オーストラリアで語学留学!留学の方法と種類 | スマ留

オーストラリアで語学留学!留学の方法と種類

オーストラリアで語学留学!留学の方法と種類

海外で日常生活を送ることで、学びたい言語に常に触れることができるのが語学留学の強みです。

日本国内で語学を学ぶより、速いスピードで高いレベルの語学力を身につけることが期待できるといわれています。こういった効果があることから、日本からも英語圏を中心としたさまざまな国へ留学する人が増えているのです。中でもオーストラリアは教育水準が高いため、語学留学先として多くの注目を浴びているほか、ワーキングホリデーを利用して渡航する人も多い国です。

オーストラリアへの留学を考えている人を対象に、語学留学の注意点や特徴、語学学校を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

オーストラリアで語学留学可能なビザ1.学生ビザ


学生ビザとは、3カ月以上オーストラリアに滞在し、現地の教育機関に通うことを目的に渡航する場合に申請するビザです。政府が認定している教育機関に通うことが条件となっており、語学学校や大学、専門学校、TAFEなどが含まれます。

TAFEとは、Technical and Further Educationの略称であり、州立高等職業訓練専門学校と訳されます。国の経済状況や時事ニュースなどを踏まえた、時宜を得たカリキュラムを学ぶことができるのが大きな特徴です。学内の設備には最先端のテクノロジーが取り入れられ、さまざまな分野のスペシャリストである講師の講義を受けることができます。
学生はほとんどがオーストラリア出身者ですが、留学生を対象としたコースもたくさんあります。就職活動や転職活動への強い武器になるとして、現地の学生だけでなく留学生からも注目を浴びている教育機関です。

就学期間に制限はなく、滞在中何年でも就学できるほか、この学生ビザではアルバイトも許可されています。

オーストラリアの学生ビザは、語学学校の受講期間に加え、さらに1カ月期間が延長されて発給されるため、卒業してからの1カ月は自由に過ごせることも特徴です。学生ビザは、現地での就学を中心に、通学に支障のない範囲でのアルバイトとオーストラリアの観光を楽しむことができるビザになります。
就学の期間に関しては無制限ですが、滞在期間については3カ月以上との条件が設けられているため、注意が必要です。3カ月以内の短期留学を希望する場合はETASを取得することになります。ETASとは、Electronic Travel Authority Systemの略称で、90日以内の観光や商用目的の渡航の際に申請する電子ビザです。

オーストラリア大使館のホームページにアクセスし、インターネット上で手続きができるため、短期間で取得することができるというメリットがあります。

オーストラリアで語学留学可能なビザ2.ワーキングホリデー


長期の海外生活の中でさまざまな活動をすることができるワーキングホリデー制度は、語学の習得を目指す人や海外生活をしたい人にとって貴重な経験となります。日本とオーストラリア双方の取り決めのもとで、相手の国の文化や生活様式を体験しながら、相互理解と国際交流を深めることができるよう支援する目的で行われています。

2018年時点で、日本はドイツやアイルランド、香港といった多くの国々と協定を結んでいますが、1980年に最初の協定国となったのがこのオーストラリアなのです。
オーストラリアでのワーキングホリデーにはいくつか条件があります。そのひとつが年齢に関するものです。

ワーキングホリデーは、青少年の国際理解を促すための支援制度であるため、18歳以上、30歳以下に該当する人が対象となっています。なお、申請時点でこの年齢に該当していれば、入国時に30歳を超えていても問題ありません。滞在期間は最長で1年間、その期間は現地の教育機関に通ったり、仕事をしたりすることが認められています。

学生ビザを取得して現地の学校に通う場合と異なり、ワーキングホリデーは政府による学校の指定がなく、自由に選ぶことができます。
しかし、語学学校などの教育機関に通う場合は、その就学期間は4カ月までとの制限があることに注意が必要です。オーストラリアでのワーキングホリデーの趣旨は、あくまで「オーストラリアで休暇を過ごすこと」とされています。

就学は休暇を有意義に過ごすためのものであるという位置づけのため、このような条件が設けられていると考えられているのです。英語力に自信がなかったり、現地の人と少しだけ会話が通じたりするくらいのレベルの人は、この4カ月間の学習だけでは英語の上達はそれほど期待できません。

ある程度の語学力がないと、不自由なく日常生活を送ることが困難であるほか、卒業後に就学をする場合にもつける仕事は限られてしまいます。
そのため、日常会話ができるネイティブの話す英語が聞き取れるといった語学力を持っているが、就労のためにさらなるレベルアップを目指したいと考えている人におすすめの方法です。4カ月以上語学学校に通い、腰を据えて語学の勉強をしたいと考えている場合は、学生ビザを取得しましょう。

なぜオーストラリアは人気の語学留学先になっているの?


オーストラリアが語学留学先として人気が高い理由のひとつに、独自の教育制度があります。国民の教育に力を入れているだけでなく、留学生を多数受け入れ、その支援制度も大変充実しているのです。

特に、国が正式に認可している語学学校には、多種多様なコースがあり、初心者から上級者まで幅広いレベルの留学生を受け入れています。

たとえば、一般英語コースやIELTS、TOEIC、ケンブリッジ英検などの試験対策コース、英語習得プラスアルファのコースなどが一般的です。
一般英語コースでは、基礎から英語を学びたい人から、より高度な英語力の習得を目指す人までがレベル別に分けられ、適切な環境で英語の勉強に集中することができます。

自分に合った方法で英語学習に徹底的に取り組みたい人向けのコースです。

試験対策コースでは、就職や転職の際のアピール材料となる、英語に関する試験に特化した指導を受けることができます。IELTS、TOEIC、ケンブリッジ英検といったこれらの試験は、日本でも多くの企業が取り入れているのが現状です。
世界に通用する英語力を図るために有益であると考えられており、より高いスコアを目指して多くの留学生がこの試験対策コースを受講しています。英語習得プラスアルファのコースでは、英語学習のほか、インターンシップやボランティアなどの課外学習も積極的に行います。

普段の講義に加え、環境を変えて英語に触れることができるため、楽しみながら実践的な英語力を身につけることができることがメリットです。

このように、オーストラリアには高い教育水準やサービス、クオリティが期待できる語学学校が多く、留学生一人ひとりが目標とする語学力を習得することができます。

オーストラリアの語学学校のレベル分け


恵まれた環境で英語学習ができるオーストラリアは、求められるハードルも高いのではないかと考える人も多いかもしれません。しかし、留学生の英語のレベルは実にさまざまです。語学学校に入学した時点でのレベルごとに細かくクラス分けがされ、在学中も定期的に習熟度別にクラス編成がされることが一般的です。

多岐にわたるクラスのレベルを一部ご紹介します。

・超初級
簡単な英会話やリスニングにも自信がなく、中学時に習う基礎的な英単語を理解できる程度のレベルです。

・初級
観光を主な目的とした海外旅行で、適切なあいさつや返事ができるというような、ごく簡単なコミュニケーションがとれる程度のレベルです。

・中級、下
買い物や食事などで必要とされる、日常のコミュニケーションをとることができる程度のレベルです。

・中級
相手が話す内容を聞き取り、それに対して適切な応答ができるなど、自信を持ってコミュニケーションがとれる程度のレベルです。

・中級、上
単語力や会話力に不安がなく英会話ができる、自己表現や自己主張ができるといったレベルです。

・上級
英会話はもちろん文章力も高く、正しい文法を用いて会話ができる程度のレベルです。

・最上級
英会話にはまったく問題なく、ネイティブが話す内容の細かいニュアンスも理解できるレベルです。

中学校や高等学校の授業以来ほとんど英語に触れていないという人から、ネイティブに近いレベルの英語力を有している人まで、幅広い留学生に対応したクラスがあることが分かります。

オーストラリアの語学学校では、自分の能力や最終的な目標に合わせた最適な環境で英語を学ぶことができるのです。

オーストラリア語学留学の1日のスケジュール


語学留学とはいっても、滞在期間中は常に勉強に追われているわけではありません。学校のカリキュラムには講義以外の活動も含まれています。午前中に講義を受け、午後から課外活動を行うというスケジュールが一般的です。具体的には、次のような流れになります。

9~12時半くらいまでは、レベルや習熟度によって分けられたクラスでスピーキング、ライティング、リスニング、文法などの講義を受けます。
講師が学生に質問をした場合などを除き、基本的には双方向型ではなく、学生は講義を聴講する形式です。1時間程度のランチタイムをはさみ、午後からは語学の授業を受けます。午前中の講義とは異なり、講師と生徒、あるいは生徒同士で実際に会話をするといったより活動的な内容の授業です。

そのほか、ITや経済、ビジネスなどの専門分野を学んだり、学外でアクティビティをしたりといった活動を行うこともあります。学校によっては留学生が自由に過ごすことができる自習の時間が設けられている場合もあるでしょう。
あらかじめ決められたカリキュラムをこなすことが多い語学学校において、自習時間は自分の足りない能力を補うための貴重な時間です。

多くの留学生が、他の生徒と積極的にコミュニケーションをとったり、予習や復習の時間に当てたりしています。日ごろから、留学の目的を明確にしておくとともに、自分の補強すべき能力についてしっかりと考えておくことが大切です。

オーストラリアの短期語学留学の特徴とは?


留学には、長期留学と短期留学があります。1年以上の間海外に滞在する長期留学は、じっくりと語学を学ぶことができ、より高い語学力を身につけることができるという点が最大のメリットです。

しかし、学校を一時休学したり、仕事を長期間休んだりしなければならず、大部分の学生や社会人にとって長期留学は気軽にできるものではありません。

一方、短期留学は1年未満の留学のことを指します。学校や仕事をあまり休めない人や、海外経験がなく、長期間にわたる海外生活に不安がある人でも安心して留学することができます。
オーストラリアでは、最短で1週間から語学留学をすることも可能です。学生であれば夏季や冬季、春季の長期休業を利用し、社会人であれば有給休暇を利用して気軽に渡航することができます。

オーストラリアの語学学校には日本人スタッフが常駐している学校も多く、英語力に自信がない人や学習を初めて間もない人が英語を体験するのにもおすすめです。

文化や考え方の違いから、他の留学生とちょっとした意見の食い違いや言い争いに発展する可能性もないとはいえません。こういった問題は、ある程度の英語力を有していないと自分だけで解決するのは困難です。
しかし、日本語が通じるスタッフがいれば、こういったトラブルを過度に恐れることなく、積極的にコミュニケーションを図ることができます。

また、オーストラリアの語学学校は、さまざまな年代に合わせたコースが充実していることも魅力のひとつです。

たとえば、中高生向けのサマースクールやグループツアー、大学附属の英語コースなどは、早い時期から日本ではできない貴重な体験ができるとして高い人気を誇っています。また、短期留学中にマリンスポーツを楽しむプログラムがあることも特徴です。海に囲まれたオーストラリアでは、マリンスポーツが特に盛んに行われています。

世界遺産にも登録されているケアンズのグレートバリアリーフや国内屈指のリゾート地であるゴールドコーストなど、学校から離れた都市へ小旅行することもあります。
シュノーケリングやスキューバダイビングで鮮やかな色彩の熱帯魚と触れ合ったり、いろいろな生き物のすみかとなる珊瑚礁の中を泳いだりといった貴重な体験をすることが可能です。

ジェットスキーやボートなど、海に潜ったり泳いだりすることなく楽しむことができるマリンスポーツもあります。また、珊瑚礁が鮮明に見えるほど透明度の高い海を空から眺めることができるパラセイリングも、留学生に人気のあるアクティビティのひとつです。すべて専門のインストラクターがついているため、安心して参加することができます。

こういったオーストラリアならではの体験をすることで、単に語学だけを学ぶ留学よりも、その国の文化や自然環境についてより理解を深めることができるのです。

オーストラリアの語学学校の雰囲気は?


オーストラリアの国内には、300を超える語学学校があります。数十人程度の小規模な学校から、500人ほどの生徒を抱える大規模な学校までさまざまです。規模によって学校全体の雰囲気も異なります。小規模校は多くの留学生と接点を持つことができるため、短期間のうちに顔や名前、国籍などを覚えることが可能です。

また、アットホームな雰囲気の学校が多くあります。大規模校の中には、学校の敷地内にリビングやカフェ、パソコンルームなどの施設が併設されているところもあり、充実した設備の中で学ぶことができることが大きな特徴です。
また、「どこの国の出身者が多いか」によっても校風が異なります。

オーストラリアは、地域を問わず世界中の国々から留学生が訪れます。特に韓国をはじめとしたアジア諸国や中南米の出身者が多い傾向があり、学校の教室内は国際色豊かです。

日本人の留学生も一定数在学しており、学校によっては日本人が多いクラスがあることもあります。

オーストラリアの語学学校がある主な都市


語学学校は主要都市に点在していますが、「どこの語学学校を選択するか」によって、その生活環境には差が生じます。オーストラリアは、世界で最も小さな大陸であると同時に、最も大きな島でもあるといわれてきました。

オーストラリア大陸は、地中海性気候、温帯性気候、砂漠性気候、熱帯性気候、亜熱帯性気候の5つの気候に区分されます。その都市が属する気候によって全く異なる特徴を持っているのです。
語学学校の種類が豊富なシドニーは人口が多く、公共交通機関も発展した大都市のイメージが強い都市ですが、自然を身近に感じることもできることが特徴になります。

若者文化が盛んなボンダイ・ビーチをはじめ、クージービーチやブロンテなどではマリンスポーツを満喫することが可能です。

一方、ブルー・マウンテンズ国立公園の中には滝や崖、森林を探索するツアーも豊富にあります。パースは治安のよいオーストラリアの中でも特に安全な都市で、世界的にも住みやすい街として有名です。自然と都市の調和に魅了される留学生もたくさんいます。シドニーやパースは地中海性気候に属しているため、四季があるという点で日本と似ており、さらに年間を通して晴天率が高いことも特徴です。

日本からの留学生も多く滞在しています。
メルボルンも都会と自然が共存した、さまざまな楽しみ方がある都市です。路面電車が走る、イギリスの古い街並みを彷彿とさせる風景は懐かしい雰囲気があります。

また、州立図書館があるため、語学をはじめ、オーストラリアの歴史や文化について学ぶには最適な環境です。

メルボルンは、1年の気温差が激しい、四季のはっきりした温帯性気候に属しています。夏は30度を超えますが、冬は0度を下回ることも珍しくありません。季節によって風景を変えるメルボルンでは、長期間滞在すればするほど、その魅力を感じることができます。
勉強のかたわら海水浴を楽しみたい人は、ケアンズの語学学校なら思う存分に楽しむことができるでしょう。ケアンズは熱帯性気候に属しており、1年中海を満喫することができます。

雨季と乾季があり、雨季にはサイクロンが年に数回発生しますが、それ以外は年間を通して穏やかな天気の日がほとんどです。シドニーやパース、メルボルンなど四季のある都市が寒くなる冬の時期には、温かい環境を求めてたくさんの観光客でにぎわいます。
動物好きな人や、オーストラリアの自然環境に興味がある人に最適なのがブリスベンの語学学校です。ブリスベンには最古のコアラ動物園があり、コアラはもちろんカンガルーやウォンバット、タスマニアン・デビルなどのオーストラリアの固有の動物を見ることができます。

亜熱帯性気候に属するこの都市は、年間の気温と晴天率が高く、真冬でも半袖で過ごすことができる温かい気候が特徴です。

それぞれの語学学校の雰囲気や講義形式、カリキュラムの内容とともに、充実した生活を送るためには、立地する都市の特徴を知っておくことも大切なポイントとなります。

自分にあった語学学校の見つけ方ポイント


語学留学で成果を得るためには、自分の能力や最終的な目標に合った、適切な学校を選ぶことが大切になります。自分に合った学校を見つけるためにやるべきことは、留学の期間を決めることです。

長期留学か短期留学かで取得するビザの種類が異なります。自分の生活スタイルや海外経験の有無、「どの程度の語学力を目標としているか」によって滞在期間を決めることが大切です。
次に、「どれくらいの費用が必要になるか」を計算します。学生ビザやワーキングホリデー・ビザなど、就労が認められているビザはさまざまです。渡航前に想定していなかった出費が発生したり、新たに学びたかったりしたときなど、現地で資金が不足した場合には働くこともできます。

しかし、滞在中に就労することを前提とした資金しか用意せずに渡航することは、やめておきましょう。外国人でも応募することができる求人数も多く、給与水準も高いオーストラリアですが、必要なときにすぐに仕事が見つかる保証はありません。

たとえ、すぐに仕事を得ることができたとしても、希望通りの収入を手にすることができるとも限らないのです。このようなことも念頭に置き、渡航前に余裕を持って資金を準備しておくことが大切になります。オーストラリアへ出発するまでに必要な資金は、パスポート申請やビザ申請にかかる費用、海外旅行保険、往復の航空券などです。

滞在中には語学学校の学費や居住費、生活費などがかかります。生活費には、交通費や食費などのほか、他の留学生や現地の友だちと旅行をしたり、アクティビティを楽しんだりするための費用も含まれます。

せっかく海外に滞在するなら、勉強だけでなく観光も楽しみたいものです。十分な資金がないと、経済的な不安を常に感じることになり、充実した留学生活を送ることができなくなる可能性もあります。
また、少人数制か大人数のクラス制かといった、学びたい授業のスタイルを検討することも大切です。

少人数制のクラスでは、講師が学生一人ひとりに割ける時間が多くなり、手厚いサポートを受けることができるというメリットがあります。しかし、他の留学生とコミュニケーションをとる機会は少なくなるため、授業以外で自発的に関わりを持つといった工夫が大切です。

大人数のクラスでは、より多くの留学生と触れ合うことができる一方で、自分の学びたいことだけを学ぶのは難しく、ある程度は他の留学生に配慮する必要があります。授業の中で疑問点を質問することができなかった場合には、授業の後で個別に質問するなどの対応が求められます。
留学生活を充実させるためには、目標を明確にすることも大切です。

「英語に慣れたいのか」「英語を不自由なく話せるようになりたいのか」といったように、最終的に習得したいレベルをしっかり把握し、目標を立てるようにしましょう。

明確な目標もなく、なんとなく留学しても成果は現れません。自分に合った語学学校で学ぶためには、自分の希望を把握したうえで、複数の留学エージェントに相談することもひとつの方法です。

語学学校以外に希望の生活スタイルも加味しよう


留学中は、語学学校への通学のほか、さまざまな体験をすることになります。学校以外にも、どんな生活をしたいかを考え、滞在地や学校の所在地を選ぶようにしましょう。

「海のそばで留学生活を送りたい」「アクティビティが充実している地域に住みたい」と考えている人は、海が近くにある都市やアクティビティのツアーがある都市が最適です。

また、物価や家賃を抑えたい人は郊外、都会で暮らしたいと考えている人は首都をはじめ国内の主要都市に住むなど、都市の特徴を踏まえて検討することが大切になります。

オーストラリアの語学留学は多種多彩!


毎年たくさんの留学生が訪れるオーストラリアには、個性豊かな語学学校があります。学生の国籍や学校の規模によって学校の雰囲気はさまざまであり、カリキュラムや授業形式、学校の立地などによっても学べることは異なります。

自分に合った留学スタイルを選びやすい反面、しっかりと事前にリサーチしておくことが大切です。

充実した留学生活を送り、最大限の効果を得るためにも、渡航前に入念に準備を進めておくことが求められます。

 

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら