オーストラリア留学の種類と日本人におすすめの都市 | スマ留

オーストラリア留学の種類と日本人におすすめの都市

オーストラリア留学の種類と日本人におすすめの都市

オーストラリアはフレンドリーな人が多く、日本人びいきの人もたくさんいるので、日本人にとっては比較的に暮らしやすい国といえます。

気候もほとんどの地域で日本よりも暖かく過ごしやすいです。夏は日本よりも気温が高いですが、湿度が低い地域が多いですから、日本のようにジメジメしていません。

そんなオーストラリアで英語を勉強することに興味がある人に向けて、オーストラリア留学の特徴について説明しています。日本人に人気の都市についても詳しく紹介をしているので、留学に興味があるけど、どこに行くかをまだ決めていないという人も参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

オーストラリア留学の種類1.期間別

オーストラリアに留学しようと考えたとき、まずどれくらいの期間、留学をするかを決めなくてはいけません。

留学の期間は主に短期と長期の2つに分けられます。その違いは取得するビザの種類によります。

短期留学というのは、短いものでは1週間程度のものからあり、長くて3カ月までです。学生ビザは必要なく、ETASを申請します。ビザについては後でもう少し詳しく説明します。短期留学をしても、実際に英語や何かをものにするというのは難しいです。短期間で何かを学ぼうというよりは、事前にオーストラリアについて知るために留学をする人が多い傾向にあります。将来、本格的に留学を考えている人が事前に調査をするわけです。

短期留学は軽い気持ちで留学できるということもあり、勉強だけにこだわるのではなく、オーストラリアでさかんなマリンスポーツや観光なども同時に満喫できます。

長期留学というのは、3カ月以上から数年にわたって本格的にオーストラリアで勉強をする人が利用します。学生ビザを取得しなければいけません。英語をしっかり勉強したい人や英語を勉強したのちに大学に進学する予定の人、専門学校でスキルを身につける人などがいます。

当然ですが、長く留学すればするほど費用が高くなる傾向です。したがって、自分の予算に応じて、留学期間も制約されることになります。学生ビザを取得した場合、時間は限られていますが、就労することも許されているので、お小遣いを稼ぐことはできるかもしれません。

よくオーストラリアの英語は、なまっているという人がいますが、英語を勉強したり、英語で何かを学んだりするにあたって、英語のなまりを気にする必要はありません。

英語は大きくアメリカ英語とイギリス英語に分けられて、少し発音や意味が異なる単語が存在します。オーストラリアはイギリス英語よりですが、アクセントについてはイギリスとも異なります。日本語も地域によって方言による差がでるように、英語のなまりは国の特徴の1つです。

オーストラリアなまりだからといって、英会話や読み書きで困るということはありませんから安心してください。

オーストラリア留学の種類2.目的別

オーストラリアへの留学を目的によって分けることもできます。

一番多いのが、英語の習得を目的とした語学留学ではないでしょうか。帰国後の就職に有利になると、英語の習得を望む若者が増えています。英語の習得には、英語を使って生活をする環境に身を置くと上達しやすいです。オーストラリアの語学留学が人気な理由がそこにあります。日本語が通じないので、「問題が生じてもすべて英語で対応しなければならない」ということから英語が上達します。もし、語学学校で、知り合いになった日本人と日本語で会話をするようになり、帰宅後には日本語で動画を観るという生活をしていては、英語の環境とはいえません。英語の上達スピードもかなりゆるやかになってしまうでしょう。

語学留学をした場合、多くの日本人と出会う機会に恵まれます。日本人と仲良くなることは悪いことではありませんが、日本語を使う環境にはしないような意思の強さが必要です。せっかくの英語の環境が奪われてしまうことにならないよう気をつけなければいけません。オーストラリアでは語学留学のほかにも、スキルを習得することができます。授業や講習は、もちろん英語で行われますから、日常会話程度の英語力は必要です。美容系ではアロマやネイル、マッサージなどのスキルを身につけたりすることができます。コーヒーの入れ方を学びバリスタを目指すことも可能です。実は、オーストラリアではカフェがいたるところにあるほど、カプチーノが人気です。ほかにも、ワインや動植物について興味のある人はそういった方面の勉強をすることができます。もちろん、本格的に大学に留学をして専門性をのばすことも可能です。
せっかくの留学ですから、勉強だけでなく私生活も充実できたら両立できて良いでしょう。オーストラリアでは海岸近くの語学学校も多く、週末にはマリンスポーツのほか、ビーチを散歩するという優雅な習慣を楽しむことができます。公園でのんびりピクニックをしたり、ツアーに参加したりするのも楽しいのではないでしょうか。オーストラリアの大自然を謳歌したい人にはピッタリです。

日本人におすすめのオーストラリアの都市1.シドニー


オーストラリアの首都と間違えられるほどに、オーストラリアで一番有名な都市が「シドニー」です。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州に属し、東海岸に位置します。ちなみに、オーストラリアの首都とはキャンベラです。キャンベラのある州はACT、オーストラリアキャピタルテリトリーとよばれ、政治の町とされています。キャンベラが政治に対して、シドニーは経済の町とよばれています。

ショッピング、エンターテイメント、グルメとほとんどのものはシドニーに集まっています。少し敷居の高い高級レストランからおしゃれなカフェやファーストフードまで、ありとあらゆるお店が散在しているのがシドニーです。

シドニー湾にひときわ目立つ建築物のオペラハウスやハーバーブリッジを観るために、世界中から多くの観光客が集まりますから、観光業もさかんです。

都会的な生活を送ることができるのがシドニーですが、少し郊外に足をのばすだけで、世界遺産であるブルーマウンテンや国立公園があります。ビーチもシドニーを挟んでノース側にもサウス側にも広がっています。忙しい現代生活と自然との調和がとれたのがシドニーの特徴です。

電車やバスといった公共交通機関がかなり充実しているので、短期留学生やオーストラリアで車の運転をしたくないという日本人でも行動範囲が狭まることがありません。交通機関を利用するにあたって、最初は日本との違いに戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れるものです

。一度、電車やバスの移動に慣れると、交通機関による移動もまったく苦にならないでしょう。シドニーでも特に日本人に人気の高い地域が、シドニー北部のノース地区です。日本人だけでなく、韓国人に人気の地域、中国人の多い地域、イタリア人に人気の地域とエリアごとに民族が集中して住んでいるのも特徴です。

日本人におすすめのオーストラリアの都市2.ゴールドコースト

クイーンズランド州の東海岸に位置するのが「ゴールドコースト」です。

きれいなビーチが続いているゴールドコーストは、太平洋に面し、サーフィンに適した波も多いことからサーファーに人気があります。留学で勉強をしながらサーフィンも楽しみたいと考えている人にはおすすめです。

海岸沿い近くに住むと、毎朝サーフィンで波乗りをしてから、学校に行くという生活が可能になります。実際に、そのような生活をしているオーストラリア人も少なくありません。オーストラリアに来てからサーフィンを始めて、サーフィンにはまっているという日本人も多いです。サーフィン教室もあるので、基礎からしっかり習いたい人にもおすすめできます。

時期によっては、ホエールウォッチングもさかんに行われています。船をチャーターして海釣りにでたり、クルーズをしたりすることもできます。運がよければ、野生のイルカに出会うことも珍しくありません。そんなゴールドコーストでは、やはり海やビーチはなくてはならない存在です。友人や家族が集まって海辺でBBQという風景は当たり前です。

ゴールドコーストにはオーストラリアで有名なテーマパークも集結していて、遊園地好きにはたまりません。イルカショーで有名なシーワールド、動物園と遊園地が一緒になったドリームワールド、映画をテーマにしたムービーワールドは地元の人にも人気です。ほかにも観光客向けに、食事をしながらショーを楽しんだり、ファームの雰囲気を楽しんだりするテーマパークもあります。

内陸に車を走らせると国立公園があちらこちらに存在しています。ブッシュウォーキングも人気で、スカイダイビングや気球などのアクティビティも行われています。ワイナリーもちらほらと見かけるので、時にはワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ゴールドコーストは留学生だけでなく、永住している日本人やワーキングホリデーの日本人など多くの日本人に出会います。それだけ日本人にとって住みやすいということです。海岸沿いに立ち並ぶ高層ビルで暮らすと、テラスから眺める海の景色がぜいたくに感じられることでしょう。

1人で借りるのは大変ですが、多くの若者はシェアをして住んでいます。オーストラリア人と一緒にシェアする機会に恵まれたら、英語の上達も早くなるに違いありません。ゴールドコーストはオーストラリア国内でも人気の地域で、多くの人が休暇を利用して訪れます。休暇を過ごす人が多いせいか、オーストラリアの都市のなかでも、フレンドリーなオーストラリア人に出会う確率もかなり高いです。ゴールドコーストは、小中規模の学校でじっくりと学習したい人にはおすすめといえます。

日本人におすすめのオーストラリアの都市3.メルボルン


オーストラリアの第2の都市といわれる「メルボルン」は住みやすい都市として世界的にも有名です。シドニーが経済なら、メルボルンは文化と芸術の街でしょう。

ビクトリア州に属するメルボルンには、ヨーロッパの雰囲気を漂わす歴史的建造物が多く立ち並び、観ているだけでも飽きません。おしゃれなカフェやレストランもたくさん存在して都会的なように感じますが、実は、市街地の4分の1は公園です。お昼休みに公園でくつろぐオーストラリア人を目にすることも少なくありません。

意外に思う人もいるかもしれませんが、メルボルンにはビーチもあります。少し郊外に行くと、オーストラリアで最大級のワイナリーもあるので、試飲をしながらお気に入りのワインを探すのも楽しいはずです。

国際的に有名な大会のほとんどはメルボルンで開催されるので、世界から多くの人が訪れます。まず、年を開けてすぐにテニスの全豪オープンが行われます。そして、F1グランプリ、年末近くなると、オーストラリア全土で盛り上がるメルボルンカップという競馬が開催されます。メルボルンカップはギャンブルというよりは、ドレスアップした大人のパティーという印象の強いお祭りです。

メルボルンにはトラムが走っているので移動にも困りません。大学や専門学校もたくさんあるので、必然的に学生が住みやすい地域になっているのです。学校が多いぶん、教育の質も高いといわれていて、いろんな国から留学生が訪れています。

比較的に暑いイメージの強いオーストラリアですが、暑さが苦手という人にはメルボルンがおすすめです。夏でも朝晩の気温差が激しく、出かけるときには1枚羽織るものを持ってでるほうがよいぐらいです。また、かなり南に位置することもあり、夏には遅い時間まで明るく、レストランでの食事を楽しむ人がたくさんいます。

日本人におすすめのオーストラリアの都市4.パース


「パース」とは西オーストラリア州の州都です。

オーストラリアというと、東海岸が有名ですが、インド洋に面した西海岸はまた違った美しさを放ち、訪れた人の心をつかむこと間違いありません。青く澄んだ海と白いビーチのコントラストは最高で、サーフィン、パラセーリング、シュノーケルとマリンスポーツがさかんに行われています。一方で、パース近くの国立公園は砂漠が広がり、日本では絶対に目にすることのできない景色に感動するでしょう。

比較的に物価が安いので、その点も学生には魅力的です。少しずつ物価もあがってきていますが、シドニーよりは安価だといわれています。

都内には無料のバスCATが走っているのも魅力です。オーストラリアも忙しい生活を送る人が増えているなか、パースではまだまだ時間の流れがゆっくりだと感じる人は多いようで、のんびりとした雰囲気が強く感じられることでしょう。

シドニーやメルボルンに比べて日本人が少ないので、できるだけ日本語を使わない環境で勉強したい人はパースを考えてみることをおすすめします。

こじんまりとした街なので、勉強に集中しやすいともいえます。ヨーロッパからの移民が多く、高所得者が移り住むこともあり、治安も比較的によいとされています。年中暖かい気候で、湿度が低いので、過ごしやすいでしょう。

日本人におすすめのオーストラリアの都市5.ケアンズ


オーストラリアの北東部に位置する「ケアンズ」はスキューバダイビングのメッカです。

世界遺産にも登録されているグレートバリアリーフの玄関口として観光客でにぎわいます。日本から飛行機で7時間半ぐらいと、日本から一番近いオーストラリアの都市ともいわれます。グレートバリアリーフには世界最大級の珊瑚の海が広がっていて、ウミガメに出会ったりすることもあるので、スキューバダイビングをはじめとしたマリンスポーツが人気です。

勉強をしながら、ダイビングのライセンスも取得したいという人にはケアンズをおすすめします。

ケアンズには海だけでなくウールヌーラン国立公園もあり、世界最古の熱帯雨林といわれています。乾期と雨期があり、トロピカルな植物を多く見かけて、沖縄に近い雰囲気です。

グレートバリアリーフを守るための研究や海や緑の自然を勉強するプログラムが充実しています。そのような方面に興味のある人もケアンズへ留学してみてはいかがでしょうか。ケアンズ市内そのものはこじんまりとしていて、自転車があれば、30分程度で市内を回りきれるほどの小さい街です。学生は、市内近くの一軒家を借りてシェアすることが多く、徒歩や自転車、バスによる移動が多いでしょう。

大自然あふれるオーストラリアの特徴とメリット


オーストラリアは南半球に位置するので、季節が日本と真逆になっています。

オーストラリアの北部、赤道に近い付近は熱帯雨林気候に属して、南に行くにつれて、熱帯性気候、亜熱帯気候、温帯性気候に区分されています。熱帯雨林では雨が多いですが、亜熱帯性や温帯性では、気温が温かく、乾燥しているので比較的に過ごしやすいでしょう。

オーストラリア大陸の中心部には砂漠が広がっているので、オーストラリア住民のほとんどは海岸沿いに集中しています。海岸は太平洋に面した東と、インド洋に面した西とで、雰囲気が全く違っていて、どちらも美しく魅了されるでしょう。オーストラリア全土でサーフィンをはじめとしたマリンスポーツがさかんな理由でもあります。

オーストラリアの自然はダイナミックで、日本とはまた違った趣をもっています。そんな自然の中で生活するオーストラリア人はフレンドリーな人が多く、知らない人とでも愛想よくあいさつをしたり、会話をしたりするのが一般的です。話しかけられるのを待っていないで、どんどん積極的に話しかけてみてください。とても愛想よくジョークを返してくれるはずです。

オーストラリアは一般的に治安がよい国とされています。

しかし、地域によっては治安のよくないサバーブ(町)があったり、夜間や人気の少ない道では犯罪に巻き込まれたりする可能性があがります。治安がよいといっても、犯罪がゼロであるわけではありません。最低限、犯罪に巻き込まれないような常識をもって行動することは大切です。

オーストラリアにはさまざまな国から移民をしてきた人が住んでいるので、国際色豊かな国でもあります。語学学校には日本とは違う国からも英語を勉強しに来ている人がたくさんいます。さまざまな文化に触れ合うことができるので、友達の輪をどんどん世界に広げてください。英語の習得という同じ目標をもつ人とは友達になりやすく、しかも英語で会話をしないといけません。

そのような環境に身を置くことで英語の上達は早くなります。英語の勉強はオーストラリア人相手にしなければいけないということはありません。いろいろな国の人の英語に触れておくことも、英語を学ぶうえで大切です。まして、英語を使った仕事をしたいと考えている人は国によって違うアクセントに慣れておくよい機会でもあります。

また、オーストラリアは早くに大陸から離れたので、カンガルーやコアラといった固有の動物が生息していることでも有名です。そういった動物や自然を守ろうと、政府は動植物の保護に力を入れています。そういった方面に興味のある人は最適のコースが見つかるかもしれません。ほかに観光業がさかんですから、ホスピタリティの勉強を英語ですることも可能です。

オーストラリアのビザの種類は?

オーストラリアへ留学するときのビザの種類は、就学期間の長さによって変わってきます。

3カ月以上にわたって留学する場合には「学生ビザ」が必要です。学生ビザの申請はオンライン(e-Visa申請)で行い、次の5つの準備を忘れないでいましょう。

1つ目が日本のパスポートです。注意しなければならないこととして、パスポートの有効期限があります。就学予定期間をきちんとカバーできているか確認しておく必要があります。

2つ目が、就学予定の学校の入学許可証(CoE)が必要です。学生ビザの申請時に予定日が過ぎていたり、2つのコースを申し込んでいたりする場合には、2カ月以上のブランクがないように気をつけなければいけません。

3つ目は、GTEという英文のレターを準備も必要になります。GTEとはGenuine Temporary Entrantの略です。「学生ビザでは一時的な滞在しか認められていない」ということを理解しているかを認識させるための手紙です。「どうしてオーストラリアに留学をしたいのか」「就学を予定しているコースが将来的にどのように役に立つのか」などを説明する必要があります。就学を支援してくれる親やパートナーなどが存在する場合には、その情報も手紙に書いておきます。ほかにも、「これまでどのような勉強をしてきたのか」など、オーストラリアでの留学が修了したら、日本に帰国する意思があることをきちんと書いておくとよいです。帰国してからのプランも詳しく書いておくと、信憑性がでるので信用されやすいでしょう。

4つ目は、Overseas Student Health Cover(OSHC)といい、留学生用の健康保険への加入です。就学開始予定の少なくとも1週間前より加入して、修了まできちんとカバーされていなければいけません。万が一、病院を受診しなければならなくなったときに保険がないと、高額の医療が請求されます。「何がカバーされていて、何がカバーされていないのか」についてきちんと確認しておきましょう。

5つ目は、健康診断です。ビザの申請前か申請直後に受診しておくと、申請がスムーズに運びます。学生ビザは3カ月以上の留学が対象ですが、3カ月より短い留学の場合は、観光でオーストラリアに来るときに申請するETASをしなければいけません。申請後、12時間以内に結果がでるほど簡単です。どのビザももちろん個人で申請することが可能ですが、ややこしいと感じる人は代理会社を通すという方法があります。いざというときには利用することができます。

マナーを守って!オーストラリア留学の注意点

オーストラリアは比較的に過ごしやすい気候で、日本との時差も少なく、日本人に人気があります。

語学留学だけでなく、専門性を高める勉強も可能です。治安に関しても一般的によいとされていますが、100%安全であるわけではありません。日本に比べると犯罪率も高いので、巻き込まれないように配慮は必要です。

空港でのスリや置き引き、ほかに性犯罪も多いので、特に女性は人気の少ない道をひとりで歩いたり、夜間に外出したりするのは控えたほうが無難です。自動車に関する犯罪も多いので、車を購入したら、無防備に財布やカバンを車内に残さないようにしてください。

固有の動植物が多いオーストラリアでは野生の動物にエサを与えたり、むやみに近づいたりしないようにしてください。

また、生態系に影響を与える可能性のあるものの持ち込みは固く禁止されています。オーストラリアに履いてくる靴や持ち込む靴の裏に土がついていると、没収されることがあります。

植物の種を持ち込むこともできません。食品の持ち込みに関しても厳しいです。果物や野菜の生の持ち込みは一切禁止されています。ほかに、卵、肉、魚には十分気をつけてください。


そして、オーストラリア人はとても気さくで、フレンドリーな人がたくさんいます。店やレストランにおいても、客と店員というよりは、ひとりの人間として接することが多い傾向です。客と店員が友達のように会話したりすることも少なくありません。

日本ではあまり見かけない光景ですが、「郷に入れば郷に従う」という気持ちで、オーストラリアに留学するときは、積極的に誰にでもあいさつをしてみてください。積極的に行動することで、英語の上達も期待できます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら