無料セミナー予約 資料請求 お問い合わせ
(11:00〜19:00 毎週水曜・年末年始除く)
0120-501-946
スマ留お申込み

ビザの申請について

オーストラリア留学には入国するためにビザが必要となります。
オーストラリアビザとは、日本の領事館や大使館が発行する入国許可書のことを言います。
あなたがオーストラリアへ入国する「目的」を示す日本からの推薦書のような物です。

現在、オーストラリアに入国できるビザの種類は100以上にのぼります。
滞在期間や目的によって種類が分かれており、滞在条件も様々なので、自分の目的に合ったビザを取得しましょう。

留学の場合には、主に「観光ビザ」「ワーキングホリデービザ」「学生ビザ」のうちのいずれかが必要となります。

各種ビザについて

観光ビザ

オーストラリアに3ヶ月以内の滞在で渡航する場合には、ETASという簡易ビザで入国できます。

POINT

スマ留の留学ではETASが適しています!
ビザ取得手続きの代行も行っているため、海外が初めての方も安心!

ETASとは?
オーストラリアイータスビザ (ETAビザ)
Australian Electronic Travel Authorityの略で、電子入国許可登録システムです。

■取得条件
・ETAS対象国籍のパスポート所持者であること。
(日本、韓国、アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、香港特別行政区、マレーシア)
・目的は観光、家族訪問、ビジネスミーティング等であること。(就労は一切できません)
・3ヶ月以内の滞在であること。
・健康であり、犯罪歴がないこと。

ETASは発行後1年間なら何度でも出入国することができますが、3ヶ月以上の観光には別途観光ビザを申請することが必要です。ETAや観光ビザでは労働はもちろん、ボランティアもできません。

■取得方法
オンライン登録するだけなので、オーストラリア大使館のウェブサイトにて自分で申請することも可能ですが、代行申請してもらうこともできます(別途手数料がかかります)。

コンピューターによる許可になりますので、パスポートにスタンプやシールをもらいに移民局に出向く必要がありません。
スマ留にまとめて依頼したい方はこちらからお問い合わせください。
※スマ留提携会社「旅工房」をご紹介いたします。※別途手数料がかかります。

■費用
ETAS申請料:無料 (*1)

■必要なもの
パスポート (*2)

*1: ETASの申請料自体は無料ですが、オーストラリア移民局のWEBサイトで取得した場合、システム利用料金として20ドル(約2000円程度)かかります。
旅行代理店の場合は申請代行料1000~3500円程度となっており、大手の旅行社は若干高めなようです。ビザ代理店の場合は1000~1500円程度の代行料がかかります。
*2: 滞在期間中、有効なパスポートが必要です。

ワーキングホリデービザ

18歳から30歳までの人に限り取得できるビザで、
オーストラリアで12ヶ月間の休暇、もしくは旅行や生活費のための資金を補うために仕事をすることのできるビザです。

POINT

現地で仕事をしようと検討している方には、こちらのビザがお勧めです!
※一度きりしか申請できないビザですので、しっかりと検討をしてから申請しましょう。

■取得条件
・申請日・ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいること。
・ワーキングホリデービザで以前に入国したことがないこと。
・申請日に18歳以上31歳になっていないこと。
・オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がないこと。
・扶養する子供が同行しないこと。
・オーストラリアとワーキングホリデープログラム協定締結国のパスポートを保持していること。
・十分な資金を有していること。(*3)

*3: 具体的な金額はなく留学するための十分な資金があれば問題ありません。

■取得方法
オンライン登録するだけなので、オーストラリア大使館のウェブサイトにて自分で申請することも可能ですが、代行申請してもらうこともできます(別途手数料がかかります)。

スマ留にまとめて依頼したい方はこちらからお問い合わせください。
※スマ留提携会社「旅工房」をご紹介いたします。※別途手数料がかかります。

■費用
ワーキングホリデービザ申請料:420ドル(約42000円程度)
なお、クレジットカードでのお支払いの場合、クレジットカード発行会社への利用手数料はカード利用者負担になります。ビザ申請料金に加えて下記の料金がかかりますのでご注意下さい。
Visa・MasterCard: 1.08%
JCB ・American Express: 1.99%
Diners Club International: 2.91%

■必要なもの
①パスポート
オーストラリア滞在期間中、有効なパスポートが必要です。
有効期限が1年未満の方は先にパスポートを更新してから申請してください。

②クレジットカード
ワーキングホリデービザ申請費用の支払いはクレジットカードのみとなります。
【ご利用できるクレジットカード】
・Visa
・JCB
・American Express
・MasterCard
・Diners Club International
・Bankcard
ワーキングホリデービザ申請時に必要なものは上記のものだけで、航空券や残高証明書などは必要ありません。

学生ビザ

学生ビザは、オーストラリアの教育機関(語学学校、TAFE、専門学校、大学等)へ3ヶ月以上の留学をする場合に
取得しなければいけないビザです。
通常3ヶ月以上ですが、学校によっては3ヶ月以内でも取得できるものもあります。

該当の学校を規定時間以上受講することが条件とされ、週に20時間までであれば仕事をすることが認められています。
尚、就労を行う前には必ずオーストラリアの移民局に手続きをする必要があります。

一定の出席率(各ターム80%)以下だと、
特別な理由がない限り学校から移民局に通知され、ビザの取り消しや、延長拒否になる場合もあるのでご注意ください。

■取得条件
・オーストラリアに留学中に困らないで生活できる資金があること。
・入学許可書を所持していること。入学先は政府認定校の必要があります。
・オーストラリア修学期間まで有効なパスポートを持っていること。
・学生ビザの規則を理解していること。
・大使館指定病院で健康診断とレントゲン診断を受け、海外留学生保険に加入すること。

■取得方法
オーストラリア大使館へ「オンライン手続き(e-Visa)」と「郵便手続き」の2種類の方法がありますが、最近は「オンライン(e-Visa)」が主流となっています。
手続きの際には、必ず移民局の指定病院で健康診断を受けなくてはいけません。その為、1ヶ月以上余裕を持って準備すると良いです。

学生ビザの手続きの際には、最初に各教育機関側からの入学許可書(eCOE) が必要になりますので、最初に入学の手続きを完了させて下さい。

学校開始日までの期間がもし1ヶ月を切ってしまっている場合には、学生ビザの手続きが間に合わなくなる場合があるので、学校開始日の延期をお勧めします。

■費用
学生ビザ申請料:535ドル(約53,500円程度)
学生ビザの申請費用は、日本国内、国外にかかわらず、535ドルとなります。
なお、クレジットカードでのお支払いの場合、クレジットカード発行会社への利用手数料はカード利用者負担になります。ビザ申請料金に加えて下記の料金がかかりますのでご注意下さい。
Visa・MasterCard: 1.08%
JCB ・American Express: 1.99%
Diners Club International: 2.91%

■必要なもの
①パスポート
オーストラリア滞在期間中、有効なパスポートが必要です。
有効期限が1年未満の方は先にパスポートを更新してから申請してください。

②クレジットカード
学生ビザ申請費用の支払いはクレジットカードのみとなります。
【ご利用できるクレジットカード】
・Visa
・JCB
・American Express
・MasterCard
・Diners Club International
・Bankcard

③入学許可書(eCOE)
学生ビザ申請は、学校から発行された入学許可書(eCOE)に記載されている入学許可番号が必要です。

④プリンター
控え用、または健康診断用紙を印刷する必要がありますので、出来ればプリンターのある環境で申請をしてくだい。

TWITTER
FACEBOOK
スマ留 ビジネス