大人気のイギリスで充実ワーホリ生活する方法とは? | スマ留

大人気のイギリスで充実ワーホリ生活する方法とは?

大人気のイギリスで充実ワーホリ生活する方法とは?

イギリスは、ワーホリ先として最も人気のある国のひとつです。本場の英語に触れることができ、日々が刺激的な体験にあふれています。毎年多くの人が、イギリスで充実したワーホリ生活を送っているのです。

自分の望むワーホリ生活を送るためには、しっかりと事前準備することが大切です。ワーホリビザの申請方法も他の国とは異なりますし、日本とは全く異なる文化や歴史を持っています。イギリスのこととワーホリビザについて知り、ワーホリで滞在するイメージをつかんでおくと安心です。

ここでは、イギリスでワーホリしたい人を対象に、イギリスでワーホリする方法や手順について紹介します。

イギリスで何がしたい?国の特徴とは?

イギリスは、ヨーロッパ北西部にある島国です。高速鉄道のユーロスターで、フランスやベルギーとも結ばれています。もともとイギリスは、4つの国が合わさってできた国です。13世紀にイングランドがウェールズを併合し、その後アイルランドを植民地化したのち、1707年にはスコットランドと合併して今のイギリスの原型ができました。

イギリスというひとつの国になった今でも、サッカーの代表チームは地域ごとに存在しています。イギリスの人々は、自分の生まれ育った地域に強い誇りと愛着を持っているのです。


イギリスの首都は、ロンドンです。世界中の企業が拠点やヨーロッパ支店を置き、世界の主要都市として機能しています。英国王室ゆかりのスポットも多く、バッキンガム宮殿やウェストミンスター寺院が有名です。

他にも世界的に有名なライブハウスなどもあります。大英博物館やナショナル・ギャラリー・ロンドンなど、無料で入ることができるミュージアムも点在していているのが特徴的です。エンターテイメントの本場で、街のあちこちで大規模なミュージカルが上演されています。ロンドンの中心部では、日々刺激的な体験ができるのが特徴です。

日本との時差は9時間で、サマータイム期間は8時間に短縮されます。サマータイム期間は毎年少しずつ異なるので、インターネットで確認しましょう。


イギリスの天気は霧雨が多く、春夏でも朝晩はぐっと冷えこみます。1日中土砂降りになることはごくまれで、1日のうちで天気がころころと変わるのが特徴です。

イギリスでのワーホリでできること

イギリスでワーホリすれば、日本では味わえないような体験の日々を過ごすことができるでしょう。イギリスは、とても古い歴史を持つ国です。4つの地域が合わさってイギリスという国ができるまで、各地方がそれぞれ違う歴史と文化をはぐくんできました。その歴史の違いを比べてみるだけでも、イギリスが持つ多様性に気づくことができるでしょう。


長い歴史もさることながら、最先端を行く文化を生み出し続けている国でもあります。エリアごとに違う表情を持ち、住む場所によって多様な経験ができるのもポイントです。都会と田舎が混在しており、どちらに憧れていても充実した生活を過ごすことができます。また、イギリスの学校にも通うことが可能です。イギリスの公用語は英語。英語を学ぶ場合、現地の語学学校や専門学校に通うこととなります。生きた英語を学ぶことに力を入れている学校が多く、めきめきと英語が上達することでしょう。

学校以外でも、英語を学ぶチャンスに恵まれています。現地の人と交流すれば、ネイティブの流ちょうな英語に触れることが可能です。


イギリスには、世界に通用する英語を身につけるべく、世界各国から向上心の高い学生たちが集まります。本格的に英語を学びながら生活をしたいという人にも、うってつけです。イギリス留学となると高い費用がかかりますが、ワーホリなら働きながら暮らすことができます。

現地でお金を稼ぎながら暮らせば、留学よりも安い費用で滞在することが可能です。普通の留学では資金が足りず、イギリスでの生活をあきらめようとしている人は見逃せません。また、ワーホリビザを持っていれば、有効期間中何度でも出入国が可能です。飛行機や電車を使えば、他のヨーロッパの国々へ気軽に行けるため、イギリスを拠点にヨーロッパ旅行を楽しむことができます。旅行が好きな人や、ヨーロッパの国に興味がある人にも、イギリスでのワーホリはうってつけです。

イギリスのワーホリビザの特徴と申請方法は?


イギリスのワーホリビザには、他の国のワーホリビザとはまったく異なる特徴があります。そのひとつが、イギリスのワーホリビザを手にできる人数に制限があることです。1年ごとに定員1000人の枠が設けられ、毎年時期を決めて希望者を募っています。事前にホームページに募集期間が掲載され、期間中にメールで必要事項を送ると申請が完了します。

本場の英語を学ぶことができることもあってか、イギリスのワーホリビザは大人気です。毎年希望者が殺到します。希望者が1000人の枠を超えると、抽選が行われます。2011年までは先着順でビザが振り分けられていましたが、受付システムが停止してしまうほどに希望者が殺到してしまったため、それ以降は抽選制となりました。1000人の枠に対して1~2万人の希望者がいるともいわれており、当選確率は宝くじのようだとも比喩されます。

当選しなかった場合、ワーホリ先の変更や次の年での再挑戦の必要が出てきます。あらかじめ、当選しなかった場合の対応を考えておくと安心です。


他の国のワーホリビザでは、滞在期間が最長1年であることが多いのに対して、イギリスのワーホリビザだと最長2年間の滞在が可能です。もちろん、その期間中は就労も就学もできます。最長2年間滞在できるというのにひかれ、ワーホリ先をイギリスに選ぶ人も多いほどです。イギリスのワーホリビザの正確な名前は、YMS(ユース・モビリティ・スキーム)です。ビザの区分としては、ワーキングホリデーではなく短期の就労を目的としたビザとなります。

しかし日本とイギリスはワーキングホリデー協定を結んでおり、ビザの内容もワーホリビザとほぼ変わりません。このため、イギリスのワーホリビザとして紹介されることが多い傾向です。イギリスへワーホリに行ける対象は、申請した時点で18~31歳であること。就学期間と就労期間は、最長2年以内であれば特に制限がありません。滞在中に31歳を超えてしまった場合でも、続けて滞在することができます。イギリスでのワーホリを考えているなら、申請の受付期間を見逃さないよう、こまめにホームページをチェックしましょう。


なお、イギリスのワーホリビザは観光・学生ビザとは異なるため、入国審査の際に「何日間滞在しますか?」というような定番の質問はされません。代わりも「どのような仕事がしたいですか?」と就労に関する質問がされることが多いのが特徴です。その際に「しばらくは働くかどうかわからない」とあいまいな意思表示をすると、働く意思がないとみなされるケースもあります。その場合、観光ビザの発給を受けてしまい、せっかくのワーホリビザを受ける権利がなくなってしまう可能性があるのです。

そうならないためにも、就労意思を問う質問には「仕事はまだ決まってないけれど、○○に興味があるので早く仕事に就きたい」と働くことを強調しましょう。実際に仕事を見つけるのは、入国してからでも何ら問題はありません。

イギリスのワーホリでかかる費用はいくら?

留学ほどに費用はかさまないとはいうものの、イギリスでのワーホリには費用がかかります。ワーホリ前に用意しておきたい費用は、往復航空券、海外旅行保険、パスポート・ビザ申請料、語学学校や専門学校の授業料、滞在位、食事代、交通費などです。1年間の滞在で、約300万円をみておくと安心です。


しかし、工夫次第で費用を抑えられるものもあります。往復航空券は、渡航の直前ではなく2~3カ月前から購入しておくと、そのぶん安いものを手に入れることが可能です。また、アジアや中東諸国で乗り継ぐ便を選ぶと、直行便よりも比較的安くすませることができます。渡航時期によっても航空券の値段が変動するので、なるべく費用をかけたくない場合はこまめに予約サイトをチェックしておきましょう。

語学学校や専門学校に通う場合も、どの学校を選ぶかによって費用がかなり変わります。全日制のものを選べば費用がかさみやすいですが、平日は働いて週末のみ通うことにすれば、費用を抑えることが可能です。
また、最長2年の滞在期間中ずっと通う場合と、最初の数カ月のみ通う場合でも費用に大きな差が出てくるので、予算や自分の語学スキルと照らし合わせて検討しましょう。滞在費、食事代、交通費に関しては、滞在中に工面することも可能です。ワーホリビザがあれば現地で働きながら暮らすことができるので、必ずしも2年分の費用を入国時に用意しておく必要はありません。しかし、しばらくは仕事が見つからないかもしれないことを見越して、2~3カ月分は用意しておくと安心です。


また、滞在先をシェアハウスやホームステイにすれば、ひとりでアパートを借りるよりも費用がかかりません。首都ロンドンをはじめ、イギリスの公共交通機関は運賃が高いことで有名ですが、現地で中古の自転車を手に入れれば費用を抑えることができます。自転車で移動しながら見るイギリスの風景も、より刺激を与えてくれることでしょう。イギリスでのワーホリに必要な費用は、工夫次第で節約することが可能できるのです。

イギリスのワーホリで日本人が就ける職種とは?

イギリスという国は人種のるつぼです。世界各国から人々が移住している分、イギリスにはさまざまな仕事があります。イギリスのワーホリで日本人が就ける職種といえば、最もポピュラーなのが日本食レストランです。

イギリスでは日本食が注目を集めており、カジュアルなものから高級なレストランまで、街のあちこちで見かけることができます。もちろん、そこで働く人材にも、日本食のことをよく知る日本人が求められています。本場の味を大切にするお店ほど、日本で経験を積んだ職人を必要としているので、ホールスタッフにも職人と日本語でのやりとりができる人材を採用しているケースが多い傾向です。キッチン内の職人には日本料理の経験があることが必須ですが、ホールスタッフには特に重要視されません。

そのため、ワーホリ中の日本人が日本食レストランで働くケースが多いのです。日本人スタッフが多いため、語学に自信がなくても採用されやすいという特徴もあります。


また、本屋や土産屋など、飲食店以外のお店で働くことができるケースもあります。子どもの世話が得意なら、ベビーシッターとしても重宝されることでしょう。日本と違い、ワークライフバランスのとれたイギリスでは、ベビーシッターを積極的に使っている家庭が多いのです。保育士資格や幼稚園教諭の免許は必要ではありませんが、子どもが好きで、あやすのが得意であることが求められます。あらかじめ高い語学力があれば、専門性の高い仕事に就くことも夢ではありません。

プログラマーやwebデザイナー、オフィスワークや事務アシスタントなど、現地のスタッフたちと同じステージで働くこともできます。もちろん、英語でのコミュニケーションが必須となりますが、そのような環境で働くことができれば語学に磨きがかかることでしょう。

専門的なスキルと高い語学力を身につけてからイギリスに渡れば、仕事探しにも役立ちます。
語学力に自信がないからといって、現地で働くことをあきらめる必要はありません。現地の学校に通って、英語を学ぶこともできます。イギリスで仕事をすることを前提に、ビジネス英語を教えている学校を選べば、仕事探しにも役立ちます。時給の高い仕事ほど、現地スタッフ並みに高い英語力を求められるケースが多いのが特徴です。特にイギリスの都会では生活費がかさみやすいので、なるべく時給の高い仕事に就けるように、英語スキルを磨いておくのがおすすめです。

イギリスのワーホリで持参したほうが良い物


イギリスの生活スタイルは日本とまったく異なるため、あらかじめ日本から持参したほうが良い物がいくつかあります。例えば、常備薬があればイギリスのものを使わないほうが安心です。なぜなら、イギリスで販売している薬は日本のものよりも効果が強めで、かえって効きすぎてしまう可能世があるからです。そのため、飲み慣れた物を日本から持参しましょう。


常備薬以外にも、日本とは異なる物があります。イギリス人は体格的に日本人よりも大きく、日用品も大きめな傾向があります。例えば、イギリスで売られている大人用歯ブラシは日本人女性にとっては大きすぎて、「使いづらいので子ども用を使っている」というケースもよくあります。イギリスの生活に慣れるまでは、化粧水や歯磨き粉、シャンプーなどの日用品は日本で使い慣れた物を持参しておくと安心です。
しばらく日本を離れて生活することで、日本食が恋しくなることもあるでしょう。しかし、イギリスの日本食レストランは値段が高いため、恋しくなるたびに通っていると費用もかさみます。味噌や醤油など、日本から調味料を持参して自炊をするようにすれば、いつでも気軽に日本食を楽しむことができるでしょう。イギリスのスーパーでも日本の調味料は売っていますが、日本で購入するよりも高くつきやすいので、日本から持参しておくほうが無難です。梅干しや昆布、ふりかけなど、さまざまな種類を持ってきておくと、それがきっかけで他国のルームメイトとコミュニケーションをとるきっかけにもなります。


日本から持参したほうが良い物には、女性ならではのアイテムもあります。くるくるドライヤーやヘアアイロンなど、ヘアセットのアイテムは滞在先にない可能性が高いです。ヘアスタイルにこだわりのあるのなら、日本から持参しておいたほうが安心できるでしょう。ここで紹介した物に限らず、使い慣れた物があるのなら、日本から持参しておいたほうが無難です。

イギリスのワーホリで節約する方法とは?

イギリスでワーホリするうえで、気になるのが滞在費用です。特にイギリスの都市部は物価が高くつきやすいので、節約対策をたてておく必要があります。首都ロンドンはワーホリでの滞在にとても人気がありますが、とりわけ物価が高い傾向にあります。

家賃はゆうに10万円を超え、外食すると1食1000円以上は当たり前です。人が集まるエリアゆえ、日常生活に必要なものも高くつきやすいのです。もしロンドンに滞在したいのなら、観光スポットが集まる街中よりも、郊外を選んだほうが家賃を抑えることができます。郊外と聞くと不便そうな印象がありますが、ロンドンの街は鉄道や地下鉄、バスなどの公共交通機関が発達しているため、郊外であっても中心部へアクセスしやすいのです。鉄道の駅から徒歩圏内の場所を選べば、不便さを感じることはないでしょう。また、郊外の住宅地は治安が良く、中心部のような騒がしさがありません。ロンドン市内であれば田舎すぎることもないので、生活しやすさを求めるのなら郊外での滞在が向いています。


物価が高いことで有名なロンドンですが、スーパーで売っている食材はべらぼうに高いことはありません。日本よりも安いか、同じくらいです。そのため、高くつきやすい外食ではなく自炊を心がければ、食費を節約できます。街中にはおしゃれなカフェが並んでいますが、なるべく水筒を持参して飲み物は手作りにすると、出費もかさみません。地元の人々が訪れる市場へ行けば、安く新鮮な食材が手に入るだけでなく、現地の食材を活用して美味しい料理を作るコツを教えてもらえることがあるかもしれません。

イギリスの食文化に親しみながら、食費の節約を実践すれば楽しく続けることができます。
交通費も、工夫次第で抑えることが可能です。特にロンドン中心部の公共交通機関は運賃がかさみやすいですが、オイスターカードを使えば節約できます。オイスターカードとはチャージ式のICカードのことで、ロンドンの鉄道や地下鉄、バスで利用できるアイテムです。乗車するたびにチケットを購入する必要もなく、運賃区分のややこしいロンドンにおいてはとても便利でしょう。紙のチケットを使うよりも安く乗車できるので、ロンドン滞在では必須アイテムです。また、地下鉄は乗車時間によって運賃が変わるという特徴もあります。なるべく運賃の安い時間帯を狙って移動すれば、交通費の節約が可能です。


オイスターカードはロンドン独自のアイテムですが、似たようなものは他の都市にも存在します。滞在する都市が決まれば、どのような公共交通機関があるのか調べておきましょう。

イギリスのワーホリ中に守りたいマナー

いち早くイギリスでの生活に慣れたいなら、マナーを守るようにしましょう。日本とは異なる文化を持つイギリスですから、もちろんマナーも異なります。日本では良いとされているマナーが、イギリスの人たちを不快にさせてしまうこともあるので、気をつけるようにしましょう。

例えば、ショップやレストランに出入りする際のあいさつは欠かせません。あいさつを忘れると、相手にあまりよく思われないのはもちろんですが、周りからもマナーを守ってないという目で見られてしまいます。「Hi」や「Bye」という簡単なあいさつでかまいません。小さなところから現地の人とコミュニケーションをとっていきましょう。
イギリスには、日本のように雰囲気で判断するような文化がありません。会釈をかわす習慣もないので、会釈をしても意思が伝わらないのです。よって、はっきりと言葉に出して意思表示をすることが求められます。街中で人にぶつかった場合も、何も言わないのではなく「Sorry」と言いましょう。


また、食事中にはお皿やお椀を持たないで食べるのがマナーです。パンはちぎって食べ、食事中は音を立てないようにしましょう。

イギリスのワーホリでトラブルに合わないための注意点

イギリスでのワーホリでは、日本では起こりえないようなトラブルに巻き込まれるケースもあります。ヨーロッパの他の国に比べてイギリスの治安は良いほうですが、安全な国であるとは言い切れません。日本より治安が悪いのは当たり前だと思って行動しましょう。

特に、ロンドンのような都会は、スリや置き引きなどの軽犯罪が多発しています。人混みや人気のある観光スポットでは、自分の荷物の管理をしっかりと行いましょう。ヴィクトリア駅では警察を装った人が話しかけてくるということもあります。


気を引き締めてきびきびと行動していれば、標的にされにくくなります。昼間は活気があっても、夜になると治安が悪くなるエリアもあります。夜のひとり歩きには気をつけましょう。帰りが遅くなるようであれば、タクシーを使うのが無難です。また、イギリスの夜のパブでは酔っ払い同士の喧嘩が始まったり、人がわざとぶつかってきたりすることもあります。トラブルが起こりそうな場所には近づかないようにしましょう。

イギリスへ渡航する前の情報収集が大事


イギリスでのワーホリを考えているなら、しっかりと情報収集することが大切です。英国大使館や英国政府観光庁、日本の外務省のwebサイトなどで、信用できる情報を収集しましょう。イギリスがどのような国なのか、概要をつかむのに役立ちます。

イギリスに限らず、世界情勢は日々目まぐるしく変わっています。ヨーロッパの中では比較的治安の良い国ではありますが、急に戦争やテロが起きてもおかしくありません。日本とは違い、昨日まで安全だった街が、1日で危険区域に変わってしまう可能性があるのです。世界のニュースをよくチェックして、世界情勢には常に気を配っておきましょう。
インターネットでの情報はもちろんですが、現地でのつながりも非常に大切です。ワーホリ中は現地で積極的に友達を作るようにしましょう。日本人同士だからこそ、共有できる情報もたくさんあります。また、現地で生きた情報を得ることも大切です。地元に住んでいる人とも積極的にコミュニケーションをとり、生きた情報を手に入れるよう心がけましょう。

現地のことは、そこに住む人に聞くのが一番です。イギリスのワーホリに関する情報は、時にデマが拡散されることがあります。嘘の情報に惑わされることなく、正しいものを取捨選択しましょう。

イギリスのワーホリを充実させるために!

イギリスでワーホリを考えているなら、事前準備はぬかりなく行いましょう。

事前準備がしっかりとできれば、滞在中もゆとりをもって行動することができます。イギリスでワーホリをするイメージをふくらませるためにも、事前準備は大切です。イギリスでの生活のイメージができていれば、実際の生活とのギャップも起きにくくなります。現地にもすぐなじむことができることでしょう。

日本と異なる環境での生活は「郷に入っては郷に従え」です。現地についたらマナーを守って行動するようにしましょう。

 

英語発祥の地、独自の伝統と文化の最先端が絶妙なバランスを保つおしゃれな島国「イギリス」

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

イギリス留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら