は日本よりも学費が高いといわれています。実際に、アメリカの学生も私立大学への進学が資金的にむずかしいといった理由で、州立大学へ進学する人も少なくありません。

アメリカの大学では、学資不足が理由で教育の機会を失ってはならないというのが基本的な考えが一般的です。

そのため、学資不足に悩む学生を救うために連邦政府や州政府、大学はさまざまなファイナンシャルエイドを提供しています。

ファイナンシャルエイドとは、学費負担を軽減するために設けられた金銭的な支援制度のことです。アメリカでは3人に2人の大学生が、それぞれの条件に合ったファイナンシャルエイドを受けながら大学に通っています。ハーバード大学では、実に7割もの学生がファイナンシャルエイドを得て大学に通っているといわれているのです。

ファイナンシャルエイドは、奨学金を返す必要のある「ワークスタディ」と「ローン」、奨学金を返す必要のない「グラント」と「スカラシップ」に大きく分けられます。

ワークスタディは、学生が在学中にアルバイトをしながら奨学金を返済していくもので、連邦政府が援助している制度です。

ローンは、いわゆる貸与型です。卒業まで金利なしという優遇金利ローンで、連邦政府、州政府、各大学、民間の銀行などさまざまな機関が提供しています。

グラントは、成績が優秀な学生や経済的に大学進学がむずかしい学生に与えられるもので、返済不要の奨学金として連邦政府や州政府から支給されます。

スカラシップは、各大学から支給される返済不要の奨学金です。

これら4種類の奨学金のうち、ワークスタディとローン、グラントは留学生対象外です。留学生が対象となるのはスカラシップのみになります。

スカラシップには、優れた学生を対象とした「メリット型奨学金」と学費不足を補う学生を対象とした「ニード型奨学金」の2種類あります。それぞれ条件が大きく異なるため、アメリカの大学に奨学金を使って留学したいという場合は、スカラシップの仕組みを詳しく知っておくことが何よりも大切です。

メリット型奨学金は5種類


メリット型奨学金は、「アカデミック奨学金」「アスレチック奨学金」「アート系奨学金」「リーダーシップ奨学金」「インターナショナル奨学金」の5種類あります。

アカデミック奨学金は学業優秀者が対象で、アスレチック奨学金はスポーツに優れている学生が対象です。

アート系奨学金は、音楽や美術、演劇といったアート関連のジャンルに優れている学生が対象となります。

リーダーシップ奨学金はボランティアや部活動などでリーダーシップを発揮した学生が対象です。

そして、唯一留学生を対象としているのがインターナショナル奨学金となります。

種類を見てわかるように、メリット型奨学金を受けるためには、勉学やスポーツ・芸術分野、リーダーシップ能力があるなど、なにかひとつでも秀でている能力があるかどうかが重要です。アメリカの大学にメリット型奨学金を利用して行きたいというのであれば、「自分の強みを大学にしっかりと伝えること」「それを正当に評価してくれる大学を探すこと」がポイントになります。

特に、「自分の能力を評価してくれる大学を探すこと」は重要です。アメリカの多くの大学では、在校生の高校時代における成績の情報を公開しています。それを参考にしつつ、自分に競争力がありそうな大学を選ぶと良いでしょう。

自分がこれまでに学んできたことが認められれば、メリット型奨学金を受けられる可能性は高くなります。アメリカの大学の場合は、自分の学力ではメリット型奨学金を受けられないかもしれないといったように悲観的になる必要はまったくないのです。

メリット型奨学金を本気で目指したいとなったときに、「どのくらいの奨学金がもらえるか」が気になるという人も多いでしょう。

実は、メリット型奨学金は実際に合格するまでははっきりとした額はわかりません。なぜなら、メリット型奨学金の額は大学側が対象の学生をどの程度欲しいと思っているかで決定するからです。支給される額は1000ドルから2万ドルまで幅広く、特に優れた学生であれば学費が全額免除されるケースもありますし、入学してからも良い成績を維持すれば卒業まで支給が続くというケースもあります。

具体的にどのように評価されるのかについては、その基準を明記している大学もなかにはあります。たとえば、音楽専攻で優れた演奏力をもつ学生には年間3000ドル。GPA(成績の平均値)の点数が3.5以上でTOEFLテスト(英語を母語としない学生が受けるテスト)のスコアが100以上の学生は年間5000ドルなどです。

奨学金は連邦政府から支給される種類がもっとも額が多いといわれています。しかし、スカラシップのメリット型奨学金は場合によってはそれと同等の援助を受けることも不可能ではありません。留学する際に少しでもお金の負担を減らしたいという場合は、メリット型奨学金を目指すのが適切です。

ニード型奨学金の条件とは?


ニード型奨学金とは、家庭の収入で学生の学費を全額支払うことがむずかしいとされた場合に、その不足分を補うために支給される奨学金のことです。

大学の学費とは、授業料、寮費、食費、教材費、交通費、保険料などをすべて含めた金額のことです。これらを1年間で合算したものを、アメリカではコスト・オブ・アテンダンスと呼び、コスト・オブ・アテンダンスから奨学金の額を差し引いた金額をネットプライスと呼びます。

このネットプライスとは、実際に大学に支払う費用のことです。ニード型奨学金では、各家庭で1年間にどのくらい学費を負担できるかを明確に算出され、負担できる学費の上限額をEFC(期待家族貢献額)とします。そして、EFCの額がコスト・オブ・アテンダンスを下回った分の差額がファイナンシャルニードです。

ニード型奨学金は、このファイナンシャルニードの一部を大学が負担するという仕組みです。EFCの算出額は、大学独自の基準で算出されます。

このように、ニード型奨学金は各家庭の経済状況で奨学金の額が大きく変わるのが特徴ですが、実は奨学金の額を決定するものはそれだけではありません。

合格者のなかでも上位で合格した人と下位で合格した人では、たとえファイナンシャルニードの規模が同じであっても実際に大学が負担する額には差が出ます。ニード型奨学金を受けられる学生のファイナンシャルニードをすべて大学が負担するわけではなく、あくまでも一部です。

さらに、そこから成績などによって「どの程度負担するか」を各大学が判断するのです。そのため、メリット型奨学金のように学業優秀であれば卒業まで支給されることもあります。ニード型奨学金が充実している大学では無条件にファイナンシャルニードを100%負担する大学もあります。

ニード型奨学金を目指すのであれば、ニード型奨学金が充実している大学を選ぶのがベストです。

ニード型奨学金を受けるためには、学資不足であることを確実に証明しなければなりません。大学に提出する書類の数は多く、条件や記入項目なども細かく記載する必要があります。また、親の収入やローンといった家計状況をすべて明らかにすることが求められるため、申請に必要な書類を準備するだけでも手間がかかります。提出する書類はもちろんすべて英語でなくてはなりません。ニード型奨学金を利用したいという場合には、まずは必要書類を銀行などに早めに申請しておくことが重要になります。

ニード型奨学金を目指す際に注意したいのは、申請に手間がかかるということと審査が厳しいということです。ニード型奨学金は、申請すれば必ず支給されるというものではありません。各大学のホームページには、一般的にかかるコスト・オブ・アテンダンスの金額が記載されているのでそちらを確認しておきましょう。

また、ネットプライスが計算できるサービスを各大学のホームページで提供している場合があります。ネットプライスはあくまでも目安となりますが、目的の大学に入学した際にどの程度の奨学金が期待できるかといった大まかな情報を知ることが可能です。

なぜ?留学生向けの奨学金で返済が不要なの?


学生が受けられる奨学金はさまざまありますが、留学生を対象としたものはごくわずかです。留学生を対象としている奨学金制度を実施しているのは主に大学です。なぜアメリカの大学が返済不要の奨学金制度を設けているかというと、返済不要の奨学金を出してでも優秀な学生に来てもらいたいという強い気持ちがあるからです。

アメリカはもともと移民の国でさまざまな人種の人がいますし、もちろん留学生も世界各地から集まっています。人それぞれで考え方や価値観が異なることを知っていますし、より多くの人と交流することで新しい考え方や価値観が生まれてくると考えているでしょう。

そのため、どの国の留学生であっても優秀な学生にはできるだけ多く来てもらいたいと思っているのです。

その意思がわかりやすく表れているのが、アドミッションズ・オフィスになります。アメリカでは、入学の合否と奨学金審査はアドミッションズ・オフィスと呼ばれる部署が担当します。この部署は日本の大学入試のように成績や試験の結果のみで合否を判断することはないですし、英語力が乏しいからといって落とすことはしません。

また、アドミッションズ・オフィスには留学生を担当する部署も設けられていて、そこにいる人たちは自分の大学へ迎えたい学生を求めて積極的に各国を回っています。それほどまでに、アメリカの大学では多様性を認める土壌が日本よりもはるかに定着しており、あらゆる国の学生を迎え入れることに抵抗がないのです。

スカラシップを受けるための流れ


メリット型の場合は、基本的に申請が不要な場合が多い傾向です。大学に願書を提出すれば、そのあとに奨学金を受けられるかどうかがわかります。

ニード型の場合は、願書を提出するときに一緒に奨学金の申請を行います。願書を提出する時期に必ず同時に申請を行わないと、手続きが間に合いません。入学してからではニード型奨学金の申請は受け付けてもらえませんので注意してください。

ニード型に必要な書類は、申請書と証明書が主です。証明書は親の年収がわかるものに限ります。源泉徴収票や確定申告書、納税証明書、雇用主からの支払い証明書、銀行の残高証明書などを提出するのが一般的です。

アメリカの大学に願書を提出する際には、入学に必要となる書類も一緒に提出しなければなりません。主に、GPA(高校の成績)、エッセイ、推薦状、課外活動、テストスコアなどです。GPAは3年間学んだすべての科目の成績が記された英文のものを用意します。アメリカの大学の入学審査でもっとも重要視されるもので、日本の大学から編入する場合にはGPAと大学の成績証明書もあわせて提出する必要があります。

エッセイは、自分のことや大学に対する熱意を伝えるための重要な自己紹介文です。私立大学では特に重要視されます。

推薦状は、一般的に2通提出を求められることが多い傾向です。学力のみでは判断がつけがたい志願者が複数いた場合に、推薦状で比較されることがあるため、担任の先生や信頼できる先生に書いてもらうようにしましょう。課外活動は、クラブ活動や生徒会、ボランティアといったものが当てはまります。テストスコアは、SATやACT、TOEFLといったスコアの提出が求められます。SATやACTはアメリカの高校生向けの学力テストなので、英語を母語としない留学生の場合はSATの提出を任意もしくは要求しない大学がほとんどです。

留学生には、TOEFLのスコアの提出のみ求められるのが一般的ですが、名門校や難関校はSATの提出を条件としている場合もあります。

アメリカの大学では日本のように入試といったものは存在しません。そのため、これらの書類を審査して入学基準を満たしているかを判断し、すべての種類を提出したら面接の流れとなります。

ニード型奨学金を受けるためのポイントはエッセイ


アメリカの大学は成績のみで審査を行うわけではないため、たとえ学業に自信がなくても、エッセイや課外活動、推薦状などで自分がどのような学生であるかをアピールすれば問題ありません。

なかでも、ニード型奨学金の合否を左右するといっても過言ではないのがエッセイです。「ニード型奨学金を受けられるかどうか」はエッセイでどこまで自己アピールできるかが重要になります。

自分が「どんな人間でこれまでどのようなことをやってきたのか」「過去の失敗からどのようにして立ち直ったか」などを掘り下げてまとめることが大切です。文字数は500ワード程度にまとめるのが一般的です。

書き方は、とにかく自分の持ち味を自分の言葉で書くことがポイントになります。例文を参考にするのはもちろん良いですが、そっくりそのままうつしてしまってはこの大学へ留学したいという熱意は相手に伝わることはないでしょう。

奨学金で提出するエッセイは、構成の仕方や英語力を試されるものではありません。英語が得意でないという人は、無理をしてむずかしい英単語を使う必要はないのです。「自分が他の人とは違う要素を持っていること」「どうしても留学したいという気持ち」などを自分なりの言葉で書くようにしましょう。

エッセイの内容によっては、成績や英語力などでマイナスとなったものがカバーされる可能性もあります。奨学金を得るためにはおろそかにできないものなので、じっくり時間をかけて作成することが大事です。

ニード型奨学金でアピールできるポイントとは?


学生に対し多様性を重視しているアメリカの大学では、自分では特にたいしたことがないと思っていることでも立派なアピールになるケースが多くあります。それが課外活動です。

ニード型奨学金では、「アート系の活動」「クラブ活動でのリーダーシップ」「ボランティア活動」などが大きく評価されることが多い傾向です。たとえば、「子どものころからピアノを習っていた」「美術クラブに入っていた」「コンクールで受賞した」「展覧会で入賞した」といったアート系の活動は十分自己アピールになります。

クラブ活動でのリーダーシップなどは、自分は当てはまらないと感じる人も多いかもしれません。しかし、リーダーシップとは生徒会長や学級委員長だけではなくクラブ活動において、自分が行ったことがきっかけでクラブの予算が増えたといったことだけでもかまわないのです。

アメリカの大学では、身の回りにあった小さな出来事が評価されることも少なくないため、どんなことでもアピールポイントになりえます。

もちろん、ボランティア活動も同じです。むしろ、アメリカは人の役に立つボランティア精神が大切にされますので、積極的にボランティアに参加していればより良い印象を与えることが期待できます。ゴミ拾いや施設の手伝いなど地域で行われている小規模の活動でも有利に働くことがあります。

このようなアピールポイントは、日ごろからの積み重ねが大切です。好印象を与えられる要素を増やして、奨学金が受けられる可能性を高めましょう。

その他の奨学金制度1.グルー・バンクロフト基金


グルー・バンクロフト基金は、60年以上に渡ってアメリカの一流リベラルアーツ大学を目指す学生を支援している団体です。

応募資格は日本国籍を有していることをはじめ、学校教育法による正規の高等学校第3学年に在学中で応募時の年に卒業見込みのある者です。また、応募資格に該当する高等学校を過去1年以内に卒業した者などがあります。

募集人員は、奨学金合格者2名と留学支援対象者5名程度となっており、期間は4年間です。奨学金の給費内容は、5万米ドルを4年間支給(授業料全額免除の場合には、4年間に生活費を1万米ドル支給)を1名になります。

また、500万円を4年間支給(授業料全額免除の場合には、4年間に生活費を100万円支給)は1名です。返済義務はなく、渡航費は支給されません。応募時期は、その年で変わるので確認してください。

なお、グルー・バンクロフト基金では、在学生に対して卒業生からさまざまな支援を受けることができるのが特徴です。在学中に定期的に基金の関係者が大学を訪問して先生やアドバイザーと面談を行ったり年に数回の交流会を行ったりと、卒業後の進路などのサポートにも力を入れています。

その他の奨学金制度2.柳井正財団海外奨学金


柳井正財団海外奨学金では、米国のトップレベルの教育機関への進学を目指す学生に対して奨学金を支給しています。

主に、グローバルに活躍できるリーダーの育成を目的としており、学生が将来的に世界の第一線で活躍できるようにさまざまな支援を行っています。
主な応募資格は、主に下記の通りです。
・リーダーとしての資質を持っているか
・奨学金プログラムの対象となる大学(コロンビア大学やハーバード大学など)に入学できる学力を持っているか
・奨学金プログラムの対象となる大学での勉学に支障がない英語力があるか(TOEFL iBT最低90点程度が目安)
・日本国籍があること
・原則20歳以下であること
・他に奨学金を受給していないこと

募集人員は20名程度、期間は原則4年間です。給費内容は、4年間で最大7万米ドルが支給され、返済義務はありません。渡航費は支給されず、願書の受付期間はその年で変わります。応募する際は、事前に必ず確認しておきましょう。

その他の奨学金制度3.海外留学支援制度


海外留学支援制度は、日本の高等学校等を卒業後に、学士の学位取得を目指して海外の大学に留学する学生を対象に日本学生支援機構から支給される奨学金になります。応募資格は、主に下記の通りです。
・留学期間終了後に将来的に大学や研究機関などで国際競争力の強化や国際社会への知的貢献に役立つ教育研究を行う意思があるか
・留学期間終了後に国際機関などで職員として国際貢献に役立つ意思があるか

留学期間終了後に関する取り組みも資格として含まれているのが特徴です。

そのため、応募する前に留学後のビジョンが明確になっている必要があります。また、英語能力や語学能力試験では、TOEFL iBTの特典が72点、もしくはIELTS5.5以上であることが定められています。この点数は、希望する留学先の大学が求める英語能力にかかわらず必ず上記基準を満たしていることが条件です。

海外留学支援制度では応募資格がこの他に全部で11項目あり、すべての要件を満たした人にのみ支給されます。

募集人員は、その年によって変わります。期間は原則4年を限度としており、給費内容は奨学金と授業料が支給されるのが特徴です。奨学金は月額5万9000円から11万8000円程度(留学先で支給額は異なります)、授業料は1万米ドル相当までは実費額を支給とし、それを超える場合は予算の範囲内で追加支給されます。上限は250万円としています。海外留学支援制度の応募期間は年度によって異なりますので、応募前にしっかりと確認しておくことを忘れないようにしてください。

諦めないでまずは申請してみて!


奨学金は実際に申請してみないと受けられるかどうかはわからないため、成績や英語力がないからといって申請する前から諦める必要はありません。

たしかに、奨学金によっては定員数も少なく難易度が高いケースはあります。しかし、アメリカの大学では日本とは異なり成績や試験の結果のみで判断しない傾向です。

大学へ留学する意思が本物ならエッセイや課外活動などで審査員の心を動かすことも可能でしょう。

奨学金が利用できれば、経済的にむずかしかった留学も夢ではありません。まずは、申請してみることが大切です。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら