海外留学にかかる費用は?主要留学先を国別に比較! | スマ留

海外留学にかかる費用は?主要留学先を国別に比較!

海外留学にかかる費用は?主要留学先を国別に比較!

海外留学には往復の航空券から語学学校の費用、普段の生活費まである程度まとまったお金が必要になります。

しっかりと事前に準備していないと思い描いているような海外留学ができない可能性もあるので注意しましょう。また、「留学先でどのような勉強がしたいのか」「何を目的にするのか」によっても必要な金額は変わってきます。特に滞在先によって準備しておきたいお金が大きく変わるので自分が行く予定の国についてきちんと把握しておく必要があるでしょう。

そこで、今回は主要な留学先の費用を国別に解説していきます。自分が滞在予定の国では「どんな費用がかかるのか」「何が必要になるのか」を理解しておきましょう。

海外留学にかかる費用1.オーストラリア


海外留学で非常に人気なのがオーストラリアです。

治安が良く、気候も温暖なので1年を通して過ごしやすいことが人気の理由になります。さらに、日本からも比較的近くにある英語圏の国なので毎年多くの人がワーキングホリデーや海外留学としてオーストラリアに行きます。

そんなオーストラリアに海外留学する際に、特に気を付けたい費用は「学費」「宿泊費」「生活費」です。

学費の相場としては1週間あたり250~400ドル、1カ月で約1000~1600ドル程度になります。日本円にすると1カ月で10万~16万円程度になるでしょう。英語をしっかりと勉強するのであれば最低でも3カ月~半年程度は学校に通うことになるので、30万~60万円程度は必要です。学費が安いところと高いところの差は「都市部の近くにある」「施設が充実している」「教師の質が高く数も多い」になります。

オーストラリアであればシドニーやゴールドコースト、パースなどが人気の留学都市です。これらの都市に近い学校や教師の質が高く、人数もしっかりそろっているような学校は学費が高くなる傾向にあります。

次に、宿泊費は泊まる地域や施設によって異なりますが、1週間で100~200ドル程度が相場です。田舎であればホームステイでも100ドル前後、都市部であれば200ドル前後になるでしょう。

ワーキングホリデーであれば初めの3カ月はホームステイをして、海外の生活に慣れてから宿泊費の安いシェアハウスに移るのが一般的です。シェアハウスであれば宿泊費を同室している人と分け合えるので費用を抑えることができます。

生活費に関しては、注意したいのが「食費」です。ホームステイでは昼食は自分で外食したり弁当を買って食べたりすることが多くなるため、1回の食事で5~10ドル程度必要になります。週あたりでは150~200ドル程度必要になるため、食費がどうしても高くなりがちです。したがって、費用をできるだけ抑えるには「自炊」することが不可欠になります。毎朝、サンドウィッチなどの弁当を自分で準備して少しでも食費を抑える工夫をしましょう。

海外留学にかかる費用2.ニュージーランド


人口よりも羊の数が多いといわれている南半球の国がニュージーランドです。ニュージーランドは日本と同じ周囲を海に囲まれている島国で1年を通して雨の多い地域になります。オーストラリアと同様、治安が非常によく英語圏ため人気の留学先です。そんなニュージーランドに留学するときの費用の目安は1カ月あたり20万~30万円になります。

まず、語学学校に通うかどうかでかかる費用が大きく変わります。ニュージーランドの語学学校の費用は1カ月で10万円前後が相場です。もちろん、どのような地域やコースを選ぶのかによっても金額は変わりますが、総じて他の英語圏の国よりも安く設定されています。

また、ニュージーランドの場合はバスを利用して学校に通学するのが一般的です。ニュージーランドのバスは日本のように区間ごとに料金が変わる制度ではなく、一定の地域内であれば定額料金でどこまでも移動可能です。指定されている地域をまたいで移動すると2つ分の料金がかかる仕組みになります。1つの区域の目安は3~5ドル(日本円で250~500円程度)です。

前もって自分が滞在する宿泊先から学校までの道のりを調べておけば、毎月かかる交通費をある程度割り出すことができます。
次に、食費に関してですがニュージーランドの物価はひと昔前は日本よりも安かったのですが、近年は日本とさほど変わりません。

毎日食べるような日常の食品は食パンが150~200円程度、牛乳1リットルは200円前後になります。また、外食についても安いお店であれば1食500~1000円程度、レストランでも1000~1500円程度です。ただし、ニュージーランドはチップを払う文化があるので外で食事をするごとにチップが必要になります。少額でも積み重なると馬鹿にならない金額になるので外食をするときは気を付けましょう。

宿泊費については、ニュージーランドではホームステイとフラットシェア(ルームシェアと同じ)の2パターンがあります。ホームステイの相場は1カ月7万~10万円程度、フラットシェアであれば4万~7万円程度です。他の人と同じ部屋で過ごすフラットシェアの方が家賃は安くなりますが、「短期留学で知らない人を一緒に過ごすのは不安」という人はホームステイがよいでしょう。

ニュージーランドに昔から住んでいる人は「キーウィー」と呼ばれ、温厚で穏やかな人が多いといわれています。ホームステイであれば、慣れない海外生活でも十分な援助を受けることができます。

海外留学にかかる費用3.フィリピン


フィリピンは物価が日本の約5分の1程度しかないので、いろいろなものがかなり安く購入することができます。日本からも近く主な言語は英語なので、オーストラリアやニュージーランドに次いで人気のある留学先です。

もっとも、本格的に英語を学ぶために語学留学をするとなれば、それ相応の費用は必要になります。まず、フィリピンの語学学校ですが1カ月間の費用はおよそ15万円前後です。他の国では15万円は授業料だけの料金ですが、フィリピンではこの料金に学校の寮に泊まる宿泊費と朝・昼・晩、3回の食事がついてきます。

フィリピンの語学学校では宿泊先と毎日のご飯、さらに授業がパッケージになっている場合が多く、すべて含まれた値段で1カ月15万円前後が相場となっています。「できるだけ費用は抑えながら、英語をしっかり勉強したい」という人にとってはうってつけの留学先になるでしょう。
ただし、授業内容は学校によってかなりバラつきがあります。

マンツーマンでの授業が多い学校やグループディスカッションがメインの学校などさまざまな校風があるので事前に調べておきましょう。一般的な1日のカリキュラムはマンツーマンでの指導が4時間、グループディスカッションが4時間さらに学校によってフリータイムが2時間と計10時間ほどです。授業料は安いですが、英語漬けの毎日を送ることができるので語学力向上間違いなしでしょう。

食費に関しては、学校で3度の食事がでるところが基本になるので、特段必要になるものはありません。多くの学生は学校の食事に飽きたら近くのお店に外食するぐらいです。外食をしても1食500~1000円あれば十分な料理を食べることができるので、食費はさほど高くならないでしょう。

また、生活費に関しても水道代や光熱費、宿泊費などすべてが含まれた料金になっているので、それほど必要ありません。もし、外で友達と遊んだり嗜好品を買ったりする場合でも毎月2万円もあれば十分です。

海外留学にかかる費用4.フィジー


フィジーは太平洋の中心、赤道の少し下に位置する南国です。日本からは約7000km離れている離島ですが、英語圏の留学先として日本人がよく訪れる国でもあります。フィジーでは英語が第2言語となっており、島民の約9割は英語を話すことが可能です。また、フィジーの国民性は「明るく、陽気」なので、多くの人がフレンドリーに話しかけてくれます。「英語を1日中話す環境に身を置きたい」という人にとってはピッタリの滞在先になるでしょう。

そんなフィジーへの海外留学にかかる費用は、離島ということもあって比較的安くなっています。1カ月あたりの学費はおよそ12万~18万円程度です。フィリピンと同様に学費の中に寮での食事や宿泊費が含まれているプランもあるので、かなり安く済みます。フィジーへの留学でネックになるのは往復の渡航費です。

日本からかなり遠く、直通便もほとんど出ていないため渡航費が高くつきます。シーズンにもよりますが、15万~20万円程度が目安です。フライト時間も14~20時間程度かかるので、短期留学となると総額が高くなります。逆に半年~1年の長期留学であれば物価はかなり安いので他の国に比べて費用がかなり安くなります。

食費に関しては、寮であれば3度の食事付きのプランがありますし、ホームステイでも朝・晩の食事は出してもらえるところがほとんどです。食費を抑えるのであれば昼食は自炊するのがよいですが、外食したとしても1食300~600円程度で食べられます。ただし、現地にある日本食レストレランでは1食1000円以上はするので注意しましょう。

また、フィジーの交通機関は料金がかなり安く設定されています。フィジーでの主な移動手段はバスとタクシーです。バスであれば1区間70フィジーセント(日本円で約40円)、タクシーでも初乗り1.5フィジードル(約80円)で利用できます。学校への通学や待ち合わせなどにもタクシーを利用するのが一般的なので積極的に利用しましょう。

海外留学にかかる費用5.マルタ島


マルタ島はイタリアの下に位置する地中海に浮かぶ島国です。中世ヨーロッパの街並みを現代に残した佇まいは世界中から観光客が訪れる有名なリゾート地となっています。聖ヨハネ騎士団が駐屯していたといわれる首都バレッタや古い史跡が残るマルタ随一の繁華街セント・ジュリアンなど観光するだけでも楽しいのがマルタ島です。

マルタ島はヨーロッパ圏にも関わらず物価が安いことが有名で、ワーキングホリデーやヨーロッパへ留学したい人にとても人気の国になります。
そんなマルタ島の語学学校は選べる授業内容やコースがたくさんあります。ビジネス英会話に特化したビジネスコースやTOEFL、TOEICといった試験対策用の授業など、自分が留学する目的に応じた授業を選択することが可能です。

もっとも、選ぶコースによっては費用もかなり高くなるのでしっかりと事前に調べておきましょう。相場としては、1日90分×2コマ(授業時間3時間)で1カ月あたり約6万~10万程度です。他の国に比べれば安く見えますが、授業が午前中だけなど授業時間として英語に触れている時間は少ないので注意しましょう。

授業時間を増や分だけ費用は高くなるので「どの程度、学校に通いたいか」をはっきりさせておく必要があります。
また、マルタでの宿泊先は学校の寮が一般的です。寮といっても学校が借り上げている普通のアパートなので、ルームシェアと何ら変わりはありません。1人で部屋を借りる場合は費用が高くなりますが、2~3人であれば1週間あたり約1万5000円~2万円程度、1カ月であれば6万~8万円が相場になります。

生活費に関しては、マルタは物価が安いので外食をしてもさほど高くはつきません。日用品についても、パンであれば1つ20円程度、ミネラルウオーターも50円ほどで購入できます。さらに、小さな島国なのでどの滞在先からでも学校へは徒歩で通学可能です。交通費がかからないため、毎月の生活費も抑えることができるでしょう。

海外留学にかかる費用6.アメリカ


世界の中心ともいえるアメリカは、本場の英語を勉強するために毎年多くの留学生が日本から旅立っています。広大な国土を誇るアメリカは、最先端の都市であるニューヨークや西海岸、東海岸などさまざま土地型、気候、風土のある国です。

さらに、都市部と田舎では経済格差が激しいので、滞在する地域によって雰囲気はガラっと変わります。「都市部で最先端なモノに触れる留学生活」や「地方都市で実際の生活に根付いた留学生活」など自分が思い描く留学を存分にすることができるでしょう。

もっとも、アメリカへの留学は他の国に比べてかなり高額になります。結論からいうと、1年間の語学留学であれば300万~400万円程度は必要です。400万円を準備していたとしても、通う学校のレベルや生活水準によっては足りないと感じるかもしれません。これだけの大金を払ってでも行く価値があるのがアメリカ留学です。しっかりと準備して留学に備えましょう。

具体的な費用の目安として、まず学費に関してですがアメリカにはピンからキリまで多種多様な語学に関連した学校があります。格

安学校であれば年間50万円から通うことが可能ですし、高額な学校になると年間200万~300万円もするような学校まであります。したがって「自分がどのレベルで英語を勉強したいのか」「どんな授業を受けたいのか」によってグレードを決める必要があるでしょう。一般的な相場としては年間150万円程度です。このレベルの学校が一番多くの人が利用する料金帯になります。

宿泊に関しては、多くの人がホームステイから始める傾向です。アメリカは地域によっては治安が悪く、銃を携帯しているのが当たり前という国なので滞在先での生活の仕方を教えてもらう必要があります。ホームステイの相場は月額8万~12万円程度です。地方に行けばもう少し料金も安くなりますが、都市部では毎月10万円程度はかかるでしょう。

ホームステイに慣れてくれば、アパートのシェアをすることで宿泊費を抑えることができます。

また、食事についても他の国に比べれば高くつきます。物価は日本よりも少し高めで、特に外食が高いので注意しましょう。都市部であればハンバーガーやサンドウィッチ1つが1000円以上します。生活費を抑えたい人は基本的に自炊することになるでしょう。これらの費用をまとめれば、毎月30万~40万円程度は必要になります。事前に入念な下調べをして少しでも費用を抑えられる工夫をしてみましょう。

海外留学にかかる費用7.イギリス


イギリスは「クイーンズイングリッシュ」とよばれる上品かつ洗練された英語を話す文化のある国で、「きれいな英語を学びたい」という人が留学に訪れる場所です。伝統的な英国文化と最先端の技術が混在した街並みは、滞在しているだけでも優雅な気分になります。

さらに、イギリスは昔から他民族国家なので人々はフレンドリーで話しやすい雰囲気があります。どの国でも通じる国際的な英語をしっかりと学びたい人にとってはピッタリの留学先になるでしょう。

そんなイギリスの語学学校の費用は、他の国と比べると少し割高になります。もともと、イギリスは教育に力を入れている国であり、語学学校だけでなくイギリス全土で非常にハイレベルな教育を行っています。

したがって、語学学校にも古い歴史のある学校から最新の教育法を取り入れた学校までさまざまな校風があるのが特徴です。学校によって学費も大きく変わるので一概にはいえませんが、目安となるのは3カ月で約2000ポンド(日本円で約36万円)です。1カ月にすると約12万円の計算なので、比較的割高になります。もちろん、これよりも安い学校もあるので自分の予算に合った学校を探しましょう。

宿泊に関しては、都市部に住むのか郊外に住むのかで家賃がかなり変わります。日本では新築や築浅など建築されてから年月が経っていない方が家賃は高くなりますが、ヨーロッパ圏では基本的に伝統のある家や歴史ある建物が非常に高い価値をもちます。

したがって、イギリスのロンドンやオックスフォードなどはホームステイで月額10万~15万円程度が相場です。フラットシェアでも月額8万~12万円もするので、宿泊費を抑えたいのであれば、中心都市から少し外れた郊外や田舎がいいでしょう。

また、食費についてはアメリカと同様、物価が高く外食がかなり高くつきます。昼食でも1食800~1800円程度はするので、お金に余裕がない場合は学校の学食を食べたり、弁当を持参したりしましょう。

海外留学にかかる費用8.アイルランド


ヨーロッパ地方の北西部に位置するアイルランドは美しい山河と広大な大地が広がる北欧きっての観光名所です。日本からの直通便はなくロンドンや韓国などを経由して行かなければいけないので、日本人は比較的少ない国になります。

ウイスキー発祥の地としても有名で「アイリッシュウイスキー」の名称で作られるウイスキーは全世界の人が飲む非常に高品質なお酒です。
そんなアイルランドに留学するときの費用は、同じヨーロッパ地方にあるイギリスとほぼ同じか、少し安いくらいになります。都市部であれば物価もほとんどイギリスと同じなので、全体的に少し割高になるでしょう。語学学校の費用としては月額6万~15万円程度が相場になります。アイルランドへの留学にはさまざまなプランが用意されています。

自分のレベルにあった学校を選ぶことで、しっかりと英語を勉強することができるでしょう。
宿泊に関して、アイルランドでは学生寮やフラットシェアよりもホームステイが一般的です。ホームステイであれば宿泊費の中に、朝・晩の食事が付いている場合が多いので、食費を浮かせることができます。相場としては1カ月6万~10万円程度です。

もちろん、都市部のより交通の便がいいところや伝統的な建物の場合は料金が高くなります。

また、食事については、イギリスと同じで外食をすればかなり高くつきます。外食するにしてもレストランではなく、パブやカフェで食事を取れば1食500~1000円程度で済ますことが可能です。自炊するときも、スーパーの特売やセールを利用すれば、かなり安く食材を仕入れることもできるので積極的に利用してみましょう。

海外留学にかかる費用9.カナダ


世界で2番目の国土の広さを誇るカナダは北米最大の国です。広い国土の中には美しい山々と広大な河が流れており、自然と文明が丁度よく織り交ざった国になっています。治安も比較的良く、ワーキングホリデーや留学生が毎年多く滞在先として選ぶ国でもあります。

また、英語圏の国の中でも、なまりが少なくきれいな英語を話すことで有名です。日本にはない、広大な大自然に触れながら英語も勉強したいという人には、うってつけの国となるでしょう。

そんなカナダの留学費用は、同じ欧米のアメリカに比べてかなり安くなります。物価が安いフィリピンと同等もしくはそれ以下の金額で留学できる点も多くの学生が訪れる理由の1つです。カナダの学費は1カ月あたり8~12万円が目安になります。学校によっては長期間の契約をすることで学費が割安になったり、割引キャンペーンを行っていたりする場合もあるので必ずチェックしておきましょう。

宿泊費に関しては、他の英語圏に比べてかなり安くなっています。3食付きのホームステイでも家賃は7万~8万円が相場です。さらに、他の国であれば2~3人のルームシェアが普通ですが、カナダではルームシェアでも基本的に1人1部屋が割り当てられます。ルームシェアであれば家賃は月額4万~5万円程度になるのでかなり安く済みます。また、食費についても水やパン、身の回りのサニタリーなどの生活必需品はどれも価格が安く設定されています。月額でも2万~3万円あれば十分でしょう。

ただし、カナダはチップの文化があるので外食するときには注意が必要です。安いからといって自炊を怠ればその分、生活費がかさみます。

少ない資金でも海外留学は可能?


海外留学をするには百万円単位で資金が必要になります。

しかし、「そんな大金は準備できない」「できるだけ安く済ませたい」と考えている人も多いでしょう。もちろん、さまざまな部分で費用を切り詰めることは可能です。中には数十万円でも長期間の留学をする人もいます。しかし、留学とはいっても滞在先は海外です。日本とは違う文化が多いので、万が一何かあったときに十分な資金がなければ適切な対応をすることもできません。

したがって、「資金はできるだけ抑えるけれども、必要なところはきちんと出す」という考えが大切です。
準備する資金をできるだけ抑えるポイントとしては、「留学前なら航空券をLCCにする」「無料の留学エージェントを利用する」などがあります。もし、すでに留学中なら「外食はせず自炊」「ランチはお弁当持参」「ICカードを利用して交通費を抑える」などの工夫ができます。

また、当たり前ですが渡航する期間が短ければ、用意する資金も少なくて済むので「短期留学にする」というのも方法の1つです。

海外留学はお金がかかる!余裕を持って用意することが大切


基本的に海外留学は期間が長ければ長いほどお金がかかります。留学先で、ついお金を使いすぎてしまい充実した留学生活が送れなくなってしまえば本末転倒です。

また、期間が長くなるほど滞在先でトラブルに巻き込まれる可能性や病気になるリスクがあがります。

日本であれば、さほど問題のないことでも、海外だと予測のつかないことに発展することもあるので注意しましょう。資金は多ければ多いほど良いので、しっかりと余裕を持って用意しておくことが大切です。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら