“東洋大学”小川琴美のフィリピンセブ留学【トライシクルとJセンター・モールのこと】

“東洋大学”小川琴美のフィリピンセブ留学【トライシクルとJセンター・モールのこと】
【Monday,March 5,2018】  鳥の囀りや犬の鳴き声、そして窓から差し込むめいいっぱいの太陽の光で目が覚めました。起きる瞬間までも、自然を感じる事ができる環境に思わず微笑んでしまいます。  CROSS×ROADでは日本人の好みに合わせたご飯が毎日提供されます。  身支度を整え早速皆が集うリビングルームへ。その日の朝ご飯は私の好物であるパンケーキで気分は高まるばかり。  好きな分だけパンケーキを取り、シナモンメープルをたっぷりとかけ、オレンジを添えてコーヒーと一緒に。思い返すだけで幸せになれる組み合わせです…。  朝食後は、私と同じ日に入学した方たち、そしてCROSS×ROADの職員の方と、外貨両替をするためにトライシクルに乗り、学校の近くのJセンター・モールという名のモールへ。外貨両替は現地で行うのがお得であり、お金を上手に使う旅のポイント。  ちなみにトライシクルとは、バイクにサイドカーのようなものが取り付けられているフィリピンの乗り物で、大体は8ペソから乗る事ができます。とても便利な現地の移動方法です。日本のバスのように、あらかじめルートが定められているため、乗る際はしっかりとルートを把握しておく事をお勧めします。  勿論トライシクルに初めて乗る私は、流れ行く街並み、そして日本では考えられない荒い運転と乗り心地も含めて、ただただ楽しみました。是非フィリピンに来たら体験して頂きたい事の一つです。  モールから学校に帰り、ランチを済ませ、まずはオリエンテーション。フィリピン人の先生と会話をし、ある程度自分のレベルを見極めて貰った上で、CROSS×ROADの方と自分の目的、そしてレベルに合わせたテキストを選び、講義内容を決定します。  私は一週間のみの滞在ですので、とにかくスピーキングをしたいと思い、スピーキングメインの講義を組みました。  この日は学校での予定はオリエンテーションで終わりでしたので、オリエンテーション以降の自由時間を使い、もう一度一人でトライシクルに乗り、午前に行ったモールへ行く事を決めました。  まだ学校周りの道も覚えておらず、とにかく不安でしたが、ルームメイトが後押ししてくれました。恐らく自分一人では、悩んだ挙句、部屋に篭って1日を終えてしまいそうでしたので、後押しをしてくれたルームメイトに感謝です。  トライシクルを一人で乗る事は、私には冒険のような感覚でした。  無事にモールに辿り着き、ショッピングを堪能しました。  せっかくなので、モールのレストランで晩御飯を済ませました。  帰りはすでに慣れた風にトライシクルに乗り、学校へ。  太陽を1日浴びていましたので、ぐっすりと眠ることが出来ました。  Jセンター・モール住所  J Centre Mall  A.S. Fortuna Street, Bakilid, Mandaue City, Cebu, 
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

大小7100以上の島々からなる東南アジアの島国フィリピンは、島ごとにも特徴が異なります。国全体に美しいビーチリゾートが散在しており、高級リゾートから自然の美しさを生かしたトロピカルな雰囲気漂うリゾートまで様々。フィリピンは熱帯性気候のため、1年を通して暖かく、マリンスポーツなどリゾート気分を味わえるのも魅力の一つ。日本からも4時間の距離にありながら世界第3位の英語使用国のため、比較的気軽にリーズナブルに語学留学を学ぶことができます。

フィリピン留学について
カテゴリー別
留学先国別

お役立ち情報

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら