カナダの実質温度 VS 体感温度 エミリーのEnglish留学日記

カナダの実質温度 VS 体感温度 エミリーのEnglish留学日記

こんにちは エミリーです!!音譜

前回の投稿に続き、少しだけ気候に触れた内容を紹介しますね(≡^∇^≡)音譜

前回、トロントは風が強いので体感温度実質温度が異なることがあるんですよ~とお話ししました。

さて、ここでプチ情報ひらめき電球ひらめき電球

ニュースを英語で聞いて、温度ぐらいは…と思って聞き取っても、 外に出て「ん。。何かおかしい…」と思うことが多々ありましたカゼあせる

私はどうやら実質温度を聞き取っていたのだと判明ひらめき電球

すでにトロントに居るみなさん。これからトロントに渡航されるみなさん。

冬になるとアナウンサーがsensible temperature or feeling temperatureを言うようになりますのでそちらを聞き取るように努めてくださいねドキドキ

Emilyでした☆

---

Hi there, this is Emily. I will continue about weather a little bit more.

previous my blog, I told that it seemed to be two different temparatures: real temperature and sensible or feeling temperature.

I often failed to listen temperature of the day since I cared about the real temperature. And I could not choose the proper dress.

To people who are going to Toronto. And to people who have been living there. Let's catch up the sensible temperature when weather reporters start to tell you it.

Cheers,

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学について
カテゴリー別
留学先国別

お役立ち情報

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら